「死を悼む動物たち」


私はどちらかというと、サめた飼い主だと思っている。
「うちの子」とは言わずうさぎと言い、
「ごはん」と言わず餌と言い、
本来、しょせんうさぎは食材。ということを忘れたことはない。
何事も科学的に説明するのが好きだ。

***まあ、口調は「おちっこ出たの?えらいねぇ〜」とか、
「ぎんちゃんは本当に可愛いねぇ〜 だいちゅきだよ〜」だが。


しかし、相棒うさぎが死んでからの残ったうさぎの行動が、
あまりにも、どう見ても『ウツ』状態のようで、
この本を図書館で見つけて借りてみた。



著者バーバラ・J. キングは科学者なので、
動物好きな人間が、動物を擬人化して感情的に思い込んだことなのか、
未だ知られざる、動物の感情による行動なのか、
慎重に思索した文章になっています。


「HOW ANIMALS GRIEVE」

死を悼む動物たち



著者が動物の行動を世界中で実際に観察した事実、
他の科学者の観察や行動実験の結果、
YouTubeやニュースなどで流された、驚くべき動物たちの行動、
などが、たくさん書かれています。

感情表現や知能の高さがよく知られている、犬、イルカ、象、類人猿の他、
アヒル、ウサギ、ニワトリ・・・他 の、仲間の病気や死に直面した時の行動は、
著者がいくら科学者目線で解釈しようとしても、
動物たちが愛情や友情を感じており、喪失の傷を感じ、
トラウマを引きずるとしか思えないと書いてある。


1 群れの仲間が死んだら、土や木の枝を死骸の上にそっとのせた象
2 仲間のニワトリがプールに落ちたら、戸を叩き(突き)、
  戸を開けた飼い主を誘導し、プールに連れていったニワトリ
3 仲良しアヒルが死んだら、飲み食いせずずっと寄り添ったアヒル

等々



動物の感情の研究は、まだ始まったばかりなんだそうです。




本の中に出てきます。車にひかれた(人間が殺しかけた)犬を助けようとする犬






うちの夫は、これを見ても、「やらせじゃないかな」と言いました。
非常に現実派であります。



_____________________________


残りうさぎの様子

・飲み食いしない。(シリンジで野菜ジュースと水を無理やり給餌してる)
・病院に行ったら排泄時以外箱から出てこなくなった。
・動きがまるで無い。固まってる。
・触っても反応無し。逃げもしない。(いつもは速攻逃げてた)
・抱き上げても固まったまま逃げもしない。(いつもは逃げようともがいてた)

うさぎは1日食わないと死ぬから、普段は食べ過ぎに注意して少量だけあげてたおやつ、
せめてものパイナップルとパパイヤは、食べたくなくなるまであげた。
といっても、1日に3グラムくらいしか食べてない。生きてるのが不思議なくらいだ。
体重は、1.2キロが700グラムになった。

やっと昨夜、ちんまりと数回、排泄以外にも箱から出ていた。
快復に向かってると思うが、出てきても2時間くらい、微動だにせず、固まってる。
うさぎは普通、じっとしてても鼻先がふぐふぐしてるもんだが、
生きてる?と疑うくらい、ふぐふぐもない。


うさぎはストレスを受けやすくストレスで死ぬ生き物。
誰だったか、有名人のうさぎは、(恐怖に)固まって滑るのが面白く、
何回も滑り台に乗せたら、次の日死んでたって。

ストレス=不安

うちの場合は相棒が消えた不安だけ?そこには愛がある?
愛がある悲しみ?

と、本を読めば読むほど、人間だけが特別なんじゃなくて、
生き物全て(虫はどうだろ???)に、愛と呼べる感情があると思えてくる。
動物を軽んじてるんだよね、人間。 
フォアグラ作るし、魚の口に針刺してるし、ロデオとかやるし闘牛やるし、
親子を引き裂くし・・・・・・


あ〜あ
なんで私、ベジタリアンになれないんだろう。なる決意をしないんだろう。
弱くて自分に甘いんだよな。肉食ってる限り、エセ動物愛護者なんだよな。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Yuimaさん

ゴリラのココの動画、私も見ました。
仲間が亡くなった時、残された動物が、「死」を納得するまで、そばに置いてあげたほうが立ち直りは早いそうです。
うちのうさぎは、まだ何か上の空な感じはありますが、二・三日前から少しづつ自分で食べるようになりました。ほっと一安心です。Yuimaさん、お心遣いありがとうございます。

以前手話を解するゴリラのココが大切にしていた子猫を失った時にとても悲しんだという動画を見たことがあります。手話で「悲しい、悪い、泣いてむくれる」などと手話で会話したココが、その後でまるで泣き声のような声をあげて泣いていた映像です。動物には感情があることはわかっているそうです。嬉しい、悲しい、怖い、楽しい。なら死ということがわかっても当然ではないでしょうか。きっとうさぎちゃんも喪失体験で、とても悲しいのでしょうね。元気になるといいのですが…。