「ザ・コール緊急通報指令室」


■頭のいい人が出てくるドラマだと、セリフの意味がわからない
例「SUITSスーツ」の弁護士たちのセリフ  びーです■


原題 The Call 2013年 アメリカ

出演
ハル・ベリー
アビゲイル・ブレスリン
マイケル・エクランド
ジャスティな・マシャド
ローマ・マフィア


**最初に一言

おっとろしい犯行現場でかける曲が、
「♪か〜ま かまかま か〜まかめえれえお〜ん♪」

って・・・・・ (^^;;  笑えたよ。




コール



番号911 アメリカの緊急電話の番号ね。
人々が助けを求める電話の先、緊急通報指令室で働くオペレーターが、
通報者を励ましながら警察に情報を伝え、事件解決に導く映画、
だと思って見てました。

オペレーター ジョーダンは、ミスにより一人の少女を死に追いやった。
その後教官として、新人教育を担当するようになるが、
ある緊急電話を取ったことで、誘拐された少女との長いやりとりが始る。

少女が乗せられた車は発見できるのか?
命は救えるのか?







犯人は早い段階で観客にはわかるから、犯人探しのドラマではない。

前半の、ジョーダンのミスと、誘拐事件の勃発、
中盤の、ジョーダンと車のトランク内の少女の会話、
ここまでは、スムーズにジンプルに映画に引き込まれる。
ハラハラしながら見守れる。

しかし後半になると、犯人の家庭や過去、犯行の目的、が、
クライムサスペンスじゃなくて、グロテスクサイコパス劇に変わり、
その変わり方がちぐはぐでむちゃぶりで、統一感が無い。
二本の脚本を、無理矢理一本にまとめたような印象になる。


不満を羅列してみる

1 連続犯行なら、一度目の時の報道で遺体の様子を言うとか、
 繋がりを作っといてくれないと、二度目が突然すぎて違和感。

2 あんな猟奇事件にしないで、
 金髪少女強姦目的男の犯行にすればよかったのに。

3 あそこまで病んでる人物設定にしては、家庭があまりにも普通。
 せめて貧乏とか妻と不仲とか、どこかが不健康じゃないとリアルじゃない。

4 夫の部屋にあんだけ故人の写真飾ってあるって、おかしい。
 妻がそこに疑問をもってないのが無理。

5 オペレーターの職業で、犯行現場を調べに行くか?
 いくら少女が心配だからって「そんな馬鹿な?」と思ったよ。


最大の不満はラストだぜ

(すいません、詳しくは書かないが、ラストにふれます)

ラスト、これねえ、どうなの? これでいいの?
さんざん恐ろしい思いしてきた少女が、あんなに冷静になれる?
虐待者からは一刻も早く離れたいもんだよ。見たくもないんだよ。


腑に落ちない。納得できないラストシーンなこと極まりない。


まあ、でも、誘拐事件としてのスリル部分は面白かったです。


携帯を小道具にしたサスペンスなら、
キム・ベイシンガー主演「セルラー」のほうがよくできてた記憶。
あ、あと、いつも思うこと、アビゲイルちゃんは、
化粧すればするほど変になる。似合わないどころが古くさいブスになる。
元顔が美形ではないから、自然なメイクじゃないとまずいって。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント