「チャーリー・ブラウンとスヌーピー」


先週、海外アニメチャンネル<カートゥーンネットワーク>を
ぼーっと見てて、もともと再放送プログラムが多いのですが、
たまたま、スヌーピーがNo.1〜また放送とわかり、
ずーっと見てます。毎日

カートゥーンネットワーク番組案内


原題 Charlie Brown and Snoopy



sunu-pi-

1950年〜2000年まで、『Peanuts』という、新聞の日曜版に連載された漫画が原作。
世界中であまりにも有名、大勢が大好きな作品ですねっ
ピーナッツというタイトルは、新聞社が勝ってに決めたタイトルで、
作者シュルツ自身は不満だったそうです。

私がこのアニメが好きな理由は、
もちろん、スヌーピーたちが大好きだからが第一なんですけど、
、がいいのです〜。
子供の声を、ちゃんと子供がやっている。

大人が作った子供の声は、嫌いなのですよ、どんなアニメでも映画でも。

(でも、アニメの劇場版では、タレントが声やってたのね、げえええ)

好きなキャラは誰?なんて、決められない、
チャーリーもルーシーもライナスもペパーミントパテぃも、
みんなみーーーんな好きだから。

あらためて久しぶりにみて気づいたこと、
みんな結構、恋してんのね 子供なりに。


このサイトで、毎日、漫画が読めます。英語だけど。

スヌーピー日本公式サイト


今、六本木でスヌーピー展やってますね。
カリフォルニアのサンタローザにある、
Charles M. Schulz Museum and Research Center locatedから、
たくさんの原画が来てるそうです〜




HISサンフランシスコ支局のツアーで、シュルツミュージアムやってます。

HISツアーページ


☆ そういえば、スヌーピー人気で、ビーグル犬がもてはやされたが、
  ビーグルは猟犬なので、せまい日本の家屋で飼うにはエネルギーが多く、
  吠える犬種なので、もてあました飼い主による処分育犬放棄も多かったとか。
  うわ〜ん
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント