「Sex and the City 」4-4,5


エピソード4
セックスと恋愛の両立?What's Sex Got to Do with It ?


JAZZ男がうざい!

「私、JAZZ嫌いなの」

ブラボー キャリー

私は、このセリフに救われたのです。
ジャズって、嫌いって言うと、低レベルな人間扱いされそうで、
ジャズを語る男らって、理屈っぽくインテリぶってて人を見下してる感じで、
私の鬼門でした。キャリーのこのセリフを聞いてから、
私も、はっきりと、『ジャズ嫌い!』って言うようになりました。


*メロディもないし、聴いてるとう”〜〜〜
とりとめがない・・・・・(イライラ) ね ほんと、神経に触るんだよ




「めくるめくSEXが真面目な付き合いになればいいのに、と
真面目に付き合いたいからSEXはしない。」

どっちがどっち?鶏が先か卵が先か、考えるキャリー。


なんで愛とSEX両方手に入らないの?いつも一つだけ!(シャーロット)

マリアとの関係を話すサマンサ
グッチやベルサーチのラベルと一緒よ、
レズもストレートも
(サマンサ)

デーとして裏切られるのが嫌なの
家に一人でいるほうがまし
(ミランダ)


ミランダが、性交の代わりにしてたのがケーキ。
ケーキMix買って作って、食べるのをやめられなくなった時、
え〜い!とゴミ箱に捨て、そーーーっつと拾って食べるシーン。
ダイエットしたことある女性なら、一度はあるんじゃない?
ん?私だけか?ものすごく共感。

しかも、キャリーに電話して、
「私、ミランダ・ホッブスは、一度ゴミ箱に捨てたケーキを食べました!」
「覚えておいてね、私が心の病にかかった時」

がはははははは 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エピソード4 過去という名の亡霊 Ghost Town


ミランダがスティーブとばったり!店開くよと知らされる。
しかも、エイダンが共同経営者。
過去の男の開店パーティに行くかどうか、悩む女たち。

ミランダの幽霊騒ぎでキャリーが持って行くのが、オレオクキー。
オレオって、色も味も大嫌い。何がいいのかわんないっす。


地理:スティーブとエイダンのバー「Scout」のロケ地となったのは、
   →ONIEALS
   174 Grand St New York, NY 10013


   シャーロットが柔らかいベッドを探しに行くお店
   →ABC Carpet & Home Co Inc
   888 Broadway(between E18th St and E19th St) New York, NY 10003



トレイの母がしつこいので、キレたシャーロットが宣言。みごと
これからは、この家の女は私一人です!



ところで、このドラマで、すっかり「男好き」姐さんの印象になった
サマンサ役 キム・キャトラルですが、2007年のTV映画
「My Boy Jack」でのダニエル・ラドクリフの母親役が、とても良かったのです。

「ダニエル・ラドクリフの マイ・ボーイ・ジャック」

まい







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント