「ザスーラ」


▪️一大決心してタクシーに乗ろうとしたが全然つかまらず、
電車に乗って節約に喜ぶ小市民  びーです▪️



子供時代のジョシュ・ハッチャーソン見たさ鑑賞。


原題 ZATHURA 2005年 アメリカ


原作

ザスーラ 絵本


実は私、この作家の本、苦手。絵が苦手、なんか気持ち悪くて・・・
だから読んだことないし、映画も観てこなかった。


出演
ジョシュ・ハッチャーソン
ジョナ・ボボ
ダックス・シェパード
クリステン・スチュワート
ティム・ロビンス
ジョン・アレクサンダー


助手


仲の悪い兄と弟は、離婚したパパとママの家を行ったり来たり。
パパの家で留守番してる時、地下室で見つけたものは、
古びたボードゲーム「ザスーラ」。

そのゲームは、ねじを回してGOボタンを押すと、
カードに書かれた文章が現実に起こるゲームだった。






こういう映画の特殊技術の面白さはおいといて、
弟たちを邪険にするティーンの女の子らしさと、
天敵と言える男兄弟の険悪さが、とてもとてもリアルで良かった。

良かったっていうか、あまりに「ああああ。。。ほんと、こうだよな」
と自分とこと合わせて見てしまい、辛いものがあったわ。

宇宙飛行士が出てきて、ちょっとつまんない。
兄弟だけでゲームを進めてほしかった。
この世界に大人は出てほしくなかった。(本の通りなの?)


クリステン・スチュワートが眩しすぎて、
「トライライト」シリーズよりずっといい






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント