「Sex and the City 」3-12,13


エピソード12 恋愛における嘘Don't Ask, Don't Tell

トレイとシャーロットは結婚式のリハーサルディナーを。
その席で、エジンバラなまりのきっつーい男とサマンサが。


ミランダの嘘=「あたしスチュワーデス」
・嘘の理由、弁護士というと引かれるから

キャリーの嘘=浮気を隠していること
・エイダンに浮気の告白をしようかどうか、三人に相談。
シャーロットの結婚式付き添いドレスのフィテイングしながら。

(こんな席で自分の浮気の後始末話するキャリーも、
結婚式が終ったらにしてと言うシャーロットも、
付き添いなのに露出しようとするサマンサも、みんなとことん利己的)


男は、女のパワフルなキャリアが大嫌いなのよ(ミランダ)

浮気なんて、言う必要なんてないわよ。
男なんかしょっちゅう嘘ついてるんだから
(サマンサ)

「結婚はただのゴール」というサマンサに、
「男遍歴のゴール」とはしゃぐシャーロット。

「トレイとは結婚するまでしないの。その方がロマンチック」というシャーに、

車だって試乗してから買うもんよ!(サマンサ)


やましさから逃れるための自分勝手な感情から、
キャリーがエイダンに告白したのは、シャーの式当日。最低だよな。


「傷つけるつもりじゃなかった」って、
「他の男と何回もやりました」と言われて傷付かない男いないだろ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エピソード13 過去からのエスケープEscape From New York

シャーロットが新婚旅行から戻り(一回もやらなかった)
三人はロスへエスケープ。
キャリーのコラムの映画化の話にみんなが便乗、の旅です。

ロスで会った30代女性のプロデューサーは、
「あなたも失恋した私も失恋した、じゃあ、みんなも失恋してる。
この映画ヒットするわ」

地理:ミランダがロデオマシンに挑戦したのが、
   Saddle Ranch Chop House→ホームページ
   8371 W Sunset Blvd West Hollywood, CA 90069

なんと、ここ、私が、なんか面白そうな店、と思って偶然写真撮ってた

ハリッドからビバリーヒルズに向かう途中にありました。

IMG_0920_convert_20140311172105.jpg


IMG_0921_convert_20140311172236.jpg



ロスでは、どこもかしこも禁煙で、むかつくキャリー。
ここでの三人は、『ニューヨークの方がロスよりの上』的目線。

映画にノリノリなのが、いまをときめくマシュー・マコノヒー

マシューの申し出を断り、
自分の悪いところを協議されるのからも逃げるキャリーは、
仕事の打ち合わせをドタキャンする、
ご立派なキャリアウーマンでございます。
(そういえば、パリのファンの集まりでも男のためにドタキャンしたね・・・


このセリフ好き
「これが気に入ったの、服にも合うし」

(性能じゃなく見た目で気にいってレンタカー選ぶところが好き。
 着てる服に合うという理由も好き)





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント