「インベーダー・ミッション」


▪️「深層解明Xファイル 売春宿」は家人がいなくなってから見た びーです▪️



アメリカがやりたい戦争なのに他国が巻き添え映画二本目



原題 INVADERE 2012年 スペイン

ダニエル・カルパルソロ監督 初めてだな、見たの。

出演
アルベルト・アンマン
アントニオ・デ・ラ・トレ
カラ・エレハルデ
ルイス・サエラ


主人公の妻、この美女見た事ある!と思ったら、
「ブランカニエベス」で見たインマ・クエスタだった。お綺麗



インベーダー



イラク戦争
スペインの軍医二人は、怪我をした女性を運ぶため、
アメリカ軍が護衛につくことになった。
途中、地雷が爆発し、民家に逃げ込んだ二人は、
恐怖にかられ銃撃に参加することになる。

帰国してからの軍医パブロが、少しづつ記憶を取り戻すシーンで、
実際になにが起きたのかがわかってくる。

「テロリストを全滅」英雄扱いの裏に隠された、
秘密保持契約書をかわさなければならない真実とは?








侵略者 というタイトル、
誰が誰にとって侵略者なんだろう?と考えた。


二つのことが怖かった。

・戦場で、命からがらの人間がとっさにとる行動とは、
動物として本能的な、自分の身を守ること。
それで悲劇が起きる。

・他国の政府まで隠蔽工作でいいなりにする、なんなのアメリカって国は・・・



なかなかの作品だと思います。



*「ブランカニエベス」で小さい頃の主人公の役だった子が出てた!

ソフィアSofía Oriaちゃんインタビュー動画







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント