「ペインレス」


スパニッシュホラーの重くて悲しく深いストーリーと映像が大好き
ホラーというより、悲劇ドラマで、悲しくて涙が出る。
おばけなんかより人間が一番怖いことが描かれるから真実味がある。



原題 INSENSIBLES 2012年 フランス/スペイン/ポルトガル

監督 フアン・カルロス・メディナ

出演
アレックス・ブレンデミュール
トーマス・レマルキス
イレーネ・モンターラ
デレク・デ・リント

男の子ベニグノ役のこの二人がとても似ていて、成長ぶりが自然
(Ilias Stothart
(Mot Harris Dunlop Stothart
女の子イネスの子供時代
(Bruna Montoto)


ペインレス



スペイン
痛みを感じない子供たちを監禁する施設での1931年から1964年
外科医の交通事故、検査でわかったリンパ腫が2000年

過去と現在を交互に、骨髄移植のために出生の秘密を探る医者が、
両親を知る過程を描く。








期待通りの好きな色味 好きな映像 好きな悲劇

もひとつ大事な好きなポイント

かわいそうな子供たち



先天性無痛無汗症という病気が核にある。
痛みを感じない、暑さ寒さを感じない、汗が出ない涙が出ない
など、命を守るための大切な感覚が無いため、
自分にはもちろん、他人の痛みを想像できずに加減がわからない。


この時代の、病気への無知と非科学的非人道的な対処と、
スペイン内戦の混沌・残酷が相乗効果で恐ろしい。
人間って恐ろしい。


仲良しの子供たちが、壁に開けた穴ごしに友愛を確かめる姿が愛おしい。
ラストも悲しく美しい。
エンディングの音楽も悲しく美しい。

無毛症トーマス・レマルキスの特別な存在感が圧巻



私にとって スパニッシュホラーは美しい映画ファイルに入れるもの。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

凛さん

あらー、DVD無いの?発売してるみたいだから、そのうちご用達レンタル屋にならぶかも。昔って、病気や子供や動物や地球環境やもろもろに無知で無神経よね。悲劇だわ。
美しい映画でした。

永遠のこどもたちは、もう〜、悲しくて悲しくて、苦しくて苦しくて、
ほんと、大好きよ。

この映画、すごく観たいのにレンタルにないー(つД`)ノ

前の方で、びーちゃん書いてたけど、
私も永遠のこどもたち、好きでDVD持ってるよ(*^_^*)