「ネコのミヌース」


▪️うちの野良猫が可愛い顔してる、と思ってたら、
人んち行ったら飼い猫の毛並み目つき仕草などが段違いなのを知り、
外見と身分、というものを考えた。 びーです▪️


児童文学の映画化
オランダで大ヒット、国外でもたくさん受賞の、可愛らしい小作品、


原題 MINOES 2001年 オランダ

監督は、これまた可愛い映画
「ジグザグキッドの不思議な旅」のフィンセント・バル

ジグザグキッドの不思議な旅 過去記事

出演
カリス・ファン・ハウテン
テオ・マーセン
サラ・バンニール
ハンス・ケスティング
ピエール・ボクマ



原作はこちら
著者 アニー・M・G・シュミット

みぬーす本


⭐️ねこなのに女の子になっちゃったミヌース役は、
「ブラック・ブック」「ワルキューレ」の美人さんでした。
シリアスな役でしか見たことなかったから、
こんなにコミカルな持ち味があるとは意外でした。きゅ〜と



ミヌース



気の弱い新聞記者ティベは、次の記事は特ダネだ!できないとクビ!
と編集長に言われる。
帰り道、木から降りられない女の子を助ける。
「犬に追いかけられると、つい・・・」だとか。

彼女はミヌース、実はもとネコ。
ティベは家がないミヌースを住み込みの秘書として雇い、
ノラネコのネットワークで知ったネタを提供してもらう。

町の名士の本当の姿を知らせるミヌース、
それを記事にしても、誰にも信じてもらえないティベ。







ねこねこねこ

🎵うちのぉ〜 ねこ ぼくのぉ〜ねこ かわいいねこ こねこぉ🎵

ついついうたっちゃう

ネコたちがゲキ可愛いのはもちろん、
ネコのしぐさをするミヌースが、これまた可愛い。
ニシン売りのバンを見て舌なめずりしたり、
ぷらぷら動くものについ反応しちゃったり、
ダンボールの中で寝たり。

本は読んだことないけれど、画面から感じる暖かさや幸せ感に、
人々に愛されている原作を大切にしている感じがする。
家族みんなで楽しめるとこ請負い。



ネコのあいさつ 鼻こすり、やってみたい。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

も一本、
私がネコ好きには絶対見てもらいたい、と思う大好きネコ映画はこれ

「こねこ」


こねこDVD




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

凛さん

お元気でした?楽しい映画ですよね♪
猫の顔って完璧だと思うんですよー
可愛いの完璧なバランス。
いいなー すりすりできて。猫と暮らしたい。
ウサギひっくり返そーもんなら、食われる!恐怖に瞳孔が変化しますもの。

お久です(^^)
この映画、私も観ました♪
可愛い映画ですよね!
私も我が家のエルちゃんとは、鼻をスリスリ毎日してます(笑)
そしてお腹に顔を埋めさせてもらって至福の時を深呼吸しますの♪