「WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々 」


「扉をたたく人」トーマス・マッカーシー監督作

いろいろ受賞してます。


原題  WIN WIN 2011年

Win-Win とは<自分も勝ち、相手も勝つ> 
・両者が互いにメリットがあること。のようです。

よけいなサブタイトル
ダメ男は、そうかもしれないけど、
ダメ少年ではない。親がダメで、逃げ出した少年なだけ。

出演
ポール・ジアマッティ
エイミー・ライアン
ボビー・カナベイル
ジェフリー・タンバー
バート・ヤング
メラニー・リンスキー
アレックス・シェイファー
マーゴ・マーティンデイル

WIN.jpg


弁護士のマイクは、儲かる仕事にありつけず、
家計の足しに、高校のレスリング部の指導をしていた。
痴呆症の老人に、親族は行方不明の娘しかいないと知ったマイク、
補助金のでる、後見人となることを申し出る。

老人を施設に入れたあと、
老人の、アル中、ヤク中の娘の子だと名乗る少年が現れ、
祖父に会いたいと言う。

母親の家には帰りたくないという少年を、
マイクはしばらく泊めることにする。
じつは、この少年は、レスリングの才能のある子供だった。





母親がどこまで嫌いなのか、どんな事をしたのか、
さらっとしか描かれてないのが、ちょっと物足りなかった。

レスリング好きの中年男たちの絡みが可笑しくて、
ドラマでもありコメディでもある作品になってます。


カイル役、アレックス・シェイファー君は、
実際にレスリングをやっていて、オーディションで選ばれたそう。
その後、役者になってないのかな?

とてもいい雰囲気のある子なので、他でも見てみたいなー。

いい映画でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント