イギリス旅行19 ロンドンその10




⚫︎うちのイラつくパナソニックのエアコンめ!
勝手に『熱風自己掃除』始めると、部屋の警報機が鳴る迷惑!
もう音を止めるのも諦め、背中でピーピー音聞きながらPCに向かう毎日。



Abbey Road


夫の希望の観光場所でした。


最寄駅

改札出ると、左側すぐにあるのが

IMG_E9793_convert_20180629112820.jpg




ビートルズ・コーヒーショップBeatles Coffee Shop


IMG_9819_convert_20180629113945.jpg




IMG_E9820_convert_20180629114022.jpg



駅を背にして前方方向に進みます。

途中の道 閑静な住宅街って感じ

IMG_9794_convert_20180629112902.jpg

IMG_E9797_convert_20180629113115.jpg

IMG_E9798_convert_20180629113028.jpg


この角を右に行くと、あの横断歩道がある

IMG_1107_convert_20180629114454.jpg



横断歩道
この黄色い丸ランプは、歩行者優先の横断歩道ということらしい。

IMG_1108_convert_20180629114205.jpg



IMG_9804_convert_20180629113737.jpg




バス停はここ
ちょーどスタジオの前あたりにある

IMG_0056_convert_20180629114249.jpg



アビー・ロード・スタジオAbbey Road Studios

3 Abbey Road, London NW8 9AY


IMG_9810_convert_20180629113618.jpg



IMG_E0053_convert_20180629112747.jpg


みんなこういう風に色々書いてる

IMG_0054_convert_20180629113904.jpg







スポンサーサイト



イギリス旅行18 ロンドンその9




テムズ川辺り

自殺の名所らしいけど
ブラックフライアーズ・ブリッジ


IMG_9882_convert_20180627111249.jpg



落ちた人見たら 999へ電話して!って

IMG_9888_convert_20180627111132.jpg




右が ブラックフライアーズ・ブリッジ
左が ロンドン・チャタム・ドーバー・レイルウェイ・ブリッジ
向こうにそびえ立つガラス張りの高層ビルは、
HOUSEって書いてあるから、住居ビルらしいんだけど、どんな家?


IMG_1180_convert_20180627111738.jpg



IMG_9892_convert_20180627111902.jpg


ビッグベンは改装中


IMG_9823_convert_20180627100145.jpg


ウエストミンスター橋を渡り

IMG_9824_convert_20180627100242.jpg


途中にライオン

IMG_E9826_convert_20180627100415.jpg


橋の終わりに、下に降りる階段があり、川沿いに歩道が続いています。
プレタマンジェという、無添加食品のカフェ&デリの店があり、

Pret a Manger

(知らなかった、日本にもあったって?)ロンドン内いろんなところにあるから、
何度か買いました。美味しいよ。


IMG_9830_convert_20180627103413.jpg



その隣はマクドナルド。プレタマンジェ、マックに買収されたとか?
私はマックにうんざりなのにまた入ることになり、がっくりでした。
トイレのためとはいえ、違うカフェに寄りたいもんだよ。


IMG_1146_convert_20180627104304.jpg





歩道からウエストミンスター・ブリッジを眺め

IMG_E9836_convert_20180627100651.jpg



コカコーラロンドンアイは、高いところ嫌いだから外から眺める。

IMG_E9825_convert_20180627100331.jpg


川岸のカモメ  向こうにセント・ポール大聖堂

IMG_9897_convert_20180627103506.jpg


ミレニアム・ブリッジ

IMG_E0010_convert_20180627103547.jpg





サザーク・ブリッジ
この橋も綺麗だったなー  


IMG_E0019_convert_20180627103707.jpg

IMG_0020_convert_20180627103744.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロンドンでは誰も信号気にしないよ、って本で読んだけど、
ほんとーにほとんどの人は気にしてなかった。
車も人もタイミングで通る感じで。

車もバイクも交通量多いけど、バリバリ赤信号渡り。
私も普段はビビるのに、ロンドナーを気取って赤信号渡りしてました。
夫は、日本でもそうだけど、絶対に横断歩道ないところでは渡らないし、
信号は車が全然通らない道でも青を待つ。ちぇっと思いながら付き合ってた。



イギリス旅行17 ロンドンその8



女友達とのディープなロンドン観光の次の日は、
王道のロンドン観光な感じで、
アビーロードからバッキンガム宮殿などを拝見。
でも、でかい場所は疲れるから、大英博物館は避けてしまった。

とりあえず

Tate Modan


テムズ川沿いに、ビッグベン、ミレニアムブリッジなど眺め、
何度目だよロンドンに来てまで!とさすがの私も文句言ったマックに寄り、
目当のテート・モダンへ。


この現代芸術の美術館は発電所だった建物を再利用したそうです。

Tate Modan WEBサイト

住所 Bankside, London SE1 9TG


ロンドンの美術館・博物館は、かなりの数が無料。
特別な企画展だけ有料になるみたい。
常設展だけでも充分すごい。



この時期の特別展はピカソ展でした。

IMG_0008_convert_20180626171239.jpg



広いーーー  
広すぎて 常設展だけでもたぶん3時間以上は必要だと思う。

IMG_9926_convert_20180626175609.jpg


IMG_9924_convert_20180626172014.jpg


IMG_0007_convert_20180626171929.jpg





好きな作品たち


Lygia Pape

IMG_9904_convert_20180626173039.jpg


Seigio de Comargo


IMG_9907_convert_20180626173248.jpg



Borthelemy Toguo


IMG_9914_convert_20180626174144.jpg


Joseph Beuys


IMG_9917_convert_20180626174218.jpg


Anthony Alfred Caro


IMG_9929_convert_20180626175200.jpg


Sheela Gowda


IMG_0004_convert_20180626181408.jpg


Magdalena Abakanowicz

IMG_9997_convert_20180626181338.jpg


Robert Ryman


IMG_9962_convert_20180626182552.jpg


Maria Bartuszova

IMG_9991_convert_20180626183407.jpg



おおおお キャリントン


Leonora Carrington

IMG_9940_convert_20180626180310.jpg




ガァァァァァァァ タンギー!

IMG_9946_convert_20180626184013.jpg






くぅぅぅぅぅぅぅぅぅ〜〜・・・・・・ マグリット  たまらん

IMG_9937_convert_20180626180020.jpg





ギャッツ!ベルメールがあった! やっぱ 好きすぎる


IMG_9935_convert_20180626175128.jpg






他にもいっぱい好きなものが!!


IMG_9951_convert_20180626183602.jpg

IMG_9956_convert_20180626183719.jpg


IMG_9976_convert_20180626183916.jpg




興味ないからカフェで待つ夫
一時間しか自由時間もらえず・・・・・時間が足りなすぎた

ちょっと離れて外観を こう見ると発電所っぽい
手前の金属の橋がミレニアムブリッジね

fullsizeoutput_f0c_convert_20180626184844.jpeg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テート・モダンの近くには、
シェイクスピア・グローブ座 Shakespeare's Globeが

Shakespeare’s Globe WEBサイト


テート・モダンの巨大さの後だから、小さな小屋くらいに見えました。


IMG_0012_convert_20180626171335.jpg


IMG_0015_convert_20180626171418.jpg




舞台裏などへ行く見学ツアーがあるそうですが、
外見だけさらっと見ました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、不思議なことが

一日めに、バスと地下鉄に乗るためのオイスターカード買って、
半日夫と乗り降りし、当然残高は同じ。
二日目に私だけ友達とあちこち乗り降りし、
三日目のこの日確認したら、
なんと二人とも同じ金額が残ってたの。
夫はその後一度も乗らず、私は5、6回はバスに乗ったのに、
なんで同額??? 私が乗った金額は一度も引かれてない???
オイスターカードどういうこと????













続きを読む

イギリス旅行16 ロンドンその7



カナダ、トロント出身のかっこいいバンド、


Crack Cloud

あれ?トロントの友達に教えてもらったから、てっきりトロント出身だと思ってたら、
カルガリー出身って書いてあるサイトがある。カルガリーなのかな?
秋に行くぞ!カルガリー。



幸いにも、泊まってたホテルから歩ける距離にあったパブ
ザ・レキシントンでのギグに行って来ました。
(チケットは8ポンドしなかった。ネットで買っておいて、
うちにはプリンターないから、ロンドンの友達がプリントしてくれて手渡ししてくれました)

THE LEXINGTON WEBサイト


夜 8時でもこの明るさ


IMG_0090_convert_20180625122131.jpg



ルックスはアイドルみたいにキュートなのに、
音楽はイかれてて金属的で重くて激しい。 すげえ


メンバーは6人?この時は7人いたよ。

IMG_E0096_convert_20180625121423.jpg



始まってからすぐ、
「こいつらすげえ、こいつら何もん?」って空気が満ち、
みんなどんどん前に出て、写真や動画を撮ってました。


IMG_8931_convert_20180625121502.jpg




EPのみ販売してた
EPってLPレコードってこと? き・聴けないぃぃ
まあ、彼ららしいけど

メンバーに「I want something あわあわ・・・」とか言ったら、
曲はネットで聴けるよって。それはこちら

Crack Cloud

6月はヨーロッパツアーしてたんだね。



終わってから興奮して声かけたら、写真撮らせてくれた。
「トロントの友達にあなたたちのこと聞いて、今夜来たんだよー」と言った。

この二人は兄弟なんだって。いいなー、兄弟で仲良くバンド。

「なんか食べた?」って聞いてくれたりして、いい子達だった。



IMG_0106_convert_20180625122002.jpg


EP買ったわ。

IMG_E0111_convert_20180625121815.jpg



サインしてもらったぞーい 読めないけど、メンバーの名前も知らんけど

しかし、ピニールの上からサインしてもらったから、中身開けらんない・・・


IMG_E0110_convert_20180625121847.jpg


おお、アマゾンでも買える!あっ!残り一点だ!

アマゾン




突き放してて いいなぁーーーー









誰か、日本に海外のバンド呼んでる人いたら、
彼らを日本に連れて来てくださいー!!
あたい、お世話係するから。なんか手伝うから



イギリス旅行15 ロンドンその6



Borough Market


1000年の歴史があるというバラマーケットは、
小規模の自営生産者や職人のためのマーケットだそうです。
住所 8 Southwark Street London SE1

Borough Market WEBサイト

テレビでは、一年前のバラマーケットでの事件の追悼式の様子や、
町の人たちへのインタビューを放送してました。



IMG_E9730_convert_20180623150129.jpg


IMG_E0028_convert_20180623150910.jpg


ここのコーヒーショップは、チャリティーに貢献しているそうです。

IMG_E9723_convert_20180623150448.jpg


ここ!ここ  うまかったー!ターニップス

Turnips WEBサイト

Turnips/Borough Market


IMG_E9731_convert_20180623150047.jpg



マーサ・スチュアートの番組で初めて聞いた時から食べてみたかった、
スピルナ麦のリゾットを作ってました!

IMG_9732_convert_20180623145958.jpg


IMG_9733_convert_20180623145834.jpg



とても美味しかったお茶の店
オーガニック・ライフ

Organic Life WEBサイト


IMG_E0030_convert_20180623150800.jpg


気に入ったから、二日続けて行ってハーブティーを飲みました。
茶葉も売っていて3パックで12ポンド。
一日目にいた店員さんは日本語ができて、
なんでか少し安くしてくれちゃった。
「日本語で50%OFFってどう言うの?」っていうから、
「半額!」って言いました。

二日目の店員さんもフレンドリーで可愛かったー。

IMG_0035_convert_20180623150325.jpg



IMG_E0034_convert_20180623150225.jpg




IMG_E0039_convert_20180623150254.jpg



ここのスコッチエッグ,うまかったー

Scotchtails/Borough Market

IMG_E0036_convert_20180623150839.jpg


ポテトが、かぼちゃみたいに甘いの

IMG_1198_convert_20180624171739.jpg




座って食べる場所もある。ガラス張りで日光が気持ちいい。
トイレもある!!!!

IMG_E0037_convert_20180623150400.jpg




IMG_0031_convert_20180623152145.jpg


こういうマーケットって、現金の印象だったけど、
カードが使える店も多いみたいだった。





休憩 イギリスあれこれと美味しいもの




イギリス

田舎の方もロンドンも、昔の建物を使っているからか、
ホテルやパブで、天井が低くて小さな部屋が多いなー、と感じました。

ロンドンの地下鉄、アンダーグラウンドも、
東京で一番窮屈な大江戸線より狭い。
明らかに日本民族より背が高く足も長いのに、窮屈じゃないのかな?

ロンドンって、バスと地下鉄のデザインが、とっても嬉しい気持ちなる。
やっぱり赤っていいなー。元気になる。
それに比べてパリ。。。。(消費税20.5%だったし)
言っちゃうけど、パリに着いた途端、街全体が薄汚くてくすんでて、
ものすごくタバコ臭くて、何も楽しくなかった。なーんにも楽しくなかった。
なんと、パリに行って半日は外に出たけど、ほぼ二日間、ホテルで時間の無駄してた。

ああ、、ロンドン、いいなー(消費税18%くらいだったけど)


イギリスの食べ物はとても美味しい。
イギリスで毎日いろんなスーパーで買って食べてたプレーンヨーグルト、
濃厚でとても美味しかった。
日本に帰って、今まで濃厚で美味しいと思ってたいつものヨーグルトが、
まるで無脂肪ヨーグルトかと思うほど、うっすくて水っぽくて、美味しくなかった。




イギリスの代表的な朝ごはん
イングリッシュ・ブレックファーストFull breakfast

は、プーコーナー近くのホテルで夫が食べました。
美味しかったらしく、ロンドン最後の朝に、マックをやめてもう一度、
と、朝8時からやってるパブへ。
ここはホテルのすぐそばにあったライブハウス&パブ
ウォーター・ラッツ

歴史あるライブハウスらしい。壁にはたくさんのアーティストの写真がありました。

The Water Rats WEBサイト


ボブ・ディラン ザ・ポーグズ オアシスなどが出演したそうです。
そして、ケイティ・ペリー 



IMG_1202_convert_20180621181835.jpg




IMG_1203_convert_20180621181903.jpg


インゲン豆とマッシュルームとトマトがついてるのがいい。
アメリカだと、ポテトくらいだもんね、付け合せ。

IMG_1207_convert_20180621181701.jpg


私は朝ごはんは食べたくない方なので、
せめてものグラノーラ&ヨーグルト。
角が立つくらいに濃厚なヨーグルトの美味しいこと。

IMG_1209_convert_20180621181738.jpg


スティッキートフィープディングSticky toffee pudding
黒砂糖とデーツの、濃厚でぼてっとした、
これまた私好みの重めのスポンジケーキ。アイスが合う。お茶に合う。
とても一人じゃ食べきれません。

IMG_1210_convert_20180621181805.jpg


*トロント出身のバンドCrack Cloudを見に行ったThe Lexingtonもそうだったし、
ロンドンのライブハウスって、パブも兼ねてるのが普通なのかな?
飲食で利益あるから、ギグのチケット代は安いって仕組み?
日本のライブハウスはとんでもなく高いなー、とつくづく思う。





コーニッシュ・パスティCornish Pasty
は、食事系のペストリー。この名をつけるには、正式な決まりが色々あるようですので、
このお店はPastyしか名乗ってない。

トリップアドバイザー

ミートパイね。いろんなハーブが入ってるものもあり、
私はやぎチーズ入りのの濃厚なやつを。美味しかったー


IMG_1105_2_convert_20180622102007.jpg




もちろん、
フィッシュアンドチップスfish-and-chips
は、揚げ物なのになぜか軽く、胃に重たくない不思議。
何かで調べた時、日本では高い何かの油を通常使ってるって書いてあった。

IMG_0801_convert_20180622105833.jpg




バラマーケットで食べたスコッチエッグScotch eggも、
お肉の部分にはハーブと野菜が入ってて、複雑な風味で美味でした。
私は普段は卵は食べない。気持ち悪くなるから。でもせっかくのロンドンだから。

IMG_E0038_convert_20180622105642.jpg




もともと私の大好きな
スコーンSconeは、
日本のカフェではありえないほど大きくて美味しかった。
クロデット・クリームてんこ盛りだしね

IMG_0911_convert_20180622105743.jpg



知らなかったが、ヴィーガンはイギリスから始まったそうです。
どうりで、パブでもカフェでも、スーパーでも、
Veganと書いてあるものがたくさんありましrた。



ずっと行きたかった、ノンシュガー、もちろんヴィーガン対応のお菓子屋さん
ロメオズ

Romeo's WEBサイト

ここは、Bob巡りで行ったエンジェル駅のある、
イズリントン地区にありました。



IMG_E9552_convert_20180618122442.jpg


食事系ペストリー

IMG_9555_convert_20180622102158.jpg

スイーツ

IMG_E9557_convert_20180622102248.jpg

お料理も

IMG_E9559_convert_20180622102347.jpg


マフィンもブラウニーも、素材の美味しさ。
砂糖なしの、このほのかな甘味がすごく私好み。

IMG_9554_convert_20180622101821.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、今回の飛行機は、プレミアムエコノミーという席を初めて使った。
どうなんだろ?ユナイテッドシネマ豊洲のシートくらいには広いかも。
食事もJALで初めて卵・乳製品なしのベジタリアンミールにした。
クッソまずかったし、メニューが酷すぎた。
メイン料理はなぜか臭い水道水の匂いがしたし、
付け合せが野菜サラダ3パックって!
煮野菜にするとか、豆のペーストにするとか、もう少し考えられなかったんかい!
エアカナダを見習えよ〜 JAL


IMG_1607_convert_20180622104428.jpg






イギリス旅行14 ロンドンそのその5





Leake Street Tunnel


トリップアドバイザーWEBサイト


長いトンネルの壁や天井が
絵画で埋め尽くされた圧巻のアートスポットです。


いや〜あ、すごかった

IMG_E9748_convert_20180620100215.jpg



IMG_E9765_convert_20180620100106.jpg



IMG_E9751_convert_20180620100609.jpg


IMG_E9740_convert_20180620100455.jpg






製作中

IMG_E9750_convert_20180620100142.jpg



この奥は広〜いベトナム料理屋さんでした。
Banh Bao Brothers
友達はここに食べに来る!と言ってた。

トリップアドバイザー


IMG_E9741_convert_20180620100534.jpg



ここではいろんなイベントが行われてる!
すげーかっこいい!!!!!

The Vaults WEBサイト


IMG_9756.jpg




IMG_E9755_convert_20180620101631.jpg


もう、外の外まで描いてある

IMG_E9767_convert_20180620101900.jpg




こいう地区です

IMG_E9772_convert_20180620101936.jpg



IMG_E9771_convert_20180620101806.jpg



トンネルの途中、所々奥が見えるんだけど、何かの店舗だったり、
新店舗工事中みたいな様子だった。
改装してクールな新しいお店たちを作るのかな?
どこの国のどの街でもそうだと思うんだけど、
荒れた地区には家賃の安さから若いアーティストが移り住み、
面白いことやって、トレンドなおしゃれ地区になって、
家賃上がってアーティストはまた流れて行く。
そんな構造。


この辺りには、小さくて個性的なお店がちょこちょこあり、
これから若い人たちの力で発展していきそうな地域です。




イギリス旅行13 ロンドンその4




The Old Operating Theatre Museum
and Herb Garret



「オールド・オペレーティングシアター博物館」
住所 9A St Thomas St., London SE1 9RY, England

旧セント・トマス病院の一部だったセント・トマス教会内の上にある。
上って、何階?と思ってたら、何階なのかよくわかんないー、
となっちゃう、ものすごく狭いぐるぐる階段を上った部屋にありました。

the Old Operating Theatre Museum and Herb Garret WEBサイト



ここが教会


IMG_9678_convert_20180619154640.jpg



教会の入り口横ちょに螺旋階段

この写真ではわからないかもしれないけど、
ひと一人通るのも危険な幅の階段でした。

fullsizeoutput_efd_convert_20180619154725.jpeg

IMG_E9681_convert_20180619171658.jpg



田舎の屋根裏部屋のような小さくて可愛らしいスペースに、
前時代の薬草や医療器具がわんさか展示。


ウエルカム


IMG_9682_convert_20180619154809.jpg


アート作品のようだ


IMG_E9699_convert_20180619154955.jpg


ハーブを薬として使っていたのね。

IMG_E9694_convert_20180619172113.jpg


動物も薬にする

IMG_E9683_convert_20180619172147.jpg



標本ってなんて美しいんだろー

IMG_E9688_convert_20180619171613.jpg


aaaaaaah〜〜   くる!

IMG_E9700_convert_20180619173538.jpg



病気関係の細密画って大好物

IMG_E9717_convert_20180619171517.jpg




手術手術

IMG_E9706_convert_20180619171742.jpg


麻酔はない そりゃ怖がるだろう

IMG_E9707_convert_20180619171924.jpg



貧乏人の公開手術を行ったわけです。
(金持ちは自分ちに医者を呼んでたから)
泣き叫び逃げようとするのを押さえつけ・・・
娯楽として人々が観覧する。


IMG_E9721_convert_20180619171438.jpg


子供用かと思うほど小さい手術台
下にはなぜかおがくず。血を受けるため?

IMG_E9715_convert_20180619173620.jpg


昔は電気がなかったから、手術室の天井はガラスになってて、
太陽光で切り刻んでいたってね。


IMG_9714_convert_20180619171955.jpg


塗り絵

IMG_9690_convert_20180619154903.jpg



手術室では様々な講演会などが行われるそうです。
この日も、子供たちが数人手術室から出てきてました。


受付の女性は、ロンドンの医療博物館のこと色々教えてくれてた。
ハンテリアン美術館のことも言ってた。
(だいたいこういうこと言ってんだろうなー、くらいしかわかんなかったけど)

ギフトショップは、ワクワクの品揃えでしたー。
POOH CORNERでマグカップ買った時、何かで包むということがなかったので、
イギリスでは、高級デパートとかじゃないと、壊れ物を包んでくれないものなのだ。
と思っていたら、ここのスタッフはプチプチで包んでくれました。

IMG_E9786_convert_20180620095533.jpg





私は、18世紀の奇人ジョン・ハンターに魅了されているので、
2020年、ハンテリアン美術館の改装が終わったら、
次は一人でロンドンに来ると決めてます。

ジョン・ハンターについて

ジョン・ハンター Wik

Hanterian Museum WEBサイト


ひっ!久しぶりにサイト見たら、ハンテリアン、2021年まで工事延びてる!
ウーーーーン


ハンターの住居跡は見てきました。

『ブループラークblue plaque』
著名人が住んだ家や歴史的な出来事があった場所(建物の外壁)
に設置するプレート。夏目漱石のもあるそうだ。

Blue plaque English HeritageWEBサイト




普通は名前の通り、このように青いんだけど

IMG_E0024_convert_20180619161348.jpg



ハンターのは茶色だった。なんで?

IMG_9775_convert_20180619161304.jpg



ブループラーク 製造動画





次にイギリスに行ったら、ハンターゆかりの地は全部行くつもり。





イギリス旅行12 ロンドンその3




ロンドン二日
こちらに住んでる友達に、お茶するつもりで連絡したら、
何と、一日ロンドン案内をしてくださった!
夫とじゃイラついて外で待たれるだろう場所に一緒に行ってもらえました。
女どうしだから、フラフラ歩いてて見つけた、可愛い本屋さんやカフェに入ったりできた。
嬉しかったーーーー

「どこに行きたい?」と言われて最初にお願いしたのが



Camden Town


原宿竹下通り的な、LAメルローズプレイス的な、私好みの地区。
元々は倉庫が並んでいた地域を改装したそうです。


IMG_E9666_convert_20180619160923.jpg




IMG_E9663_convert_20180619160839.jpg



たくさんの個性的なお店を見てるだけで、
幸せな気分になれました。

IMG_9659_convert_20180619160758.jpg


IMG_9667_convert_20180619161210.jpg


IMG_E9669_convert_20180619161432.jpg


食べ物と飲み物はカムデンマーケットで

Camden Market WEBサイト



カムデンのお店がごちゃっと集まってるあたりじゃなくて、
大通りのDeptford st.に、1ポンドショップがあります。

トリップアドバイザーWEBサイト

Poundland WEBサイト


私は、ロンドン在住の日本人CAさんのYouTubeで、
1ポンドショップのこと見ていたので、彼女が勧めていたお菓子たちを、
大喜びで買い物 


IMG_E9670_convert_20180619161608.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Next


ジョン・ライドンが住んでた
デンマークストリートの
タウンハウス ナンバー6
 (6 Denmark St)


17世紀に建てられたこの建物が、
歴史的重要建造物になっちゃったのね。



一階はヴィンテージギター屋 NO.TOM

NO.TOM WEBサイト


ジョンの部屋、どこから見ていいかわかんなくて、
ギター屋さんに入って友達に聞いてもらったら、
今はロックされてて入れないようになってる、とのこと。
店員さん、とても親切だった。


IMG_E9675_convert_20180619162814.jpg


記念に買いました。1個1ポンド

IMG_9785_convert_20180619163407.jpg



この辺りは楽器屋さんがいっぱい。

IMG_E9674_convert_20180619162949.jpg


IMG_E9676_convert_20180619162912.jpg



この後は、2020年まで改装中の、
どうしても行きたかったハンテリアン美術館の代わりと言っちゃ申し訳ないが、
やはり興味津々で調べていた、大昔の医療博物館に行きました。





イギリス旅行11 ロンドンその2 ボブBob



Islington から


ロンドン初日は、
「ボブという名の猫A Street Cat Named Bob」

ゆかりの地巡り。


まずは、ホテルから一番近いところで、エンジェル駅へ。
ホテル近くのキングクロスセントパンクロス駅からエンジェル駅へは
ノーザンラインで一駅。近いから歩いて行きました。

ロンドンの地下鉄とバスに乗るには、オイスターカードが必要。
地下鉄駅構内で買えます。現金だとすごく高い運賃の、半額くらいで乗れるようです。
スイカと同じシステムで、切符の自販機で金額をチャージすればいい。
乗り降りする時は、スイカ同様、オイスターカード専用の読み取り機に、ピッとやればいい。



IMG_0129_convert_20180618114928.jpg




エンジェル駅Angel Station

エンジェル駅は、映画(原作も)でジェームズが、
ホームレス自立支援雑誌ビッグイシューを売っていたら、
「その猫買うわ」と言われて断ったシーンで出てきます。


ボブ!
来たよ、ここにいるよ


IMG_E9534.jpg



駅前の小さなスペースは、ボブのお気に入りの場所だったんです。


fullsizeoutput_ef0_convert_20180618115209.jpeg



エンジェル駅から右方向に6,7分歩くと、


IMG_9537_convert_20180618115524.jpg



イズリントン・グリーンIslington Greenという三角形の公園があり、


IMG_E9540_convert_20180618124702.jpg





映画では、「猫買うわ」の後、犬に吠えられて驚いたボブが逃げてしまい、
ジェームズが必死で探すシーンで出て来ます。


このモニュメントは、戦没者のためのモニュメント。

IMG_9542_convert_20180618121242.jpg



イズリントングリーンの外に、
ジェームズが執筆する場所を提供してくれ、サイン会の場所になった、
ウォーターストーンズWaterstonesがあります。

Waterstones WEBサイト


IMG_9543_convert_20180618121327.jpg



「Do you have ”A street cat nemed Bob”?」
店員さんは、親切にボブの本の所に連れてってくれました。

「Can I take pictures?」 「Sure!」


IMG_E9545_convert_20180618121412.jpg


IMG_E9547_convert_20180618121502.jpg


興奮してるからじっくり店内を見る余裕がなかった。
(夫が不機嫌に外で待ってるしな)
急いで念願のボブ本とウォーターストーンズのトートバック買った。


IMG_9553_convert_20180618122341.jpg



こういう地理
*エンジェル駅とイズリントングリーン

fullsizeoutput_ef5_convert_20180618123721.jpeg


イズリントングリーンとウォーターストーンズ

fullsizeoutput_ef6_convert_20180618123743.jpeg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



トラファルガー広場Trafalgar Square
ピカデリーサーカスPiccadilly Circus
コベントガーデンCovent Garden



映画のロケ地のこの三箇所は、有名な観光地です。



fullsizeoutput_efb_convert_20180618130458.jpeg






トラファルガー広場Trafalgar Square

ダブルデッカーの二階の一番前に座って、
ジェームズが、ボブに、「お前みたいだ」と言ったライオンの像。


IMG_E9644_convert_20180618131518.jpg



二人の乗ったバスは、イズリントンからピカデリーに行く38番バス。
トラファルガーのライオンが見え、
上演中のライオンキングのポスターが見え、
ピカデリーサーカスで大道芸人たちの前を通るのです。


IMG_1085_convert_20180618131053.jpg


IMG_9638_convert_20180618131419.jpg



ピカデリーサーカスPiccadilly Circus


IMG_1038_convert_20180618122535.jpg


本に書いてあった、ボブが初めて迷子になる通りは、
ピカデリーサーカスから伸びる、リージェントストリート。
ボブは、リプリーズ の客寄せが近づいてくるのに驚いて、
ジェームズの肩から逃げたのね。

IMG_E9615_convert_20180618131648.jpg


午前中早くの曇った空の写真で残念だけど、とても綺麗な通りでした。

二階建てバスは、曇り空を明るく感じさせてくれる存在。

IMG_1069_convert_20180618140155.jpg

IMG_1066_convert_20180618141320.jpg



随分長い通りで、猫が隠れられそうな場所もない、お店がずっと続く繁華街。
この道を走って逃げたボブ、どんなに怖かったろうと思いました。

IMG_1048_convert_20180618140119.jpg



ほんとは、たくさん大道芸人がいる、
夕方から夜の時間帯に行きたかったんだけど、
人混み大嫌いな夫が、朝誰もいない時間にしか行かない&
夜(6時以降)は出掛けちゃダメというので、
朝っぱら、店も開いてない時間にしか行ってない。
でも、ロンドン、夜 9時半くらいまで昼間の明るさだったんだ。。。。
こんな真っ昼間にホテルに缶詰って何なんだこれ!?
と泣きそうになってました。っていうか、旅行の後半はほぼ泣いてた。



コベントガーデンCovent Garden


大きなマーケットがある駅です。



fullsizeoutput_efc_convert_20180618141752.jpeg



映画では、ここでバスキングするシーンがあります。
最後の方でみんなで歌うシーンも、ここで撮ってましたね。

IMG_E9565_convert_20180618141834.jpg



コベントガーデンの裏手になる、フローラルストリートは、
ボブがジェームズの肩に初めて乗るシーンで撮影されました。


IMG_9571_convert_20180618142726.jpg





ここでボブがお店に入ろうとして、ジェームズが止めたのね。
そんで「乗るか?」ってね。


IMG_E9573_convert_20180618142413.jpg



とにかく!とにかく!どこに行っても、
「もう移動しないから」「予定入れてないから調べてない(から行きたくない)」
それはそれは機嫌の悪い夫に、心臓痛めながらほとんど走るようにして見て回り、
ほとほと疲れました。そこで怒る勇気もない私ですから。
やっぱり旅行は一人がいい。と思わずにはいられません。




三箇所を見るには、
ロンドン名物二階建てバス(ダブルデッカー)がお勧め。
次々くるので、一台逃しても待たなくてすみます。
ボブ気分でロンドンの街を眺めましょ。

ジェームズの自転車のかごに乗るボブ、
ビッツグベンの近くを通りますね。ビッグベンは今改装中です。


本当は、ジェームズたちの公営アパートとして撮影された、
ハガーストンにも行きたかったんだけど、危ない地区だからと断念。



ひとまず ボブゆかりの地巡りは、これで終了したのです。




イギリス旅行10 いよいよロンドンその1



London


パンクと紳士とエリザベス女王とメーガンとあれとこれと。。。
Bob の街



一度 レンタカーを返しにヒースロー空港に行って、
初めてのブラックキャブでロンドン市内のホテルへ。

一般のタクシーもいるので、
タクシー乗り場の係員に、「ブラックキャブに乗りたい」と言いました。
ブラックの名前だけど、いろんな色になってるのもたくさんある。
色は違っても、形はあれね、こじんまりと可愛らしい独特の車体。

混雑のため予算よりオーバー、約10000円くらいだった。
最初に聞いた。「Do you take credit card?」
「マシンの調子が悪い時もあるけど、使えるよ」
でカード使えた。

テレビでブラックキャブの運転手の試験がものすごく難しくて、
何年も勉強しなきゃいけないってのを見て、
すごく尊敬してたんだけど、イヤホンで音楽聴きながら爪噛みながら、
割と適当な感じで、、、、、、

IMG_E9531_convert_20180617200848.jpg




ロンドンでの宿キングクロスインは、
エレベーターはあったものの、地下にある。
ロビーから地下に降り、二階に上がると、
なんとそこから下に階段降りてまた上がり、と、なんの意味もない作り。
フロントスタッフは無愛想で、なーにが三つ星だよ。
駅に近くて便利なだけね。


fullsizeoutput_eee_convert_20180617213141.jpeg




キングクロス駅とセントパンクラス駅は、すぐそばにあるので、
地下鉄の駅名は、キングクロスセントパンクラス駅になっている。


セントパンクラス駅はハリポタのロケ地らしい。
奥には、ユーロスターが発着する建物がある。

イギリスは、旅行の全日程中、
朝は曇ってて肌寒くても、昼間は気温も上がり、青空が広がりました。

IMG_E9587_convert_20180617213020.jpg


美しい駅構内  
高級ブランドからスーパーマーケト、カフェなど、お店もいっぱいある。

IMG_0997_convert_20180618112234.jpg



駅の建物がそのまま続いいてる?
高級ホテル、セントパンクラスホテルがある。

IMG_E0072_convert_20180617201150.jpg


セントパンクラスホテル正面

IMG_E0071_convert_20180617201233.jpg



キングクロス駅はこれ。 広場ではマーケットも

IMG_E0064_convert_20180617203859.jpg


セントパンクラスホテルのそばには、
大英図書館The British Libraryが。

この図書館、建物も素晴らしいが、中に入って圧倒された。
リーディングルームがたくさんあり、コンサートや講演会が行われるホールがあって、
ミュージアムがあって、(この時はジョン・クック展をやっていた)
地下にはクロークまである!ギフトショップも!

The British Library WEBサイト


IMG_E0076_convert_20180617204956.jpg


IMG_E0077_convert_20180617211829.jpg


IMG_0080_convert_20180617211745.jpg


駅もそうだけど、図書館も広すぎて、
パノラマでしか全景は撮れない。パノラマはここには投稿できないのかなー?


あまりに図書館がすごかったので、デザインが素敵だったので、
ギフトショップで図書館のロゴ?デザインのノートとミントを買いました。


IMG_0084_convert_20180617212344.jpg



ロンドンで行きたかったのは、「ボブという名の猫」の、
本と映画に出てきた場所数カ所です。
ホテルから歩いていける距離にエンジェル駅があったので、最初はエンジェルに。


IMG_9536_convert_20180617214030.jpg


えええーっと、順番前後しますが、曇りの写真たちがロンドン初日午前早くで、
晴れてるのは午後です。

明日、ボブ巡りの記事書きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハートフィールド村POOH CORNERと
ロンドンヒースロー空港の位置関係


fullsizeoutput_e67_convert_20180614173715.jpeg



イギリス旅行9 プーの百町森



プーシリーズの作家、A・A・ミルンが、
息子のクリストファー・ロビンと散歩した100エーカーの森。
物語では、この森にプーやイーヨやラビットたちが住んでいるのよね。


POOH CORNERを出て、「プーの棒投げ橋」目指し、
地図のとおりに歩くのが通常のルートのようですが、
それだと片道40分かかる。のですが、歩くの嫌いな夫のリサーチにより、
地図とは違う近道から行くことに。プーコーナーで地図買ったのに。。
夫は、カーナビへの怒りと、プーコーナーの人混みへの怒りでイライラしてたからね。


POOH CORNERを出て山道を車で5,6分走ると、
ちゃんと駐車場があって、そこから歩けば半分くらいの時間で橋に着く。

でも、カーナビには何も出なかった。


これが駐車場の目印 無料

IMG_E9486_convert_20180616153953.jpg



あれが駐車場

IMG_9488_convert_20180616154036.jpg



車を停めてここが森への入り口

IMG_E9456_convert_20180616154225.jpg



IMG_0928_convert_20180616154500.jpg


ところどころに P.BRIDGE の案内がある。

IMG_9465_convert_20180616154549.jpg


ベンチもある  
とても気持ちのいい散歩コースになってます。

IMG_E9460_convert_20180616154740.jpg


あ、あれだ!

IMG_0930_convert_20180616154643.jpg



これが「プーの棒投げ橋」


実は、ここに着く前に、もう一つ小さな橋がありますが、
それではありません。 つまり、二個目のがプーの橋ってことね。

IMG_0939_convert_20180616160110.jpg


記念にプー代わりのうーちゃんを

IMG_9472_convert_20180616160209.jpg



私も棒を投げました。森の木を折ってはいけないので、
途中で落ちてた枯れ枝を拾っておいたのです。

浅い細い川です。流れも、プーらしいゆる〜やかな流れ。

IMG_0934_convert_20180616160305.jpg



森の先に進んだ丘の上には、
ミルンと、挿絵を描いたE・H・シェパードの記念プレートがあるそうですが、
歩くの嫌いな夫はそんなとこまで行くはずもなく、
もう疲れた道を引き返す。

途中でパトロールのうまに出会う 

IMG_E9478_convert_20180616161220.jpg


わぁ〜 ♡ 「Hello!」「Have a good day!」

IMG_E9483_convert_20180616161607.jpg


バイバイ プー バイバイ カンガ バイバイ ルー 
バイバイ ピグレット バイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日はプーコーナーの近くのホテルで一泊。
アッシュダウン・フォレストという所にある、フォレスト・ロウ村の、
ブランブルテイ ホテル(Brambletye Hotel)は、
シャーロック・ホームズ・シリーズの「ブラック・ピーター」に登場との事


IMG_9490_convert_20180616161350.jpg



だから、こんな部屋があった。

IMG_9497_convert_20180616161507.jpg



IMG_9502_convert_20180616164306.jpg


ホテル周り

IMG_9492_convert_20180616164357.jpg



もちろんこのホテルも、ブッキングドットコムでエアコン有りで予約、
もちろん、エアコン無しエレベーター無し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

POOH CORNERとブランブルテイ ホテルの位置関係

IMG_0167_convert_20180616165315.jpg





そしていよいよロンドンに向かったのです。











イギリス旅行8 プーコーナー




POOH CORNER


ロンドンから電車で約1時間の後バスで約30分の位置。
「Hartfieldハートフィールド」という村は、クマのプーたちが住んでいた森のある場所。
作者のミルンが住んでいたことがあり、
息子のクリストファー・ロビンがお菓子を買いに行っていた小さなお店が、
今は、「POOH CORNER」というカフェ&ギフトショップになっています。

住所 High St, Hartfield TN7 4AE イギリス

POOH CORNER  WEBサイト



ハートフィールドまでの家はこういうの

IMG_9406_convert_20180615164750.jpg


IMG_9417_convert_20180615165037.jpg

IMG_E9415_convert_20180615164955.jpg





あとはうねうね山道。
道の両側の木々がトンネルを作るような山道。でもみんな飛ばす。

これがバス停ね


IMG_E9453_convert_20180615165819.jpg



ここは村の大通り
POOH CORNERは大通りにあります。
日曜だったから、プーコーナーのために停めた車がいっぱい。


IMG_E9420_convert_20180615165635.jpg



小さ〜い 可愛〜いお家がPOOH CORNER

IMG_E9424_convert_20180615165851.jpg


fullsizeoutput_edb_convert_20180615171934.jpeg



IMG_E9423_convert_20180615165931.jpg


ピグレットのカフェは、
店内でも外のテーブルでもお茶を楽しめます。

IMG_E9426_convert_20180615170009.jpg



店内には絵本や

IMG_E9427_convert_20180615171015.jpg



残念ながらディズニー商品や

IMG_E9428_convert_20180615171054.jpg



POOH CORNERオリジナルの商品も
さすがにこのTシャツは着られない、私には

IMG_9437_convert_20180615171236.jpg



同じイギリス生まれの人気者、
ピーターラビットのコーナーもちょこっとありました。

IMG_9444_convert_20180615171144.jpg


カフェは中も外も満席状態。バイトの高校生たち大忙し。


カフェの壁にはミルンの写真や本の挿絵がたくさん

IMG_E9429_convert_20180616154314.jpg


トイレにもね

IMG_9433_convert_20180616154405.jpg




メニューはけっこう豊富でした。
クッキー1枚、パン(シュガーロール)一個なども。

『Time for a little something』
ってメニューに書いてあったの。これって、プーがおやつ食べたい時に言ってたことだよね?

私はこれ。Pooh's Cream Tea  6ポンド
4,5ポンドのは、スコーンが一つ

このスコーン、大人の男の握りこぶし大で、
スコーンになくてはならない、大大大好きなクロデットクリームがたったぷり〜
クロデットクリームは、日本では中沢しか販売してない?
小さいヨーグルトカップのサイズで400円近くするんだよね。
このティーセットについてるクロデットは、中沢の三倍近くあって、
おまけにずーっと濃厚  イギリス万歳

お茶も、何杯もお代わりできるほどたっぷり入ってた。

IMG_9441_convert_20180615172535.jpg



すんません、プーコーナーに行った人のブログで、
ご自分のプーを連れてって、写真載せてたの。
うちにはプーはいないから、何十年も前の思い入れある牛を。。。ね
牛、、、 名前は「うーちゃん」

IMG_E9442_convert_20180615172608.jpg



特大スコーンでお腹いっぱいにして、買い物して、
プーが橋から川に棒を落として遊んだ、「プーの棒投げ橋」を目指します。
地図も売ってるよ。


IMG_9445_convert_20180615172442.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


カスケーズ・ショッピング・センターとプーコーナーの位置関係


IMG_0164_convert_20180614175047.jpg






イギリス旅行7 ポーツマスその2



ポーツマスの観光名所を知らず、有名なスピンネーカータワーも見ず、
カスケーズ・ショッピング・センターへ。

Cascades Shopping Centre WEBサイト



途中はこういう家が多かった。


IMG_9387_convert_20180615090708.jpg





カスケーズ・ショッピング・センター

fullsizeoutput_ed1_convert_20180615092504.jpeg




IMG_9399_convert_20180615091626.jpg



ひゃっ!
これね!!! 
これがイギリスで人気の激安ファッションストアPrimark

PRIMARK WEBサイト



IMG_9391_convert_20180615090846.jpg


1ポンド 150円として この価格。
セール価格じゃなくて常にこの価格


IMG_9392_convert_20180615090950.jpg



4枚も入ってるショーツが2ポンドーーーー
100均より安い!

IMG_9393_convert_20180615091058.jpg



IMG_E9397_convert_20180615091357.jpg



IMG_E9395_convert_20180615091235.jpg


IMG_E9394_convert_20180615091146.jpg



私はいつも100均のビーサンを愛用してます。
日本の100均にあるビーサンより、こっちの方がおしゃれ度高い。

IMG_9396_convert_20180615091323.jpg



無印みたいなシンプルな服もありますが、
GAPの夏服のようなカラフルなもの、
ZARAみたいなクールでちょっと変わったデザインのもの、
万人の好みに合うよう、なんでもありました。
レディースだけじゃなく、キッズもメンズも豊富。
コスメも雑貨もあって、興奮します。

イギリスに来て、田舎の方でも、みんなおしゃれな服着てるなぁー、
(アメリカみたいに、TシャツGパンってスタイルはほとんど見なかった)
と思ってましたが、この値段ならいくらでもおしゃれできるなー、と納得。


あっ 日本でも通販で買える!でも、ゲゲーーー  高い!
ビキニなんて、8ポンドくらいで売ってたよ。

BUYMA WEBサイト

モールだからたくさんのお店がありましたが、
たった1時間しか自由時間を与えられなかったため、
プライマークだけで終わったカスケーズでした。

*男(夫)と街歩きするのってほんとつまんないよね、
「買う」目的がないなら店に行かない。歩いてる途中に可愛いもの見つけても、
目的以外にふらっと寄るってことを嫌う。
女にとってウインドーショッピングは、心が浮き立つ素敵な時間で、
私にとっては美術館に行くのと同じ、目と心が幸せになることなのに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サウサンプトンで使った宿Days Innと
ポーツマス カスケーズ・ショッピング・センターの位置関係


fullsizeoutput_ead_convert_20180614173740.jpeg




カスケーズを後にし、大好きな本の故郷へ向かう。
「くまのプー Winnie the Pooh」ね。

私はディズニーがやらかし続ける、
原作をめちゃめちゃに変えたアニメが大嫌い!
「人魚姫」「塔の上のラプンツェル」「白雪姫」「美女と野獣」。。。。。

プーの世界も印象がかなり変わってしまった。

Winnie the Pooh




イギリス旅行6 ポーツマスその1




Portsmouth

The Great Waterfront Cityと呼ばれるそうです。
ロンドンから電車で二時間、ハンプシャー南部にある都市で、
単一自治体だそうです。難してよくわからない。



ポーツマス?どこ?そこ。なんでそこに行くの?
と思いましたが、夫によると、
ストーンヘンジからPOOH CORNERまでの途中にあって、
モールがあるから、という理由だったらしい。

なーんにも知らず調べずに行ったもんだから、
(しょぼホテルDays InnのWi-Fiが全く繋がらなかったため)
観光スポットには全然行ってません。
こちらにポーツマスのこと、詳しく書いてあります。

wondertrip ポーツマス紹介記事


ホテルの隣はこう。
イギリスに来ても朝からマックかよ。。。
私はマックのパンとポテトが嫌い。
でも、ベーグルは好きだから日本にもあればいいなー・

IMG_0883_convert_20180614154440.jpg

IMG_0886_convert_20180614154804.jpg


あばよ、エレベーターもエアコンも冷蔵庫もないDays Inn
*どうやらイギリスでは(ヨーロッパはほとんど)、
ちゃんとしたお高いホテル以外は、
エアコンもエレベーターもないのが普通らしいと後で知った。
しかし夫は、ブッキングドットコムでエアコン有りで選んで予約したと言うので、
ブッキングドットコムはあてにならないと判明しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ポーツマスに向かう途中の家はみんなこんな感じ。
イギリスのドラマを見てると、ロンドンからちょっと離れただけで、
集合住宅でも、四角いビルじゃないんだよね。
(火事になったビル型アパートみたいなのはあまり出てこない)


IMG_E9350_convert_20180614153446.jpg

IMG_9354_convert_20180614153347.jpg

IMG_9353_convert_20180614153625.jpg




ポーツマスのマリーナ地区に着いて、
見つけた駐車場はただのコンクリートの地面で、
ガタッとタイヤが引っかかるみたいなあれ、は無い。係員もいない。
オックスフォードもそうだった。
どうやって駐車料金正しいかわかるの?
と不思議だったが、どうやらカメラで車を撮ってるらしい。

IMG_E9369_convert_20180614154911.jpg





駐車場のそばに二軒の映画館がありました。
一つはシネコン。ハリウッド大作ばかりやる映画館ね。

IMG_0888_convert_20180614155002.jpg



見て!このサービス
17,9ポンドで一ヶ月映画見放題。

IMG_9371_convert_20180614155229.jpg

IMG_9385_convert_20180614155332.jpg




トイレ借りられるか中に入って聞いてみた。
「Can we use the toilet?」(イギリスはトイレットなのです。)
映画見ないのに使わせてくれたよ。ありがたいからコーヒー飲んだ。




こちらはミニシアターっぽいラインナップだった。

IMG_0893_convert_20180614155043.jpg


映画館の外はおしゃれなスペース

IMG_E9376_convert_20180614155137.jpg






さてさて ここのマリーナには、お金持ちのヨットやフェリーがいっぱい

IMG_E9379_convert_20180614162731.jpg

IMG_E9374_convert_20180614162556.jpg

IMG_9373_convert_20180614162635.jpg


この辺りのアパートは、田舎の方とは違って、
こういう建物。
「TO LET」って書いてあるのは、不動産屋が、
お問い合わせください、って言ってるんだよね。

イギリスでは、〇〇HOUSEっていうんだね、アパートのこと。


IMG_E9386_convert_20180614164153.jpg

IMG_9383_convert_20180614164244.jpg

IMG_E9384_convert_20180614164324.jpg



田舎も都会も、建物がいいなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、カーナビがたまに、「ら〜んなぁばう」
っていうのが、「run about?」ん?「round about」か
それ何?と思ったら、
「ら〜んなぁばう」の声の後には、こんな標識がでることに気がついた。

IMG_E9409_convert_20180614154702.jpg

IMG_9408_convert_20180614154537.jpg



らんなばうとは、
交差点で、信号設置しないで、みんなが譲り合いでアバウトに安全に行こうね、
って、そういう交差点だった、のね。

ふふふ  なんかいい。

らんなばう  




イギリス旅行5 ストーンヘンジその2



ストーンヘンジのヴィジターセンターには、
ストーンヘンジが作られた時代の、化石や遺骨や、
ストーンヘンジにまつわる事柄の美術館があります。



IMG_9323_convert_20180613170605.jpg


IMG_E9324_convert_20180613170658.jpg


全体の模型ね

IMG_E9319_convert_20180613170517.jpg




本物の中には入れないから、
プロジェクターで映した画像の中に入る感じね。

IMG_9325_convert_20180613170744.jpg






ギフトショップは、写真撮り忘れた。
割と広くてお土産物は豊富です。


カフェも広くて座れる場所がいっぱいある。


fullsizeoutput_e86_convert_20180613171258.jpeg



ヴィジターセンター裏側
向こうの草原では、牧草作り?をしている。


IMG_E9341_convert_20180613171411.jpg


屋根の部分のデザインも素敵


IMG_E9344.jpg



そばにストーンヘンジに使われた石と、
当時の人たちの住居を再現したものがあります。

IMG_9327_convert_20180613170840.jpg

IMG_E9329_convert_20180613170940.jpg


IMG_E9332_convert_20180613171128.jpg



中に入ると涼しい〜

IMG_E9336_convert_20180613171206.jpg



これはベッドね

IMG_9334.jpg






説明が書いてあるこういうのは何箇所にもある。


IMG_9331_convert_20180613171020.jpg


IMG_E9318_convert_20180613170431.jpg



そして このあとは POOH CORNER に行く途中の村?にある、
Days Innに一泊。

Days Innって、しょぼいホテルで嫌いなんだけど。


ストーンヘンジとDays Inn Southamptonの位置関係

fullsizeoutput_eae_convert_20180614173916.jpeg






イギリス旅行4 ストーンヘンジ その1



昨夜も二時間くらいしか眠れなかったー


Stonehenge


ロンドンから西に約200km
ユネスコ世界歴史遺産指定
住所は Nr Shrewton, Wiltshire SP4 7DE

Stonehenge WEBサイト


ロンドンから、バスツアーがたくさん出てるようです。




延々と続く草原地帯を相変わらず猛スピードの車たちが走る。


IMG_E9280_convert_20180613070902.jpg


IMG_E9282_convert_20180613070758.jpg





すると

IMG_E9284_convert_20180613071247.jpg


あ、あれだ!

IMG_9286_convert_20180613071345.jpg



360度 緑の草原の中です。
広い無料の駐車場があり、
自然に溶け込む美しいデザインのヴィジターセンターがあります。


IMG_E9287_convert_20180613072021.jpg


トイレもあって安心安心

IMG_E9288_convert_20180613072720.jpg




公式サイトを見ると、チケットは時間で予約して買うことになってて、
16時〜のを買っていました。プリントしたのを窓口で見せる。
当日券も余裕で買えてるみたいだった。

IMG_E9290_convert_20180613171053.jpg



ヴィジターセンターからは無料のバスが出てます。
往復これに乗れば、あんまり歩かずにすむ。

でも、ヴィジターセンターから行かなくても、
テキトーにそこらへんから歩いてくる人達もいっぱいいました。
てえことは、入場料というかチケットって、
別に買わなくてもストーンヘンジを見に行ける。
チケット無いと美術館が有料になるだけみたい。
でも、貴重な遺産の維持費として寄付する気持ちで払うといいと思う。


fullsizeoutput_e82_convert_20180613072927.jpeg



バス降りてからも少し歩きます。



IMG_E9295_convert_20180613072842.jpg


fullsizeoutput_e85_convert_20180613073145.jpeg






これなのねー。これがストーンヘンジなのねー



IMG_E9301_convert_20180613073328.jpg


IMG_0824_convert_20180613075106.jpg



以前は、サークルの中に入れたようですが、
今はロープで周りを囲んで、近くには入れないようになってます。
触りたい気持ちになるよねー


IMG_9309_convert_20180613075201.jpg



周りでは、瞑想してる人や寝転んで日光浴してる人もいました。


IMG_0830_convert_20180613073631.jpg



ストーンヘンジ以外は全方向こんな感じ

IMG_0831_convert_20180613073544.jpg



美術館、カフェ、ギフトショップがあるし、
すぐそばに公園もできて、一日楽しめそうですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コッツウォルズのブッチャーズアームと
ストーンヘンジの位置関係


fullsizeoutput_e65_convert_20180612152604.jpeg








イギリス旅行3 コッツウォルズ



時差ボケか、昨夜は全然眠れませんでした。


Cotswolds

イングランド中央部 標高300m以上の丘陵地帯。
特別自然景観地域に指定されている、そうです。




「世界入りにくい居酒屋」って番組で見た、
美しいと評判の地域”コッツウォルズ”にある、
とんでもない田舎道クネクネの、
入りにくいんじゃなくて見つけにくい、たどり着きにくい、
居酒屋でもなく、PUB に行きました。
住所としてはイギリス 〒GL6 7RH ストラウド シープスクーム
らしいんだけど、カーナビには存在しないの。
それはそれは迷いながらやっとの事でたどり着いたって感じ。

世界入りにくい居酒屋  WEBサイト

The Butchers Arms WEBサイト



ひたすら草原 たまに羊と馬がいる


IMG_E9278_convert_20180612160620.jpg



そのあと山道、クネクネ道なのにみんなビュンビュン飛ばす。
怖かった。

でも、家々はみんな可愛らしくて、
写真いっぱい撮りたかったけど、飛ばす車の中ではボケボケに。


IMG_9276_convert_20180612160533.jpg



かろうじてSHEEPSCOMBE と、BUTCHERS ARMSの標識。
これがなきゃどこがどこやら

IMG_E9277_convert_20180612160451.jpg



ここだよ  17世紀の建物だそうです。


IMG_0779_convert_20180612153458.jpg



土曜の昼時だったから、駐車場には車が結構停まっていました。

IMG_E9258_convert_20180612153411.jpg



建物の上の広場?では、家族連れが外のテーブルで食事。
子供達はボール遊びをしていました。

IMG_E9266_convert_20180612154206.jpg




店内は横に広〜い。天井の低さがなんか落ち着く。

IMG_9263_convert_20180612154030.jpg

IMG_0787_convert_20180612153710.jpg






メニュー

IMG_0798_convert_20180612153851.jpg




ミートパイ
このチーズの塊の太っ腹なこと!
ちびオニオンのピクルスと、
ウスターソース系?バルサミコ酢の味もする、
ディップみたいなやつも風味があって美味しかった。

IMG_9273_convert_20180612153806.jpg


フィッシュ&チップス
ダボーンとでかい。マッシュしたグリンピースも美味しかった。
私はマックなどの細いポテトは芋の味がしないので嫌い。
こういう大きい太いポテトは好き。


IMG_E9268_convert_20180612153942.jpg



イギリス料理のいいところは、料理にはあまり味をつけず、
それぞれが好みの味にできるように、調味料が付いてくるところ。

ミント入りのディップ、美味しかった。

IMG_E9272_convert_20180612154131.jpg



イギリスのPUBは、お酒飲むための場所っていうより、
朝からやってるファミレスみたいな感覚の場所なんだな、とわかりました。
昼間はみなさん、子供達やペットと、のんびりイギリス料理を食べてます。
屋内は禁煙だからできること。素晴らしい。

この店は、村に一軒の店なので、
高校生たちの貴重なアルバイト場所なんだそうです。
高校生たち、可愛かったなぁ

店主のマークはシフトが夜みたいで、
もう一人テレビで見た方にテレビ見たよ、と話しました。



ブッチャーズアームの周りのおうち

IMG_0781_convert_20180612153553.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そういえばイギリスも、
一部、橋を渡るような道路以外は、高速は無料なんだね。

コッツウォルズ  こういう、緑しかない地域です。
カーナビだと、濃い緑の中に進路が出るだけ。


fullsizeoutput_e63_convert_20180612152511.jpeg




オックスフォードからブッチャーズ・アーム
位置関係

fullsizeoutput_e64_convert_20180612152543.jpeg


せっかくのコッツウォルズですが、
迷ったため、ストーンヘンジの予約時間に間に合うよう、
どこにも寄らずに立ち去りました。




イギリス旅行2 オックスフォード



Oxford


イングランド東部にあるオックスフォードシャーの州都で、
ロンドンから100km 電車で1時間の距離だそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒースロー空港に朝着いて、
空港から近いところにある便利なEuropcarで車を借りる。


やはりヨーロッパ、レンタカーはメルセデスが大半でした。

IMG_9529_convert_20180611231154.jpg



最初に目指したのは、大学の街オックスフォードでした。


ちょっと曇ってたけど、まあーーー素晴らしい建物!


ここもハリポタロケ地?わかんない
もー、すごい頭良さそうな建物だらけで、
どれが大学でどれが大学じゃないのか、区別がつかない。


IMG_E9231_convert_20180611222418.jpg


IMG_0750_convert_20180611221931.jpg



IMG_E9224_convert_20180611222044.jpg



IMG_0770_convert_20180611222551.jpg


IMG_0758_convert_20180611222756.jpg



IMG_0763_convert_20180611224203.jpg



IMG_9237_convert_20180612172642.jpg




観光バスがたくさんいました。観光地なんですねー。
大学内のツアーがいくつもあるんです。
ゴーストツアーってのもありました。

無料で入れる施設もあるみたいです。



fullsizeoutput_e51_convert_20180611225638.jpeg



ここは図書館で、どこまで入れるかわからなかったけど、
中庭というか、ぐるっと建物に囲まれた場所に行きました。

fullsizeoutput_e54_convert_20180611223901.jpeg



木の重厚な扉に偉そうな紋章が

IMG_E9249_convert_20180611224000.jpg



お土産物屋から普通のファッションのお店から、本屋、レストラン、
なんでもありました。街だもんね。

一休み(というかトイレのため)におしゃれ気なカフェに。
席はいっぱいだった。みんなトイレに入りたいよね。
ヨーロッパは入れるトイレが見つけにくい。と覚悟はしていた。


IMG_E9257_convert_20180611225802.jpg


マフィンとブラウニー


IMG_E9252_convert_20180611225308.jpg





オックスフォード大学でルイス・キャロルが教授をしていたそうで、
カフェのトイレにはこれらが。


IMG_9253_convert_20180611225201.jpg





イギリス旅行1



帰ってきました。

「ハロ〜 リアリティ」 ですね


あたくし、ロンドンで、James&Bobのバスキングを見る、
(今は、歌ってお金を得るためではなく、チャリティとして時々行なっている)
二人に直接あってちゅ〜るを渡す、のが目的でした。
まあ、心の底では、そう都合よく事が運ぶとは思っていませんでしたよ。
でも、もし、、、、もし、、、と淡い希望をね。


で、 どーだったかっていうと、
ロンドン滞在中に、

「11:30pm,からパフォーマンスだよ」ってな
ジェームズの告知があり、
なんだと!おいら行く!と、夫に言ったら、

「そんな遅くにだめ」

だめ   だめ   だめ



あああ、、、子供の頃聞いたな、そんな親からの言葉


ああ、俺はなぜこうも男に物が言えないんだろう
なぜいつも我慢してしまうんだろう

それは
男の機嫌が悪くなる事が私の一番怖い事だから

だめ と言われたら一人で泣くしかないんだ


この一件は、他のボブファンに、
「ジェームズが言ってるのは、6/16のことだよ」と教えてもらい、
その頃は私はロンドンにいないから諦めはついた。

次!

ロンドンからパリに向かうユーロスターの中で、
「明日僕とボブはチャイナタウンに行くよ
チャリティのお金を集めるんだ、みんな助けてね」



って告知を知り、自分の頭殴った。
夫に、
「明日ボブにチャイナタウンで会える」
と言った。すぐにロンドンに引き返したくてね。

もっちろん、無視よね。
夫にとってこの世で一番大事なのは金なんだから。
そして私がやることは何も信用してないんだから。

普通に泣くんじゃなくて、
ただ、ズーッと涙が勝手に流れる泣き方ってあるんだなー
と知りましたよ。

というより、
「自分で金出すからロンドンに戻りたい」
と言えない私が悪い。怒られるのが怖いから
第一、私が出すという金。。。金、、、どこにある?
バイト代はカナダへの費用で全て消えるのに。
ツーか、旅行で1円も余分な金を渡されたことないって普通の家庭であるの?
今までの旅行全て、「僕が持ってるドルと(ポンド、ユーロ)、両替してあげる
と言われて、家庭内両替してきた、、、、バカか、これ?

バカバカバカバカ 私のバカ

なんで男に物が言えないの?  わかってるけどさ、怖いからだけどさ


「子供らは、血が繋がってないから、老後あてにできないから、
大学費用は出せない」

と言われた時も何も言えなかった。


バカバカバカ  私のバカ


ボブに会えないことを嘆くだけの私に、
「パフォーマンスに出られるってことは、ボブが健康ってこと」
と言う友達
「Have a fun.」とか「have a good time」とか、
ジェムズたちが楽しい時間を過ごすことを最初に考えるファンたち

それに比べてなんで私は自分のことばっかり。。。。。
と、ここでも落ち込む


今は、
ボブを好きだから辛いんだ
ボブを好きじゃないと思い込むことにしよう
もう、ボブたちのSNSは見ない

と、ひねくれた憎たらしい奴になっている

好きじゃないと思い込んでるけど、本当は愛してるからね、ボブ



IMG_9824_convert_20180611110425.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よかったこと
ロンドンで、好きなバンドのライヴに行けた!


Crack Cloud


IMG_8933_convert_20180611101644.jpg


当然、 ロンドンにいる友達と一緒に行くからと夫に言って
一人で行った。嘘つく勇気はあった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飛行機で見た映画

「ゲーム・ナイト」
「IT」
「ガール・オン・ザ・トレイン」良かった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ケイト・スペードとアンソニー・ボーディンが自殺した。
自殺






イギリス旅行(全てはボブのため)



⚫︎テレビでツチブタを見た夫は「何あれ!ウサギ?」と言った。
ウサギ、飼ってたのに・・・・・




United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

な・長い。。。。

ミスユニバース大会なんかでは、ブリテンで紹介されるよね。

しかも今まで知らなかったけど、
『カナダはイギリス連邦王国の独立国家』

ええええええーーーっ そうなんだーー


ま、ね、ロイヤルウエディングで、
メーガン(サセックス公爵夫人)のベールの刺繍が、
53カ国あるイギリス連邦加盟国の植物ってことなので、
ちょっとだけ検索したんだわ。

そういえば、、、カナダドルって、エリザベス女王が印刷してあった。


今年はアメリカをやめてロンドンを目指します。(帰りはパリから)
夫はヨーロッパで二回、クレジットカードの情報が何かされてたそうで、
嫌な扱いも受けたそうで、出発直前になっても、
アメリカがいいアメリカがいい、と言っています。
もう、地団駄ふむ勢いで「だからぁ!アメリカがいい!」と昨夜も言われました。


イギリスには、こういう変圧器?を持っていかなきゃいけないんだってね。
差込口に合わせて、シャキン、シャキン、と、変形するようになっている。
イギリスの差込口は、丸だの四角だの縦横斜めだの、
いろいろあってややこしいんだって。


IMG_E9203.jpg





私がロンドンに行きたい大きな理由
去年「ボブという名の猫」の本を読んでからの
ドトーのBob愛!
Bob愛激しく、どうしてもロンドンに行きたいと言い張ったのです。

ボブに遭遇した時用に、ちゅ〜るも買ったもんねぇ

いつかは!と思っていたピストルズゆかりの場所にも行きたいしね。
ロンドン用に髪も変えたわ。インナーカラーってやつね。
(去年から、旅行には新しいヘアスタイルで、と決めた。
去年はコーンロウにしてすごく気に入ったが、睡眠障害になったよー)


IMG_E9189.jpg



私はスマホを持たないと決めているので、
海外に行ったらiPadとフリーWi-Fi頼み。
今までは、現地で軽く、その日のことをブログに書いていましたが、
今はiPadでのログイン時、
「WEBサイトは安全ではありません」の赤い字が出ているので、
今回は全然なにも書けない旅行になってしまう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<旅の行程予定>

ヒースロー空港〜レンタカーでケンブリッジ〜バーミンガム〜コッツウォルズ周り
〜ストーンヘンジ〜ハートフィールド「プー・コーナー」とプーたちの森へ
(あくまでもディズニーのプーじゃなく、本のプーを愛している)
〜ロンドンでBobの本と映画に出てきた場所を見る
〜ユーロスターでパリへ

パリでは日本人はカモと散々言われてる様子。
友達も、カフェでお釣りごまかされたり、勝手に写真撮られて買えと言われたり、
おっさんがナンパしてきたり、と言っていた。
最初は安い北区のホテルを予約してた夫、おっかない地区だと知り、
直前になって慌ててホテル変えました。
夫から私のiPadに送信された『パリ、犯罪注意』のメールは、
スクロール?を20回くらいするほど大量でした。
「パリではホテルから出ない!」と言い張るくらいに嫌がってます。
シャルル・ドゴール空港へも、電車やバスは犯罪に合う!と、タクシーにするそうです。

「ミッション・イン・ポッシブル」で
トム・クルーズがロンドン〜パリの電車の上で闘った?とかなんとかで、
その電車に乗りたい!と夫が言ったからパリ行きを組んだのに・・・

滞在日数もわずかだから、
ちょっとだけ見学するくらいなパリ滞在になります。



帰ってから旅行記書きます。


See you later.






Crack Cloud



⚫︎「町山智浩のアメリカの〝いま″を知るTV」
藤谷文子のぬる〜い受け答えが興味深い。




カナダ カルガリー出身のものすご好みのバンドが、
私がちょうどロンドンにいる時にライヴやるらしい!
チケット、ネットでさきに買うべきかなー?
現地で直接でもいいかなー?とちょっと迷ってる。



Crack Cloud


かっこええええええええええ!!!!







ニューウェーブ  ポストパンク
ってジャンルになるらしいが、そういうジャンル分けはどうでもいいの、
聴いて、「これ好き!これいい!」と思ったものが好き。



日本で、見たいミュージシャンのライヴがあっても、
ライヴハウスが完全禁煙じゃないと絶対行けないから悔しい思いをする。
いちいちライヴハウスに問い合わせてる いつも。
たいてい、行けない。 
でかい会場のライヴは嫌いだからそれは禁煙でも行かない。
海外だと屋内は禁煙の国があるので安心していける。