パリ ギュスターヴ・モロー美術館



行ってみないとわかんないもんだね、ほんと
まさかこんなにパリが合わないとは、パリ嫌いになろうとは。
映画や雑誌やテレビで、散々、パリ素晴らしいと洗脳されてきて、
いざそこに着いたら精神状態が危険になるほどいやになったなんて。


パリ初日、まだなんとか歩く気力があった時、
観たかった絵を見に行きました。

Musee Gustave Moreau

Musee Gustave Moreau WEBサイト


モローが1852年から死ぬまで暮らした家が美術館になってます。



IMG_8966_convert_20180704093050.jpg


IMG_8967_convert_20180704093147.jpg


IMG_8974_convert_20180704093612.jpg



個人のアパートメント(建物丸ごと)の玄関が受け付けになったのね。
玄関入るとモローの生活空間がそのまま展示されてます。
一階部分は小さな部屋がいくつもあり、ここで生きてたんだなー、とわかります。
二階三階は広い一間の作りになっていて、
アトリエだったのね、作品の保存と展示してたのね、とわかります。


*一階にはトイレもありましたし。


IMG_8982_convert_20180704093653.jpg



IMG_8979_convert_20180704093352.jpg



IMG_8977_convert_20180704093730.jpg


一階の部屋には、モローの家族や画家仲間の肖像画がありました。

IMG_8971_convert_20180704093320.jpg



二階

IMG_8993_convert_20180704095638.jpg

IMG_8987_convert_20180706094956.jpg




作品目録は、日本語のものがありました。

IMG_8986_convert_20180704101736.jpg


使っていたパレット

IMG_9005_convert_20180704101404.jpg


レダ!!!
モローの絵から受ける『悲劇』の要素が、
少女たちを引きつけてやまないのです。

IMG_9010_convert_20180704095603.jpg



なんだろなー

宗教画とは考えず、キリストとかマリアとかいっさい考えずに、
絵を絵としてだけ眺めた時に感じるのは、
一見儚げな美しい若い女性が悲劇の背景を持ちながら、運命を受け入れ、
かつ抗おうとしている様? 頼りなさげなのに人々をひれ伏させる力がある。
そこに惹かれるのよねー



IMG_9002_convert_20180704095706.jpg


この繊細さ、日本の思春期の女の子が虜になるわけよね。
萩尾望都の絵を思い起こさせる

IMG_9004_convert_20180704095739.jpg



これよねー  この牛よねー

IMG_8992_convert_20180704095923.jpg



部屋の半分が大きな窓になっているのは、
絵を描くのに光が重要だからでしょうね。

部屋の片側には膨大な数のデッサンが収められており、
引き出して見ることができます。

逆光でよく読めないけど、日本語表記もあります。

fullsizeoutput_f2a_convert_20180704103737.jpeg





全くー、なんて美しい階段なんだよー
これを上って三階に行きます。

IMG_9001_convert_20180704101700.jpg

IMG_8999_convert_20180704101623.jpg



IMG_9026_convert_20180704104131.jpg


IMG_9013_convert_20180704104057.jpg





おおおおお
この二枚が並んでるーーーー


IMG_9025_convert_20180704103809.jpg


ふううううううううう

IMG_9019_convert_20180704103836.jpg




ぐううううううううううううううう 

IMG_9027_convert_20180704103901.jpg


サイコーーーーーー

IMG_9028_convert_20180704103929.jpg


ハァァァァァァ
こいういう『力』のある女になりたいもんだ

IMG_9029_convert_20180704103954.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あばよ、パリめってことで、
帰りはホテルをあちこち回って客を乗せるタイプのトランポで空港へ。
行きの三分の一くらいの金額でいけたわ。

どうせ帰りもJALヴィーガン飯はまずかろうってんで、
エアフランスのラウンジでしこたまチーズ食ってやった。
うまかった。


IMG_0147_convert_20180630180739.jpg



ケーキは全然美味しくなかった。


IMG_0146.jpg


IMG_0148_convert_20180630180710.jpg



なんか、フランス映画見る気も失せたわ。この旅行経験して。






スポンサーサイト



イギリスからパリへ




まだまだ行きたいところがいっぱいあった、
ボブに会いたかった、心残りのロンドンを後にユーロスターでパリへ


IMG_1013_convert_20180630192041.jpg




陸続きだけど(トンネルで)電車だけど、他国へ行くんだから、
出国入国の手続きがある。イギリスでフランスの入国審査ができるのね。
荷物は検査されパスポートチェックされ、
なぜか夫のツールケースは開けさせられ、デカパンを見られ。

セントパンクラス駅の中には飲食できる店もギフトショップも少しある。
あー良かったここのトイレは無料だった。



ギフトショップに
ふふふふ

IMG_0134_convert_20180630192615.jpg




で、念頭になかったんだけど、ユーロスターにもビジネスクラスなどあり、
私たちはプレミアムエコノミークラスに乗ったらしい。
あー、だから食事あったのか、って、後で気づいたわ。
二時間ちょっとなんだからエコノミーでいいよ。
そのぶんいいホテルに泊まらせてよ!
と、後になって思いついた私。言えないけど

まぁ、これに乗るのも夫の希望だったから全部お任せだったからね。



IMG_1212_convert_20180630192539.jpg



IMG_1226_convert_20180630180243.jpg


IMG_1214_convert_20180630180210.jpg

IMG_1234_convert_20180630180318.jpg




私はヴィーガンミールにしました。が、
途中でジェームズとボブのSNS見たら、
「明日の夜、(ロンドンの)チャイナタウンに行くよー」との告知を見てしまい、
ユーロスターの中でほとんど泣いていたので、
一体何食べたか全く覚えてない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パリの駅はしょぼかった。とても国際駅とは思えないこ汚さ。
場末感さえ感じてしまった。
ちゃんとしたタクシーが来るタクシー乗り場で列を作った。
なのに運転手、カード使えないし、
「市内には決まった金額があって、45分くらいかかって85ユーロだ」と言う。
82ユーロしか持ってなかった夫、慌てる。運転手「82でいい」早いな返事。
45分と言われたのに、25分で着いて、82ユーロ。完全にぼられた。
私はボブショックでぼーっとしてたし、ケチな夫が何も反抗しないのが不思議で不思議で。
ホテルは今までで一番ひどい。枕は黄色いシミだらけときたもんだ。
なんてホテルだっけ?写真も撮ってない。
エレベーターは今まで日本でも見たこともないくらい狭かった。
冷蔵庫もないし、エアコンは変なところについててあんまり意味ない。
下のカフェからタバコの匂い上がってきて不快だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エッフェル塔は改装中。
エッフェルの近くには『署名詐欺』というやつだな、
とわかる人たちが何人もいました。
赤十字のふりしてたが、絶対詐欺だ、あれは。


IMG_1281_convert_20180630181418.jpg



細部がとても繊細で、色が美しくて、
こんなに綺麗な塔だとは、写真や映画を見てても全然わからなかった。

IMG_8950_convert_20180630181444.jpg



凱旋門の周りには観光バスが何台も

IMG_1296_convert_20180630181247.jpg



ダイアナ元姫の慰霊碑になってる「自由の炎」

IMG_8957_convert_20180630181141.jpg






最初、私の精神的な問題で、パリがくすんできたなく見えるのかな?
と思ってたら、知り合い数人とメールして、やはり、
「パリ、汚い、つまんない」の意見が数人から出て、
気のせいだけじゃなかったとわかりました。

道の端に、掃除した後の水流れてて汚いし、吸殻ポイ捨てだし

IMG_8941_convert_20180630181610.jpg



なんか、空気というか建物というか、全体的にくすんでるし、

IMG_8944_convert_20180630181516.jpg


なんか埃っぽいし

IMG_1332_convert_20180630181725.jpg


セーヌ川、汚いし

IMG_1333_convert_20180630181339.jpg


パリってさ、
カフェが名物なんでしょうが、カフェってさー、
外に席あるじゃん、中より外に客多いじゃん。
で、あいつらみんな、タバコ吸ってんだよ。町中カフェ、町中タバコ臭。息できない。
それが嫌で息止めながら街歩く。
カフェの中に入りゃいいかと思うと、
カフェ、ぜーんぶの窓とかドアとか、開け放してるじゃん。
外の席のタバコがみんな入ってきて、息できないんだよ。
最悪だよ、カフェ。最悪だよ、パリ。
しかも不思議なくらい、カフェの外の席って、ギッチギチにくっついてるんだけど、
夏場の暑い中、外で、隣の人とぎゅうぎゅうでって・・・・・・


おしゃれカフェっぽいところでも、外の席のやつらはこうだよ。


IMG_8945_convert_20180630191154.jpg




ロンドン以上にトイレに困ると聞いたパリ。
(ユニクロにも無印にもなかった)
デパートもスーパーも客が入れるトイレはないから、
(あるデパートもあるが、全部の階で一個とか)
美術館かカフェに入らないとどうしようもない。


伊勢丹でもケーキとか売ってんの?知らないけど、
有機栽培野菜などを使うカフェって聞いて、行ってみたローズ・ベイカリー。
街角にさりげなくあったわ。

Rose Bakery


ボン・マルシェというデパートの中にもありましたが、
なんとなく落ち着かない雰囲気だったので、
こちらにきて正解でした。
(ボン・マルシェ、全然パッとしないデパートで楽しくなかったけど?)


IMG_9040_convert_20180630180833.jpg


内装

IMG_1315_convert_20180630181110.jpg



イギリス恋しさにスコーン頼んだが、
イギリスのスコーンの半分以下の大きさで、
4ユーロくらいもするスコーンだったと後から知る。
クロデットクリームじゃなくてバターだったし。

IMG_1326_convert_20180630181027.jpg


なんと、この店には日本人のスタッフがいた。
パリに着いた途端にどんよりとなった私に優しく接してくれて、
これまた泣きそうになった。普通に人間としても素敵な女性でした。

メルシー
あなただけよ、あなただけが、私がパリで嬉しかった出会いよ。

IMG_9039_convert_20180630180858.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初の日にモロー美術館にだけ行って、
あとは全くどこにも行く気になれなかったパリ。
スーパーに数回行ってホテルで食べるもの買うくらいしか外出しなかった。
精神がまいってた。パリが嫌で嫌で。

スーパーマーケット
MONOPRIXモノプリ


IMG_9047_convert_20180630181642.jpg


イギリスもパリも、ティッシュとトイレットペーパーが高価なことを知った。
ティッシュ一箱150円くらい トイレットペーパーは6巻で250円から300円くらい。
どうりでどこのホテル(私らが泊まれるレベルのホテル)にも、
ティッシュがなかったわけだ。



東京に帰ってきて、それまで東京はゴミゴミして汚いなー、と思ってたけど、
(東京、大好きですけどね)パリの薄汚さを知ったため、
東京、すごく綺麗!と感動したわ。 ほんとよ。

でも、犯罪に合うよ、スリにあうよ、観光地でスマホいじると盗られるよ、
と、散々脅されて行ったけど、みんなバッグのファスナー開けてたし、
当たり前だけどスマホ出してたし、荷物を足元に置いてだべってたし、
夫がカフェにスマホ忘れても、店員さんが持ってきてくれたよ。







イギリス旅行20 ロンドン10



Buckingham Palace


バッキンガム宮殿
やっぱすごいね。こんなところで生活してる人間がいるって、
想像できないわ。



IMG_9863_convert_20180702102918.jpg


IMG_E9864_convert_20180702102955.jpg


IMG_E9871_convert_20180702103618.jpg





IMG_9855_convert_20180702103116.jpg



衛兵交代の式は見てないけど、
警備の人たちが儀式的に行き来する姿は拝見しました。

IMG_E9865_convert_20180702103218.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮殿を見る前にたまたま通りかかった建物の庭で、
兵隊たちが訓練しているのを目撃いたしました。


IMG_9845_convert_20180702110946.jpg