白雪姫二本


「スノーホワイト」

監督 ルパート・サンダース(長編映画初)

女王(継母)=シャーリーズ・セロン
白雪姫=クリスティン・スチュアート
王子=サム・フランクリン

原題 Snow White and the Huntsman 2012 アメリカ

この原題でもわかるように、王子の存在、まるでどーでもいい。
単なる、姫の幼なじみなだけ。
白雪姫が女王と闘うパートナーとなる、
狩人(クリス・ヘムズワース)のほうに重きをおいてます。

リリー・コールちゃんが、
若さを吸い取られる召使いの役で出演。


suno0


実母(リパティ・ロス)を亡くした後、
王である父は、その美しさに惑わされ、女と再婚。
姫は幽閉されるが、隙をつき森に逃げ出す。
女王が刺客に選んだのは、森に詳しい狩人。
しかし、狩人は、姫と女王の関係を知り、姫の味方につく。





●鏡のどりろん〜
●ミルク風呂のとろ〜おん
●マントがカラスにざあああ〜


美しい美しいただただ美しい見とれる

●森の妖精森の亀森の白馬

キレイキレイ見とれる


スノーホワイトは、感情表現ゼロ、のクリスティンだけに、
可哀相とも、頑張れとも、幸せにね、とも思えず、

「美」に固執した女王の悲哀に焦点がいくので、

この作品にはぴったりのキャスティングでございます。(ほめてる)

シャーリーズが圧巻なので、それだけのために観ていい!
そんな「白雪姫」
美術動画のようで、好み 

これ、三部作になるっての、ほんと?もう作ってんの?
あんなスキャンダルあっても?

こちらに、シャーリーズ・セロンのインタビュー記事があります。
とても深い内容になってます。

TAHOO!映画 インタビュー記事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「白雪姫と鏡の女王」

監督 ターセム・シン

女王(継母)=ジュリア・ロバーツ
白雪姫=リリー・コリンズ
王子=アーミー・ハマー

原題 Mirror Mirror 2012 アメリカ

王役ショーン・ビーンも若い頃の鋭いハンサムぶりから、
いつのまにか、温厚なおじさま演技もする人になられたのですねぇ

白雪


女王の、コミカルで皮肉たっぷりの語りからスタート。
(全体的にコメディな作り)

白雪姫は恥じらんだり、可愛く驚いたり、いたずらっぽく笑ったり、
なんつーか、女の子、なキャラ設定。

王子様は、白雪姫に恋してm、女王に狙われ、子犬人格に。。。

白雪姫が森で出会う小人たちは、
「罪の無い(と思われる)村人たちからのいじめを受けていた」

・・・・・・・リアル




ターセム色に染められた、色彩・大道具小道具は見事。

映画のストーリーとして、童話の映画化として、
こちらのほうが、より楽しく観られる。

エンドロールの、小人たちについてもユーモラス。
しかし、、、、、インドな旋律で歌い踊られ興ざめ。

ターセム監督の作品で、無くてなならない衣裳スタッフ、
石岡瑛子の最後の映画となりました。
エンドロールで、「in loving Memory of Eiko Ishioka」と出てきます。

リリー・コリンズは、「スノーホワイト」の脚本も読んだうえで、
こちらの作品に出演することを選んだそうです。
・女の子の成長物語として共感を覚える

みたいな理由で。

そうなんでしょうね、たぶんそのほうがおりこうなんだと思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、小さい頃から、気持ちはいいもんの味方だが、

「良い子」「正義の味方」よりも、
「敵」「悪者」「魔女」のほうがだんぜんかっこいい!


(美的に)

と思ってきたので、ディズニーアニメは、魔女たちのほうに惹かれ、
リリー・コリンズの可愛いお衣裳よりも、
シャーリーズ・セロンの衣裳のほうが好き。


なので、二本の映画、どっちが好きかと言えば、
「美的」に好みのほう、
「スノーホワイト」にいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、小人、って、

「はっ!この可愛らしく描かれたじいさん達って、
成長ホルモンの異常の病気の人たちなんだ!」

と気づいた日から、なにか、だめです。白雪姫
(あたし、森の精霊みたいなものだと思ってたから)
つまり、人間の生身の男(小さいだけ)だと、性欲あるじゃん!
やだ!キモい!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント