「マーサの幸せレシピ」


タイトルがうっとうしくて毛嫌いしてたドイツ映画
2007年にアメリカでリメイク「幸せのレシピ」も、
原題NO RESERVATIONS無視の邦題。げんなり。
これも見たけど、なんか、ピンとこなかったのは、
キャサリン・ゼタ・ジョーンズのイメージがマーサに合わないと思ったから。


原題 BELLA MARTHA 2001年 ドイツ

監督 サンドラ・ネットルベック

出演 マルティナ・ゲデック
   セルジオ・カステリット
   ウルリク・トムセン
   マクシメ・フェルステ
   カーシャ・シュトゥット
   ジビレ・カノニカ


まーさのしあわせれしぴ



マーサは腕に自信のあるフランス料理のシェフ。
”お客様は王様”なレストランで、料理に文句言う客には、
「豚に真珠ね 大衆食堂に行きな タバコばかり吸ってるから味がわからないのよ」
と追い返す。 

仕事では充実しているが、一人暮らしの家で、ふと孤独を感じることもある。

ある日、姉が突然亡くなり、8歳の姪を預かるマーサは、
ふさぎ込む姪ををどう扱っていいか迷うが、徐々に子供のいる生活に慣れていく。







子供はメインじゃなくて、途中からはマーサの恋愛が盛り込まれるので、
不器用で内向的な人物設定なわりには、
男に「お願い」「力になって」な〜んて言えるのがちょっとチェッ、なところ。
セラピーを受けるシーンが数回出てくるけど、通う理由は明確にされてない。
どうなんだろ?
階下に越してきた建築家との関係も中途半端で疑問。

細かいところは腑に落ちないが、ふんわりハッピー気分になれる映画でした。




「太陽が輝くイタリアで暮らしたいはずがない
寒くて暗いドイツで暮らせるのに」


って、笑えた。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

凛さん

マーサはさておき、クセのあるもの大好きわたくし、パクチーは野菜の中で一番好きなくらいに好きでございまするよ。特になんの料理に使うってこともなく、パクチーだけ買って食べてますのよ。一人で。 ほほほ
ルートビアといい、変なもんが大好きなんです。あ、でもドクターペッパーはダメだけど。

うんうん、私も細かいとこが腑におちなくて、その分気持ちが入らなかったな記憶があるな(´・_・`)

ねぇ、びーちゃん。
パクチーって食べたことある?
私、薬味や香草系が好きで、
でもパクチーだけは食べたことないなーと思っててね
昨日スーパーでみつけて喜んで食べてみたら…

いやー(つД`)ノ
衝撃的だったわ…
私にはカメムシ臭に感じられて無理〜!!!!
以上、現場からの中継でした(笑)