ミス・インターナショナル クイーン2017



BSスカパーかな?
ニューハーフ世界大会が放送されてました。

タイで開催 2004年に始まったそうです。

18歳以上で戸籍が男性で性転換済みであるかどうかは問われないとのこと。
水着審査の時、ビキニの腰にスカーフを巻いてたのはそういう事かしらん?



歴代のミスも審査員席に。日本からははるな愛。
本当に元一位?って思ったけど。。。。 他のど美女に比べてね。



2017の一位は、誰が見ても文句なしの優雅さと美しさのこのかた。
すごく長い名前なの。 Jiratchaya Sirimongkolnawin
タイの名前はみんな長ーーーいんだって。

タイランドハイパーリンクス記事



ビフォアアフターをUPしちゃってますが、
地味で細面な顔だとメイクで化けるもんね。
この方は、所作が素晴らしく優雅だったわー





ラオスの子も、妹系?のほっぺたぷっくり甘いマスクで、可愛かったなぁ

フィリピンの二人は、どちらもうっとりのすらっとした美人でした。

見てて、あれ?と思った違和感は、
いつもの(心も体も女で生まれてきた人たち)ミス大会とは、
真逆の景色になっていたから。

つまり、西欧の、同じ人間とは思えない生きたマネキン状態美女と、
地味で薄っぺらい顔と体の、アジア系そこそこ美人の対比がものすごく、
西欧の遺伝子に敬服し、日本人であることへの絶望感で
泣きたくなるのがいつものミスコンという、もの。
なのに、トランスジェンダーのミスコンだと、
圧倒的にアジア系の方がきれいなのよー!!

なんなのこれ?
ブラジルの美女がゴツく見えたくらいの、
アジアントランスジェンダーの繊細な美しさ。

アジアは男でも骨格が細いから、女としての美しさを出しやすいからか。
なんか、韓国の男か女かわかんない芸能人たちみたいな顔が化粧したら、
たいがい、トランスジェンダー美人になれるんじゃないかと思ったわ。



不思議だなー。





スポンサーサイト



rabbit island 大久野島



行ってきました うさぎ島

なめてました うさぎ島

思ったより充実の観光地 うさぎ島

想像以上に良かった うさぎ島


そこは
うさぎパラダイス 


大久野島WEBサイト



行きは新幹線で一回乗り換えありのコース。
三原まで新幹線で、三原から忠海までは二両の呉線に乗る。
忠海に着く。

fullsizeoutput_5a9_convert_20170522091040.jpeg



忠海駅の向かいにラビットショップが

fullsizeoutput_5ac_convert_20170522082733.jpeg

fullsizeoutput_5ad_convert_20170522083644.jpeg


袋が可愛い

fullsizeoutput_5b0_convert_20170522083552.jpeg


駅の隣にはファミマが
(駅の向こうに看板見える?)

IMG_6535_convert_20170522083922.jpg

ファミマ内うさぎのご馳走コーナー

fullsizeoutput_5a8_convert_20170522084014.jpeg



上記二箇所でうさぎのための人参やキャベツが買えます。
観光地用だからって割高になんかしてない、
ありがたくも普通にスーパーで買う値段なの。

で、忠海駅を右に進むと大久野島行きフェリーの船着場がある。


IMG_6426_convert_20170522085905.jpg


お土産やさんとフェリーの切符販売機とうさぎ郵便ポストと、休憩所と
小さいながらも充実した待ち合い室な感じ。
うさぎのペレットが100円で売ってる。
大久野島にはうさぎ用の食料はどこにも売ってないから、
ファミマかラビットショップかここで買う。
帰りに紙袋返すとポストカードくれるの。
ポストカード、一枚150円くらいなのに、くれるの。

fullsizeoutput_5a6_convert_20170522085820.jpeg

フェリー

IMG_6431_convert_20170522085954.jpg

_____________________

15分くらいで島に到着 上陸

IMG_6436_convert_20170522090051.jpg


いる! いる! どこにでもうさぎ!コーフンしちまったよ。


IMG_6443_convert_20170522091119.jpg

IMG_6444_convert_20170522091213.jpg

宿までは無料送迎バスがありますが、歩いても近いから歩く。
綺麗な海を見ながら遊歩道とキャンプ場を通り過ぎる。
どこにでもうさぎ

島は、限られた車しか入っちゃいけない。でも車は車。
車が通る道にうさぎのエサを置くと、ひかれて死ぬから、
エサやり禁止の印が道路脇にはたくさんありました。


IMG_6457_convert_20170522091001.jpg

IMG_6456_convert_20170522120806.jpg

fullsizeoutput_58e_convert_20170522120903.jpeg





戦争の残酷な歴史が残る島だから、毒ガス資料館などあります。
が、うさぎ天国になってからは、平和な観光地。
ヤシの木がまるでサンタモニカのビーチのような国民宿舎へ。


IMG_6460_convert_20170522091854.jpg

IMG_6462_convert_20170522091934.jpg

IMG_6464_convert_20170522092009.jpg


人が通ると 「ん? あんた、くれる人?それとも冷やかし?」
みたいに、こちらの様子を伺う

IMG_6562_convert_20170522092520.jpg

うさぎのエサ袋をガサゴソさせると、
「くれるんだな?くれるんだな!」

IMG_6561_convert_20170522092549.jpg

こちらがやる気を見せると、
「はよ、くれ!はよ出せ!」
ワラワラととんでくる群がってくる

fullsizeoutput_5b7_convert_20170522092436.jpeg


ここは こうさぎエリアらしく、赤ん坊うさぎたちがいっぱいいました。
人間は入っちゃいけない。


fullsizeoutput_58c_convert_20170522092329.jpeg


赤ん坊は、少し大きくなると、ちょいとだけ出てくる。

はぁ〜  この子ったら

fullsizeoutput_599_convert_20170522092400.jpeg


観光客がエサいっぱいあげたら、肥満になってダメなんじゃ?
の心配は無用のようです。みんな痩せ型でした。
なんせ野生ですから、活動量は飼いうさぎの比ではないのでしょうし、
数が多いから、常に足りないくらいなのかも。



私はうんこ踏む事を考えて、100均のビーサン履いてった。
でも、空気が乾いてるからか、うさぎうんこはカラカラで、
あんまりうんこ踏んでる感じはしなかった。


_______________________


宿の中にカフェとお土産やさんがある。
お金払ってから、自分で袋に入れると5円安くなる。

IMG_6488_convert_20170522092855.jpg

IMG_6487_convert_20170522092737.jpg



うさぎカフェ名物<うさぎのはなくそソフト>
なかなかに濃厚な美味しいソフトでした。はなくそは、
ピーナツ入りのカリカリお菓子。売店でも売ってます。
でも うさぎは鼻、きれいよ。汚れてたら大変な病気よ。

fullsizeoutput_5b4_convert_20170522092713.jpeg

ここのバイキングは、種類も味も大満足。
雑穀とか、有機栽培の野菜もあったのが素晴らしい。
余った有機栽培野菜は、うさぎにあげてるといいなー
お残ししなければ、一人5円がオリーブ基金に寄付されるそうです。

fullsizeoutput_5bc_convert_20170522115444.jpeg

fullsizeoutput_5ba_convert_20170522115347.jpeg

fullsizeoutput_5b9_convert_20170522115300.jpeg

fullsizeoutput_5bb_convert_20170522115521.jpeg




大久野島 あちこち

IMG_6528_convert_20170522115858.jpg

7月から泳げるビーチ。
でも、簡単な水遊びならみんなしてるよ。
宿のそばにはプールもある。7月からね。

IMG_6482_convert_20170522115943.jpg

うさぎの耳に自分の耳を当てると、音が集音される。

IMG_6473_convert_20170522120037.jpg


_____________________

帰りは、忠海駅から広島行きのバスに乗って、
お好み焼き食べて帰ってきました。

あげもみじ、揚げた饅頭なのに、さっぱりした味
チーズがオススメ


fullsizeoutput_5b1_convert_20170522082704.jpeg


fullsizeoutput_5b2_convert_20170522082638.jpeg



しっかし、東京からだと7時間くらいかかって、
新幹線指定席と宿代とお土産となんだかんだで
二人で10万くらいかかったうさぎ島
香港や韓国あたりなら2,3回行けるくらいの金額かかりますわ。

だからこそ、行って良かった。
国内なのにそうそう気軽に行けないもんね。
またいつか行けるかなー、行けたらいいなー
もし行けたら、次はホテルじゃなくてキャンプ場に泊まりたい‼️
だって、寝てるすぐそばにうさぎが生息してるなんて、
ものすごく幸せ感じると思うもん。


うさぎたちは 野生ということで、
怪我してたり目やにで目が潰れてる個体もちょこちょこいました。
でもうさぎは、飼いうさぎでさえ、
治療しても治療のストレスで死ぬから、野生なら
死ぬまでほっといた方がマシなのだと思う。



「ミレニアムと私」


我が愛するリスベット・サランデルが活躍する映画
「ミレニアム」三部作の元本、スウェーデンが誇る大ベストセラー
「ミレニアム」の作者スティーグ・ラーソンの、
32年間の非婚のままのパートナー、エヴァ・ガブリエルソンが、
スティーグとミレニアムについて語った本。

エヴァは建築家で、
建築の研究の書はあるが小説家ではないため、
マリー=フランソワーズ・コロンバニという記者との共著となっている。


原題は「Millenium, Stieg et moi」
英題は「Stieg and Me, Memories of My Life With Stieg Larsson」

「ミレニアム」というより、長年の恋人だった男性との思い出を綴り、
スティーグがどういう人物だったかを伝える内容です。
なぜならエヴァにとってスティーグは、ミステリー作家ではなく、
あくまでも、世界中で起きている不正や女性への暴力と闘う、
金に動かされず信念を貫くジャーナリストだったのだから。


ミレニアムと私


これを読むと、スティーグが「ミレニアム」を書いたのは、
小説家になるためではなかったのだとわかる。

登場人物や事件や汚職など、事実に基づくことを書くlことで、
ジャーナリストとして見聞きしてきた不正を暴くと共に、
たくさんの友人知人への感謝の気持ちを表現したかったのだ。
(ミレニアムの中でも珍しくも良心的な男性が出てくることが不思議で、
小説だから嘘臭くてもしょうがないか、と思ってたけど、なんと!
スティーグ&エヴァの実在の知人がモデルだった!)

エヴァが「ミレニアム」の共著者と言えるのは、
彼女が話したこと調べたこと、書いた文章、
与えたヒントなどが盛り込まれているだけでなく、
物語の要所要所で二人で意見を出し合っていたからでもある。


ジャーナリストとしての活動に全身全霊で取り組み、へとへとに疲れはて、
極右連中からの脅迫で身の危険を感じ、経済的にも綱渡り生活が長く続き、
「ミレニアム」を出版することで、
恋人エヴァとの人生にもっとゆとりが持てると信じていた。

出版前に死んだけど・・・

原作者スティーグは、「ミレニアム」映画化権を売るなら、
ハリウッドと考えていたという。ところが、
彼の父と弟により、スティーグが嫌がっていた会社に売られ、
彼が生涯愛した女性にはなんの権利も与えられず、
「ミレニアム」ビジネスの恩恵に預かるのはこの親子だけとなった。

そう、大好きな映画「ミレニアム」は、
作者の思いと関係ないところで作られてしまったのね・・・・

______________________


彼の考え、
*他人にひどい目にあわされたら、
復讐することは「権利」ではなく「義務」である。


これ、嬉しい。

世の中、「許しが正義」みたいに言われてるし、
復習とか仕返しとか考える人は嫌な性格ってことにされるけど、
例えば、
・強姦されて告発すると、何度も屈辱を味わう目にあうから泣き寝入りする
・夫を取られて泣く泣く離婚するが貧乏母子家庭の地獄をみる

など、 やった奴らに報復しないとまた被害者が出ることになるから、
思い知らせないとダメなんだ。復讐は義務で正義だ。

エヴァが、スティーグをないがしろにした奴らに、
北欧神話の呪い?をかけるくだりはすごいわね。
あのくらいやる根性を私も持てればよかったわ。

私が以前心配していた、
ヘビースモーカーのスティーグによる副流煙の、
エヴァの健康被害は、エヴァもタバコ吸ってる描写が出てくることから、
どうでもよくなりました。


☆夕べからLaLaTVで「ミレニアム」の放送やってます。週一かな?
私はまた見てる。リスベットの復讐が見たいから。