英会話レッスン1


二週間前に始めた英会話レッスンで、
覚えたいsentenceのメモを残すことにします。

私のレッスンは、なんとなく始まった会話の中から、
この言葉はこう使う、こう言いたい時はこのフレーズ、
と教えてもらうやり方で進めるそうです。

必ずしも正しいことばかりじゃなく、話題に出たことのメモなので、
他の方の英語のお勉強の参考になるとは思えません。完全に自分のためです。
ノートに書いたものは字がきったないし、消しゴムの消し後だらけだから、
ここに記録しておこうと思ったの。で、ついでに
途中でやめないよう公開してしまおう、ということで公開するわけです。
私が〈ここまで出来たらやめる〉と決めてる目安は、
・人に道を聞いて応えを理解できる
・店やレストランでやりとりできる
・バスで隣り合わせた人と軽く世間話できる

中学生レベルってとこでしようか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

English conversation lesson 1

Hi How are you?
I'm fiine thank you.and you.?
I'm good.thank you. とご挨拶ね。

What do you do this morning?
What do you do first?

I did cleaned and cooked and laundry.
I wake up at (around)8.
I first I go to a bathroom daily.

My daily routine weekdays.  *(dairy=乳製品)
I wake up at (around)8.*at=きっちりした時間の時 around=だいたいの時間の時
And then I go to a bathroom. *and then=そして 
(after this=この後 after that=その後)
I washed my face and brushing my tooth.

My husband is huge. (デブって言いたいが、huge=でかいと言ってみた)
He eats breakfast.right away.


I do house work.after I finish,I work sometimes.
My work is no fix. around twice a year.

My hobby is creation.for example bracelet,necklace.and reading books.
I like a book about psychology and about animals.


What are you doing after this?
I come back home,after this.
_____________________

不倫=affair
have an affair

______________________


He    =動詞にsを付ける。 He does /He eats/He Sleepsなど
She    =同じ
It (それ)    =同じ

You    =sを付けない You do /You eat/ You sleepなど
We    =同じ
They(それら)=同じ

*すんごい基本すぎて恥ずかしいけど、すっかり忘れてました・・・

____________________

今週のHomework 使いこなすこと!

daily routine
after this/after that
for example
about
around
house work
right away








スポンサーサイト

「アリソン・アトリーの生涯」


ビアトリクス・ポターの「ピーター・ラビット」の約20年後、
アリソン・アトリーの「グレイ・ラビット」が出版される。
英国の田舎が舞台で、うさぎを中心にした小動物が出てきて、
挿絵と文章が見開きに一ページずつある形態で、女性が作者。
両方とも大ヒット。


グレイ・ラビット
最初の挿絵画家が、途中からギャラあげろって言って出版社が拒否したため、
別の出版社別の挿絵画家によるシリーズに変わる。

20161030140356981.jpeg


ピーター・ラビット
文、絵 共にポター作。

20161030140819268.jpeg



ということで、
ピーターラビットと比べられることにいつも激怒していた、
アリソン・アトリーの人生についての本です。

「この子は顔がまずいから、教育を受けさせなさい」と、
本人の前で大人が親に言った。
そしてこの子はケンブリッジに行った。


20161030140354efe.jpeg



アリソンはたくさんの日記を残していて、そこに書かれた内容が、
この本を書くにあたり重要な参考になったと、作者が書いています。
抜粋された日記によると、日々の出来事よりも、
それに対する感情の吐露が多く、
アリソンの気性の激しさを充分想像できます。


頭脳明晰で物理学に情熱を燃やし、大学生活を謳歌したアリソン。
恋愛結婚をし息子を産んで、主婦として生きていたが、
夫の入水自殺後、生活費を得るため(と本人は主張しているがある程度の資産はあった)
大学時代の教師の勘違いにより、物書きの道を進むと決心する。
*同名の文章の才能があった生徒と間違えられ、文筆家になってるか?と聞かれた

知らなかったけど、アリソンは、グレイラビットの前に書いた作品で、
それなりに成功していました。

私は、アリソンの作家としての活動年鑑より、この女性の人物像に興味があった。
夫を愛しているのは間違いないが、金銭への強迫観念があったに違いないと思える、
家計に関する夫への叱咤激励?愚痴、急かし。加えて、
周りの人間への排他的な嫌悪と怒り。嫉妬や憎しみが湧きやすく、
支配欲が強い。
1人息子への強烈な抱き込み作戦は、息子に重くのしかかり、
成人後も逃れられずに、アリソン没後2年で妻子を残して自殺という結末。


自分に共通する性格がチラチラし、猛反省することになった読後。

我ながら恐ろしいのは、
そこまで息子に自分の影響をなすりつけられたアリソンが羨ましいと、
こっそり思ってしまったこと。すみませんすみませんすみません


だけどはっきり言っちゃう
妻よりも友人よりも誰よりも、あたし(息子の母親)の影響が一番大きくなきゃ、
絶対!!!!嫌だ! これが本音。

スンマセン だけど、
これをイタリアマンマが言えば微笑ましいと受け止められるんでしょ?

ふん

アリソン、金と名声は手にしても、心は常に荒波がのたくっていたらしき人。
気の毒に

子供時代の記憶が幸福に包まれている人だからと言って、
私みたいな性格にならないとは限らないと驚いたのです。
やはり産まれつきってやつが大部分を占めるもんだな。





「白い沈黙」


◾️英語始めてから、一週間ずっと l have a headache.なんだけど・・・・・


原題 CAPTIVES 2014年 CANADA

邦題はいかにも日本人が好きそうな臭いやつになってるけど、
原題はそのものズバリの「捕虜」。

☆最初から息もつかせぬ緊張感に引き込まれた。

監督アトム・エゴヤンの作品は、「エキゾチカ」が忘れられないエキセントリック作。
俳優たちがわりと好きな人たちが揃ってたから、余計集中できた。

ライアン・レイノルズとミレイユ・イーノス「The Killing」
スコット・スピードマン/ロザリオ・ドーソン

新種の変態役のケヴィン・デュラントに、おぞけが止まらん!


20161028150032672.jpeg



ナイアガラの滝付近の街で、幸せに暮らしていた夫婦と1人娘キャス。
或る日突然キャスが消え、目を離していた父親が疑われ、夫婦は別居する。
数年後、サイバー犯罪の捜査上で、成長したキャスらしき少女が見つかる。
その裏には子供を狙う犯罪組織の影があり、警察はオトリ捜査を仕掛けるが、
不注意から警察官も狙われてしまう。

__________________________________________________

一言で言えば、『人の不幸は蜜の味』の極端でクソな出来事を描いています。


時系列が前後しますが、整理できないほどこんがらかってはいません。
あれ? これどういうこと?と思ったシーンの後には、
納得できるシーンがちゃんとあるので、よりゾッとする、ハラハラする。

普通のパパと異常な変質者の対比は、ナイスキャスティングで際立ってます。
ほんと、キモイよ、あいつ。元からいい意味で繊細、悪い意味で怪しい顔の役者だしね。

小さな頃に恐怖洗脳されてしまうと、子供はいとも簡単に状況を受け入れる。
頭の片隅では抵抗してても、恐怖が先に立つ。可哀想に。。。。

謎の大人の女性も、小さい頃にさらわれて、
心が乗っ取られてしまった人なんだろうと想像します。


性のシーンがなくても、ものすごーーーーく厭らしく卑怯で吐き気がする犯行。
それでも、映画全体にどこか清洌な印象を感じるのは、
監督の人間性が映し出されてるからだと思う。
映画は監督を映し出す鏡だと思うから。

単純な犯人逮捕劇じゃないから、もやもやした物が残るかも知れませんが、
私の好きな作り方でございます。



監督インタビューを読むと、
他人の生活の秘密やディティールに、ネットを通じて
簡単にアクセスできることの意味について描きたかったみたい。
これを見ると、世界のネット事情は、
親しい人との合意によるやりとりなんてほんの一部で、
膨大な数のおぞましい覗き見が横行してるんだよなー、と
再確認できる。映画はフィクションでも、現実はこれ以上のはずだから。


非常に好みの映画でした。


娘役(9歳時)ペイトン・ケネディちゃん、可愛い

2016102814511631a.jpeg







「あの夏の子供たち」


◾️待ち合わせで一時間半遅刻してきた友達がいると、人に話して、
それはオンとオフの切り替えができる素晴らしい人だと返され、
半日過ぎてじわじわ腹立ってる


原題 Le père do mes enfants 2009年 フランス

監督 ミア・ハンセン=ラブ

若い女性の繊細な感性が作り上げた良品です。

出演者の中に、大好きな映画「夏時間の庭」の女の子がいて、
あの時の存在感が印象的だったから、本作長女役で、
ますます際立つ個性に成長していて嬉しかった。


201610261649405bd.jpeg



タイトルと、見ていた最初の方の流れで、
こりゃー、子供らの誰かが死んだりするのかなー?
と想像していたが、意外な驚きが待っていたわ。



しばらくの間、地味〜に映画プロデューサーの仕事と私生活が、
それはそれは地味〜に淡々と流れていくし、
神ってやつの大人の嘘話も出てくるので、
あ… ちょっと疲れるな、早送りしちゃおうかな、と
リモコンを取った瞬間、


あああああああ!

なんで?なんでここにあの子が???
「ベルサイユの子」がー???

と身を乗り出した。

マックス・ベゼット・フォン・マルグレーヴ君過去記事

どうやら、資金繰りが難航する主人公が製作中の映画が、
「ベルサイユの子」、という設定だったようです。

ほんで、淡々と平和に見せかけたプロデューサーの日々が、突然!
本当に突然! 途切れてしまい、そこからはちゃんと
見ました。(もちろんそこからも地味です。地味さが現実を表現してます)




監督が尊敬していたプロデューサーの自殺という、
実際の出来事から着想を得たようです。

あの悲劇の夏の後の子供たちの成長が描かれていたのですねー。

「死も人生の一部」です。しみじみ


パソコンだめでiPadで書くのは指も首も疲れて限界〜。。。。。。。

いい映画でした。


☆ジャン・コクトーの話題が出ます。
私の座右の銘「ケ・セラ・セラ」も流れます。


Macが起動せず!



昨日からMacがダメのようです。

修理に出すと何万もかかるかもって夫が言います。
修理してもデータダメだろうと言います。

アメリカの写真も子供の写真もうさぎの写真も、
約10年分の、ダウンロードしたやつや動画も、
データのバックアップってヤツをやってなかったのです。
ああーーー キャリーもそうだったよなー。。。。。
そんでヒスおこしてエイダンに当たってたよなー。。。。。。


ここのブログに貼った写真が残ってるのがせめてもの救い。
ブログやってて良かったです。


iPadに残ってた最近の写真貼るわ。

待ち望んだティーバナよ スタバで飲めるのよ。
シンプルなシトラスミントが一番好きよ。

2016102419410976b.jpeg










「ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」


先月WOWOWで、
ロバート・アルトマン没後10年の特集をやってました。
録画しておいたのをやっと見ました。

原題 ALTMAN 2014年 カナダ

監督ロン・マンは、面白いドキュメンタリーを撮り続けている人ですねー。

出演
ポール・トーマス・アンダーソン
ジェームズ・カーン
キース・キャラダイン
エリオット・グールド
フィリップ・ベイカー・ホール
サリー・ケラーマン
ライル・ラヴェット
ジュリアン・ムーア
マイケル・マーフィ
リリー・トムリン
ブルース・ウィリス

ロバート・アルトマンは生前の映像で出演


アルトマン


アルトマンの型にはまらない映画製作の手法を、人は
アルトマネスク(Altmanesque)と名付けた。

関係者たちへの『アルトマンとは?』の質問への答えは、

・大胆不敵
・ひらめき
・自由
・くだばれ!ハリウッド  など


作品の数々、撮影裏話、本人のインタビュー映像などで、
アルトマンの映像作家としての人生を綴る。







アルトマンがハリウッドに最も嫌われたとは思いません。
ハリウッドのやり方に合わせず、製作会社やプロデューサーに嫌われた監督は、
アルトマン以外にもたくさんいたはず。愛された、はよくわからない。

私は、著名人の場合、仕事より、私生活に興味が惹かれるので、
一目惚れ同士が死ぬまで添い遂げた、
(アルトマンは三回めの結婚だが)ってところと、
えらく子沢山なところが気になった。

それにしても、ネットがない社会の生きやすさよ。

アルトマンは、映画については何の経験もない自分を、
作家だの監督だの脚本家だのと嘘をまくしたてて、
まんまと映像の仕事に就くことができた。
今だったら、ちょっと検索すれば、そんな名前はないそんな経歴は見つからない、
と、すぐばれてしまうもんね。

アルトマンが今、若者だったとしたら、映画監督にはなれないかも。

時代というものを感じてしまったわ。












英会話レッスン始まり始まり


■デヴィ夫人みたいだね、と友達に言われたが、
私のどこが何がどうデヴィ夫人みたいなのか聞きそびれた  びーです


トロント以降、どうしても英語を話せるようになりたい熱が上がりっぱなし。

息子の部屋からこっそり英語の本を無断で借りて読んだりして、
CD聞いたりして、海外ドラマも、今までよりセリフに集中して見るようにしたり、
でもやっぱり会話した〜〜い!よぉおおおおお!┤*´Д`*├

で、

個人レッスンを受けることにしました。 とうとう。

カフェなどでよく見かけた、お茶飲みながらのマンツーマンレッスンね。


さっき 一回目、行ってきたわ。
南米生まれで日本の大学行った方が先生です。
先生っていう堅苦しいのが嫌だけど、この方はもっと気楽な感じなので安心安心。
と決めたのに、やっぱりかなり緊張してしまった。

自分、
毎日の海外ドラマ漬けで、すっかり、
カリフォルニア生まれの17歳ブロンド美女のつもりになっちゃってるから、
心はネイティブぺ〜らぺらなのに、なんか聞かれても、
「ああああああ。。。。。。うううう  ???」なのが納得いかなーーーい

でも楽しかった。o(^▽^)o

Homeworkも頑張る!


このかたの言ってることに共感するー。







「Dr.K エキゾチック動物専門医」


■酒飲まないと楽しくないと言っていた知り合いが、その後、
アル中で脳が萎縮し精神病院に入院したと聞かされた昨日。
しかしそれを話す友達も毎日酒飲んでるという理解し難い酒飲みの心理。


犬・猫の診察はしない動物病院のリアリティ番組。

原題 Dr. K's Exotic Animal ER 2014年〜 アメリカ

ナショジオワイルドWEBサイト

Nat Geo Wild Webサイト



Dr,K


ペットとしては珍しい種の動物を診察治療するフロリダの病院、
<ブロワード エキゾチック動物病院>。
そこで働く獣医、看護師の仕事ぶりが見られる番組です。


ドクターKは特にウサギLOVEのようで、
「みんながウサギを飼えば戦争は起きないわ」と言ってました。





エキゾチックアニマルという言葉を知ったのは、ウサギを飼い始めてから。
別にそういうつもりじゃなかったから、なんだか驚いた。
ウサギくらい、飼うのは普通だと思ってた。
だから、ウサギの治療は難しいとも知らず、
獣医にとってウサギは、一度は痛い目にあう(死なせる、悪化させる、飼い主に怒られる)
患者だと知り、また驚いたもんだ。

この番組に出てくる動物の中には、ワシントン条約で規制される前に、
捕獲・輸入されちゃったんだろうなー、と思われる野生生物もいて、
ドクター Kも、問題に感じますが、目の前に患者がいれば助けます。
というような事を言っていた。

珍しい動物ばかりだから、性の区別がつけにくい種類がいて、
ピーナッツ付いてるからオスだと睾丸を探すが見当たらず、
滞留睾丸かもと開腹手術を始めるが、卵巣と卵管が見つかり、
あらら、、、、この動物のメスは、外陰に軟骨があり長くなるのね。とか。


こういう番組はドクターのキャラクターが面白いもので、
ドクターKはとにかく、子供みたいに感情が豊か。いい意味で。
もちろん医師としての仕事はきちんとこなすが、
綺麗な熱帯魚に手を叩いて飛び上がって喜んだり、
カメの輸血に、自分のことのように辛そうにしたり、
まるで飼い主みたいに、普通の人の反応をする。

でも、見れば見るほど、
人間の生活に付き合わされてる動物って、どうなんだろ?
と思ってしまう。

私はもう動物は飼わないな、きっと。喪失感が辛すぎる。


「犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」


■夫の付き合いでボーンの新作見て、
カーチェイスの音と刺激に耐えられず耳塞いで目を閉じてた映画鑑賞。


原題 MODUS 2015 スウェーデン
原題の意味は「手口」のようです。

海外ドラマNAVI

原作者アンネ(ヤンネ?)・ホルト自身が製作総指揮

出演
メリンダ・キナマン
ヘンリク・ノーレン
マレク・オラヴェック
シーモン・J・ベリエル
クリスター・ヘンリクソン
アレクサンドラ・ラパポルト



MUDE.jpg


元プロファイラーのインゲルが、子供たちのために違う仕事を選び、
しかし、事件に関わることになり・・・・・・

のお話でした。






主演のメリンダ・キナマンの顔がどうも見たことあるので調べたら、
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のあの子だったのねー!!

あの映画は映画館で見ましたが、じいさんのすけべの印象が強くて、
好きな映画とは言えませんでした。いい映画だったとは思うけど。


あんまり集中できなかったけど、多分面白かったと思う。
再放送したらもう一回ちゃんと見てみる。





「ザ・マペッツ」



ミス・ピギーが毎週見られる楽しさ


待望の日本放送で、とても嬉しい。

AXNサイト

原題 THE MUPPETS 2015〜2016 アメリカABC




マペッツつ



深夜のトークショー「Up Late with Miss Piggy」
のホストとして、絶大な人気を誇るミス・ピギーと、
ピギーとは元恋人という関係のプロデューサー、カーミット。

この二人を中心とした、アメリカのエンタメ業界の裏話リアリティ番組
という設定です。


毎回、トークショーのゲストに出るのは、本人役のハリウッドスターたち。
美人女優、または演技派女優たちへの、
ミス・ピギーのライバル心むき出しの態度にうろたえるカーミットが笑える。







マペット=人間が手を使って動かす人形なのに、
これ、どうやって撮ってるの?というショットもあり、
その技を考えるのも楽しい。

子供向けじゃなく、大人のブラックジョークたっぷりで、
常にニヤニヤしながら見てしまう、私のいじわる心。

ミス・ピギーみたいな態度で生きられたら、すごーく楽だなー!
と思いながら見てます。









「ピーターラビット展」


渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで11日まで開催の、
ピーターラビット展を見てきました。


20161009171658e55.jpg 


この作品、映像化したものとしてはとても好き。
ピーターラビットの世界観を壊してない。
CGにされた見るも無残な最近のアニメは大嫌い。





驚いた・・・・・ なにがって、
客のほとんどが中高年の男女で占められていたこと。
若い女の子よりおばさんの方がピーターラビット好きなのかな?
まあ、そういえば、ピーターの絵が描いてあるトートバッグとかハンカチとか、
だいたいおばさんが持ってるもんね。 
だけど、ポターの描く絵も文字も、あの、絵本のサイズなのですよー。
原画がね。文字なんて、あれよりうーんと小さい。 
で、中高年があのこまかさを見ようと思ったら、
極端に近づくか、 老眼鏡どころか虫眼鏡がないと無理、なレベル。 
ちょっとー、ギャラリー文化村、ターゲットどこに置いてんだ? 
はい、おばさんです。それは確かです。 
ショップの品揃え見ると、完全におばさん向けです。 
おばさんの方が若い子よりお金あるから、バンバン買ってました、みんな。 
でもさ、おばさんに見せるなら、あの暗がりじゃあ、無理ですから。 
原画を傷めないためってのはわかるけど、苦痛の時間でしたから。 
目も神経も疲れたんだから。 それでも、もちろん、 
ポターの絵のうまさに感嘆しました。 
ポターは動物たちを解剖学的に調査して絵を描いたそうです。 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ところで、気になるのが、 「グレイラビット」 

ピーターラビットは、テレビシリーズになったりバレエになったり、 
CGアニメにされたり実写にされたり、 と、
世界的にもてはやされておりますが、 グレイラビット、どうなの?

20161009164015e49.jpg


こちらの作者はアリソン・アトリー 1884年12月17日〜1976年5月5日 
夫が早死に(自殺?)した後、息子を育てるため生活の手段として執筆を始めた。
グレイラビットは、息子のために書いたんですって。
出版は1930年代から。グレイラビットシリーズ以外にも、
100タイトル以上の物語を書いたそうです。 
↓ 

もうひとつ、うさぎが主役の児童文学 「チムラビットのぼうけん」も
彼女だったんんですねー。 これも読みました。


201610091654158cb.jpg 


ポターと違うのは、アリソンは文章のみを書いたというところ。 

ビアトリクス・ポターは1866〜1943 の生涯、
ピーターラビット初出版は1902年。ポターの方が早いのですね。
主人公がうさぎで、マーガレット・テンペストが描いた挿絵の感じが似てるので、 
ピーターラビットと比べられることが、アリソン、かなり心外だったそうです。 
この人に興味が湧いたので、 
「アリソン・アトリーの生涯」という本を読むことにしました。



トロント旅行 もろもろ3(帰国)



____________________

はい、帰りの日のことです。
前日、ホテルのカウンターで、
空港までのタクシーを頼んでおきました。
「エクスキュズミー TAXIプリーズ」ね。
本当は、もっと丁寧な言い方あるんだけど、とてもじゃないが出てこない。
頼んだ手数料込みで58ドル+チップ。
来た時みたいに3ドル25で行くかどうか迷ったけど、
時間が倍かかるし、万が一乗り間違えてフライトに遅れたらと思うとね。

そういやー、カナダのチップですが、小銭で大丈夫でした。
タクシーやレストランでは15%が相場らしいです。
計算弱いからiPadで計算した。
荷物持ってもらったり、ホテルのベッドメーキングには1ドルコインでOKとのこと。

ところで、アホな私が帰国日に初めて気がついたこと。
ホテルのロビーに市内観光ツアーのカウンターがあって、
そこにこんなにわかりやすい地図があった!

IMG_5046_convert_20161007145107.jpg

IMG_5048_convert_20161007145136.jpg



チェックアウトして、フライトの2時間前につくようにタクシーに乗りました。
「ターミナル1 エアキャナダ プリーズ」
で、タクシー運ちゃんとあれこれ話して、エアカナダの出発階につけてもらう。

IMG_5029_convert_20161007144459.jpg

カナダ国旗のとこに行きゃいいんだろうとそっちに進む。

IMG_5030_convert_20161007144618.jpg


チェックインカウンター前が、もんのすごーーーーーぉい混雑状態だったので、
こいつは一発、マシンでチェックインってやつに挑戦してみっか!と、
カウンター手前にある画面を見ると、

IMG_5031_convert_20161007144714.jpg


日本語表示がある。

IMG_5032_convert_20161007144815.jpg

Eチケットの<予約番号>を見て、番号を入れる。

IMG_5033_convert_20161007144842.jpg

その後、数回入力画面が出て、
電話番号やパスポートナンバーや荷物の個数やらを入れると、
ボーディングパスが出てきたが、バッグタグが出てこない。

そこらへんの係員さんに「◯△あわわわw」なこというと、
「もう一段階必要」なこと言うんだわ。わかんないけど。
こっちだよ、と言われた列に並んだ。

さすがに日本人の姿が大多数でした。
並んでたら、これまたなんだかわかんないけど、
バゲッジタグ無い人はこっちに並んで、と指示が。

私の前に並んでたご夫婦の妻のほうが、
「なんだかわかんないよねー」と日本語で言うので、
その後少しお話ししたら、青森出身でアメリカに住んでる方で、
困ってるらしい日本人を見ると助けたそうにしていました。
ほんで、夫さんに、「シーイズベリーカインドネス ベリースイート」
と言ったら、「アイノーン アイムハズバンド」(んな感じ)とにこやかに。

このご夫婦はほんと、仲睦まじそうで、見てて幸せになりましたわ。

なんちゅうか、日本人だとこう言う事無いと思うが、
荷物預けるのに重すぎるとかで、
その場で荷造りやり直してる人があちこちにいて、
しかも、段ボールを紐で縛ったりして、微笑ましいって言うか、いいね、
しゃっちょこばってなくて。おおらかというかね。
日本の感覚だと、
人様に迷惑かけたという自己嫌悪とか、人様の前で失敗して恥ずかしいとか、
そんなことになるより、きっちり調べて万全の準備して、フライトに臨むもんね。
ほとんどの人は。

で、日本の航空会社の応対の感覚で何もしないでいたら、
スーツケース、自分でベルトコンベア?に乗せるし、
自分で横に倒せと言われるのね。お客様扱いではなく、人間扱いなのよね。
JALのCAさんの、お姫様扱いしてくれる対応が幻想のようだわー。と思いました。

スーツケース預けてさて、どっちに行くのか?と立ち止まると、
「あっち」とすぐ、係員さんが示すので、何となく進む。


IMG_5034_convert_20161007144911.jpg

IMG_5035_convert_20161007144937.jpg


おお!ここか!ここなのか 着いた時に見たかっこいいやつは!


IMG_5036_convert_20161007145005.jpg

この素敵なアートが、空の旅への玄関口みたいになってたのねー。

IMG_5038_convert_20161007145041.jpg


出発ゲートもすごい人で、土産店のレジも長蛇の列で、買い物できず。
カフェには、一つの椅子に一つ、コンピューターが置いてある。

夫が、空港は世界中だいたい同じような作りだから、
どこ行ってもスムーズに動けるものだ、と言っていたのが
なんとなく実感できました。
あれ?あたし、これからも1人でどこでも行けるんじゃね?
と思ったくらいでした。


IMG_5041_convert_20161007145215.jpg

IMG_5042_convert_20161007145249.jpg


かなり遅れてトロントを出発したのですが、
帰りの席が、三つ並びの真ん中と言う苦しい席。
一応、CAさんに、「Can I move there?」と話しかけるが、
「フル」で「プリティ」だからダメなのよ、とのこと。
ちっこい飛行機満席ってことね。と諦める。

でも、私の両隣。窓際は若いアジア男性。
(13時間、一度もトイレ行かず話しかけず)⬅︎大丈夫か?おい
通路側は日本に住んでるブラジル出身女性。
(日本語ベラベラ、肘掛けあげてくれてトイレも交代に行って、
すごーく気持ちが楽だった)
帰りの特別食は、行きより味が落ちてた気がする。

エコノミー地獄…… と思ったけど、あたくし、
素敵な寝方を考え出しましたのよ。♪♪

食事の時倒す、ちっこいテーブルね、
あれに両足上げて毛布かけて寝ると、(ほぼ眠れてないが)かなり楽。
足がむくみやすいから、この時ばかりは、チビでよかった〜
と思ったわ。


しかし、女が1人でたった三日、トロントのみ滞在って不自然なのか、
日本の税関で怪しまれたわ。。。。
今まではどこへ 誰と と聞かれた。

てなことで、
恥ずかしながら、中年になってからの初めての一人旅は終わったのでした。

みなさま お付き合いありがとうございましたー!(* ´ ▽ ` *)




トロント旅行 もろもろ2




____________________

出発の日のこと、書いたから、帰国の時のことも書く予定。

たった三日の滞在でしたが、とても好きになってしまったトロント。
それは、人が親切だったことと、街歩きしやすい構造の街だったことと、
新旧の建物の見事さと、なんだろ?なんだかわかんないけど好きだ。
帰ってきてからも、すぐにでも戻りたいと思っているくらい好きだ。


Expediaのトロントガイド動画





*帰国時のこと書く前に

トロントでは、(カナダが全部そうなのか知りません)屋内すべてで喫煙禁止。
自宅でも喫煙禁止。法律で禁止。クラブでもバーでも禁止。法律で禁止。
子供とペットが守られるなー!サイコー
♪───O(≧∇≦)O────♪

なんて素晴らしい高い意識を持った国なんだー!と喜んだら、
屋内から一歩外に出たら、ガバガバ吸ってんだわ・・・・・ 老いも若きも男も女も。
美しい建築、素敵なお天気を楽しんでると、突然息が苦しくなり、慌てて息止めて走る。
吸ってる本人の被害より、出す煙の発がん性物質が三倍だってーのに、
町中で副流煙の被害にあうのだよ。意味ねえじゃん、法律。しかもポイ捨ててるし。

かなし・・・・・

公園でこんなこと

IMG_4901_convert_20161005100806.jpg

**飲酒は逆に、屋内でしかダメ。
だから、たとえバーベキュー会場でもビール飲んだら法律違反。
外で酔っぱらうなんて知性無い!ってことですわよね。

でも、アルコールなのか麻薬なのか、
死んだように寝てる(大の字とかで)ホームレスが、道の端どころか、
市庁舎の手前とかにもゴロゴロ。

アメリカでもそうだったけど、いい体格した若い男が、
ジュースくれ、スープくれ、などと、寄ってくる。
バーガー店の前に座り込んでた男は、店員が外に出た時、
バーガーくれと言っていた。
これらの人がとても気の毒な境遇にあるかというとそうとも限らず、
物乞いで食ってけることに味をしめた甘えん坊の可能性が大だそうで、
あげなくていい、と言われました。

小さなフードコートに座ってた時見てたら、
若い女の子が食べ物買ってるとこに行った男が、
なんかくれと言ったみたいで、手に持ってたパンを戸惑いながらあげてたわ。



でも、 トロント、
大好きー






トロント旅行 もろもろ1(出発)





_________________

初めての一人海外旅行でしたってんで、
羽田の事、飛行機の事、トロントで知った変な事、などのメモ。


*出発日
今まで、浜松町からモノレールに乗っていくやり方でしか羽田に行った事なかったけど、
今回、初めて『京急』で行ってみました。
新宿から都営新宿線で馬喰横山まで行き、
直結している京急線の東日本橋まで通路を歩き、品川経由羽田空港行きに乗りました。
すごく楽だった。モノレールに乗るのがなぜか心理的に負担だったので、
これからはこれで行く事にします。

羽田空港アクセスガイド

国際線ターミナル駅で降りて改札出てすぐに、
出発ロビー行きのエレベーターがある。エアカナダは3F。

エレベーター出ると


IMG_4473_convert_20161005102141.jpg


掲示板を見てエアカナダの時間とカウンターを確かめる。

IMG_4474_convert_20161005102219.jpg


エアカナダはD

IMG_4475_convert_20161005102303.jpg

Eチケットとパスポートを見せて、
*Eチケットとは、航空券が電子的に航空会社に保管されたことの証明控えで、
チェックイン時に提示すると、搭乗券(ボーディングパス)がもらえる。
スーツケース預けて、ボーディングパスの裏に荷物札貼ってもらって、
確認のためか、「ベジタリアン・ミールのご予約ありがとうございます」と言われ、
チェックイン完了。

IMG_4476_convert_20161005102339.jpg


出国審査 ディパーチャーズ
ここで荷物を機械に通して、人間は金属あるとぴーとなる機械通って、

IMG_4477_convert_20161005102413.jpg


無事OKになると、出発ゲートの番号は146なので、
その番号の案内通りに免税店がずらりと並ぶ場所を通り、
あら、こんなデラックスな椅子が!

IMG_4479_convert_20161005102503.jpg

これなら軽くビジネスクラス気分になれるわー、と、
しばらくこの椅子で英会話の本など読んで過ごした。

IMG_4478_convert_20161005102534.jpg


146ゲートの手前には、こんなカフェが。
こりゃ、記念にコーヒーでも飲もうか、と思ったら、
日本円の入った財布を忘れてきたことに気づき、しゃあないから諦めた。

IMG_4480_convert_20161005102619.jpg


搭乗ゲート

IMG_4481_convert_20161005102651.jpg



エアカナダはカナダの会社だから、CAさんはカナダの人たち。
アジアの顔したCAさんも、日本語のイントネーション聞くと外国人。
「Hello」と挨拶して旅慣れたふりして、エコノミー席へ。
私の席は通路側、友達らしいアジア人二人の隣でしたが、
通路の向こうの席が3席空いてた。出発直前になっても空いてたので、
本にあった「Can I move there?」とCAさんに言おうと意気込み、
エクスキューズミー?This seat...とか言いかけたら、すぐ、
どうぞみたいな手の動きしたんで、「サンキュー」と移動する。

お一人、端に座っていた日本人女性に聞いたら、
お友達が乗るはずだったが、地方の空港が悪天候で欠航になり、
席が空いてしまったそうだ。ということで、寝る時は彼女優先で、
肘掛上げて3席分を使ってもらう。

割とすぐに税関申告書をCAさんが配り、用意したカンペ通りに書き込む。
他の人を見たら、用紙にある切り取り線をピピッと切ってる。
あ、なんでかわかんないけど、切るのね。と私も切る。

機内食は三回出た。一回目は写真撮るの忘れた。
卵・乳製品無しのベジタリアン食

IMG_4487_convert_20161005102820.jpg


全然期待してなかったのに、とっても私好みの味だった。
最初に出た豆のペーストを成形して焼いたやつも、
野菜たっぷりのラタトゥイユも、味付けは薄めで安心して食べられた。
小袋の塩が付いてたけど、必要ない。
ライスプディング、丼いっぱい食べたいくらい美味しかったなー。

IMG_4490_convert_20161005102858.jpg



特別食はみんなより早く出るので、ひとりで食べてちょっと恥ずかしかった。
しかも、席移動したことが連絡されてないらしく、
三回とも、私の元の席に移動したアジア人女性に運ばれ、
その度「ソーリー」ということに。

エコノミーだと画面が近すぎて目が疲れるから、
エンタメは見ないと決めてたが、
「ビッグバン・セオリー」シーズン9と、
「NYボンビーガール」シーズン5と、
「モダン・ファミリー」シーズン7があったので、当然英語だったけど見る。

バーナデットが妊娠してた!

だけど、エンタメ見るのにどこにもイヤフォンなくて、
一体どうして音聴けってーの?って
思ってたら、だいぶあとになって、「ほん ほん」って言いながら、
CAさんが何か小袋に入ったもの配ってた。
色的にプルーンやレーズンなどのちょっとしたおやつだと勘違いして、
プリーズってもらったら、あらら、イヤフォンでしたー!!

IMG_4482_convert_20161005102729.jpg




眠れずトロント到着。45分も早く着いたのに、
入国審査が混んでるからと降りられず、結局予定時間くらいに飛行機を出る。


Immigration (入国管理)と書いてある方に進むと思ってたら、
その単語はどこにもない。Arrivals(到着)しか書いてない。
人が行くからこれでいいんだろうと進む。

IMG_4492_convert_20161005103016.jpg

あっ!かっこいい!

IMG_4491_convert_20161005102932.jpg

とにかく、Arrivalsの方に進む。

IMG_4493_convert_20161005103106.jpg


カナダの入国審査らしき場所で、突っ立ってたら、
係員に「アメリカン?」とか聞かれて「ノー、ヴィジター」と言ったら、
あっちだよ、と言われた方に並ぶ。かなり並んでた。

税関申告書とパスポートを用意してる人たちを見ると、切り取り線切ってない人もいて、
私、ヤバいことしちゃったのかとビビる。しかも、よく見直したら、
裏にも同じ項目が印刷してあって、「え?表裏両方に書くの?」と、慌てる。
他の人のを盗み見るわけにもいかず、
まあいいや、なんか言われたらその場で書こうと決める。

30分くらいで緊張の一人応答タイム。
英会話の本の通りの三つの質問しかされなかったので、完璧に答える!

「Hello」
(とりあえず、店でも道端でもどこでも、人に会ったらまずHelloを言うことにしてる)
1「What's the purpose of you visit?」ワダパーパスオブユヴィジ?
 「Sightseeing」
2「 How long are you staying?」ハロンアユスティン?
 「Three days」
3「Where are you going stay?」ウアユゴーインステ?
 ホテルの名前

税関申告書も問題なかった。ほっ・・・・

スーツケースを取りに行く。
「Baggage claim」または「baggage area」と表示があるだろうと思ったら、
「Bag」としか書いてなくて、それに番号が書いてある。
荷物札見たら、番号があったので、その場所に行く。
スーツケース取って出口の係員に「Hello」関税申告書わたして「Thank you」

きゃっほー、終わった! いよいよ市内へのバスだ。
と、なんだかよくわからんが歩いてたら出口になった。
出口の少し手前に、Currency Exchange(両替所)があって、
ここでは両替とバスに乗るためのトークン(3ドル25)が買える。

トロントはどこでもWiFiつながるとのこと。
ちょっと検索しようと、iPadのWiFiつなごうとしたが、
トロントピアソン国際空港Toronto Pearson International Airport
をタップしても、次の項目(英語)が出てしまい、あわあわ。
空港の人にiPad見せて聞いたら、「ゴーゴ?「ゴーゴ?」と言う。
ゴーゴ?グーグルの事か?ともたもたしてたら、
トロント在住ジャパニーズガイが来てやってくれた。

市内への一番安い生き方。
TTCのバス➡︎メトロ最寄り駅(バスは、最寄りメトロ駅により数路線ある)
駅に着くとそのまま、ホテル最寄り駅方面行きのエスカレーター降りてホームに。
つまり、<バス降りたから地下鉄の切符を買い、改札に入る>をしなくていい。




TTCマーク

IMG_4494_convert_20161005103147.jpg


私は192のバスでキプリング駅に

IMG_4495_convert_20161005103229.jpg


キプリング駅からブロアーヤング駅、そこでホームからホームに移動の
乗り換えでカレッジ駅へ。
トロントのメトロは非常に単純なので、とてもわかりやすい。

トロントメトロ



ホテル チェックインでは、
いくつかの箇所にイニシャルでサインするところがありました。
禁煙ですよ、もあった。
カナダ、トロントの禁煙状況についてはまた今度。



トロントで英会話




____________________

シティ・ホール=しりほー
セント・ローレンス・マーケット=せんろれまけ
CNタワー=しいえたうわ
ルートビア=るーびや


こう言えば通じるとわかりまんした。



アメリカやトロント行った人のブログで、
「ウォーター」オーダーしたらコーラがきた。「フォーク」頼んだらコーラがきた。
「ビール」って言ったらミルクが来た。って書いてあったから、
よし、水頼む時は「わら」って言うぞ!と気合いいれました。
「わら」で水来たよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


迷ったら人に聞く、ということが、
スマホでなんでも調べられる時代になったため、
東京では冷たくあしらわれたこと数回あります。
『は?自分で調べろよ おばさん』てなもんでしょうね。
だから最初に、スマホ持ってなくて、と言い訳してから聞くようになりました。


トロントでは、

ホールフーズの場所を聞いた時
きれーなおねいさんは、自分のスマホで調べてくれて、
「私こそホールフーズがあるって知ってよかったわ〜
ありがとねー」なこと言ってくれたし、

セントローレンスマーケットの場所聞いた時
犬の散歩中だった女性は、
「わかる?言ってることわかる?わかんないみたいね
じやー ついてきて、見えるところまで行ってあげるから」
なこと言って連れてってくれたし、

バスに乗ろうとしてた親子連れは、
「あたし達と一緒にこのバスに乗ったら乗り換えバス教えるよ」
と言って教えてくれたし、

メトロ駅の場所聞いた時
ベビーカー押した若いママは、トロントの気候の話や
出身国の話ししながら、やっぱり駅が見えるところまで連れてってくれたし、

フードコートで休んでた時隣に座った女性は、
「あらま 1人で来たの?えらいねー あんた絵が好きなの?
今日はそこの美術館6時~無料だよ。すぐそこだから行ってあげるよ」
と教えてくれたしハグしてくれたし、

ホテルから空港まで贅沢してタクシーに乗ったんだけど、
運転手さん、話し好きで、
「妻とは大学で知り合ったんだよ 彼女がおいらに惚れてねー」って
結婚式の写真見せてくれたんで、あたしも息子のこと話したりして
でも喧嘩してるってどう言うがわかんなくて
「まい さん いず ノーキス ノーハグ ノースマイル
ひい いず ヘイト ミー」
(キスもハグも元からしないが・・・)
とか言ったら、
「ドントウォーリー!」
「大人になったら息子は、キスはガールフレンドと、ハグはフレンドとするんだよ」
「まむのことは忘れるようにみえるけど 心配することないよ」
なこと言ってくれて、



やっぱ、旅って人よね。(前にもこれ言った)
って思ったのでした。

IMG_5006_convert_20161005101519.jpg


英語、勉強しようと決めました。





トロント お絵描き





_____________________

たくさん見かけたこれ、電気とか給水とか、そういうやつ?
わかんないけど、全部、絵が描いてある。


IMG_4893_convert_20160927111730.jpg

IMG_5004_convert_20160927112150.jpg

IMG_4913_convert_20160927111852.jpg

IMG_5001_convert_20160927113903.jpg





郵便ポストと並んでる 
ポストははみんな同じ絵柄

IMG_4917_convert_20160927112001.jpg


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


壁画


IMG_4669_convert_20160927113040.jpg

IMG_4644_convert_20160927113246.jpg


あや?これは・・・

IMG_4938_convert_20160928205522.jpg


上の壁画の建物はカフェでした。
ジミヘン好きのオーナーなのでしょうか。

JIMMY'S COFFEE

WEBサイト

IMG_4941_convert_20160928205555.jpg






トロントのビル





________________________

私は、歴史ある重厚な建物よりも、近代的な斬新なザインや、
クールな金属とガラスの建物の方が好きなのです。
だから、シカゴの街が好きだった。トロントには両方が混在しています。


散歩しながら撮ったトロントのビルたち

IMG_4925_convert_20160928204709.jpg

IMG_4937_convert_20160928204539.jpg

IMG_4943_convert_20160928210339.jpg



警察署

IMG_4923_convert_20160928210439.jpg


警察署の裏からの入り口はポリス・ミュージアムだった。
8:30から開いてる。

IMG_4918_convert_20160928210600.jpg




アート系の学校

IMG_5002_convert_20160928204928.jpg


アート系の学校

IMG_4647_convert_20160928205437.jpg



CNタワー  きれ〜い

IMG_5028_convert_20160928205133.jpg


いろんなところから見えます。

IMG_4639_convert_20160928211205.jpg


IMG_4642_convert_20160928211844.jpg





これは、エンターティメント・ディストリクト界隈にある複合施設


IMG_4640_convert_20160928211236.jpg






トロント スーパーマーケットなど





____________________

人がいっぱいいる都会が好き。
たくさんのものがあふれているモールが好き。
だから、旅行でどこに行っても、日本ではイオンを探すし、
海外でも、スーパーマーケットやモールや繁華街歩きが嬉しい。
海外(北米)のスーパーマーケットの、おしゃれさと規模と、
ベジタリアン、ビーガンが生きやすい品揃えが大好き

トロントでも楽しんだ。

滞在したホテル Holiday inn Tronto Downtown Centreは、
カールトンストリートにありますが、繁華街のあるヤングストリートがすぐ近くで、
ゲイコミュニティがあるチャーチストリートも近く、
隣には火曜日は誰でも5ドルの映画館があり、
カナダのスーパーマーケットチェーン ロブロウズがあり、
それはそれは便利でした。


ロブロウズ Loblaws  (ロブ・ロウとは関係ないのね)

WEBサイト

ホールフーズに似た陳列とおしゃれ感 ホールフーズより広々した店内、
コストコなみに高い天井 はぁ〜 幸せ


IMG_4532_convert_20161003102027.jpg

IMG_4894_convert_20161003102629.jpg


IMG_4525_convert_20161003102322.jpg

IMG_4528_convert_20161003102442.jpg

食べるところもある

IMG_4529_convert_20161003102519.jpg


日本にはない美味しさのポテチと聞いた、
ミス・ヴィッキーズを買いました。

WEBサイト


IMG_5056_convert_20161003102940.jpg


日本のポテチはサクサク?これはバリッバリ。な食感。
薄っぺらいポテチは嫌いで、厚みのある波波カットのポテチが好きだから、
割と好み。芋の味がする。でも、塩味はきつい。ノンソルトの商品はあるのかな?


ミスヴィッキーズ開発者夫婦のインタビュー動画






バルクバーンBulkBarn

WEBサイト


量り売りのお店です。


IMG_4784_convert_20161003103243.jpg

IMG_4780_convert_20161003103437.jpg

IMG_4776_convert_20161003103320.jpg




調理器具もある

IMG_4781_convert_20161003103712.jpg



ホールフーズにある商品などもあり、オーガニック系も揃うなんて素敵

IMG_4782_convert_20161003103639.jpg

IMG_4783_convert_20161003103754.jpg


お菓子作らなくても、食べなくても、買いたくなってしまう楽しさ嬉しさ




ホールフーズマーケットWhole Foods Market

WEBサイト

どうせ行くならと、金持ちエリアにある店舗に行ってみた。
ヨークヴィル Yorkville Villageという、高級ブランド店が入ってるショッピング街。
この一帯には高級ホテルもあるので、
毎年のトロント国際映画祭でスターが集まるそうです。


IMG_4765_convert_20161003105311.jpg


入ってすぐ左にカフェがある。ホールフーズカフェなんて、おしゃれ〜

IMG_4767_convert_20161003105438.jpg


エスカレーターを降りれば、いつものホールフーズが広がる。
ここにいるだけで健康になる気持ち。

IMG_4769_convert_20161003105522.jpg



ショッパーズドラッグマートShoppers Drug Mart

WEBサイト

トロントで設立され、現在ロブロウズの系列になっているそうです。

IMG_4501_convert_20161003110320.jpg


日本のドラッグストアみたいに、コスメ、食品、ドリンク、日用品など、
安い商品もたくさんあるが、ディオールとかの高級ブランドコスメを扱う
Beauty boutiqueもあり、そっちは興味ないので行きませんでした。


もちろん、トロントにもコストコ(コスコ)があるのですが、
郊外の、車で行く場所にあるのがコストコですよね?日本では。
歩いて行ける距離にないだろうと、調べませんでした。

あと、行きたかった1ドルショップダララマDallarmaには行きそびれてしまった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

火曜日5ドルの映画館
カールトンシネマシアター Carlton Cinema theatre

WEBサイト


IMG_4520_convert_20161003102208.jpg

IMG_4519_convert_20161003102136.jpg




トロントの朝




___________________________________________

旅に出ると、いつもどうしてもまともに眠れない。
夜12時頃寝ても朝4時前には目がさめて眠れない。
明け方に街にでても24h営業のスーパーか公園くらいしか行くとこないから、
テレビ見て過ごすしかない。
Dlifeで放送してる「ボンダイ動物病院」と
グリーンネャンネル「ハートランド物語」が、
カナダでは同じCBCチャンネルで放送してると知るが、
「ハートランド」は新シーズンがまだ先の放送になるみたいで残念でした。


少し明るくなってから、
6時半過ぎくらいから街をふらついた時の写真です。


朝のチャーチストリート LGBTヴィレッジ

トロントには、
ウエレズリ&チャーチ・ネイバーフッド(Wellesley & Church neighborhood)
ってLGBTのコミュニティがあるのだが、ここを中心に、トロントの街中あちこちに
レインボーが描かれているのだ。


IMG_4947_convert_20160923224104.jpg


この横断歩道では近くの小学校に通うらしい親子の姿が見られました。


IMG_4948_convert_20160923224152.jpg


ようこそっていろんな国の言葉で書いてある。

IMG_4953_convert_20160923224357.jpg


カジュアルクリニックってHIV感染の検査やってるのかな-?

IMG_4972_convert_20160925152726.jpg




ここ、チェックしてたLGBTのコミュニティセンター
「The 519」⇨WEBサイト


IMG_4977_convert_20160925160749.jpg



The519の壁画

IMG_4970_convert_20160925153504.jpg



IMG_4957_convert_20160925161517.jpg



カナダでは、肌の色、出身国、性別、障害などによる
差別があってはならないとする<多文化主義法>という法律があり、
LGBTの人々の権利も法律で守られてるそうだ。素晴らしい!

(しかし、最近見たBBCニュースだかCNNニュースだがでは、
カナダの先住民が差別されていて、とくに女性が性暴力にされられているとの事)



このカフェはもしかしたら旅チャンネルかBSで映った気がする。

SECOND CUP


IMG_4955_convert_20160925150454.jpg




日本は、例えば新宿二丁目とかに閉じ込めて、理解あるふりしてるけど、
じゃあ、新宿全体がどうかというと、LGBT完全にないね。
トロントでは、銀行のキャッシュコーナーにもレインボー描いてあったし、
教会にもレインボー


IMG_4551_convert_20161005123055.jpg


IMG_4904_convert_20160925153901.jpg



ウエレズリ&チャーチ・ネイバーフッド内にある公園

Barbara Hall Park

IMG_4958_convert_20160925163154.jpg


トロントのリスは真っ黒なの

IMG_4960_convert_20160925163249.jpg


AID'Sで亡くなった人のメモリアルがある

IMG_4969_convert_20160925163320.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


二日目の夜、ご飯食べた、
ホテル近くのチャイニーズレストラン、
iPad持ってくの忘れて写真撮らなかったから、朝撮った。


IMG_4909_convert_20160925162328.jpg

IMG_4907_convert_20160925162751.jpg




この怪しげ〜なおっちゃんの顔からは想像もつかないほど、
清潔でスタイリッシュな内装でした。


IMG_4908_convert_20160925162818.jpg


若いお兄さんとお姉さんが従業員で、なんだか腰が低くて可愛いのぉ
味は普通に美味しかった。



ここは、アパートの一階部分になっていて、
アーティストの作品が描いてある。

IMG_4911_convert_20160925162155.jpg

IMG_4912_convert_20160925162256.jpg










トロント食事





_______________________

旅行で重きをおくこと、夫は食事。
私は街歩き(観光)、食事はどうでもいい。
ので、今回の旅はスーパーでビタミンウォーターとサンドイッチを買う、
くらいな食生活になりました。


食事らしい食事をしたのは、二回だけ。
トロントについた夜、初めての食事はアメリカ セントルイス発祥の
パネラ・ブレッドPanera BREAD


ヤングストリート、
イートンセンターに行くまでの途中にありました。

IMG_4514_convert_20160929094747.jpg


一回やってみたかった、『You Pick2』という注文の仕方。
でも、選ぶのも訳わかんなかったから、写真が飾ってあったやつ、
パンプキンスープとイタリアン・サンドイッチに。
スープとサンドイッチを好きなの選んで、ポテトかアップルが付いてくる。
ポテト=ポテトチップス アップル=りんごまるごと一個。
わたしはポテトを。
飲み物はあったかいチャイ。もちろん、パネラだから美味しかった。
が、16ドルくらいになってた気がする。なんで?


IMG_4496_convert_20160929094713.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

カナダにはどこにでもあるよー、とのこと、
ティム・ホートンズTim Hortons 通称ティミー、ティムズ

WEBサイト


空港はじめ、街の中、何箇所にもあったわ。

IMG_4987_convert_20160929093431.jpg

IMG_4559_convert_20160929093859.jpg

ホテルのサービスもティムコーヒー

IMG_4557_convert_20160929094602.jpg


私は酸味のあるコーヒーが苦手なので、合わなかった。ごめん。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

沖縄に行く楽しみの一つがA&Wでルートビアを飲むこと。
トロントにも3か所ありました。
A&W 通称エンダー

WEBサイト


朝の散歩の時偶然見つけたので、とりあえずのルートビア。

IMG_4989_convert_20160929093404.jpg

IMG_4990_convert_20160929093340.jpg

たまたま着ていたA&Wシャツ

IMG_4995_convert_20160929093254.jpg


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


あと、ここが気になったけど、
お腹すいてない時ばかり通ったので、素通りしてしまった。
ZAVIDA Coffee

WEBサイト

IMG_4945_convert_20160929093541.jpg


ビーガン対応だしオーガニックだし、飲みたいけど

IMG_4944_convert_20160929093514.jpg



あら、ヤダ、豆ならアマゾンでもコストコでも買えるのね!
でもうちは豆じゃ飲めない。