引きこもりゾンビ映画鑑賞


◾️LINEって何 びーです◾️


「ウォーム・ボディーズ」

原題 Warm Bodies 2013年 アメリカ


ニコラス・ホルト君が、美貌を全然活かさないゾンビ役
ゾンビメイクしててもちゃんと可愛いが、ね。
真っ黒髪のニコラスはあんまり・・・・
この子は「シングルマン」が異常にごっくんな奇麗さだったなぁー

主演女優テリーサ・パーマー「明日、君がいない」が、
あまりにもクリスティン・スチュワートにそっくりで、
気が散る気が散る。
毛(髪、眉毛、まつ毛)が黒かったら、完全に同じ顔じゃない?



う



なんか、飽きちゃった、途中で、 すんません
もっとスピーディでコメディタッチなら良かったな。
流れる曲含め、ロマンチックすぎてちょっと疲れた。
「愛」が人間らしさを呼び覚ますってのはいいアイディアなんだけど、
もすこしちゃちゃっとカラッと表現してもらえると、
集中力衰えてるあたしにも楽しめたかも。


予告編は面白い




そうそう、「あの頃は良かった」症候群が作り出すものに多用される、
大量の懐メロに、もういい加減辟易いたします。



「50/50」ジョナサン・レヴィン監督だから期待しちゃってたけど、
まあ、あたしはいいや、って感じ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「BEFORE DAWN ビフォア・ドーン」


原題 BEFORE DAWN 2012年 イギリス

低予算大ヒットゾンビ映画「コリン」の監督が主演も務めた作品。


出演
ドミニク・ブラント
ジョアンナ・ミッチェル
アイリーン・オブライエン
ニッキー・エバンズ
アレックス・バルダッチ
アラン・フレンチ


do.jpg




初老の夫婦が、子供たちを実家に預け、田舎の別荘に行く。
妻はジョギング中血まみれの男に足を噛まれ、具合が悪くなっていく。
電話も通じず、どうしていいか途方にくれる夫。
そうしているうちに、ゾンビ出てくる。格闘する。
妻がおかしくなる。地下に閉じ込める。

「俺だよ、愛してるよ」みたいなこと言ってなだめるが、
妻、完全に変身してる。どうする、夫。








「コリン」
退屈したものの、映像のカラーや、ゾンビメイクはとても好きだった。
こちらも感じは似てますね。こっちのほうが映画としては面白いかな。


人間が、突然、

「があーーーーーーっ!」

となるシーンの、瞳が怖い。

(進化系子供?感情を持たない邪悪な子供たちは、
こういう瞳をしているそうです。目撃された怪奇現象の話ね)

だーーーーっとこぼれる血が怖い。


けっこう怖い。好き。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント