「アフガン零年 三度目の挑戦」


この2003年の重要な作品を、私は過去二回、途中で止めてます。


・病院でタリバンが看護師と患者の息子に聞く。
「何しに来た、関係は」「夫婦です」
「女に、夫以外の男と口をきくなと言え!」
 このやりとりに、怒り爆発して消す。

・少年のふりをした少女が、タリバンが来た時、
「女だとわかったら殺される!」と叫んで逃げる、で消す。

耐えられない
このクソ野蛮で下劣で脳みそ未発達さ。
全オスに死滅して欲しい願望
に涙が出るシーンに狂いそうになる。
身体に悪い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり、苦しんで苦しんで、頭狂いそうになって我慢して見た。
だが、世界中のくそいまいましい、「神」を理由にした、
残虐行為にさらされている女たちを思えば、あたしの苦しさなんか生温い。

原題 OSAMA アフガニスタン/日本/アイルランド


タリバン政権崩壊後のアフガニスタンで製作された映画第1作。
NHKがサポートした。偉い!! 偉いんだから、日本で作る番組も、
もっと面白くしろよ。

監督・脚本セディク・バルマク

出演(一般のアフガニスタンの人々)
マリナ・ゴルバハーリ (少女)
モハマド・アリフ・ヘラーティ(お香売りの少年)
ゾベイダ・サハール(母親)
ハミダ・レファー(祖母)



アフガン

男がない家族(戦争で死んでっからね、男)は、飢える。
なぜなら、女は働くの禁止だから、つーか、働いたら殺される(イスラム教)。
だから、女性たちの行進「これは政治活動ではありません」
「わたしたちはひもじいんです」となる。

母のため、祖母のため、髪を切り、男装をして働き始める少女。
しかし タリバンの軍事教育に連れて行かれ・・・・・・


>>>>ネタバレします。だって、言わないと感想書けない

男のふりしてたけど、クソエロしなびれじじいが、
「この子は天使のようだ」・・・エロ目線
と、目をつけやがる。シネ!じじい
だから、生理がきて、女とバレた時、死刑から救うようで、
少女と性交するために結婚すっから許すとなる。シネ!じじい
てめえのたれさがった臭いちん◯しゃぶらせるために子供使う。
それが良しとされるイスラム、アフガニスタン
ラストは、女の絶望に手当たり次第に物壊したくなる>>>ここまで






映画の中で、
「この男は映画を撮ったから神を冒涜、スパイだ、死刑」
と銃殺になる白人男性がいるが、これが映画の脚本だとしても、
こうなんだろうね、実際。と見ている者に思わせる、重要なシーン。


女と産まれただけで地獄
男と産まれただけで殺しも強姦もやりたい放題
そんな国がたくさんある。


いっぺん、
男と産まれただけで殺される世界になったらいいんじゃない?
その恐怖と屈辱と絶望感が骨身にしみれば、
「はい、もう、女を痛めません」になるか?
・・・ならんな、男は人を思いやり共感する脳の領域が狭いから。

それに、普通の女は、領土拡大だの、権力誇示だののために殺さないもん。
オスみたいな性欲ないから、犯さないもん。



堂々と言うよ、あたしは。
イスラム教に限らず、宗教は悪

世界中の戦争は、子供犯し女犯しは、宗教が原因


もっと言えば、

オスの性欲が諸悪の根源

オスの支配欲性欲が神をいいわけにしたのが戦争。

_______________________________


アフガニスタンを描いた素晴らしい映画
「子供の情景」が忘れられない。

ここでも、男の子たちがタリバンごっこで遊ぶ。
犠牲者となるのは、小さな女の子。

子供



ほんと、あいつら、滅亡しろ1




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

凛さん

またもや怒りで我を忘れての罵詈雑言記事でした。すみません。
きっと今も変わらないのでしようね。
どうしたらいいのか。。。
でも、紛争で儲ける先進国と言われる国には、いつまでもこうであってくれないと困るのでしょうね。

アフガンの実情

私も昔、この映画観ました(>_<)
本当にやり切れなかった…