わんすたCafe





愛する吉祥寺に新しいドッグカフェができた時、
行ってきました。だいぶ前だけど。去年11月だったかな?

クラファンをやってて、少しだけ協力した。
クラファンの好きなところは、みんなにチャンスがあるってところ。
嫌いなところは、リターンというやつへの疑問。
お金がかからないリターンならいいけど、物やチケットだと、
所詮人は見返りがないと助けないの?
って思っちゃう

私はここのクラファンは辞退した。


吉祥寺とは言っても
駅は各駅しか停まらない井の頭公園駅ね

改札出て目の前の道を登って右手角
駅近でありがたい








CD240762-1990-445E-B172-B8CF76024C3E_convert_20210128173750.jpeg



気持ちのいい店内
テイクアウトにするつもりだったけど、朝イチで空いてたからベンチに座りました

飲食の単価が安いのです



55EBD3D5-80A3-4ADA-9FCD-3994103CF958_convert_20210128174209.jpeg





犬連れてなくても入れる
居心地よかったです



B7F677DA-E627-49EC-A766-BDE6E4FE79D0_convert_20210128173942.jpeg



この子は看板犬
とっても人懐っこくて可愛らしい

この場所は屋内だけと、軽くドッグランみたいで楽しそう


B4DA0A06-C115-45A6-85F1-FF85E47564F0.jpeg



井の頭公園の中をずーっと散歩しながら吉祥寺に行ける
ステキ




52A1DBBD-489A-48AD-8C80-8A0DD5A0D8FA_convert_20210128174337.jpeg









スポンサーサイト



石岡瑛子展


「ザ・セル」
「落下の王国」


これらが私の好きな石岡瑛子の仕事


山ほどすげい仕事をしてきた人だけど、
やっぱりこの二つの映画が最高
多分映画としても好きだから




C79F7678-3C32-4D10-8EFF-5976E699098E_convert_20210125191920.jpeg



まず、この美術館の清澄白河という駅からのアクセス地図がおかしい

私がとてつもなく天才的に方向音痴なのは自覚してるが、
大江戸線出口A3だっけ? 
書いてある出口から出てすぐに美術館はこっちだよの看板あって、
そっちに進めど進めど三つ目通りに行き当たらない。
徒歩13分のはずなのに20分くらい歩いて嫌になり道を聞き、
そのように進むと結局40分以上早歩きした。

その時点で見る気は失せた。

かなりのおしゃれして行ったのに
汗だく顔は真っ赤で受け付け入って、
薄暗い中で、グラフィックについての細かい説明文なんか読めるかってんだ!
めんどくせえんだよ 説明文読むのがよ!

ずーっと流れてる石岡瑛子のインタビュー音声?
あれに感動する人も多いだろうが、
わたしには神経に触った。
うるさいと感じた。

せっかくの楽しみだった「ザ・セル」「落下の王国」は、
映像が流れてるのは嬉しかったが、衣裳はたったの1着ずつ。
しょぼすぎ


シルクドソレイユ、オペラ、ドラキュラ、オリンピックの衣裳達はいっぱいあったわ。


それにしてもつくづく感じたのは、
服って、人間の体が着ないと、生きてないんだな、って事
トルソーに着せても死んでるんだよ

悲しかった


ってことで、


この美術館には
もう二度と行くもんか