「ブロークン・シティ」


全然チェックしてなかったんだけど、雨だし、
<ノンストップクライムサスペンス>とやら、好みなので、
ドキドキしに行くか、の鑑賞です。


原題 Broken City 2012 アメリカ


出演
マーク・ウォールバーグ
ラッセル・クロウ
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
ジェフリー・ライト
バリー・ペッパー
アロナ・タル
ナタリー・マルティネス

ブロークン


ニューヨーク、ボストンヴィレッジ
一人の警官が、ある容疑者を銃で殺害する。
犯罪者への正当防衛で無罪になるも、市長と警察本部長に辞職を命じられる。

その7年後からが、本編の始まり。
資金繰りに苦しむ私立探偵となった元警官に、
市長が、ある依頼をする。報酬は5万ドル。





あくどい権力者役のラッセル、やっぱりお似合い。
こもった太い声とでかい身体は、小心者なら、見られただけでちびりそう〜

おっさんおばさん、悪知恵と嘘、政治なんて政治家なんて!
と、世の中のしくみに絶望しそうになる中、
アロナ・タルだけが若く歯切れ良く、
一服の清涼剤のようでした。

本部長の行動が、ちょい、解せない部分あるけど、
悪いやつにはそれなりの結果が待ち受け、
映画として気持ちのいいできになってると思います。

・アシスタントが探偵にテレフォンカードをあげるシーンがいい。


*ボストンヴィレッジという場所が、NYのどこなのか探せなかった。
 移民の多い、貧しい地区みたいな扱いだった。

*昨日知った、「メトロセクシャル」が、使われてた
 字幕だと、ゲイになってたけど。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

愛チャン☆

うふっ、バリーね♪ あえてふれなかったわ。私がやってほしい役だったんだもん。
そ・そ・そうなの、うふふ

お金持ちの奥様というものは、あのようなお召し物をまとってらっしゃるのね〜
手の届かない世界に、5歳児みたいにぼへーーーと眺めてました。

小粒な作品だけど、なかなかにぜいたくでしたね。

これ、今日、観ました☆
イヤらしいラッセル・クロウが良かったですが、バリーとの討論シーンが、私にとっては、夢のような名場面でした(o^^o)大好物を並べられた子供状態ですよ☆一筋縄ではいかない俳優ばかりで、なかなか良かったと思います(^.^)
ゼタ=ジョーンズの、シックで、お金の掛かった衣装も素敵でした(OvO)