「パシフィック・リム」


これはあぁぁ・・・・

まじめに観てはいけないものですね・・・

怪獣オタク ロボットオタク 声優オタク
そーゆーものに愛を、共感を、感じない人には、
鼓膜が危険な地獄の131分。。。

愛菜ちゃんに会いたかったの、
ただそれだけなの。


怪獣?ロボット?地球滅亡?闘い?3D?特殊効果?

うんざりだもの、そういうの。
しっかりと人間を描いた、心で観る映画が観たいもの。

愛する「パンズラビリンス」のデル・トロ監督ではありますが、
こっちの趣味はあたしには無理。

ごめんなさい、日本への愛、日本の怪獣映画、アニメへの愛は
そこここに見えました。でも、

「映画」を観たかった私には、
「カイジュウ」って言葉だけで、お子様。


しかも、「カイジュウタイマー」「カイジュウセンサー」
「カイジュウカード」おまけに、「ロケットパンチ」って

あのよ、人類救うはずが、自分も、ビル壊してんべ?
人、殺してんべ? 
こういうつっこみ、30分のお子様怪獣番組でしょうが。
なんのメッセイージ性もなんのしゃれっ気もない、
金の無駄遣い内輪受け映画。

(デル・トロ監督すみません。あなたのことは好きです)

出演俳優たち、けっこうなシブい映画に出ている人々がいるのに、
だれもかれもが、どこか嘘くさく珍妙に見えたのは、狙い?
菊池凛子なんか、三白眼で睨んでるだけでない?

愛菜ちゃん、誰よりも誰よりも、(泣く芝居ばかりだったのに)
りあるな演技でした。この子をいじめるなああーーーー!
とさけびたくなりました。
愛菜ちゃんだけです、この映画の中で、役者らしかったのは。

ナマ愛菜ちゃん、妖精のようでした。
舞台あいさつ、ケンコバよりも、菊池凛子よりも、大人な受け答えでした。

君は、人類の希望だ!まなちゃん

愛菜ちゃんのためだけに行った、それが正しかった。

どうか、「愛する人」や「ラビット・ホール」「人生はビギナーズ」など、
しみじみといい映画で、ハリウッドで活躍してね。愛菜ちゃん。


*あたしは、音響効果のものすごい映画が嫌いです。
だから今日は、最初から、持参した耳栓して観てました。
耳栓しててもうるさいよ!

あ、それと、知らずに観たが、吹き替え、最悪です。
菊池凛子のおちついた声とまるでかけ離れた林原めぐみの、
「んあっ」「はぁう」的 アニメため息? げんなりでした。





ついでに、予告で流れた「スーパーマン」の吹き替え、
どこぞのタレント使ってるか知らんが、もっと最悪ですね。観ない。


つかれた。寝る



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

きどっちさん
そうなの、まなちゃん登場!を聞いて、映画に興味ないけど、行ったのです。
しかしね、まなちゃんは、もっとちゃんとした映画にださなきゃいけませんわ。
エージェント、なんとかせい!いい作品を探してこい!ですよ。

No title

おぉ!すんません、試写会ではないですね。初日の舞台挨拶ですね!舞台挨拶も競争率高そう!

Re: No title

きどっちさん
パシフィック・リムは、内容だけなら、はなから観る気ありませんでしたが、
まなちゃんが舞台挨拶するってんで、慌ててチケットWEB購入(2000円)!
そう、好きな人が出てても、映画は内容次第です。

No title

おお!スターに会える試写会!行きたいです♪ パシフィックリム、わりと好きなイドリス・エルバが出演しているのでちょっと興味はあるものの、怪獣…う〜ん?という感じです。やはりお金を支払って観る映画は内容重視ですね。好きなスターが出演していても内容に深みがないと辛いです…。