「レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺 」


▪️「ホワイトアウト」のケイト・ベッキンセイルの顔がどうみても整形後で、
気になって気になって 映画、頭に入らなかった。 びーです▪️


原題 VIY 2014年 ロシア/ウクライナ/チェコ 
   京都で期間限定で公開されてます。

監督オレッグ・ステプチェンコ

あの、ゴーゴリの、短編小説が原作

VXIXI.jpg



英国俳優ジェイソン・フレミング/チャールズ・ダンス主演



妖怪村



18世紀のロンドン
地図製作者ジョナサンは、金持ちの娘といちゃついて、
娘の父親におん出された。
ジョナサンは測量の旅先から、
伝書鳩に鏡文字で書いたラブレターを付けて娘に届ける。

東欧の小さな村にはは魔物が潜んでおり、ジョナサンは魔物退治を頼まれる。








いつもながらの、めんどくせえ邦題サブタイトルに辟易するが、
この映画に関しては合ってる。
原作の、どんより暗い闇の中の恐ろしさなんかどっかにうっちゃって、
ひたすら『ハリウッドファンタジー超大作』を目指した作品ですものね。
つーか、ハリウッドから技術者大勢呼び寄せて作ったらしい。


美術作品として、全体的にとても美しいです。
なかでも、若い女がろうそくを灯した小舟を川に流し拾った男を夫にする、
という風習のシーンの、幻想的な美しさにはうっとりしました。

私の好みで良かったのは、
上半身だけの怪物・蜘蛛の巣だらけの棺桶・スチームパンクな馬車など。


特に燃えたのは、まぶたがでろり〜んと垂れ下がった怪物
キタ! かなりキタね! あいつ欲しい。
「パンズラビリンス」の白いあいつに似て、私の加虐衝動をかき乱すやつです。


ファンタジーはもともと苦手なので、ダークな美しさを楽しみました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ原作での1967年映画化作品
「妖婆・死棺の呪い」

監督アレクサンドル・プトゥシコ 

日本では1985年に公開されてた。



ようば










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント