どどいつ文庫訪問記


こんなにすんばらしくきてれつでこうぶつの本屋発見

どどいつ文庫WEBサイト


あまりにもO M G(おーまいガー)なお宝本と、
記事のうひゃひゃひゃへんてこぶりに、←賞賛してる

そっこー、<ご来店案内>をクリック。
予約を入れて(本屋なのに予約)。。。こりゃますます面白そう、と、
数度のおメール交換ののち、一ぺんも歩いたことのない、
西日暮里の道灌山通り(読めない、知らない)をいそいそ歩きました。

ごく普通のおマンションの、ごく普通のお部屋に案内され、
お店主様のイトーさんにおザブをすすめられ、冬場はこたつか?
なお姿の正方形テーブルを挟んで、ご蔵書を拝見してきましたの。


IMG_6494_convert_20140809121624.jpg


オンラインショップが中心のご商売ですが、
問い合わせメールも訪問もあたたかく歓迎、なイトーさん。

あたいがどんな人間ででどんな趣味かを見極めたセレクトをしてくださり、
何も言わないしょっぱなから、ブラザース・クエイの作品集を見せてくれました。
ぱちぱちぱち


このような作品を作ってる一卵性双生児ね。

ク


「Inventorium of Traces」予告




そのあとは、こっくろーちにコスプレさせたりしてる写真集ね。
そいから、ふらいがゴルフしたり釣りしたり、レストランでお食事してる
イラストと写真の奇麗なご本ね。
あとわ、おお昔の医学生の解剖授業写真集ね。  とかとか。おほほほほ


たまらん!至福


月500円のwebuまがぢんもある

『世界でぢたる珍本秘宝ツアー』  とな


★あたいも今度ショウルウムに遊びに行った時には、
会員申し込みしてこようと思ってます。


行ってごらんなさいな、見てごらんんさいな











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント