「BONES 骨は語る」


シーズン7の放送が終わった「BONES」
アメリカではシーズン8が放送中。


実在の法人類学者で作家のキャシー・ライクスがモデル、原案。
シーズン2ではゲスト出演も。

キャシーの本

ボーンズ本


キャシー・ライクス

キャシー ライクス


ドラマのサイト

20世紀フォックス「BONES」ページ

主演エミリー・デシャネルは、「500日のサマー」ズーイーのお姉さん!
パパは有名な作品ばかりを撮っている監督。
(ライト・スタッフ/パトリオット/私の中のあなた/アウトロー他)
ママはライトスタッフに出演した女優。

ボーンズDVD


主役は、「骨から人物を特定する」有能な法人類学者で、
ボーンズと呼ばれる女性ブレナン。
ジェファソニアン法医学研究所で、骨を研究している。
このボーンズ、美人で頭脳明晰だが、
まるで、「ビッグバン・セオリー」シェルドンのように、
皮肉は通じず、すべてを学問的・合理的に考え、話す。

相棒みたいに捜査するのが、FBIの殺人捜査班の特別捜査官
ブース(デヴィッド・ボレアナス)。
骨が事件の鍵となるケースの時に、ボーンズに鑑定を依頼する。
軍人でもあり、マッチョな面もあるが、ボーンズとのやりとりは、
お笑いでこぼこコンビのような所がある。


ぼーんず_convert_20130721110753


その他、
ジェファソニアン法医学研究所でボーンズと働く、
アンジェラ(ミカエラ・コンリン)。
コンピューター技師で、骨から人体を再現するための、
革新的な技術を開発。私生活では人生を楽しむタイプ。

ジェファソニアン法医学研究所、昆虫学者ホッジンス。
ボーンズのアシスタント、ザック。など

楽しい配役は、「グッドラック・チャーリー」のダブニーさんが、
キャロリン・ジュリアン役で出ていること






シーズン7では、ボーンズが思わぬ妊娠、出産をするんですが、
これは、エミリーの妊娠により、脚本が変わったもの。

連続ドラマで、実生活で妊娠した女優がいて、
脚本を変えて妊娠した設定にするのは、何度か見ました。

古くは「奥様は魔女」サマンサ→タバサ、アダムを出産設定に
「クリミナル・マインド」A,J妊娠、出産後のシーンでは、実子も共演。
「デスパレードな妻たち」では、ブリー役の妊娠後期出産の時期は、不在の設定に。
「グッドラック・チャーリー」のママ役リー・アリン・ベイカーも、本物のお腹で。
「glee」ブリトニー役ヘザーが今 妊娠中で、今後どうなるのかしら?

映画と違い、ドラマに出演の女優は、長年同じ役を演じるので、
その間の私生活の変化は当然のこと。
制作側がそこに協力してくれるのは嬉しいわ。


エミリーのインタビュー動画




私は、それが生きていても死んでいても、
人間の顔、身体、を科学的に見るのが好きなので、
「死体は語る」など、上野正彦さんの著書を何冊も読みました。

だから、犯罪捜査ドラマで大好きなシーンは、

できるだけ傷んだ屍体や骨、解剖
なんぞが出てくるシーンなのよねー。
純粋に、そういったものでの捜査が見たい!
捜査する側の過去や、プライベートなエピソードは、
実はあんまり好きじゃないのです〜。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント