「ぼくたちのムッシュ・ラザール」




フランス語なのね、カナダ、モントリオール

原題 Monsieur Lazhar 2011年 カナダ


モントリオールの小学校
ある朝、教室で首を吊り、女性教師が自殺。

代用教員になったのは、アルジェリア難民のラザール。




ラザ^ル


バルザックの小説を授業に使い、古くさいと笑う子供達に、
言葉の魅力を教える。

教師の自殺について、「臭いものにフタ」状態の学校に、
子供たちと話しをするべきと校長に訴える。

ラザールの授業は、学校と親を不安にさせるが、
穏やかにだが信念を持って、彼は自分のやり方で子供に接する。

ラザール自身、アルジェリアでの残酷な「死」の記憶があった。








カナダでも、教師の、生徒との身体的接触を禁止してるのね。
ハグの文化のある国でも、「性的」「暴力的」ととられないよう、
学校が神経とがらせてんのね。

体育教師が、
「手の介助なしで体育が教えられるか!」みたいな事言ってた。

やだね、こんな風潮、親愛の接触もできない教育なんて。

子供の心を尊重するラザール、いいなぁー





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント