「ルイの九番目の命」






サラ・ガドンが出てるってので、映画が公開されたら見ようと思っている。
その前に原作を読んだ。


「THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX」

著者リズ・ジェンセン

ルイの


ムムム そうか、

読んでて、もしかしたらそうなんじゃないかなー?と
想像してた通りの事ではありました。


内容は、産まれてから何回も事故や病気で死にかけた9歳児ルイが、
崖から落ちて昏睡状態になる。
現場にいたはずの父親は行方不明になり、母親の証言はあやふや。
ルイの担当医は、家族のこれまでの歴史をルイの母親から聞かされる。
ブラブラブラ〜


小説の、儚げで傷ついてて、男がつい助けたくなる女性としては、
サラ・ガドンは適役ですね。透き通るような肌、ミステリアスな美貌。


ヘビーな内容を、9歳のルイ本人の語りを入れて読ませているので、
小説「ルーム」に似た感覚はあります。

私は小説はあまり好きになれなかった。
9歳の男の子がやたらと大人のセックスの事を喋るからだと思う。
この部分も「ルーム」と同じ嫌悪感。
「ルーム」では自分のちん○のことを話してたけどね。

映画はよりサスペンス色が濃くなってる様子。

ルイの9番目の人生 映画公式サイト







スポンサーサイト



「FBIマインド・ハンター セックス殺人捜査の現場から」



クリミナルマインドやメンタリストやエレメンタリーや、
その他たくさんのクライムドラマには、
犯人の心理と行動を分析するプロファイリングという手法が、
形は違えど出てきます。

この本は、プロファイリングというものを、
FBIの捜査に確立させた本人が書いた本です。




著者 ジョン・ダグラス

本



1970年にFBI捜査官になってからのジョンが、
いかにしてプロファイリングを極めるようになったかを中心に、
FBIの訓練の過酷さ実務の過酷さや、
アメリカ全国の警察組織との関係や、
何より、性殺人者達の頭の中をのぞいて理解した事柄が書かれています。

印象的だったのは、ジョンが書いているように、
FBIが違法ギャンブル捜査で何100人も一斉逮捕した時、
一人のギャンブル中毒者が言ったこと。
「そういうふうにできているから」の一言。

なぜこんなことする?なぜ〇〇をやめない?

と、普通の人は考えるが、本人にとってその犯罪(行為)は、
こういうふうにできている(絶対やめられない)」んだってね。

だから、「羊達の沈黙」でジョンがアドバイスを求められら時、
性善説や犯罪者の更生を信じてる俳優に、性殺人者がした殺人の、
写真を見せテープを聴かせた。
その後、この俳優は死刑に反対しなくなった。


「精神科医を騙すのはわけない。」と言い放ち、
実際 仮釈放のための精神鑑定で、まんまと医者を騙し、
外に出てすぐ殺しまくるやつらがいくらでもいる。
著者が精神科医に、そいつが何をしたか知ってるかと聞いたら、
大勢を鑑定するからいちいち資料は見ない、みたいな答えで呆れてた。
なんつー恐ろしいことやらかしてんだ、精神科医!


そういうふうにできている殺人者は、絶対に更生しないと私も強く信じます。
性欲殺人だと、治しようが無いです。
もともとそう思ってたけど、この本を読んでますます確信した。

日本人の元受刑者が書いた本にも、
「全然反省なんかする気ないし、悪いこととも思ってないから、
どんどん死刑にすべきだ」ってあった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この二冊も以前に読みましたが、
異常殺人の中で最悪なのが性欲殺人だから、
「セックス殺人の捜査」の方がより反吐が出るものでした。


ホン


hん








他人なのにそっくりさん19



▪️アデルを歌うと、気づくと眉間に激しくシワ寄せてる


「CSI科学捜査班」13-18

レベッカ・フォーサイス



レベッカ・フォーサイス




「ドイツの不条理 罪悪」第一話 遺伝子
ホームレス女の子役 Alina Levshin

Alina Levshin2





ダイアン・ウィースト

これはかなり若い頃の写真だけど。
微笑み目と上唇の皮膚が余ってる感じがガクトを連想してしまう。

Dianne Wiest






ガクト

微笑みの写真はあまりなかった。

ガクト







スポック故レナード・ニモイと



そぽっtく


野村将希
うっ。。。 

野村


過去記事

他人なのにそっくりさん18