サンフランシスコ五日目


ご近所で評判のブレツクファーストのお店に初出動♪

Home Plate

ホームプレートカフェ

IMG_3755_convert_20130805182731.jpg

当然、何も言わなくても料理にはスコーンが付く。
私好みの味と硬さ。

IMG_3747_convert_20130805183318.jpg


ゆうべの光るアリ、、、さん達は、3時すぎに出かけてしまい、
よくねました。

いやはや、朝っぱらから、
金髪一家様がひしめくレストランで、
カフェラテなぞをいただけるとは!

IMG_3753_convert_20131021221934.jpg


サンフランシスコにきてから、ずーっとあたしの目が血走ってるんですが、
カリフォルニアの陽射しのせいなんかじやなくて、
きっと、金髪見過ぎて、目が金髪焼け!したんですわよ!


では、カストロストリートに行ってきますー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

の前に、皆様見学に行く、サンフランシスコではずせない場所。
そう、それは「ゴールデンゲート・ブリッジ」

今日は一日muniバスで移動。
遠くからでもその存在の美しさはわかる

IMG_3766_convert_20130805184310.jpg

IMG_3779_convert_20131110220155.jpg



橋に行く前には、カフェもお土産屋もあるし、
全体が、GGB資料広場みたいになってる。

IMG_3772_convert_20130805185817.jpg

橋を建設した人ジョセフ・シュトラウス

IMG_3776_convert_20130805185440.jpg

下にも行ける

IMG_3764_convert_20130805184201.jpg

ケーブルの太さが私の腕の長さくらい!

IMG_3770_convert_20130805190557.jpg

いろいろ説明が書いてある

IMG_3798_convert_20130805185036.jpg

模型 揺らしてみて、
どんなふうに力を逃すかわかるようになってる。

IMG_3793_convert_20130805184847.jpg

お土産屋と、外壁にあった、記念プレート?

IMG_3771_convert_20131021222432.jpg


IMG_3800_convert_20130805190444.jpg

こんなおっそろしいツアーもある!

IMG_3768_convert_20131110220118.jpg




で・でかいのね、
でかいのねどどどどでかいのね。

迫力に息飲むのよ、橋、こんなにすげえ橋。
映画「ゴールデンゲート・ブリッジ」では、
監視カメラに映った自殺者を・・・ あれは気が滅入った。
あんなにおとろしい高さの橋から飛び込むなんて、
その前に気い失っちまうよ、あたしなら。
夫は、「きん○まちじこまる」と言ってました。

IMG_3786_convert_20130805184513.jpg

IMG_3787_convert_20130805190208.jpg

下見ると足がすくむよ〜

IMG_3784_convert_20130805185624.jpg

引き返すな、って書いてアル。

IMG_3788_convert_20130805184616.jpg


みなさん、ぜひ、歩いてください。
車も自転車も通れるけど、歩いて迫力と恐怖を感じてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さー、
バスで、敷地面積412ヘクタールのゴールデンゲートパークへ。
バスに揺られている間も、外に連なる家々の美しさに写真撮りまくり!
サンフランシスコほど美しい家だらけの街って、どこ??なくらいよ。

今日の行程は、
私の愛読書「少女神 第9号」の中の
「マンハッタンのドラゴン」
パパを探す女の子、タックが旅したサンフランシスコをたどる日。
(順序は少し前後するけど)

「ゴールデンゲートパーク」

想像もつかない広さの公園、らしき入口。っつーか、どこからでも公園。
道路さえ、公園の一部。立った場所すでに公園。

もう、なんだか、なんだかわかんない、
公園、こうえんーーーーー!


IMG_3972_convert_20130805193929.jpg

IMG_3976_convert_20130805194117.jpg

道路も公園の中

IMG_3990_convert_20130805194925.jpg



その一角に
ローズ・ガーデン

IMG_3803_convert_20131110220431.jpg

本と一緒に

IMG_3804_convert_20130805192937.jpg

IMG_3816_convert_20131110220515.jpg

IMG_3805_convert_20130805193051.jpg

IMG_3810_convert_20130805193142.jpg

IMG_3812_convert_20130805193413.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とろとろ大木の間の道を歩き、
でっかーーーい「デ・ヤングミュージアム」に。
(ペ・ヤングじゃないよ。バカね、あたし)10$なり。
ひ・ひろいんだからーーー どこまでもあるんだからーーー。展示。
素晴らしいんだからーー!写真撮れるんだからーーー
はうううう すげえ 2時間は軽く過ぎるね。

広すぎて、建物の全体、撮れないわ

IMG_3941_convert_20130806092118.jpg

IMG_3925_convert_20131110214804.jpg

IMG_3911_convert_20131110215015.jpg



展示作品たち ごくごく一部

IMG_3832_convert_20130806090057.jpg

IMG_3889_convert_20130806090427.jpg

IMG_3878_convert_20130806090250.jpg

IMG_3895_convert_20131110215523.jpg

IMG_3847_convert_20131110215739.jpg

IMG_3835_convert_20131110215423.jpg


古今東西の美しく歴史的価値のある椅子

IMG_3900_convert_20130806091304.jpg

部屋いっぱいにつり下げられた焼け焦げた木片が こんなに美

IMG_3868_convert_20130806091046.jpg

IMG_3820_convert_20130806091007.jpg

お外の一部

IMG_3898_convert_20130806091547.jpg

IMG_3916_convert_20130806090737.jpg

IMG_3917_convert_20131110215304.jpg


ところで、チケット買う時、なんだかしゃべられて、あうあう言ってたら、
OK,10ダラー、みたいになったんだけど、
バスに乗った時の紙持ってたら、2ドル引くよ。だったらしい。
ううっ・・・

半券は、見える所に貼っておく。

IMG_3986_convert_20131110221159.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

外に出たって、
広い車道のずーっと奥に、科学博物館やら、植物園やらあるんだからあ。
どこまで公園?どんだけ公園?なんなのここ?

IMG_3981_convert_20130805195303.jpg

IMG_3956_convert_20130805200406.jpg





タックが歩いたライオンの像の前

IMG_3933_convert_20130805195717.jpg

IMG_3951_convert_20131110221038.jpg

IMG_3935_convert_20130805195644.jpg



日本庭園の前で
(でも、日本庭園有料、入るのやめました。だって和、嫌いなんだもん)

IMG_3946_convert_20130805200954.jpg


ひろすぎてなんだかわかんないまま、バスで移動。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヘイト・アシュベリー地区に着く。


じつは、タックはこちらの、ヘイト側の入り口から公園に入ったの。
こちら側で見る人々は、髪、服装、顔つき、ひっぴ〜な感じ、

IMG_3997_convert_20130805200053.jpg



IMG_4074_convert_20130806103713.jpg


街は、急にこんな感じになる。
そして、急に狭くなる。車道も歩道も。

IMG_4004_convert_20130806100210.jpg

IMG_4083_convert_20130806100833.jpg

IMG_4086_convert_20130806100759.jpg

グラフィック描き描き中

IMG_4013_convert_20130806094110.jpg


ここらは、60年代にヒッピーと呼ばれる人々が生きた場所。
その後、後から集まってきた人々が、変な方向に(麻薬、犯罪)変え、
印象が悪くなってしまったヒッピー。

ヒッピー精神で生きてきたタックのパパとママが、
しばらくの間滞在したホテルが、(小説では、名前を変えてある)
ここなのです〜♪
「レッド・ビクトリアン・ベッド,ブレックファースト&アート」

IMG_4037_convert_20131110205606.jpg

IMG_4063_convert_20130806095309.jpg


ロビーにはカフェがあるのですが、ゆる〜く営業。
「今の時間はカフェやってないの〜。でも自由にしててね」
ラヴ&ピースなオーナーの意思が優しく受け止めてくれてます。

IMG_4054_convert_20131110210414.jpg

IMG_4044_convert_20131110211416.jpg

IMG_4040_convert_20131110211612.jpg


お部屋は、一つ一つテーマが違ってる。ルームカタログと本

IMG_4039_convert_20130806094502.jpg



日本語で、LOVE&PEACEってどう書くの?って、
お姉さん 書き書き中。

IMG_4053_convert_20130806094551.jpg

私が、どうして、このホテルに来たか、
スタッフに話しました。この本だよー、と見せて、
一緒に写真撮ってもらいました。
あーーーー なんてこと! 好きな小説の舞台にいられた幸せ!

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

サイケでフリーダムな雰囲気が、この通りを包みます。

IMG_4078_convert_20130806105346.jpg

IMG_4027_convert_20130806105617.jpg



ここに着たらサイケな服を買わねば!
え〜え〜買いましたよ、頭おかしい服を。どこに着てくんじゃ!?
着るわよ。やけっぱちで。変なおばさんに見られようとも、着てやるわよ!

IMG_0477_convert_20130806101311.jpg

ランチは、ブタちゃんの看板が可愛いこちら
(可愛いけど、食われるブタ・・・)

IMG_4089_convert_20130806111101.jpg

PORRK STORE CAFE

IMG_4085_convert_20131110212005.jpg


内装がピンクで可愛い。壁には、サイケなフェスのポスターが。

IMG_4093_convert_20130806111500.jpg

IMG_4088_convert_20131110212318.jpg

IMG_4090_convert_20130806111618.jpg

どーーーん!

IMG_4098_convert_20130806111144.jpg

コーラの缶の高さと比べてみてね

IMG_4101_convert_20130806110729.jpg




そこから少し歩けば、有名なゲイストリート
「カストロストリート」に。

IMG_4179_convert_20130806114410.jpg

レインボーフラッグが通り中ではためいています。

IMG_4205_convert_20130806095114.jpg

IMG_4149_convert_20130806101847.jpg

こんなお店がたくさんある
これは、ひかえめなほう。ショーウィンドーにご立派な
<ばいぶ類>飾ってある店いくつもあるのよん。

IMG_4164_convert_20130806103451.jpg

女の子カップルのウエディングね

IMG_4165_convert_20130806103915.jpg

ふふふ

IMG_4153_convert_20130806102156.jpg

クッキー屋さんのウインドウにブリーフ♡

IMG_4207_convert_20131110214214.jpg


映画「ミルク」で描かれたあの通り。あの映画館。
ミルクの写真館は、今はゲイコミュニティの何か(LGBTヒストリカル・ソサエティ)
になってて、グッズも売ってます。

IMG_4174_convert_20130806094908.jpg


カストロ・シアターは、当時のままの様子。
上映の映画は、「チキチキバンバン」「インディー・ジョーンズ」など、
古い映画を日替わりで上映しているようです。

IMG_4177_convert_20130806102523.jpg

IMG_4157_convert_20130806102411.jpg

IMG_4161_convert_20131110213411.jpg



もぎり場所

IMG_4159_convert_20130806110311.jpg



「LGBTミュージアム」 5$なり
ここは、ゲイが社会の中でどんな位置付けとなってきたか、
の、ゲイの歴史館のような施設。外観の写真忘れちゃった

LGBT ヒストリー ミュージアムHP

これかな?harvey'sって書いてある。

IMG_4124_convert_20131021224604.jpg



フレンドリーな受付の男性が、Wi-Fi使って、日本語音声聞けるよ。と。
ミルクが実際に使ってた品々、有名無名のゲイの男女の様々な記事、
ゲイバーのマッチなど、狭いけれど充実の展示。

ミルク、カメラ屋時代の看板

IMG_4126_convert_20130806112248.jpg

ミルクが使った物(映画でも その場面覚えてる)

IMG_4128_convert_20130806112353.jpg

ゲイバーのマッチ

IMG_4139_convert_20131110212605.jpg


だーーーい好きなレズビアン映画「GO!FISH」パンフ?

IMG_4133_convert_20131110212713.jpg


なんーんの興味もないのに私に付き合って歩きまわるメタボさん。
「あの人、スタバのコーヒー飲んでたな」と、スタバ探し。
(ゲイ博物館の受付の人のこと)
スタバで待ち合わせにして、私一人でふらふら。
スタバ外の歩道では、ロングブーツをジーンズの上にはき、
ポリス帽かぶったヒゲ男性たちがおしゃべり。

その後、
カストロストリートのはじっこにある、小さな記念公園へ。
途中に、ハーヴェイ・ミルク・プラザが。

IMG_4187_convert_20130806114231.jpg


「トライアングル・パーク」

ゲイの象徴は、レインボーフラッグと、ピンクの三角

*レインボーフラッグは、
 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT)の、
 尊厳と社会運動を象徴する旗。
 赤=ライフ オレンジ=ヒーリング 黄=太陽 
 緑=自然 紺=平穏・調和 紫=スピリット  

*ピンクトライアングルは、
 ホロコーストで、男性同性愛者に付けられた印。 
 女性同性愛者は黒の三角だった。
 現在は、性的少数者(LGBT)のプライドや権利を象徴する。


ちいさな三角形の土地に、ピンクの薔薇とピンクの石。
説明板には、ナチスの犠牲になり殺害されたゲイ達の説明が。


IMG_4195_convert_20131021224653.jpg


IMG_4200_convert_20130806114934.jpg

IMG_4202_convert_20130806115211.jpg

トライアングルパークから見た、カストロシアター

IMG_4184_convert_20130806102223.jpg

このあたりも、サンフランシスコの美しいおうちが並ぶ

IMG_4191_convert_20131110213525.jpg

IMG_4211_convert_20131110213627.jpg


ヘイト、アシュベリー。カストロストリートだけは、
サンフランシスコの中で、まるで別の顔のようですが、
派手で悪趣味に見えるこれらのお店の、二階部分は、このとおり。
サンフランシスコの美しき街並みと、
なんら変わらない、おしゃれな建物なのですよ〜

これ、このように

IMG_4066_convert_20130806120054.jpg

IMG_4018_convert_20130806120715.jpg

IMG_4105_convert_20130806120345.jpg

夜に歩いてみたいけど、女友達と来られた時にしよう。
きゃいきゃい言いながら、無計画に無軌道に、
かたっぱしから覗いてみよう。と思いました。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

またバスに乗り、憧れのドレスを試着しに。
「Black Halo」ですよ! ハリウッドスターご用達のね。

Black Halo HP

ここのブランド、これが店名になってるんじゃなくて、
デザイナーの名前が店名だった。

こんな店構えで、三軒ありました。カジュアルからドレッシーまで、
テイストの違うデザイナーのが。

その中の一店

IMG_4218_convert_20130807120437.jpg


ま、ね、なんですか・・・
ジャニス・ジョップリンのTシャツに、スニーカーばきで、
150cmに満たない身長で、エーゴもしゃべれんアジア人。

そんな、あちらさんからしたら、
「女」のわくにも入らないようなこのあたしが、
ハリウッド女優が着るブランドの服屋に入るのが間違い。

そんな目で、そんな態度であしらわれましたよ。はい。

あーーー、すいませんでしたよ!
分不相応も甚だしかったわよ!


もう、二度と行きませんから、通販でも買いませんから。
どうぞ、安心してくださいましよ。ふん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

がっくりきて頭きて帰ったけど、宿の近くでごほうびが!

金色のど派手なトラックが来るなー、と見てたら、
ひゃ〜

ケイティ・ペリー
の告知トラックだったのさーー

あーーうれし あーーーうれし 一気に楽しくなったのよー

IMG_4223_convert_20130807120630.jpg

IMG_4224_convert_20130807120812.jpg

IMG_4225_convert_20130807120707.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜ご飯は、アイホップでクレープ

IMG_4237_convert_20130808073342.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

きどっちさん
写真、楽しんでいただけて嬉しいです。
今度サンフランシスコに行ったら、絶対このあたりを制覇してくださいませ!
野沢直子、ニューヨークかと思ってたわー。良いなーサンフランシスコかあ。
そうね、ここら辺が似合うお人ね。

No title

ゴールデンゲートブリッジの写真、迫力あります!いろいろなものがちじこまりますね、これはw もし再訪するチャンスがあれば、絶対にG・ブリッジを歩きます!たぶん、び―さんが旅行した場所をまんま真似すると思います。旅行記、とても魅力的です!

No title

ヘイト・アシュベリー地区とカストロストリート、こういうところに行きたかった!びーさん、お写真ありがとうございます。建物美しいですし、サンフランシスコに住みたくなってしまう!野沢直子さんはサンフランシスコ在住です。あの人もぶっ飛んでいます(笑)

Re: No title

きどっちさん
ただいま♪やっと家で、PCで写真入れられるようになりました。
目、ひんむいて貼っております。
GGブリッジ、近日中には写真貼りますからね。
私の体験で、楽しんでいただければ、私も旅が数倍楽しいです〜
いつも、ありがとうございます。

No title

写真ないのに、びーさんの臨場感たっぷりの文章で行ったことのない場所でもなんとなく目に浮かぶ!想像するのが楽しいっ。好きな小説・ドラマ・映画の舞台に行くのは女子の夢ですわね~♪いいなぁ♪びーさん幸せね♪う~ん、ゴールデンゲートブリッジ、歩きたかったなぁ!

Re: 金髪焼け(笑)

凛さん
焼けた 焼けた (^0^)
普段、ほぼ、黒髪ばかり見慣れてる目には、あの輝きはまぶしいのね〜
今日は何箇所もまわって、長くなってしまいました。
やり直しする時に、もっと読みやすくしますね。

金髪焼け(笑)

いいなぁ(≧∇≦)
私も金髪焼け、体験したいわ♡
いってらっしゃーい!
楽しんで〜*\(^o^)/*