「セルフリッジ 英国百貨店」


◾️汽車、電車、列車の区別を今日知った びーです◾️



原題 MR SELFRIDGE 2013年〜 イギリスITV


イギリスで大評判のドラマらしいです。
日本ではBSイマジカで吹き替えの放送が始りました。

セルフリッジズ (Selfridges) という、ロンドンの高級百貨店の、
創業から発展の様を、創業者ハリー・セルフリッジを中心に描いたドラマ。

セルフリッジズWEBサイト

デパート大好き!デパートごと欲しい!とよく考えるあたし。
このテーマに大喜び



せ




アメリカ、シカゴ出身のハリー・ゴードン・セルフリッジは、
ロンドンのオックスフォード・ストリートに,
最高級のデパートを作ろうと壮大な計画に着手する。
資金のめどがつかないのもおかまいなし、
自分が第一級と信じる従業員・接客・品揃え・ディスプレイなど、
新しい試みを次々に取り入れて行く。

まだ、女性が一人で買い物に出歩く習慣もなかった1900年代始め、
商品を手に取って選んだり、一階に化粧品や香水を置いたり、
クリスマスのカウントダウン表示をしたり、
<お客様は神様>精神を徹底したり、
ハリーのアイディアは女性たちに喜んで受け入れられて行く。





ハリー・セルフリッジ役はジェレミー・ピヴェン

「アントラージュ★オレたちのハリウッド」で、
切れ者だけどキレやすいエージェント、アリ役が長いから、
百貨店界に革命をもたらした男の役に驚き


ハリーの妻:フランシス・オコナー
大スターエレン・ラブ:ゾーイ・タッパー
ハリーの息子役で、「ブロードチャーチ ~殺意の町~」で、
いなくなった男の子の友人役だった、アダム・ウィルソンが出てる。

私が注目したのはアシュリング・ロフタス
元いたデパートからセリフリッジに移った子の役

・ドラマについて語るアシュリング





ハリーの勢いと自信が画面から溢れて来るようで、
見ててワクワクしてきます。
なんでも、パイオニアになるっていいよねー。
自分がパイオニアじゃなくても、そのスタッフになって、
関わる事ができるのは楽しい。

昔の時代のドラマや映画は苦手だけど、
このドラマには古臭さを感じません。
それは、「よーし、これから俺はやってやるぞー!」という、
新しいことをする人のエネルギーが見えるから。

回を重ねて、デパートの成長を見るのが楽しみです。♪♪


シーズンは、4くらいまで続く予定だそうです。
最初の頃の、デパートがどんどん繁盛していく様子から、
徐々に、ハリー自身が身を破滅させていく課程を描くそう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント