「奇跡の旅2サンフランシスコの大冒険」


Dlifeで、「サンフランシスコ」の文字に興奮、
予約録画をしていた、動物が主役のディズニー映画。


原題 Homeward Bound II: Lost in San Francisco
  1996年のディズニー映画
 「奇跡の旅」Homeward Bound: The Incredible Journeyの続編。


監督デビッド・R・エリスは、「セルラー」とか「デッドコースター」とか、
おっかない系の映画ばかり撮ってるのね、なんでまた奇跡の度2??


・原作「三びき荒野を行く」シーラ・バーンフォード


三匹


・1963年ディズニー映画「三匹荒野を行く」のリメイク。
これの監督も、「法の裏街道」なんてぇ映画の監督
フレッチャー・マークル

カナダ、オンタリオ州が舞台。

荒野


・1993年「奇跡の旅」
これまた監督は「ブルー・ベルベット」「ワイルド・アット・ハート」
など、大人〜な映画で編集を務めた人。

旅


_________________________


声の出演は、マイケル・J・フォックス/サリー・フィールド


サンフランシスコの


サンフランシスコに越して来て2年のシーバー家は、
カナダにキャンプ旅行に出かけることに。
動物達チャンス(犬)、シャドー(犬)、サシー(猫)
も一緒に連れて行くのですが、空港でオリに入れられたチャンスがパニックに。
「オリに入れられて運ばれる!収容所に戻されるんだ!」
「収容所に行ったら生きて帰れない!」と震え上がる。

逃げ出したチャンスをほおって置けない二匹も脱出。
空港からシーバーの家目指して、サンフランシスコを彷徨う。






映画をみるというより、あたいの心の故郷、
サンフランシスコの景色をみたかったので、意識散漫で鑑賞。


おおっ!サンフランシスコ国際空港だ
これは、コイトタワーね!(行かなかったけど)
あっ!ゴールデンゲートブレッジだ
ああっ!ピア39のあしかだ


と、その部分は一時停止しながらでございました。
もちろん、美しいおうちの並ぶ坂道も。
(野良犬が言ってました、公園よりきれいな家ね、って)

犬の考え方がわかるのが興味深かったな。
*アシカは犬が水に長く入ってると毛が抜けてああなる。
 だから風呂に入れられそうになったら逃げるのよ。とか
*きれいな景色なんか見るよりマクドナルドの裏にいるほうが、
 耳も鼻も喜ぶよ。とか
*人間に訴えるには目を見る事さ。とか
*皮張りの野球ボールがたまらない誘惑で、かじかじしたい。とか



この時代の動物映画のいいところは、
CG処理の、気持ち悪い口の動きがないところね。
動物の表情やしぐさをうまく使って、感情やセリフに合うように編集してる。
とっても好感もてるわ。


★SASSON'S PIZZAって宅配ピザがミニローバーで来てたけど、
調べても見つからなかったわ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


しかし、この映画のことは、これだけじゃ終らなかった。

エリス監督は、2013年1月に、
日本のアダルトアニメの実写化監督として、
ロケ地南アフリカのヨハネスブルグに滞在中、
ホテルの部屋で遺体で発見されたそうです。

「KITE」(カイト)


KITE.jpg


出演 サミュエル・L・ジャクソン/インディア・アイズリー
監督はラルフ・ジマン





インディアちゃん、きゃわいい〜〜
さすが、オリビア・ハッセー(ハッシー?)のお子様
(パパはあの日本人ではなく、アメリカ人ミュージシャン
デヴィッド・アイズリー)


inndezia


両親とインディア

さんにん



「アンダーワールド 覚醒」未見 にも出てるのね。


おかあちゃん、オリビアのサイト、ブログに娘の事書いてるみたいね。

Olivia Hussey







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント