「オッド・トーマス」


”サイキックなフリーターが 世界を救う”・・・ははは


めんどくさなサブタイトルが付いてます、邦題
「死神と奇妙な救世主」



原作はディーン・クーンツ著「オッド・トーマス」シリーズ

原作


出演
アントン・イェルチン
アディソン・ティムリン
ググ・バサ=ロー
ニコ・トルトレッラ
パットン・オズワルト
ウィレム・デフォー
シュラー・ヘンズリー
カイル・マッキバー
メリッサ・オードウェイ
モース・ビックネル
アシュリー・ソマーズ


O.jpg


ODDオッド(奇)はTODトッドの間違い!と主張する母は精神病院送り。
その血を引き継いだオッドは死者が見える。
死神ポダッハが現れると死者が出るが、見えた事をポダッハに知られると、
オッドの命が危ない。だからオッドは気づかないふりをして、
事件を未然にふせぐ行動に出る。

平和な町ピコモンド(架空の町?)の警察署長も、
運命の恋人ストーミーも、オッドの能力を信じて協力してくれる。






さすがのスタッフがVFX担当なので、
ポダッハの動きにうっとりしてしまう。


フリーターでサイキックでヒーローな主人公役アントンは、
ヒーローのイメージ、まるで無し。そこが、共感を呼ぶわけね。
こんなキャラの男の子に、ストーミーみたいなセクシー可愛い子ちゃんが、
「子犬もあなたも可愛い♡」「私のプーさん」な〜んて、ありえないべ。
と、醒めた目線が拭えないが、現実は小説より奇なり、なのでね。


小説の映画化というより、アメコミっぽい雰囲気が漂うのは、
監督の持ち味なのかな?
「ハムナプトラ」「GIジョー」の監督だそうです。


ヒーローだけど、格闘あるけど、銃撃あるけど、
男臭さの無い、ロマンチック味の、デート向け映画って感じ。

嫌いじゃない。


*しかし。。。ウィレム・デフォーの顔は、歳とるごとに、
なにかインチキくさく、嘘っぽくなってきましたなぁ  なぜ?

*ストーミーが店長やってるアイス屋さん、Burke and Bailey's
すごく可愛い 制服も可愛い

映画のためのセットなのかな?ここに写真あります。

Fickr Photo

*ロケ地となったショッピングモールには、
「ヴィクトリア‘ズ・シークレット」もありましたん♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで本8月2日は『パンツの日』 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント