「パラサイト・クリーチャーズ」


▪️時々気がつく 地球って北にいっぱい地面あるんだな。びーです▪️


5日?ぶり、くらいになる映画鑑賞第一弾は、
そりゃホラーに限るわね。ってんで、WOWOW録画の映画で復活。



原題 BLUTGLETSCHER 2013年 オーストリア 未公開


監督マーヴィン・クレン この映像センスは好き

出演
ゲアハート・リーブマン
エディタ・マロヴチッチ
ヒーレ・ベゼラー
ピーター・クナーク
フェリックス・ルーマー
ブリギッテ・クレン
ミヒャエル・フイト



おーすとりあ版




氷河の一部が真っ赤になっている現象から、
気象科学者らが思案し、調査するうち、あたりには奇妙な生物が出現。
それらは、複数の生物のDNAが合体した生き物だと思われる。

最初に氷河の洞窟に入った観測隊員の愛犬は、
どんどん具合が悪くなっていく。








氷河という、
一般庶民にはちょっと現実感のない舞台だからこその緊張感。

怪物たちは、
Aが Bを食べると両方の特徴を持ったものが生まれてくる感じなので、
虫や狐がちょっと変、な状態なだけ。つじつまが合っているというか・・・
それでも十分怪物感はありますが。

途中で出てくるおばちゃんの迫力がインパクト大で、
この人を主役にした政治映画とか見てみたい。


赤い氷河は、最初に出てくるやつよりも、
最後のヘリコプターから見た角度のほうが異様で禍々しく美しい。


すごく面白い、でもないけど、そこそこ完成度高い映画でした。


🌟 ホラーって、ほんと〜にいいですねぇ〜



*やっぱ、クリーチャーってかっこいいなぁ〜と、
一時停止して見とれるんだけど、
私の好みとしては、ちゃんとした形の怪物よりも、
どろどろべろべろしたわけわかんない物質の生き物のほうが好き。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント