本物の変態とは?●映画に思う「変態」考 1


「変態」
について考えたい。

その名がつく映画は「変態村」「変態男」「変態島」

そして、大好きな「変態ピエロ」

ピエロ



邦題つける段階で
かってに原題と関係なく安易に使われてしまった愛すべき言葉よのぉ。

しかーーーし!(怒)

これらは、変態、というより、狂気

狂気と暴力が結びついたものよね。はっきりわかりやすい、お子様な「変」
それはモノホンの変態ではな〜い



ー真の変態とは、これらであるぞよー

フェデリコ・フェリーニのこの二本

*「サテリコン」

サテリコン





*「カサノバ」

カサノバ






これらに比べたら、ジョン・ウォーターズの二本

*「ピンク・フラミンゴ」

ピンク

*「フィメール・トラブル」

フィーメール

なんざぁ、可愛らしい、おしゃれな環境ビデオみたいなもん。

フェリーニといえば、「道」だ「甘い生活」だ「魂のジュリエッタ」だの、
ぷぷっ・・・あーた、だまされちゃあいけませんぜ!

男も女も 厚化粧にフリフリのお衣裳、じじいもばばあも酒池肉林
丸出しの肉欲シーンはほとんどないのに、このいやらしさときたら!
この二本見たほうが、ポ◯ノなんかよりよっぽどクル!って。
つーか、これでクルのが、本当に変態なんだっての。ね。
あ、あたしですが・・・

あとは、

ロマン・ポランスキーは、「戦場のピアニスト」なんか、屁!よ。
あんなもので彼を評価してほしくないね。

*「赤い航路」

航路


デヴィッド・クローネンバーグなら、
「スキャナーズ」や「ヴィデオドローム」じゃない。
あれは内蔵にぐぐっと入り込まない。

*「クラッシュ」

クラッシュ

*「イグジステンズ」

イグジステンズ

これ、じつに好み

*「カルネ」


カルネ




ルイス・ブニュエル、ロリータよりの変態監督だが、
ロリータ超えて、人としてちょっと、な欲望を見せてるのが、

*「哀しみのトリスターナ」

トリスターナ


この系統だと、内容はHENTAIなのに、
演出にいまいちうしろぐらさが足りない映画。
*「ボクシング・ヘレナ」

ヘレナ




やはり外せない

*「フリークス」

フリークス



「ムカデ人間」「ムカデ人間2」も変態にいれるのが常識ですか?
 あれは、あたしには、狂気に入るのでね。
 でも、「ムカデ人間2」の、あの男にむらむらくるあたり、変態なおれ。

ムカデ2



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これは、原作のかなり大事な要素を無視しやがったから、
大嫌いな映画(原作持ってますが、とんでもなくSなシーンだらけ)

*「アメリカン・サイコ」

サイコ


映画化しようとしたのが間違いだし、こんなに削った脚本にして、
原作者に土下座せんかい!と怒りました、あたしは。
あれやこれやの変態シーンが全然ないんだもんよー。

それから、やっぱり許せん!原作をまるでゆがめてしまった。
ゆがめたからこそ賞とっちまった邦画。これも大嫌い!

*「キャタピラー」嫌いすぎるから、本の写真にする

むし


これは 徹底的に『江戸川乱歩の妄想マゾ心』
を書きまくった小説なのよ!なのに、なんだって?反戦映画だってぇ?
アホなことぬかすなよー!
乱歩がこれ見たら、怒りで卒倒するよ!
その前に、映画化、させないよ!

ほんと、世の中、変態のこと知らなすぎる ぷんぷん

何が言いたいか忘れた
うーん、流血やスプラッタ、殺しや拷問を体育会系的に楽しむのは、
「変態」とはちょい違うなー。ってことか。
こういったもので、◯◯◯する、(ご想像ください)
こういったものでしか、◯◯◯できない、
それがHENTAI

そんなとこか。もっと深くはまた今度





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

愛ちゃん☆
「タクシデルミア」以前書いたのですが、そりゃもう、大変好みでございますよ〜
じいさんと豚、汗したたって惚れる所、最高にうらやましい自分剥製、胎児・・・
パート2ですかね、書くのは。ほほほ

ヘレナ、物足りなかったです。たぶん、監督は、そんなに変な人じゃないんでしょうね。
フェリーにの変態二本には、もう、これでもかっ!てぇ珍妙な通好みの顔がわんさか出て来て、
ああいう顔で欲望しちゃうところがど変態。あたしもだけれど。
「フィメール」下劣でしたねー。

私がぼっ◯するツボが、愛ちゃんと同じか わかりませんが、
他の映画も、「俺の男が燃えるぜ〜」な部分に共通点があるんですよー。
「戦慄の絆」も同じね。

うーん、濃厚(^^)

「タクシデルミア」は、この中に入らないのですね〜(^.^)私は、最近観たなこで、一番変態性が高い作品でした(^.^)
江戸川乱歩は、十代のころ、乱読した時期がありました☆クセになるんですよね〜

ボクシングヘレナ、は、マドンナが、降板したときいて、怖くて観れず、そのままです。

記事の中で、一番気になるのが、「サテコリン」です☆「81/2」を観たときに、フェリーニって変な人かも、とチラリと思った記憶がありめす。

「フィメール・トラブル」は、ピンクフラミンゴほど、弾け切れていないのが、却って不潔感と不快感が増す感じがありました。

未見のものも多いので、チェックしてみたいです( ^ω^ )