「成功はゴミ箱の中に」



▪️テレビから、「避妊具が・・・」と聞こえて驚いたら、
「イニングが」だった。野球だった。



マクドナルドをフランチャイズにした男、レイ・クロックの自伝


成功は




Raymond Albert Kroc 1902年〜1984年
イリノイ州シカゴ郊外オークパーク産まれ

子供の頃から何かしら面白いと思ったことには飛びつき、
それを成功させるために一直線に頑張り、
自分の能力を疑わない人だったようだ。

高校生の時には、楽器屋を経営してるし、
定職なくても好きな女とは絶対に結婚すると決めるし、
(離婚も再婚も。。。。。ね)
結婚のためなら就職するし、就職したらナンバーワンセールスマンになる。
マイアミの土地ブームを聞きつければすぐに引っ越し、
不景気で給料減らすと言われればすぐ辞める。


そういう気質だから、
1954年、カリフォルニア州サンバーナーディーノにある、
一軒のレストランが大人気だと聞いた時は、すぐに飛行機で飛ぶ。
一目で気に入ったMのマーク、店の様子を観察し、システムを見せてもらい、
ビジネスチャンスだと固く信じる。


マックとディック兄弟のテイクアウト専門バーガー店は、
十分に成功していたが、
その素晴らしさを田舎で埋もれさせるのはもったいない、
これはすごいビジネスになる!と興奮するクロックと、
品質を守るため大きな展開にはしたくないし、今のままで満足だという兄弟。

両者の温度差、ビジネスに対する考え方の違いなどが詳しく書かれている。

1955年4月、
イリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を作るまでの苦労、
チェーン展開していく上での、兄弟との契約の縛り、
いかに人材を見つけていったか、
そして大成功後のチャリティ活動や基金の設立、
興味深く読み応えのある内容でした。

この人がプロのピアノ弾きだったとは!



*巻末にソフトバンクの孫氏とユニクロの柳井氏の対談があったりして、
おいらも一山当てたいと思う人には、参考書みたいになってるんじゃない?

____________________


クロックがマクドナルドに出会い、一大帝国を築く映画、
「ファウンダー 」今日観てきました。
あとで感想書きます。


ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ







スポンサーサイト



他人なのにそっくりさん 19







「CSI NY 8-3」に出てました。
マイケル・コッター


Michael Cotter




ジェイク・ギレンホール


ジレンホール




最近、年取って似てきたこの人たち

フランソワ・クリュゼ

fullsizeoutput_c03_convert_20170812105431.jpeg




ダスティン・ホフマン


追記 2018年
ダスティン・ホフマンの性犯罪がわかったので、
もうこいつが関係するものはボイコットします。

ダスティン



フランソワの鼻が、年齢によるたるみのせいで下がり、
元は似てないはずの二人が同じ顔に近づいてきた。



「LAW&ORDER性犯罪特捜班18-19に出演
ケイシー・コット

ケイシー



レイチェル・マクアダムス


マグダムス




より目がちなところと骨格とあご






過去記事


他人なのにそっくりさん 18










脳の不思議



人間の脳に関する二冊の本を読みました。



「脳はなぜ都合よく記憶するのか」

著者ジュリア・ショウ

脳はなぜ都合よく記憶するのか



『ニセの記憶を植えつける』

という実験、研究をしている心理学者が書いた本です。
過誤記憶というものが、いかに簡単に植えつけられるか、
人間の記憶がいかに思い込みや勘違いに満ちているか、
それを証明し、CIAなどにも協力している。

フロイトの説のインチキさを暴き、
あたしたちが思い込まされている、抑圧された記憶がどうのこうの、
退行催眠がどうのこうの、の嘘を教えてくれる。
あー、スッキリ。

目撃証言なんてほぼ間違い、冤罪はいくらでも生まれる、
とわかり、すごく怖いと思いました。


_________________________


「31歳で天才になった男」

著者ジェイソン・パジェット


31歳で天才になった男



ジェイソンは、31歳の時に強盗に頭を殴られ、脳損傷を負う。
その後彼の目には、すべてのものが幾何学的な図形として見え、
絵画と数学の才能が現れ、共感覚も感じるようになる。
しかし、事件によるPTSDのため、4年間ひきこもり、
その間、ひたすら自分の脳に起きた変化を調べ、数学、物理学などに没頭する。
やがて、目に見える形を絵に描き、人に説明するようになるが、
学問としての正しい知識を得るため、大学受験をし、専門的な勉強を始める。



ジェイソンが、目に見えるものを描く様子を動画にしたもの。








ジェイソンが描いた絵を売ってるサイト

fineartamerica




フラクタルが普通に毎日、目で見られる。
どんな感じだろう??

私が一番驚いたのは、ジェイソンの脳の変化ではなく、
「こんなの人生になんの役にも立たないじゃん、やる意味あんの?」
とジェイソンも思っていたという、数学のお勉強について。

なんせ、ジェイソンには実際に見えるんだから!!
円周率がどれほどこの世界の基本になっているか、
雨の一雫、日光、建物どころか、宇宙ってものは、
数学でできてる感覚を、実感として知ったんだから!

この、学校のお勉強が、
実は真実を教えてくれていたと、知ったあたり。
(歴史とかは、うそっこ教えてると思うけど)