「ダイダロス 希望の大地」


国家史上最高額の制作費

そうでしょうそうでしょう、すごいスケールの映画ですもの。
独立20年でここまで作るとは、
カザフスタンってどんな国? ポラットはいませんよ〜 ぷぷぷ

原題 les guerriers de la steppe? Krieger der Steppe?MynBala?
   2012年 カザフ共和国 未公開
英語だとWarriors of the Steppe(大草原の勇士)

邦題ダイダロスってギリシャ神話のイカロスの父親じゃん、
なんで このタイトルにしたかなー?
飛ぼうとして(自由になりたくて)死んだ(落ちた)、そんな悲劇を重ねたか?

出演者は、非常に情報が少ないです。
クラレイ・アナルペコヴァKuralay Anarbekova(コルラン役 かっこいい!)
アシルハン・トレポフAssylkhan Tolepov SNS(サルタイ役)
アリーヤ・テレパリソーヴァAliya Telebarisova(ゼレ役)
「ミスアルトマイ」でニューヨークフィルムアカデミーを卒業
 映画でもCMでも主演格の女優さんのようです。

アリーヤが紹介されているカザフのサイト

ミスアルトマイNEWS

アリーヤ・アリアヌベクAliya Anuarbek→この名前、
別人として出演者になってるんだけど、もしかして、アリーヤ・テレパリソーヴァ
のフルネームってこと? Anuarbek Aliya Telebarisova って名前?
アヤン・ウテプベルゲンAyan Utepbergenov(タイマス役)



ダイダロス



18世紀初頭、東から侵略してきたジュンガル族(チンギス・ハーンの末裔?)
に対抗して、カザフ族が戦って独立を守ったという歴史を描いたそうです。
が、カザフスタンとかウズベキスタンとかもう、複雑すぎて、
あそこのあたりの地理も歴史も全然頭に入りません。調べても調べても。
言葉も民族もあれこれいろいろ。
顔立ちも、モンゴル民族らしい顔、ロシア系の顔、混血して、不思議な魅力の顔、
何人、とかどこの国とか、くくれない多様さなんです。

まず、主な出演者たちの美しい骨格、体型に驚いてしまいました。





作品は素晴らしいです

なにが? 
色彩
黄色っぽい茶色 白っぽい茶色、黒っぽい茶色
茶色、というのは、降水量の少ない大地の土の色、
大地の色が映画全体の色の基調となり、人物も馬も、奥行きの深い姿になっている。


まあーーーー 美しいのよ、
草原の、土の、大地で生きる遊牧の民の芯のあるお顔が

なんだろなー、覚悟して生きてる顔?身体感覚で生きている顔?

モンゴルの映画の数々、ネパールの名作「キャラバン」にも言える、
まさに、「凛」とした顔。そして混血。これよね。


こういう時代のこういう映画につきものの、馬。
馬、ちゃんとケアしたんだろーなー、馬、死なせてないだろーなー。
が心配でしたが、一見の価値ありの、カザフ映画でございます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント