「荒くれドッグス」


タイトル「荒くれドッグス」じゃあ、
危険な野犬が出てくるのかと思っちゃう。


原題 Alpha Dogs 2013年〜 アメリカ


National Geographic Channel


VLK(Vohne Liche Kennels)という、
警察犬、軍用犬の訓練施設を舞台とする、
仕事をする犬達のリアリティーショー。

Vohne Liche Kennels


インディアナ州?の、どこだかの、ひろーーーい土地??
職業犬の訓練所と言ったって、想像もつかない広大な土地。
ホテル、グルーミングサロン、犬の宿泊は150匹分、トレーニングセンター、
訓練のための住宅、倉庫、校舎、たくさんの車 他

一つの町くらいの規模に思える。

シーザー・ミランやビクトリアらは、家庭飼育犬のトレーナー。
VLKでは、やることがまるで違う。
爆発物、麻薬の探知や容疑者、脱獄犯の追跡のための訓練ですから。

そういう仕事に向く犬種は、VLK主催者のケリーに言わせると、
シェパードとマリノア。同じ種でも、同じ能力でも、
性格により、どの犬にどの仕事をさせるかは違ってくる。
また、同じ仕事でも、状況により、リードを持つ腕の角度、
匂いを嗅がせるスピードなど、人間のコントロールが必要になる。

ドッグトレーナーがみんな言うように、犬の力を引き出せるかどうかは、
すべて<人間しだい>なのであるー。





ここの訓練士たち、揃っていかつい
日本の、警察犬の訓練施設のテレビ、見たことあるけど、まるで違いますなぁ。

ひげ、タトゥ、ヘアスタイル、服装、
完全、『ハーレー乗り』

実際、そうみたいね、みんなバイクに乗ってる。

番組オープニングなんて、「ダイ・ハード」か「RED」か?な作りよ。

前にも、犬のレスキューをボランティアでやってる集団のテレビ見てたけど、
日本じゃ、どっこも雇ってもらえないだろう外見、ファッションの野郎ども。
猫ヘルパー ジャクソン・ギャラクシーも、幼児なら一見して泣き出すかも、な・・

こういうところ、
アメリカ、いいなあああーーーーー
アメリカ大好き!


と、あらためて感じるところなんだよねぇ


第一回目の放送では、殉死した警察犬の葬式をやってました。
警官が殉死した時と同じセレモニーなんだそうです。
泣いた泣いた


★追記

荒くれドッグトレーナーたち、
なんと、特殊部隊などの兵士の訓練までしていた!
犬と一緒に任務につくために、犬と兵士の個性を一目で見抜き、
組み合わせを決め、犬への正しい指導方法を教える。

すごいなああ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント