「ミーン・マシーン」


スポーツ興味無し!ですが、
サッカーの映画は面白いものいくつもありますねぇ

「シーズン・チケット」「エリックを探して」
「ベッカムに恋して」「少林サッカー」


この映画、イギリスが舞台なのに、アメリカが製作国。

「ミーン・マシーン」とは、主人公ダニー・ミーンのニックネーム

原題 MEAN MACHINE 2001年

出演
ヴィニー・ジョーンズ
ジェイソン・ステイサム
デヴィッド・ヘミングス
ラルフ・ブラウン
ヴァス・ブラックウッド
ロビー・ギー

ミーン


サッカー、イングランド代表チームのキャプテンダニーは、
八百長で引退後、飲酒に逃げ、暴行でムショ行きに。

所長はギャンブルとサッカー大好きおやじ。
看守チームのコーチを頼まれるが断り、
囚人VS看守の試合を提案。





見所は試合のシーンなわけ。
キャストのオーディションに、サッカー技術の試験があったそうで、
私にはわからないが、みんな、本気でプレーしてる迫力があります。

(主演のヴィニー・ジョーンズは、元ウェールズ代表だそう)

ジェイソンは、素手で23人を殺したモンク役。
あたし、この人、格闘しても、銃撃しても、なんか可愛くて・・・
モンクが、試合に誘われ、無視してたのに、
「相手は看守だぜ」と聞いて、目が輝くところとか、
ボールを取ったら、野獣と化すところとか、
なんとも笑えちゃうのよ。笑えるのが、この映画では最高なの。

バックに流れる「魔の山」デスメタル 

(○´゚ω゚`):;*.(笑)



*囚人チームが看守チームに勝つための練習が可笑しい。

つい、足を踏む、タマ蹴り、
エルボー、わき毛つねり? ギロチン


これらの練習台となる囚人がけなげ〜 

ルール、全然知らないから、
長い試合のシーンは意味がわからないまま観てたけど、
タマ潰しとかで笑わせてもらった。

ダニーが、サッカーへの愛・情熱を再確認できた感じが良い。

1番気に入ったのは、試合解説係?の二人の囚人。
笑えた笑えた








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント