「モネ・ゲーム」


1966年の「泥棒貴族」リメイク

設定は、かなり変えています。
:舞台は香港からイギリスに
:踊り子(シャーリー・マクレーン)はロデオガール(キャメロン・ディアス)に
:狙う高級品(仏像)は絵画(モネの積み藁)に


原題 GAMBIT 2012年 アメリカ


出演
コリン・ファース
キャメロン・ディアス
スタンリー・トゥッチ
アラン・リックマン
トム・コートネイ(若い頃のいけすかない顔が、すっかり好々爺に)


モネ


美術鑑定士ハリーは、
雇い主である富豪シャバンダーの横柄さに嫌気がさし、
大金をだまし取って仕返ししようとたくらむ。

相棒に選んだのは、贋作画家ネルソン少佐と、
テキサスのカウガールPJ。

はたしてハリーの計画はうまくいくのか?





1番の見所は、真面目な顔したイギリス紳士、
コリン・ファースのドジっぷり。
 

あたしにとっては、コリンと言えば、その昔、
「アナザー・カントリー」っちゅうおホモな映画で、
「ソウ」に出演したケアリー・エルウィズと三角関係!)
恋仲を演じたルパート・エヴァレットと、その後、ぶっとびガールズムービー
「聖トリニアンズ女学院」でまたもや愛・・・しかも、ルパート女形

「アナザー・カントリー」

アナザー





という、懐かしいやら嬉しいやら哀しいやらの
すっかりコメディア〜ンなお方として認識されております。

「シングルマン」は別だが

大爆笑したんだが、これは、コーエン兄妹の脚本の巧さか、
コリンの持ち味か。

日本人の集団がね。。。。もう、嫌になるほど卑屈でみっともなくて
ぶっさいく揃いでね、

ほんと、かっこわるいよ、日本人。
一人くらい背の高い、彫りの深いやつ探してきてくれよ!
あ、それだとダメなのか、かっこいいと。
あんなんだろうね、イギリスやアメリカからすると、日本の猿なんて。

ま、面白い映画でしたわ。
ちょっと、懐かしいというか、いい意味で古い時代っぽい。
安心できる笑いでしたね。

いまいち、語り部が、地味〜な少佐ってとこが、
なんだかなじめなかったけど。

それにしても、顔はパッとしないコリンの、
少年のようにまっすぐで奇麗な足には驚いた



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: No title

こみたんさん
おはようございます。
そう、安心して観られるコメディ映画でした♪
キャメロンは、そろそろ あのキャラをやるには年齢がきついかなー、と。
それでも、明るい笑顔には元気もらえます。
最初はジェニファー・アニストンの予定だったとか。

コリン、あの頃はまさか、こんなおちゃめな役が似合うおじちゃんになろうとは(笑)

No title

これ見に行く予定です
キャメロン・ディアスがちょっと好みではないんですが

リメイクなんですね。安心してみられそうですね

アナザーカントリーみましたよ!!

コリンファース若い。