予約録画の消化 映画感想 3


「やさしい本泥棒」公式サイト

原題 THE BOOK THIEF 2013年 アメリカ/ドイツ
原作 「本泥棒」マークース・ズーサック

監督 ブライアン・パーシヴァル
出演 ジェフリー・ラッシュ /エミリー・ワトソン/ソフィー・ネリッセ
   ベン・シュネッツァー/ニコ・リアシュ/キルステン・ブロック


ほんどろぼう


1938年ドイツ 姉弟は母親の事情で、里親に預けられにいく。
途中、弟は死亡。姉は読み書きができなかったが、弟の本を形見に持つ。
母親は赤狩りで逃げる共産党員だったことを、姉はのちに知る。
なんの疑問もなくナチスの教育で育つ子どもたち。
里親のもとで字を習い本を読む楽しさを知った姉は、
親衛隊の手で焼かれた本の残骸の中から、一冊の本を盗み出す。

ナチス時代の映画はなるべく見ないようにしたい。しかし、
子どもが主役で、子どもへの目線に優しさや思いやりや共感がある映画は見てみる。
いつもながら邦題には虫酸が走るが、本好きの私には主人公と気持ちが重なり、
それなりにちゃんと見た。でもこの時代の映画はやっぱり辛いわ。

もうすこし短くまとめてもらえると良かったかな。



「ケープタウン」公式サイト

原題 ZULU 2013年 フランス/南アフリカ
原作 「Zulu」キャリル・フェレ
ズールーが原題になっているのは、この民族を理解したほうが映画がよりわかる、のかな?

監督 ジェローム・サル 
出演 オーランド・ブルーム/フォレスト・ウィテカー
   コンラッド・ケンプ/ジョエル・カイエンベ/インゲ・ベックマン


けーぷたうん


ケープタウンでおきる事件
暴力と麻薬とアル中警官

アパルトヘイト時代の白人警官による黒人少年への暴力を下敷きにして、
全編、ドンパチと怒鳴り声と暴力行為。
事件の真相がどうこうなんて知りたいとも思えないほど嫌気がさし、
早送りしまくり、なにがなんだかどうでもよかった。

もう、年とって、どんどん心身ともに弱ってるんだから、
こういう映画は避けないといけないな。具合悪くなる。

ホラーなら元気になれるんだけどなー。不思議



「トランストリップ」

原題 MAGIC MAGIC 2013年 チリ/アメリカ

監督 セバスティアン・シルバ

出演 ジュノー・テンプル/エミリー・ブラウニング
   カタリーナ・サンディノ・モレノ/マイケル・セラ ブリンク
   アウグスティン・シルバ/ルイス・ドゥボ


torannsutorittpu.jpg


ジュノー・テンプルが病んでいく映画だってんで楽しみの一本でした。
おお、シッチェス映画祭で主演女優賞を受賞したのね
あの子の小動物顔は、神経過敏な少女役にはぴったりです。
そんで、イメージと違うけっこう豊満な裸体に驚いたのです。


チリに住むいとこのサラを訪ねた内向的なアリシアは、
初対面の、サラの彼氏や友達と行動をともにするはめになり、
どんどん神経を病んでいく。
原題の<マジック>は、サラの彼氏がマジック信望者で、
アリシアにも催眠術をかけたりするからと、
チリでの体験はアリシアにとって魔術的だからでしょう。
わりと好き。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント