第43回ローザンヌ・バレエ・コンクール


長年見てます、『Prix de Lausanne』

1973年から開催されているのですねー。
15歳〜18歳の若いダンサーに、キャリアを築くためのチャンスを与えるコンクールです。

公式サイト



スイス、ローザンヌで、1月〜2月の約1週間の審査に参加できるのは、
DVD審査に合格したダンサーと、予備予選で勝ったダンサー約70人。
約20人が決選進出、6〜8人が賞を授与される。
決勝審査では、クラッシック部門とコンテンポラリー部門、二曲を踊ります。

体力、精神力(経済力も)のいる一週間ですねー。







日本人三人の感想

伊藤充・・・日本人には珍しい王子様感。顔がどうのじゃなく、全体の雰囲気。
      スタイルも見頃にスマートで手足も長い。優雅さのあるダンス、高いジャンプ。
      コンテンポラリー部門ではちょっと物足りなく、あの演目なら
      もっと大胆で情熱的なダンスが良かったな。お行儀良かった気がします。

速水渉悟・・・クラッシック部門では爽やかでスマートだったなー、と思いました。
       コンテンポラリーが楽しく明るく、わりと好きだった。

金原里奈・・・とても愛らしい雰囲気のあるダンサー。なめらかで安定したダンス。



私のお気に入りダンサーは、ポルトガルの17歳ミゲル君。
ヒゲ生やしたりして顔は好みじゃないんだけど、タイツ姿が肉肉しくないのが好き。
もっこりも筋肉も目立たないのが好き。
クラッシック部門よりも、コンテンポラリー部門での情感表現が好き。

アメリカのジュリアン・マッケイ君は、ねばるタイプのダンスが好き。
大人のダンスな感じでした。


印象に残ったのは、韓国の女の子3人。ダンスが、というより、
頭が小さく手足の細長くまっすぐな、バランスの美しいこと。

普段は肉厚の体が好みだけど、バレエダンサーに限っては、
このような韓国人の体が一番好き。




コンテンポラリー部門での、この子のダンスが好きだった。






一位になったハリソン君、
廃止されたプロフェッショナル賞を与えてもいいくらいなダンサーですね。
顔が子供なのに、ダンスは35歳くらいの成熟したプロみたいだったもん。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1989年の熊川 哲也の
衝撃的なまでの完璧な踊りは、未だに目にやきついております。
あの時の彼のジャンプの高さ、狂いのない着地、軽やかなのに力強い踊り
の上を行くダンサーは、まだ見た事ないです。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント