「失われたオスカー像」


▪️耳に痛い、神経が痛い、だから耐えられないジャズ  びーです▪️




アカデミー賞特集らしきWOWOW
オリジナルドキュメンタリー番組の再放送。
サブタイトルは 日本人初 アカデミー賞女優ナンシー梅木の生き方


本名梅木美代志は、
ジャズ歌手としてアメリカに渡りクラブで歌っていたところ、
日本人でジャズ、というのがめずらしかったのと、
アメリカの日本ブームにのり、演技未経験で「サヨナラ」で助演。
アカデミー賞助演女優賞を受賞した。

その後、ミュージカルとドラマで
トニー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされるが、
42歳で完全に引退。


タイトルの「失われたオスカー像」とは、
ナンシーの養子に問い合わせたところ、オスカー像は壊されましたと、
返事がきたことからでしょう。
母が自分で壊しました。と。

なぜ壊したか、引退の理由、その後の生活を、
養子の話から紐解いていく。




「SAYONARA」1957年 アメリカ

SAYONARA.jpg




ハリウッドだろうが日本だろうが、
世間にはブームがあり、実力に関係無く浮き沈みする。

しかたがない

夫に先立たれても、家庭が幸せだったんだもの、それでいいじゃない。
息子が今でも、「最高の母だった」というんだもの。これに勝るものはないよ。






たしかに、美しい歌声
顔はね、、、まあ、あの時代の、、、、あれだ。う〜〜ん・・・







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント