「100歳の華麗なる冒険」


▪️ハーブスの、11月しか売らないクレープ・ア・ラ・カルトのレシピが去年と同じ。
もう一昨年には戻らないと痛感し、まるで、
未練ある人とよりを戻す可能性がないとわかった時の落胆。  びーです▪️



原題 HUNDRAARINGEN SOM KLEV UT GENOM FONSTRET OCH FORSVANN
    2013年 スウェーデン

原作 ヨナス・ヨナソン著「窓から逃げた100歳老人」(西村書店刊)

監督 フェリックス・ハーングレン


出演
ロバート・グスタフソン
イヴァル・ヴィクランデル
ダーヴィッド・ヴィーベリ
ミア・シャーリンゲル
イェンス・フルテン
アラン・フォード
デヴィッド・ウィーベリ
ラルフ・カールソン・・・「ミレニアム」に出てたね



華麗なる冒険




一人暮らしのアランの飼い猫が狐に殺された。狐を爆破したアランは自ら老人ホームに。
100歳の誕生日にホームを抜け出したアランは、駅の待合室で、
若い男から、トイレが済むまで大型のツーツケースを持っててくれと頼まれる。
その間に乗りたいバスが来て、アランはスーツケースごとバスに乗ってしまう。
ここから、アランの意識に関係なく、大勢を巻き込むドタバタ劇が始まる。









主演のアラン爺さんの顔も物腰もとても自然にお年寄りだけど、
顔が特殊メイクだとは最初からわかった。だから、演技がうまいと思う。




ここまで
歴史上の大惨劇・大犯罪をコケにした映画を知りません。

(漫画なら、青池保子の「イブの息子たち」がある)



ナチスによる優生対策も、スペイン内戦の殺し合いも、原爆も冷戦も、
トンマな 一人の男が関わってこうなったっちゅう仮想。

「考えてもどうにもならない なるようにしかならない」の母の遺言通り、
善悪の判断も行動による結果についても、なんの疑問も抱かずなーーーんも考えず、
行き当たりバッタリに『激動の時代』を生きてきたユダヤ人男性の話。



この映画にいちいち腹立ててたら、
小難しい、ユーモアセンスの無い面倒臭い奴ってことになるのでしょうね。

割と腹たったよ、私はね。
殺しと窃盗がなかったことになっちゃったことにもね。

もしかしたら、本なら腹立たない雰囲気なのかもしれない。


デヴィッド・ウィーベリという役者が、超優柔不断で情けなくて、
「ビッグバン・セオリー」のスチュワートみたいで笑える。

笑えるけれど、
ブラックユーモアにもほどがある。という映画でござんした。




*それにしても私が一番驚いたのは、この国のコンドームのでかさ!
持ち上げたおっさんの、頭頂部から鎖骨あたりまでありましたが? マジか?!





スポンサーサイト

「アメリカン・ビューティ」


昔観た時のいや〜〜な気持ちがなぜだったのか確かめるため再鑑賞。




原題 AMERICAN BEAUTY 1999年 アメリカ

監督 サム・メンデス 

出演
ケヴィン・スペイシー(顔の下半身が嫌い)
アネット・ベニング
ゾーラ・バーチ
ウェス・ベントリー
ミーナ・スヴァーリ
ピーター・ギャラガー
クリス・クーパー
アリソン・ジャネイ
スコット・バクラ
サム・ロバーズ



そーらばーち



郊外の住宅地
妻 不動産業(デスパのブリーみたいなタイプね)
夫 広告会社サラリーマン 何事にもやる気なし妻も娘もどうでもいい
娘 親嫌い 世の中嫌い 自分嫌い
娘の友達 男はみんなわたしとヤりたがると自負 モデル志望

隣人夫 子供にイエスサーと返事させる、権力をかさにきた隠れゲイ
隣人妻 ゲイ夫に気づいてはいるがあきらめて無関心を装う、ど不幸におしつぶされた女
隣人息子 従順なふりして親を軽蔑する盗撮野郎 大麻の売人


幸せそうなアメリカ人の、不満だらけの毎日が悲劇で終わるまで。









なるほど こりゃイヤに決まってるわ。

しょっぱなからオヤジのコキシーン
コキオヤジが高校生に欲情して肉体改造に励みやがる。
不倫盗撮 大麻軍隊規律
ゲイ嫌いのかくれゲイ支配欲オヤジ
出てくる大人も子供も女も男もむかつくやつらだらけ。

思春期の自意識過剰理由なき反抗もろもろは、
いつもの私なら共感するところなのに、この映画じゃ反感しか感じない。



アメリカン・ビューティという薔薇、
この映画では、妻が育ててる薔薇ですが、オヤジがエロ妄想する時に出てくる。
んで、アメリカの美ってことで、
表面だけは成功したアメリカ人家庭、内情はどろどろ、の皮肉を表してるんでしょうね。

オヤジをとりこにするミーナ・スヴァーリの眼球にフォークさして取り出したいなー、
(だって可愛いから)と思うわたしは変態でしょうね。



アネット・ベニングは好きなのに、

くっそむかつく映画でした。大嫌い。


と、好き嫌いでいうとこういう感想になりますが、
映画としてはうまいこと作ってる、ってことですね。



☆CSI科学捜査班で
キャサリンが担当した死体に薔薇の花びらが付いてて、キャサリンが
アメリカン・ビューティってすぐわかったシーンがあった。






「フランシス・ハ」


▪️今週もBBQやる、との夫の発言に、「いや〜〜〜っ!」と即答した
 一週間になるのにまだ部屋が臭い   びーです▪️



モノクロにしただけでヨーロッパ映画らしき雰囲気になるアメリカ映画

不思議〜


原題 FRANCES HA 2012年 アメリカ
   HAって何だよ?

監督 ノア・バームバック 「イカとクジラ」の人かぁ〜、あの映画、ダメだった

主演は監督の彼女グレタ・ガーウィグ
(アンバー・ハードから色気を取ったような顔)

ミッキー・サムナー(スティングの娘)
アダム・ドライバー
マイケル・ゼゲン
パトリック・ヒューシンガー
グレイス・ガマー(メリルの娘)



は



NYでダンサーを目指すフランシスは、
同居する大学時代からの親友ソフィーが引っ越すから大慌て。
パーティで知り合った男がルームシェアする家に住ませてもらうが、
やはり家賃が払えずダンスチームの団員の家に居候。

何より親友への執着でいっぱい。








第一の感想
この女、ウザい!!


27にもなって女友達に彼氏ができたら嫌がらせするし、
ダンサー仲間に「喧嘩ごっこしよう楽しいよ」って幼稚園児じゃあるまいし、
初対面の子供いる人に「子供は自分のミニ版、自己中と同じ」と言うし、
ダンサーは厳しい自己管理が必要なのにタバコ吸って(しかもポイ捨て)
酒ばっか飲むし、

ユーモラスって評価らしいけど、イラつくばかり、この女には。
こんなの1時間も見てたら嫌になり、あとは惰性で見た感じ。
ついでに、「東京は大嫌い うんざり」とも言われてます。


こういう、<大人になりきれない不器用な私。でも、見てよ!私頑張ってるの>
的映画は、世間では大歓迎されるようですが、私は嫌いなの。同じ不器用なら、

薄給の労働者が家族のために奮闘するが
社会の仕組みに翻弄されて苦しむ


このタイプなら共感する。まあ、歳のせいだろうけどね。



🌟大学の寄付金集めパーティシーンで
大好きな曲が流れてここだけは幸せだった。


バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲 第一楽章」










「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」


めちゃめちゃ面白い〜〜〜 !!

HDD保存に決まり〜

公式サイト


ネタバレっぽいかもしれないけど、それほど詳しくは書いてないから大丈夫。
百聞は一見にしかずだよ。おすすめおすすめ。



原題 WHAT WE DO IN THE SHADOWS 2014年 ニュージーランド

邦題の「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」パクリは本作では大歓迎


監督 ジェマイン・クレメント


出演
ジェマイン・クレメント
タイカ・ワイティティ
ジョナサン・ブラフ
コリ・ゴンザレス=マクエル
スチュー・ラザフォード
ジャッキー・ヴァン・ビーク



シェアハウス




撮影班には危害を加えない契約をかわし、
同居する4人のヴァンパイアを撮影する、というモキュメンタリー。

4人↓
リーダー格(お世話係?)中世の伊達男 ヴィアゴ
まだ183歳だから反抗期編み物が趣味 ディーコン
ワイルドなブラド・ツェペシらしき ヴラド
地下室から出ないノスフェラトゥらしき ピーター

*そもそもなぜヴァンパイアがニュージーランドにいるかというと、
 ヴィアゴが恋した女性がこの地に来たから追いかけてきたわけ。
(召使のミスで棺に入ったまま1年半船にいて、彼女は別の男と結婚)


4人の1日はこうして始まる。
♩トントン ヴィアゴはノックしてシェアメイトたちを起こして回る。
「うぇいくあ〜っぷ」「15分後にミーティングだよ〜」

ミーテイングのあとはファッションチェックして夜の街に繰り出し、獲物を物色する。
でも、招き入れてくれないと入れないのに、
古臭い格好のおっさんたちは、人が集まるイケてるクラブじゃ門前払。
しかたなくヴァンパイアが経営するイケてないバーでクダを巻く。

狼男がつるんでるのに出くわせば喧嘩売らずにいられない。

年に一度の大舞踏会(ヴァンパイアとゾンビとバンジーが集合)に、
新人ヴァンパイアの人間友達を連れて行った4人は、
ルール違反だとみんなに非難され会場をでることに。
そこでまたまた狼男に会った4人の死闘が始まる。



*ナチヴァンパイア と出ますが、残酷描写はありません







脚本が最高なのよ!真面目に笑えるのよ!
役者がうまいのよ! 
間のとりかた、目線の泳がせかたが絶妙なのよ!



吹き出すセリフの数々 例えば、


毎朝(夜の9時すぎね)のミーティング
「使った皿はちゃんと洗おうよ」
「血まみれの皿が5年も放置だぜ」
「あいつはえらい、獲物を引きずって廊下を掃除してたよ」
「僕のソファーを汚したね」
「赤いソファーか?」
「ほんとは別の色、、今度殺すときは新聞紙ひいてくれないか」



例えば、ヴァンパイアハンターが忍び込んで、
破られた窓から日光が漏れて、ピーターヴァンパイアが焼け死んだあと、
近所からの通報で来た警官との会話。

警官 「煙があがったって。ひどい臭いね」
ヴィアゴ 「BBQ・・・」  のくだり


新米ヴァンパイア ニックはお調子者。
空も飛べるし「トワイライト」みたいで俺かっこいい!
誰にでも吹聴して歩く。こいつがもう、バカ丸出しの顔つきしてる。

ニックの人間友達、真っ赤なほっぺのスチューの顔も最高!
IT関係の仕事(らしい)が、友達に「俺ヴァンパイア」とカミングアウトされ、
シェアハウスでみんなと会っても、状況が飲み込めてるんだかなんだか、
のぼら〜っとして、特に反応無く、
みんなにスカイプのやりかたや処女の画像検索のしかたを教えてあげる。


スチューと狼男のその後、ヴィアゴと彼女のその後、
使いっ走りだった女性のその後、

みんなみーんないい所に収まって、それはそれは楽しいハッピーエンド


PC教わって感激したシーンにヴィヴァルディの「ぐろ〜おぉ〜りぃあ」流れて笑った。
コウモリに変身してバトルするシーンに「コンドルは飛んでいく」流れて笑った。

宗教曲に加え、古い多国籍音楽?民族色豊かな音楽、
古い(60年代?)ポップスを多用してます。
Norma Tanegaっいう女性ボーカリスト、いいね。





2曲目 レニングラードLeningrad 「Lastochka」はゴーゴル・ボルデロっぽくて好き














これ、今年見た映画の中で「トライブ」「イーダ」と並ぶくらいに、
いいできなんじゃないかー?


新ドラマラッシュ!&ジェームズ・コーデン


▪️名探偵モンク6-8に「とらわれて夏」の息子役が出てる!
小さい頃から困ったような顔してたんだねー


続々と、海外ドラマの新作放送が始まってます。もう、大変


一番楽しみだったのが、トム・クルーズ/サマンサ・モートン主演、
「コールド・ケース」キャスリン・モリス出演映画のその後を描くドラマ、
ワシントンDCが舞台の

「マイノリティ・リポート」MINORITY REPORT


まいのりてぃ



*アメリカでは13話中10話放送で打ち切られてます。
1話見た限りでは、面白いんだけど、街や捜査道具のハイテクぶりを、
もっとじっくり見せてもらえたらいいな、と思いました。
秒単位で驚きの技術がころころ変わるんで、目が頭がついていけない。
もう少しちゃんとびっくりしたい。
主演スターク・サンズは好みなのでいいが、アガサ役ローラ・レーガンが、
サマンサ・モートンに比べて普通すぎる。

お懐かしい「恋するマンハッタン」ヴィンス役、ニック・ザーノが出てるのが嬉しい。
お懐かしい「アシュトン・カッチャーの"70sショー」ウィルマー・ バルデラマの顔も。

★追記12/4
2話目で被害者が履いてる靴に注目していたけど、あの靴って去年話題になった、
20万円くらいの、UNITED NUDEが建築家のザハ・ハディッドとコラボしたやつじゃん!
私、あれ、試着だけしたんだよーーーーー
まともに歩けなかったんだけど・・・  
 で、近未来のドラマでこの靴ってことは、未来にはこういう靴を普通に履いてるってことか?
流行遅れすぎないか? どうなの????

これだ!





「アフェア情事の行方」THE AFFAIR


アフェア


R15+指定なんだわ、情事=不倫 エロサスペンスドラマだからねー。
妻子持ちを誘惑するウエイトレス役ルース・ウィルソンの顔、変わってるよねー。
この女優は、共演男優と必ず噂になるという人。美人とは言えないけど。
トークショーではあれは全部でたらめと言っていた。

いったいこの二人に何があったのー?どんな犯罪がおきたのー?と、
期待が高まる構成になってますが、エロシーンは嫌だなー。


「CSI:サイバー」CSI: CYBER


saiba-.jpg



パトリシア・アークエットが主役だよーーー

「CSI:科学捜査班」のスピンオフ作品で、サイバー犯罪専門の捜査班の活躍を描く。




「NCSI:ニューオーリンズ」NCIS: NEW ORLEANS


NCIS- NEW ORLEANS


「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」の最新スピンオフ
「スプリング・ブレイド」の子役ルーカス・ブラックがおじさんになってますけど。。。

ニューオーリンズが舞台のドラマって覚えがないから目新しい。







「BELIEVE / ビリーブ」BELIEVE


ビリーブ


大好きエリック・ストルツが監督

不思議な能力をもつ子供を狙う組織と守る組織の追いかけっこになってる。





「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」FOREVER

モーガンの


なぜか不死になってしまった検視医(現代では)が、
何度も死んできた経験から、事件解決に一役かうクライムドラマ。ユーモア有り。


🌟主演ヨアン・グリフィズの顔が好きなので楽しんでる。



「サウスランド」SOUTHLAND


サウスランド



LAの市警たちの日常を、
まるで警察のドキュメンタリー番組のようなリアル感で描くドラマ。
ドラマチックな事件ばかりじゃない、ささいなもめごとや交通違反など、
警察官の毎日の仕事を追う。今まで見てきたクライムドラマとは全然違う、
あまりにリアル感あって、見ていて苦しくなる、切なくなる、いたたまれなくなる。
地味だけどいいドラマだと思う。

第二のラッセル・クロウの呼び名も高い、ベン・マッケンジー主演。




「STALKER : ストーカー犯罪特捜班」STALKER


ストーカードラマ


ストーカー事件専門のエリート捜査チームの活躍。

マギー・Q主演
かっこいいんだけど、なんか、目の二重が広くなったような気がする。
この人は、目が大きくないほうが魅力的だと思うんだけど。



「アクエリアス 刑事サム・ホディアック」AQUARIUS


アクエリアス



デイヴィッド・ドゥカヴニー主演。
チャールズ・マンソン一団の犯行を描くってのは楽しみだったんだけど、
あの時代のああいう人達の共同生活が気持ち悪くて一話で見るのやめた。






そんで、なんったって最高なのが、

「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」シーズン2 THE FALL
が始まったこと!! 
このドラマは、次の回が楽しみすぎて辛いので、全話放送が終わるまで録画しておいて、
一気にみないと体に悪いと思います。
わかっちゃいるけど、第一話目を見てしまい、先が気になりもどかしくてもどかしくて。

ふぉーる





他にも

11/29〜 「フルサークル・シカゴ」(AXN)
11/29〜 「セーフハウス狙われた家族」(WOWOWプライム)
11/30一挙放送 「ホワイトチャペル4終わりなき殺意」(WOWOWプライム)
12/6 「ゴールデン・ボーイ NYPDルーキー捜査官」(AXN)
12/30から1/3放送の「暴走区」(WOWOWプライム)

などなど、お楽しみがいっぱい!

2016年1月には、「クリミナル・マインド」のシーズン10も始まる〜




______________________________


ドラマじゃなくてトークショーの、

「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」が、
ステラ・ギブソンの次くらいに好き❤️

AXN番組案内




スターが毎回3人も出て、仕事からプライベートまで、いろいろ話す。

ケイト・ハドソン トム・ハンクス  ミラ・クニス
パトリシア・アークエット クリス・パイン デヴィッド・ベッカム
クレア・デインズ マイケル・ダグラス サイモン・コーウェル
ベン・マッケンジー クリステン・スチュワート
その他 たくさん 豪華〜


ホストが変わってから、シモの話と毒ジョークが減り、
かなり健全な雰囲気になってしまった。
(ニール・パトリック・ハリスの、タマが所定の位置に落ち着いた・・には爆笑したが)


One Directionがゲストの時、
ゲームに負けた人がその場でタトゥーを入れるという、、
日本じゃ〜考えられない素敵な企画。





ジェームズ・コーデン、ヒリンドン・ロンドン特別区出身 って、
英国やアイルランドやスコットランドの複雑さはどうにもよくわからない。
前ホスト同様、
アメリカ文化やアメリカ英語と自分の故郷を比較したジョークが、よく出てくるけどね。



以前はスコットランド出身のクレイグ・ファーガソンがホストをしてました。

クレーグ・ファーガソン 過去記事




もちろん!ここ数年で私が一番好きな
「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」は、
最初に吹き替え放送、次に字幕放送という順番で、
シーズン7の字幕がそろそろ始まる嬉しさ




ふう〜   

「ミッシング・ディ」


◾️BBQ臭がまだまだ消えない 髪も服も家具もBBQ臭で家にいたくないー
びーです◾️



プエルト リ〜コ〜 🎵

が舞台だと知り見てみました。



原題 RECLAIM 2014年 アメリカ/中国/マレーシア

原題は、この犯罪行為の通称なので、知ってる人にはネタバレタイトルということか。

監督 アラン・ホワイト 

ライアン・フィリップ
ラシェル・ルフェーブル
ジョン・キューザック
ジャッキー・ウィーヴァー
ブリアナ・ロイ
ヴェロニカ・フェイ・フー
ルイス・グスマン


RECLAIM.jpg



胎児を事故で亡くしたシカゴの夫婦が、
ハイチの震災孤児を養子に迎えるため、プエルトリコに向かう。
斡旋者のガブリエルは、指定の宿で養子のパスポートが届くのを待てと言う。
同じ宿に滞在するベンという男が夫婦に近づいてくるが、
同時期に養女が行方不明になる。








そっか、ハイチはフランス語かぁ〜  と知る。



ジョン・キューザック、この人の顔が昔から苦手です。
小さいあごと薄くて曲がった唇が・・・・ 
おっさんになり、今や気持ち悪い以外の何物でもない顔に。
背中がぶるっとくるくらい気持ち悪いです。顔だけで。生理的にダメ

ライアン君、あんなに可愛かった男の子もパパ役をやるようになり、
おじさんに近づいて輝きが減り、若さの儚さを思い知る。

美しいリコの海、オールドサンフファンの街並み、
ああ。。。 懐かしい

これだけで見てよかった

だけどちょっと中心地を離れると家々の窓には鉄格子があり、
おっかないところなのだ、とこころした。それがリコ。

世界中で年間120万人の子供たちが行方不明になっているというが、
先進国だけの数字じゃないの?
紛争地帯や子供を強姦してOKな価値観の地域を入れたら、
それどころじゃないと思う。


性善説では安全に生きられないのが世の中なのね


ちゃんとできてる映画だと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ロケ地で喜んだ映画もう一本は、
ミズーリ州ハンニバルのトム・ソーヤの森が出た、
どうにも合わない映画で途中で削除した「タミー」。
これは、スーザン・サランドンの老け役に馴染めなかったし、
私 メリッサ・マッカーシーの演技を面白いと思えないみたい。








賃貸アパートでBBQ の顛末



新宿のビルの屋上の、しょば代だけで一人2000円するBBQエリアの、
セットになってる肉も野菜も激マズすぎて、(ほぼ捨てた)
どうにもおさまりつかない我が家。

NY発祥のヘルシーバーガー シカゴで美味かったシェイクシャックの、
日本1号店にはりきって行ったものの、
行列できてて即帰路につき、どうにもおさまりつかない我が家。



旨いBBQハンバーグを焼く!と心に決めた夫が、
炭だのトングだの着火剤だのコンロだのを一万円くらい一揃い買い、
肉は牛ひき肉2kgも買い、シェイクシャックのシャックソースのレシピも手に入れ、
昨日、いよいよ実行にうつしました。

もともと、だいたいの土日は夫がメキシカンやアメリカンフードを料理する。


朝、私が寝てる間にコストコ行って仕入れて帰ってきたのが12時くらい。


IMG_3259_convert_20151124154638.jpg

IMG_3260_convert_20151124154732.jpg



12時半くらいに、
(うちは1Fなので猫の額庭がある)炭おこし始め(おこしてもらった)

小さいブロックみたいな着火剤では全然炭がおきなかったので、
結局 小型火炎放射器で直接炭をやっつけた。(やっつけてもらった)


IMG_3263_convert_20151124155729.jpg


おじさんの手ごねってところがちょっと。。。あれだが

IMG_3255_convert_20151124155319.jpg



ハンバーグの型も買ってあったが、思ったより小さいから、
手ごねのうえ 手びろげにすることに。


IMG_3261_convert_20151124161009.jpg




本当はいっぱい作るはずが、(なんせ2kgの肉)
肉が冷たすぎて手が痛い!
と 400gほど、6枚しか作れず。(作ってもらった)

IMG_3258_convert_20151124155637.jpg





シャックソースはフードプロセッサーでかき混ぜる(混ぜてもらった)
このプロセッサーは、私がどうしてもフムスが食べたくて、
そのためだけに買ったはいいが、2回しか使わずほったらかしていたもの。

IMG_3252_convert_20151124154950.jpg



なんとか無理矢理半分くらい赤くなった炭をコンロ?に入れ、金網の上に肉を置く。
(置いてもらった)


IMG_3264_convert_20151124155801.jpg


しばらくしたら、大音量で鳴り出した警報機。
ぴーぴーぴーぴー でかい音が鳴り響き、
「空気が汚れています 換気してください」 
と女性の声で繰り返す。

換気扇回して窓開けてたのに・・・・

急いで警報機止めて  なんとか焼き上がり。 ここまでで2時間。

朝からコーヒーのみでバーガー楽しみにしてた(ずーっっとTV見てただけ)私は、
三つ食った。


IMG_3266_convert_20151124155841.jpg



コストコのまずいスライスチーズは乗せないほうが美味かった。


IMG_3268_convert_20151124155932.jpg




味は旨い! 旨いが、 あれから24時間以上たっても、
今も家中がスモークサーモンみたいな匂いのまま。
窓開けて換気扇回して消臭スプレー何回もしたのに、
家中スモーク。


後始末、、これがね、
炭の始末とコンロの掃除、焼き網にこびりついた肉片落とし、
ああ・・・・・・・・・・  腱鞘炎が・・・・



道具は それでなくても収納が少ないのに、しまうところ無くて出しっぱなし。


今度は丸いフードの付いた、本格的なBBQコンロ?買うか!
と言われたので、一軒家買えるよう宝くじ買います、と返事しました。


そして肉! あと1600gもどうやって食べればいいんだ!
夫は冷凍肉嫌いだから、冷蔵庫にあるんだけど・・・???


やっぱりBBQは
そこそこ広い敷地に建つ一軒家の裏庭でやるもんだ。と身の程をしりました。


でも、スモークした素材が大好きだから、ハンバーグは本当に美味しかった。

ついでに言うと、夫が作るプルド・ポークは、ひいき目でもなんでもなく、
どこの店で食うより数倍美味しいです。フードトラック始めたらいいです。
どっか出張とか旅行とかする時は、プルド・ポークいっぱい作っていって、
と頼んでいます。










「ダークスター」


▪️「THE FALL」ステラ・ギブソン新シーズンが始まったので、
ドキドキしまくり嬉しい落ち着かない毎日  びーです▪️




ジョン・カーペンターが、
大学時代に「バタリアン」ダン・オバノンと作った作品の長編化。
これが長編デビュー作。




原題 DARK STAR 1974年 アメリカ

監督 ジョン・カーペンター

出演
ブライアン・ナレル
ドレ・バヒッチ
カル・カニホルム
ダン・オバノン
ジョー・サウンダース



ダークスター




近未来。銀河系の外に新天地を求める人類。
4人の船員を乗せたダーク・スター号は、コンピューターの判断により、
進路にある邪魔な惑星を爆破しつつ進んでいたが、
爆弾が一人歩きして指示を無視する事態が起きる。








「放射能もれは気の毒だった、健闘を祈る」というような、
地球からの通信から始まり、宇宙船で事故あったんだな、と思い、
その事故がメインかと思ったら、もやもやと変な方向に流れていきました。


脳みそだけの船長、ボールみたいなエイリアン、変に人間的なPC
宇宙船が舞台だけれど、時代だからかラリったヒッピーみたいな乗組員の風貌。

不思議〜

70年代に見たら、最先端のSFに見えるのかもしれないけど、
現代の目で見ると、奇妙にシュールでサイケでキッチュで、チープささえおしゃれ。
笑っていいのか?これ?


特にボールエイリアンと船員の争いは、
怖い展開になるのかコミカルで微笑ましいエピソードなのか最初区別がつかず、
変、変なんだけど、嫌いじゃない数分間。



どう評価していいかわからないけど、タイプだわ。




☆追記
今、SF映画の歴史みたいなドキュメンタリー見てる。
ジョン・カーペンター本人が言うには
「2001年宇宙の旅のストイックな乗組員に物申すのがこの映画だ」
「密封空間で長期勤務になると、気遣いは消え投げやりになる。
それが人間だ」
「私ならもっとうまく描ける」


へええええええええ










人を殺す権利は誰にもありませんとタバコ会社を内部告発した人


恐ろしいがありがたい医療番組を見た



無知な親から、産まれる前から副流煙に毒され、
その後何十年も職場や友人達から副流煙の毒にさらされ続け、
嫌と言えずに生きてきて、
自分は吸わないのに肺活量は毎年計り直しされるほど低く、
アトピーは、副流煙吸った後極度に悪化することを思い知り、
でも社会活動の中で誰にも「アトピーがひどくなるからタバコ吸わないで」
とは頼めるはずもなく、
もう完全にフリーになった今、やっと、「タバコのある場所には行きません。」
と言えるようになったが、友達には吸ってる人もいて、
会いたいのに会いたくない悲しい思いをし、
街を歩いていて突然息が苦しくなると誰かが歩きタバコをしていて、
息止めてその人を走って追い越し、息切れするということになり、
外出も実は恐怖であります。

バスや電車のなかで背広に染み付いたタバコの臭いのある人がいると
それだけで息が苦しくなります。

だから、必ずセットでタバコが付いてくる、
いわゆる打ち上げなどには絶対に行かないがそれも悲しく、

あ〜あ






もう、ほんと、

タバコは人殺しの毒薬と法律で違法薬物に指定してほしい!



頼むよ!!!!



私は 嫌われてもいいから「タバコを吸う人は自殺と同じ タバコを人前で吸う人は人殺しと同じ」
と言います。





「America's Next Top Model」19


▪️ファッションのサイトから「コーディガンのSALE」ってメルマガが来たので、
デギンスやレギパンのように新しいアイテム名かと思ったら、ただのミスのようだった。



<明日のトップモデル>
(タイラ・バンクスの後継者ということらしい)発掘番組ANTM.

アメリカで2012年放送のcycle19は学生特集
四年制大学、短大、通信大学、美容学校など、学生限定の候補者たちが集まりました。


この写真だと、ちょっと、アメリカに行ったら行ってみたいレストラン
Tilted Kilt Pub & Eatery→レストランサイト のウエイトレスみたいね。


karettji.jpg



私が応援しようと思ったのは、


強いけど悲しい目 ディステニー(あんまりモデル系の顔じゃないけど
大人っぽい美貌 キアラ(かなりモデル系だと思う
脚の長〜いファニーフェイス ブリタニー (あんまりモデル系の顔じゃないけど


メガネっこジェシーはどうみてもモデルじゃないけど、化けるかもしんないな、と。
クリスティンは美人だけど、顔はとーーっても好きだけど、
「世界は私中心に回ってるの」「だって可愛いんだもん」な発言でちょっとね。。

まだ初回見ただけだから、そのうち印象が変わってくるとは思うけどね。
ヘアメイクでがらっと変わる子や、写真がいい子を気に入ってくるかもしれないし。









SNSでウォーキングの評価を、
その場で手元でスマホでちまちまやるのが私には生理的にダメ。
そもそもSNSでの意見が審査対象になるっておかしいと思う。
ファッション業界のプロの目で評価するからこそ価値があるんじゃないの?


そういえば、往年の大スターモデル リンダ・エヴァンジェリスタが、
オーストラリア版はちゃんとモデルを育ててるからいい、みたいなこと言ってて、
アメリカのは、その後モデルで活躍してる子が少ないんだなー、と思った。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、その後のANTMをあらためて検索してみた。
たしかに、アメリカズネクストトップモデル後、何も記録に無い人が多いです。
(えええ〜い!長くて言いにくいんじゃーーー)


一番好きだった子はUKだけどね。

キュートな子猫ちゃんだった、UK版のアビゲイル・クランシー
久々に SNSを見てみたら、唇にお注射しすぎ・・・
プロフィールに、 Model, presenter and now a mummy! って書いてあって、
子供たちの写真もいっぱい投稿してて、幸せなママなんだなーと嬉しくなった。

でも相変わらずホット




_____________________________


女装するとシャーリーズ・セロン似のレズビアンキム・ストルツ、
ずーっとTVで活躍してます。モデル稼業はしていないんじゃない?


先月は、LGBTの大学生のためにスピーチをしたらしい写真が
インスタに投稿されてました。


きむ



_______________________________



cycle10 Lサイズの美女、ホイットニー・トンプソン、
2010年にForever21のモデルをしていました。タイムズスクエアの看板を飾ったり、
TARGET、コンバース、カバーガール他たくさんの広告に起用されているようです。
また、摂食障害協会の大使もしていた様子。
WEBサイトはなくなっていました。


ホイットニー



______________________________


cycle18のかっこいいレズビアン アズマイア・リビングストン
TVでも活躍しています。

アズマイアがお尻にパットを入れるのを拒否したエピソードは、
タイラにすれば言語道断なのかもしれないけど、
女を強調するようなことをさせるのは、
アズマイヤにとってはイジメにほかならないことだと思いました。





_____________________________


cycle21 クールでエッジー シャイ,
絵を描いています。サイトで作品の写真がみられます。

Shei Phan


シャイがSNSに最近投稿したサイトがこれです。シャイの写真はアートな写真になる!

Infinitite Twnty Six


他のお気に入りも、ちょいちょい時間ある時調べてみる


_________________________________________________



優勝者が決定したシーンを編集してくれてる動画
1-21まで





「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」


▪️カットニスへの思い入れ強すぎて、
ジェニファー・ローレンスはもう分身みたいな気持ち。びーです▪️


6冊ある小説の最後
「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」の後半部分の映画化です。


カットニスが大好きだから、ピータが大好きだから、
原作が大大大好きだから、映画は冷静に観られません。
世界同時上映、っていう喜びを観てきました。
世界中のカットニスファンと分かち合いたくて。



原題 THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 2 2015年 アメリカ

監督 フランシス・ローレンス


役名と俳優
カットニス・エバディーン ジェニファー・ローレンス
ピータ・メラーク ジョシュ・ハッチャーソン
ゲイル・ホーソーン リアム・ヘムズワース

ヘイミッチ・アバナシー ウディ・ハレルソン
アフィー・トリンケット エリザベス・バンクス
ジョアンナ  ジェナ・マローン
妹プリム ウィロー・シールズ
カットニス母 ポーラ・マルコムソン

反乱軍コイン首相ジュリアン・ムーア
元ゲームメーカー フィリップ・シーモア・ホフマン

MCシーザー スタンリー・トゥッチ
スノー大統領 ドナルド・サザーランド


公式サイト




THE HUNGER GAMES- MOCKINGJAY - PART 2


<これまでのいきさつ>
国民を恐怖で制圧するための「ハンガー・ゲーム」は、
年に一度、12の地区から男女一人ずつを抽選で選び、
首都でゲームデザーナーにより作られた殺し合いのゲームで戦わせるというもの。
カットニスは、選ばれた妹の代わりに自ら死のゲームに参加し、
同地区のピータと、大統領の意向に逆らうかたちで生き残る。
カットニスの勇気に刺激を受けた国民は、大統領と首都に刃向かう反乱軍となり、
カットニスを反乱のシンボルにする。

*カットニスが、父との思い出のマネスカケス(モッキングジェイ)
のブローチを付けてハンガー・ゲームを戦ったことから、
マネシカケスも反乱の象徴になる。

スノー大統領は、国民に支持されるカットニスを憎み、
二度目のハンガー・ゲームでカットニスの死を企み、12地区を破壊。
ゲームから助け出されたカットニスは、存在しないと言われていた13地区の、
地下に潜っていたコイン首相率いる反乱軍により、
組織の中心人物として活動するよう望まれる。


ファイナルのストーリーは、反乱軍のリーダーになったカットニスが、
憎い大統領と対峙するまでと、戦いが終わってからのカットニスを描く。



このTVスポット、「Stay With Me」(涙)のシーンがぁ〜っ  ううっ





UKでのプレミア上映動画
ジュリアン・ムーアのドレス素敵





小説で泣き泣き読んだラスト。早く、あのラストが見たかったの。

あのラストがあって、「ハンガー・ゲーム」は別次元に昇華しました。

映像でカットニスやピータの心理を100%表現するのは無理ですが、
虐げられていた国民、思春期の少女が、権力に立ち向かううちに成長していく姿は、
それなりに映像化成功しているとは思います。
だって小説読む前に観た一作目で、なにやら感動して、それから小説全部買ったんだもん。

このお話しが、ティーンに熱狂されるのはよくわかる。
永遠に16歳の心を持つ女性たちにもわかるよ。
社会体制や大人からの重圧に苦しむ子供が、力をつけて自分を見出し、
大人になっていく物語だもん。 泣かずにいられない。
自分の身に重ねずにいられない。


音楽が、ちゃんと小説の世界を表してくれてるのが嬉しい。


小説のファンとして胸がいっぱいすぎて、映画についてはどう書いていいかわからない。


ありがとう、カットニス、ありがとうピータ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェニファー、ハンガー・ゲームの撮影と同時期にニコラス・ホルトと恋をし、
ハンガー・ゲームが終わると同時期に別れた4年間だったのよね。
最近、つらい恋の経験とカットニスから受けた影響について、語っています。





「マシンガン・ツアー リトアニア強奪避航」


やったーーー!いいもんみっけ!!!
かっこ良くてかっこ悪くてクールで素敵なバカ映画だぁーーっ! 大好き


原題 REDIRECTED 2014年 イギリス/リトアニア

原題の意味は、IT用語?説明読んでも頭に入らない、理解できない・・・

監督 エミリス・ヴェリビス

出演
ヴィニー・ジョーンズ
スコット・ウィリアムズ
ギル・ダーネル ジョニー
オリヴァー・ジャクソン
アンソニー・ストラチャン
アルトゥール・スモリアニノフ



マシンガンツアー



今日は女王陛下の近衛兵マイケルの誕生日。
恋人との待ち合わせに遅れそうなマイケルは、三人の男に拉致される。
着いた所はストリップクラブ。悪友たちのサプライズだった。
ストリップを断ったマイケルは車で待つことにするが、
連中なかなか戻らない。なんと、三人はカジノで強盗をしていた!
何も知らないマイケルが家に帰ると、強盗の被害にあったマフィアが乗り込んできた。

命からがら逃げ出したマイケルは、マレーシアに高飛びする三人を空港で捕まえる。
がっ!飛行機は気象状況のせいで急遽リトアニアへ。。。。









ギャングのボスみたいなやつの役名が、
ゴールデン・ポール って・・・

キン・・・キン◯の大冒険。。ですよね。  ぷぷっ
キンタ負ける〜な キンタ負ける〜な キンタ負けるなぁ〜🎵
by つボイノリオ



最初っから、どとーの勢いでもってかれました。
リトアニアに着いてからの、マイケルたちと、
イギリスのマフィア、リトアニアの密入国斡旋業者、汚職警官
三つ巴どころか四つ五つと増えていく追いかけっこも面白いが、
リトアニアの、恰幅よすぎる普通のおばちゃんおじちゃん登場シーンがまた面白い。
なんせ言葉が通じない同士。微妙にずれる会話と間が、とぼけた可笑しさ。

いちいち説明するのは大変だ、見て見て見てぇ〜


ラストも最高、バカ笑った


保存版にする!


特に、神父の顔が見ているだけで可笑しくて、お気に入り〜 
Vytautas Šapranauskas(読めない)

で 調べたら、なんと、2013年に亡くなってる・・・・・ この映画が遺作に。
しかも、自殺・・・・・・・・・  ああ・・・・  いったいなぜ


亡くなった時のTVニュース?




__________________

音楽がかっこいい

バンド?なんてバンド?知りたい!すごく好み





↓ みっけた
リトアニアのTHE BUSっていう、二人組みの音楽家なんだね







旗で遊ぼう


アメリカのドラマ評論家(自称?)も言っていた。
「ビッグバン・セオリー」は特別だ


の中で私が注目しているドラマ内コーナー

シェルドン・クーパーの「旗で遊ぼう!」

Fun Fun

『こんにちは 僕はシェルドン・クーパー。
今日は第一話をお届けします。「シェルドン・クーパーの旗で遊ぼう」。
これから52週にわたり、僕と一緒にこの番組で
「旗章学」の魅力を探っていくことにしましょう。』 

by「ビッグバン・セオリー」




シーズン3 DVD予告動画





奇人シェルドンの旗ウンチクと、カメラ慣れしてなさすぎが笑えるエピですが、
時々しかやらないのが残念。ほんとうにユーチューブでやればいいのになー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ローマン・マーズという人が、旗について熱く語った「TED」で、
ついシェルドンの姿を重ねてしまった。

ローマンさん、「99% Invisible」というラジオ番組を作っている人で、
番組の中で、<世の中にあるあらゆるデザインに関心をもとう>
と提案しているそうです。


歯ブラシでも建築でもマスコットでも、
より良い暮らしと 喜びを与えるのが デザイン

と考えている。 大賛成


特に旗が大好きみたいで、あらゆる国旗、州旗、市旗などを紹介してくれました。

絶賛していたのが、
シカゴ
アムステルダム
カナダ






私も、アートとしての旗の美しさが子供の頃好きだったけど、
どれがどこの国なんてことどうでもよくて、きれーだなー、と眺めていただけ。

シェルドンみたいな人がほんとうにいるんだー。
とニヤニヤしながら見てしまった。

しかも、北米旗章学協会なんつー団体もあるとな!

学会が決めたいい旗のデザイン5原則
1 シンプルであること
2 意味のある記号を用いること
3 2、3種類の基本色を使うこと
4 文字や紋章を入れないこと
5  特徴的であること


この5原則からすると、残念な旗は、
サンフランシスコ。。。
ウィスコンシン州ミルウォーキー




面白いプレゼンテーションでした。



ちなみに私は、日本の国旗が大嫌い!!どうしても軍国主義を連想し、
むかっぱらが立つので。



______________________________________________________



そういやー ビッツグバンのなかで、
パーティに行ったシェルドンがオーダーしたのが「ルートビアフロート」
ここにはアイスなんか無い!とラージに言われたシェルドンが飲んだのが
「シャーリー・テンプル」

シャーリー・テンプルって飲み物(ノンアルコール)ってどんな?
っていつも思ってて、
この前行った、恵比寿に移動したロウリーズのメニューで見つけて注文。

ただの、イチゴシロップの炭酸水薄め、なんだね。800円の無駄遣いしちゃったー
私 かき氷シロップ嫌いだから。



IMG_7217_convert_20151119163047.jpg












「キリング・ゾーン」


▪️アメリカの他に行きたい国は、オーストラリアとカナダ  びーです▪️



原題 WRATH 2011年 オーストラリア 未公開

監督 ジョナサン・ニール・ディクソン 

出演
ステフ・ドーソン
ウィリアム・エモンズ
ザヴィエル・フェルナンデス
コーリー・ペイジ
レベッカ・ラトクリフ
チャーリー・フォークナー


キリング



四人の男女がオーストラリアをドライブ旅行。
途中のガソリンスタンドで、いきなり警官が何者かに撃たれ、
理由もない殺人に巻き込まれる。

まあ、これだけ です。


オープニングに、「理由もなく何かが起きるのが運命 神も止められない悪がある」
などのナレーションが入る。

不条理殺人の説明でございますね。








なぜこれを好きなのか自分でも説明できないが、
好きか嫌いかで物事を判断している私が、
ただ、好き、と感じたんだからしょうがない。


きっと、何か監督のセンスのようなものが自分に合うんだと思う。


殺す理由や人物の背景を語らなくてもこっちで想像できる。
<サイコパスオヤジに殺人手伝わされて育ったかわいそうなサイコ子供ら>とかね。

「クリミナル・マインド」にもこういう内容があったし、
『残虐な目にあっていた幼少期から脱出できずに犯罪者になった者』
に肩入れしてしまう体質の私ですのでね。

つまり、私にとってこの映画は、
アクションやサスペンスやスプラッターや銃撃戦のスカッとした映画ではなく、
悲劇の子供たち、の物語なのです。
そう考えると、原題の意味「憤り」がよくわかる。
押さえつけられてきた子供らの憤りだとすればね。

あ。。。 だから好きなのか。 かわいそうだから。



乾いた色彩も好きです。










「ことの終わり」


▪️ただ座ってるだけなのに吐き気すること多数 びーです▪️


好みの映画を作る人ニール・ジョーダン

「ことの終わり」も見てみた。昔の映画だから敬遠してたんだけど。
この邦題はいいね。想像力を掻き立てる。



原題 THE END OF THE AFFAIR 1999年 イギリス/アメリカ


出演
レイフ・ファインズ
ジュリアン・ムーア
スティーヴン・レイ
ヘザー・ジェイ・ジョーンズ
ジェームズ・ボラム
イアン・ハート



ことのおwさり



第二次世界大戦時
不倫関係にあった男女のいきさつが、男側から描かれる。

「会えなくてもいつでも愛してる」との言葉を残し自分を突然捨てた女を憎み、
捨てた理由を女の日記から知る構成。

不倫に燃える二人と、浮気を知りながら女を愛する夫の、
三人三様の胸の内が複雑に絡む。








「君の靴に嫉妬する  君を連れて行くから」のセリフは、
そこまで狂恋されたら快感 ですわね。




私の大嫌いな内容、大嫌いなシーンだらけ。
しかもリすごくリアルにエロシーンだらけ。
ほんとにヤってんじゃないだろ〜なー???くらいに

なのに不思議なファンタジー感。


これは、昨日見たオンディーヌの、
ファンタジーを大人の現実にした作風とは逆に、
現実の不倫どろどろ人間劇を、オブラートで包んで霧に浮かべ
ファンタジーに仕上げた作風。
静かに流れ続ける音楽が、絶妙に効いてる。

おもしろい監督だなー。



女優は若いときのほうが綺麗に決まってる(髪型とメイクの時代遅れはしかたがないが)
が、男優は、若い時のほうが断然美男の人と、歳とって見られるようになる人に分かれる。

レイフ・ファレンズは、
若い時の肌の質感、髭剃り跡やもみあげあたりが気持ち悪いから、
歳とってよくなるタイプでしたね。


ジュリアン・ムーアのおんなな感じが、
昔も今もとても苦手でございます。この人にすけべを感じず美しいとだけ思ったのは、
「エデンより彼方に」くらいだな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ニール監督らしくない内容だなーと思ったら、
なるほどのグレアム・グリーンの小説でした。
私はこの人の文章は男臭さでダメなのです。


ぐれあむ







「オンディーヌ海辺の恋人」



ジョディ・フォスター主演「ブレイブワン」はじめ、「プルートで朝食を」ほか、
数々のいい映画を撮ってきたニール・ジョーダン監督作。
私は「インタビュー・ウィズ・バンパイア」と「ビザンチウム」が極美で大好き。


原題 ONDINE 2009年 アイルランド/アメリカ

何言ってるかわかんないぞー?と思ったら、アイルランド英語だったのですねー。
監督も主演のコリンもアイルランド出身なんですねー。


出演
コリン・ファレル
アリシア・バックレーダ
アリソン・バリー
トニー・カラン
エミール・ホスティナ
デヴラ・カーワン
スティーヴン・レイ




オンディーヌ



シラキュースは漁師
ある朝、網にかかっていたのは、一人の女性だった。
息を吹き返した女性は病院に行くのを拒み、人に会いたくないと言い、
オンディーヌと名乗った。

オンディーヌを家に連れて行くと、腎臓病の一人娘は、
彼女は海の精セルキーだと言う。








寒々しい 荒々しい アイルランドの海と土地
酒に溺れていた世間になじめない漁師と、利発な娘
時々挟まれる詩的な会話 


素敵です。 素敵としか言えないが、とても好みの映像とストーリー構成。



オンディーヌの足のシーンは、この映画の中で唯一、私が嫌いなところだが、
男性ならいいシーンだと感じるでしょう。 まあ、特にエロいわけでもないけど、
ああいうことをぼーっと、意図もなくやる女は嫌いなので。



女性の名前は、水の精オンディーヌですが、
「フィオナの海」と同じく、海の妖精セルキーをモチーフにしています。
セルキーが脱いだアザラシの皮を埋めれば、
海に帰らなくなることも描かれています。



ファンタジー色が濃いけれど、
ちゃんと大人の理由、大人の結末になってて、
「んなわけねぇだろ!」と、ファンタジーアレルギーの私にとって、
納得のいくまとめかたをしています。
こういうところが、この監督の好きなところ。

監督の作品、未見の「ことの終わり」も、
BSイマジカで放送したので、録画しときました。



*アイスランドのバンド シガー・ロスの曲「All Alright」を
オンディーヌが歌うと不思議なことが起こる。



___________________________



「フィオナの海」予告動画

いい映画だったなぁ〜 VHSしかないみたい。








の海


ひさしぶりに原作読みたくなった。読もう!

ふぃおな












「ムーン・ウォーカーズ」



月面着陸捏造説(都市伝説?)を映画にした。


原題 MOONWALKERS 2015年 フランス/ベルギー

監督 アントワーヌ・バルドー=ジャケ 
*CMでたくさん受賞歴ありの人、初長編映画


出演
ロン・パールマン
ルパート・グリント
ロバート・シーアン
スティーヴン・キャンベル・ムーア
ケヴィン・ビショップ
エリック・ランパール
トム・オーデナールト
エリカ・サント エラ



むーんうぉーかーず


ベトナム戦争でのPTSDに苦しむ CIAのキッドマンは、
政府の指令でイギリスに飛んだ。
「月着陸が失敗したらロシアに恥をさらす。偽の映像をキューブリックに撮らせろ!」
2001年宇宙の旅はわけわからんが映像はすごい」
(キューブリックはハリウッドのやりかたが嫌で、イギリスに移住していたから)

キューブリックのエージェント デレクは、
うれないバンドの借金まみれマネージャー、ジョニーの従兄弟。
従兄弟に無心に行ったジョニーは、ヤミ金に返す金欲しさに、自分がデレクだと名乗る。
ルームメイトの万年ラリ男をキューブリックに仕立てあげ、
ジョニーはまんまと大金をせしめるが・・・・











一番良かったのが、
今までわりと、硬めの映画で深刻な役のイメージだった
スティーヴン・キャンベル・ムーアのバカ演技

この人、こんな役もやるんだー、と感心。好きな顔でした。過去。


対して、どうも違和感あったのが、ロン・パールマン。
超個性的外見で楽しませてくれてきたこの人、コメディの演技は合わないようで、
一人だけ浮いた存在に思えましたが、私の好みの問題ですかね?


自称前衛映像作家のキャラがすごい!作る映像もすごい!(ほめてない)
ケネス・アンガーを思わせる。

60年代ドラッグとフリーセックスとヒッピーへの懐古趣味みたいで、
好きな人は好きだろうが、私は冗談でもフィクションでも、
ヤクを気軽に出すのが大嫌いだから、始終いやな気分でした。
コメディらしいが、笑どころでいまいちすんなり笑えず。
ばったばった死ぬし首飛ぶし、激しく血しぶきだし、けっこうグロい。
グロいのは好きなんだが、この映画では、
アクションシーンはもっと軽く流しても良かったんじゃないの?

加えて、ヒロインは出てきません。素敵な美女が出てこないのに、
そこら中で裸さらしてるエキストラ女性がわんさかで、あ〜あ・・・



なんだかよくわからん映画だったなー

オープニングのサイケなアニメは好き。

*エンドロールの、”跳ねる白ブリーフデブ”が延々と続く様には、
一種畏敬の念を抱いてしまったデブ専です。





遠山伸吾個展 Covered


すごく好き!これ


性を感じなくて 透明さと孤立感があって


IMG_7218_convert_20151114161733.jpg

IMG_7226_convert_20151114162003.jpg


IMG_7228_convert_20151114161827.jpg


IMG_7231_convert_20151114161930.jpg


IMG_7233_convert_20151114161852.jpg





今夜、遠山氏作品のドレスを着て踊るダンサーの、
リハーサルを撮らせていただきました。
この服、欲しい〜


IMG_7240_convert_20151114154837.jpg


IMG_7234_convert_20151114160030.jpg



詳しくはこちら

4Dartgallery

TOYAMA SHINGO

ART UNIT HUST



☆ 今日から20日まで 






「ジェサベル」


■9月に、バグダッドカフェ周辺で、日本人観光客が二組襲われていた!
やっぱり!!!、、、



原題 JESSABELLE 2014年 アメリカ

監督 ケヴィン・グルタート  「ソウ」撮ってんだねー。

出演
セーラ・スヌーク
マーク・ウェバー
デヴィッド・アンドリュース
ジョエル・カーター
アナ・デ・ラ・レゲラ 美人
ラリサ・オレイニク 美人


日本のDVDパッケージ写真は、おっかなそう、と思わせ、
消費者の購買意欲を増す手口か、変な顔。

じぇざべる


元の写真のほうがこの映画らしい。

元ポスター



ジェシーは恋人と引越しの最中交通事故にあい、彼とお腹の子を失う。
産まれてすぐ、母親の死後父親の手で叔母に預けられ、その叔母も死んだため、
車椅子のまま退院したジェシーは、父親が住む家で静養することに。

父の家で古いビデオテープを見つけ再生してみると、
そこには亡き母の姿が映っていた。
ビデオの中の母は、タロットカードをめくりながらジェシーを占うが、
不吉なカードばかりが出る。

ビデオの存在を知った父は激怒し、
母は脳腫瘍のせいで頭がおかしくなっていたと言う。









ジェサベル(ジェシー)ちゃんは、スリップドレスってんですか?
丈は長めだけど、胸元・肩・背中が大きく開いたドレスばかり着ていて、
若い女性が普段着にこんなの選ばないよねー、と思ったけど、
もしかして亡き母の服なのか? そこんとこ確かめられなかった。



好きなシーンは、バスルームでジェシーが寝てるシーン。
水の質感と色がいい。泥とも血液ともつかない、なにやらまったりと赤茶色い。
ふふふ


タロットカードがストーリー導くのも好き。カード、好きだから。



アメリカ南部のルイジアナ州の、
ハイチの民間信仰ブードゥー教を取り入れた映画です。
「エンゼル・ハート」がそうでしたよね。
ここらへんの土地の歴史は知らないが、
もともとアフリカの人たちが、ハイチなどに奴隷として連れて行かれ、
そこからアメリカ本土にも連れてこられ、宗教がアメリカに根付いた?

南部というと、映画で見ていた、
ねばねばむんむんの沼地での、危険で猥雑な空気を思い描いてしまいます。

本作にも湿地帯らしきところが出てきますが、
私がこれまでに見た、南部が舞台の他の映画に比べて、しつこさは無いです。


ラストは、こうなるだろうと思った通りでしたが好き。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎日のように映画のこと書いてますが、実は、
あ〜あ、もう、この映画見るのやめよう、と
途中で削除した本数も同じくらいある。
「ムービープラス」とか「ザ・シネマ」とかの映画専門チャンネルが、
何回も何回も同じ映画再放送してばかりで頭にくる。
しかも古いのばっか。













「CSI科学捜査班特別編」とCSIシシリーズ


CSI科学捜査班もシーズン15でとうとう終わるので、特別編が作られたわけ。
グリッソムが出る!と見たが、好きじゃないエピソードでした。
SMのヘザーがらみだったんだもん。


WOWOWとAXNで、新シリーズと旧シリーズを毎日見てますので、
キャストの歳の取り方を目の当たりにし、寂寞?の思いにとらわれる。
グリッソムは顎がたるみ白髪だらけのただのじいちゃんになり、
ブラス警部は、一瞬気づかなかったほどにお坊さん化。
ニックの顔の下半身は異様にふくらみ、ごついおにぎりみたいに。。。
もちろん、女性たちがおばさんになってしまってるのは仕方がない。
仕方がないが、サラの化粧が濃いのは、若く見せようとしてなのか逆効果。
キャサリンの不自然に張り切ったおでこはボトックス?!

そういった俳優たちの容貌の変化にばかり目が行き、
見てるのが辛かった・・・

そういえば、映画「アクトレス」、見たかったんだけど、
歳とるのを受け入れられない中年女優の話らしいので、
いたたまれないから見るのやめると決めた。


こんなに若かったシーズン1

kagakusousahann.jpg




以前も書いたけど、
CSIでは、ラスベガスが一番好き。
青みの強い色彩に金属や都会を感じ、人物に強烈な個性があるから。

最初はグリッソムの科学頭が好きだったんだけど、
レディ・ヘザーによろめいたから嫌いになった。サラとのエピソードも好きじゃない。
職場恋愛を入れてほしくないから。
私が科学捜査ドラマに求めるのは、(医療ドラマでも)あくまでも仕事の技なのです。
個人的なもめごとや恋愛沙汰はいらないの。
だから、グレイス・アナトミーやプライベート・プラクティスは見なくなったんだと思う。

CSIシリーズっていっといてマイアミはまるで見ないのは、
ホレイショの顔が怖いから。それだけ。

全シリーズで一番好きな人は、NYのステラなんだ。
ステラの髪型が大好きでステラが携帯に出るときの「ボナセーラ」って一言が好き。
恋人とのエピソードもあったけど、ベタベタしたいやらしさを感んじないの、
この女優には。


メリーな



爆笑コメディドラマ「モダン・ファミリー」で一番好きなこの人も、
ラスベガスでラボにいたんだよねー。

エリック・ストーンストリート

エリック



 そうだ、

CSI NYで何シーズンで何話だったか忘れたけど、
セリフは「ピーピングトム」って言ってんのに、のぞき部屋のシーンなのに、
字幕はピーキングだった。そのあとちやんと「のぞき」って字幕も出て、
この翻訳者はピーピングトムという言葉を知らないのかな?と思った。
ラルクの歌詞にも確かあったような・・・覗き屋トム








「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」


▪️「兄が年上の子持ち女と結婚して・・・」と悩み相談された子持ち再婚女の私
  びーです▪️



WOWOWとサンダンスプロダクションとの共同制作ドキュメンタリー。
吹き替え放送で不満。だっておばあちゃんの年齢のイザベラなのに、
藤原紀香だよ?! 声、若すぎるって!


原題 Isabella Rossellini's Green Porno Live


言わずと知れたイザベラ・ロッセリーニが、7年作り続けている、
YouTube用ショートフィルム「グリーン・ポルノ」。

子供の頃から動物に愛着があり映画監督にもなりたかったイザベラは、
モデル・女優をしながら大学に入り、動物のことを学んだそうです。
動物の映画を作るうえで、人は何に興味があるかと考え、
セックスだと思いついたと言ってます。
そこで、生物の生殖行動の多様性を短編映画にしたわけ。




Isabella Rossellinis Green Porno




原案脚本主演監督のイザベラ、
タイトルにはポルノとついているし、低予算の短編映画だし、
最初は誰も協力してくれなかったと言ってます。
徐々に評判になり、やがて 
たくさんの映画祭に招待されるほど受け入れられ、
一人芝居へと発展し、本になり、今ではイザベラのライフワークになっています。









ユーモラスでウィットに富んでいて、シュールさもあって、
予算の関係で紙で作っているという衣装や模型が、
とてもいい効果になり、子供向け教育番組のようでもあり、
アートフィルムのようでもあります。

世界を周り三つの言語で行うLIVEは、
加えて気品さえ感じるパフォーマンスになっています。
もちろん、おおいに笑えるよう、イザベラが毎回の舞台で客の反応を見て、
脚本を練り直してるとか。


私も、人間以外の生き物の生殖形態には並並ならぬ興味があり、
変わった生殖器の持ち主や、交尾しないで増殖する生き物や、
ヘンテコな出産の生き物の話が大好き。

一番好きなのは、交尾しないで繁殖できる生き物。

自由になれる!これなら。
人間も早く、SEXしないで個々に受精できるように進化してもらいたいもんだ。


______________________________



「グリーン・ポルノ」海老。
いろんな動物のピーナツが紙で作ってある。生は見たくないが、
紙工作ならなんとか堪えられる。
外殻を脱いで交尾するイザベラ海老。






「かたつむり」
ちくちく刺激してからヤるそうです。




「蜘蛛」
メスにハエと間違われて食べられないように、ささっと一発すぐ逃げるオス。





みんなすごく面白い




「プールサイド・デイズ」


■しつこく夏の気持ちでビーサンで歩く11月 びーです■



原題 THE WAY WAY BACK

監督ナット・ファクソンは、コメディドラマ「Ben & Kate」で、
情けない兄ちゃん役が面白かったんだなぁ。お顔はアレだけど、
脚本家として、監督としてはいいですねぇ〜
本作、出演もしてます。

出演
リアム・ジェームズ
サム・ロックウェル
アナソフィア・ロブ
トニ・コレット
スティーヴ・カレル
アリソン・ジャネイ
マーヤ・ルドルフ
ロブ・コードリー
アマンダ・ピート
ジム・ラッシュ
ゾーイ・レヴィン


プールサイド



母親の恋人とその娘と一緒に、夏休みをビーチですごすことになったダンカン。
義理父になる男は威圧的で、ダンカンを3点の人間だと言う。

母を気遣いながらも男への反感が増し、ダンカンは自転車で遠出する、
ウォーター・パークの従業員と知り合いになったダンカンは、
成り行きでパークでバイトをすることに。
スタッフたちは個性的な男ばかりで、ダンカンのふさいた気持ちも明るくなる。









義理父になる男に反感を持つ、
思春期の男の子の様子がよくわかる映画でした。


主人公の俳優がいい。
学校ではさえないタイプで、ママにとってはいい子、
自分をまだよくわかっていない男の子。

大人になりきれてない、ふざけてばかりの、プールサイドの男たちの、
力の抜けた生き方が好き。

こんな働きかたができる職場っていいなー
めんどくせえルールなんかおいら関係ないもんねー。楽しめ楽しめってね。

爽やかで楽しくて面白くて、くさい教訓めいたところもなく、
とても清々しい、少年の成長物語でした。

おすすめの一本です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


マサチューセッツ州にある、ウォーター・パークで撮影したようです。
たのしそう〜  行ってみたい

Water Wizz


*翻訳サイトだと、『水小便』になる・・・・




おあずかりうさぎ


友達んちのロップイヤー♀を数日あずかってるの❤️



ふじこちゃん

IMG_3235_convert_20151108180445.jpg



IMG_3234_convert_20151108184834.jpg






ふじこのしもぶくれと肉垂

IMG_3237_convert_20151108182000.jpg





そんだけど、やっぱりうさぎはうさぎ、絶対に抱っこさせてくれない。
飼い主でさえ抱っこしたことないってんだから、筋金入りの抱っこ嫌い。


りんごとかキャベツとか、見せると寄ってきても、
すぐに奪って遠ざかり、背中を向けて食べる。。。


眉間をかきかきされるのはどのうさぎも好きみたいで、
「なでるのだけは許すが心は許さないよ」と、
なでなさい、と頭を突き出すが、
ふんじゃあもっと親密にと、こちらが抱っこしたい気になると、
とたんに脱兎になる。

つんでれどころじゃないね、

つん のみね、うさぎってやつぁー



でも外見の可愛さで、ずーっと見ちゃうのよ。
テレビもご飯もどうでもいいくらいにうさぎ見ていたいのよ。


だっこさせてくれないもふもふ、、、辛い








「エール!」


▪️夫が「海女(あま)の◯◯」とかって古いエロまじり映画見てる・・・
 びーです▪️


原題 LA FAMILLE BELIER 014年 フランス

なんで、この原題が「エール!」になるかなー?家族に主題をおく映画なのにー。
主人公の女の子にエールを送りたくはなるけどね。

監督 エリック・ラルティゴ

出演
ルアンヌ・エメラ
カリン・ヴィアール
フランソワ・ダミアン
エリック・エルモスニーノ
ロクサーヌ・デュラン
イリアン・ベルガラ
リュカ・ゲルベルグ
マール・ソデュープ
ステファン・ヴォイトヴィッチ
ジェローム・キルシャー


エール!




フランスの小さな村
酪農を営む家の家族は、両親と高校生のポーラと弟。
家族で一人だけ耳が聞こえるポーラは、通訳として両親に頼られていた。

気になる男子がコーラスのクラスを取るのをみて、
自分もコーラス部に入ったが、ポーラは歌うことに興味も自信もなかった。
ポーラの声を聴き才能を見抜いた教師に、
パリで勉強できるオーディションを受けてみないかと言われ、
眠っていた力に自分でも気づいたポーラは、
家族に内緒で、オーディションに向けレッスンを受ける。

やっと打ち明けた時、両親は猛反対。
「私たちには聞こえないのに!
あなたが生まれた時、耳が聞こえると知って泣いたわ」と母。
(聞こえなければいいのに、の意味)

ポーラは一度はオーディションをあきらめる。










映画館で予告編をみて、ポーラ役の新人女優の声に惹かれて観に行きました。
8歳の時からヴォーカルレッスンを受けていたそうです。


しっかし、フランス、愛の国?

高校生に歌わせる歌の歌詞が
「マルキ・ド・サド・・・・」だの「娼婦が・・・・」だの、
音楽の教師が「俺を勃たせてみろ!(歌で)」だの、

親も子も「寝る」(セックス)という言葉をしょっちゅう使う。
あたしなんか、いまだに言えないよ、この言葉。


好きな映画なんだけど、

父親がヤることばっか考えてるのが気持ち悪くて。
ううううううううううううう


手話で、字幕がなくてもあんなに伝わってきた「トライブ」と比べてしまった。
どうだろう?私がただ若い世代が好きだから、
中年が手話で争ってるのが見苦しくてちょっと嫌な気がしたのかなー?

あと気になったのは、高校生ポーラが左手の薬指に指輪してたこと。
純潔リング?それにしては家庭で性の話多すぎなんだけど。
性の話するくせに、生理がやっときたって。。。遅すぎるよ!
中学生で初潮だって遅いのに。


ルアンヌちゃんの魅力が全ての映画ですね。
あの子のおかげで、ジメジメせずに爽やかに楽しかった。
親元を離れる寂しさで涙しても、すぐに笑顔になった、あのシーンが素敵。
若者が未来に希望を持った喜びの顔ね。


*ポーラの親友役の女の子、フェリーニの「カサノバ」に出てた女優ににてる・・・
すぐ気絶しちゃう役の, 記憶違いかなー?
でも、フェリーニが使いそうなエキセントリックな顔してる。





「世界の終わり」


このタイトル、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTを思わずにいられない。



原題 GOODBYE WORLD 2013年 アメリカ 未公開

監督 デニス・ヘネリー 

出演
エイドリアン・グレニアー
ケリー・ビシェ
スコット・メスカディ
マッケンナ・グレイス
カロリン・ダヴァーナス
ベン・マッケンジー
マーク・ウェバー
ギャビー・ホフマン



世界の終わり



ある日、大勢の人々の携帯が『GOODBYE WORLD』のメールを大量に受信した。
メールを受けた直後、電波障害、停電が起こり、社会は混乱。
経済もインフラも崩壊する。

山の上で自給自足の生活をする夫婦は、
そんなことは知らず集まった友人をもてなす。
友人の中には、政府で働き有事の機密情報を知る人間もいた。

一緒にすごすうちに、仲間うちでのいざこざや過去のわだかまりが表面化し、
複雑になっていく中、謎の一斉メールの犯人がわかる。







大学の同期の3組の男女を中心とした、終末ものにしてはめずらしい、
爆発や銃撃や殺戮やなんかやが出てこない映画。
少しはあるが、動画での確認とか、兵隊くずれが銃見せびらかすのとか、
むしろ普通の人間ドラマ映画より少ないくらいの暴力シーン。

不思議なユートピア感

なにかっつーと「ハイになろうよ」ばかり言う天然妻役、
ケリー・ビシェが魅力的

出演者が、TVで長年なじんだ顔なので親戚を見るような気持ちに。


なんだか好きかも、いいかも、
と思いながらずーっと見ていて、へっ?こんなまとめ?こんな終わり?
好きじゃナーーーーーーイ。となりました。

ラストへのもっていきかたが、ご都合主義というか、
いい人な終わりかたなのが不満。結局それかよ。って感じ。


「どんな動物より 人間が危険だ」のセリフにうなずく





受賞というもの


ある映画祭の授賞式に行って、ずーっと疑問に思っていたことの答えを知りました。

《審査員は、候補作品を全部見て吟味してるのか?》


答え

見てませ〜ん



審査員が、壇上で、マイク通して、堂々と発言してました。
その現場で聞きました。

「全部は見てないんですけど、ご了承ください」


(@ @:)へっ????


あっそ


それなのに
「受賞」という、人生の大きな出来事を決めてしまっていいんですかねー?
人の人生に介入していいんですかねー?

映画に限らず、受賞ってこんなもん?

と、アカデミーでもグラミーでもカンヌでも思っていたこと、
程度の差はあれこんなもんなんだろうと、あらためて肝に銘じる。

まあ、あたしが好きだと思うやつは、だいたい無視される存在だったりするからな、
別にいいもんねーだ、 ふん。


アウトサイダーアーティスト万歳








「マリリン&モナ」


テルマ&ルイーズ狙いですかね?邦題は。
おまけに、余計な御世話の、くそくだらねえサブタイトルつけやがって、
大嫌いだから無視してやる。


原題 JUST LIKE A WOMAN 2013年 
   イギリス/アメリカ/フランス  未公開

監督 ラシッド・ブシャール

この監督は、私が優秀とする映画の中でも上位にくる、
「カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇」で製作
「ロンドン・リバー」で製作監督を務めてらっしゃるが、両方とも、
それどころかほとんどが日本未公開。ちぇっ

出演
マリリン役 シエナ・ミラー
モナ役   ゴルシフテ・ファラハニ



マリリン&モナ


イリノイ州シカゴ
マリリンの夫は、無職をいいことに自宅で女とヤる。
モナの夫は、きっつい母親が嫁いびりをするのを強く止められない。

モナは夫が営む食料品店で働き、マリリンはその客。
二人は同時期に家庭を捨て、偶然だが一緒に旅をすることになる。
マリリンの夢であるプロのベリーダンサーになるため、
オーデションが行われる町を目指して。










イラン出身のモナ役女優さんは、「彼女が消えた浜辺」で、
なんちゅう、可憐に美人さんなんじゃ!と驚いたおかた。
まあ、この映画じゃ、美人がうようよ出てるんだけどね。

シエナ・ミラー、美人なのに、私の脳みそがどうしても顔認識できないおかた。


ベリーダンスというダンス。
なんでも、「セクシーな自分を演出できるからいい」と日本人の誰かが言っていた。
あたしは、腹出し腰振りが男の肉欲を刺激しそうで、<イヤラシイダンス>と思い、
男に媚びる女のダンスのようで非常に見ててつらい。セクシーにもなりたくない。
美と官能、女の利点と力のダンスとも言えるのだろうけど、
衣装も女性も美しいのだけれど、自分はやりたくない。



ベリーダンスの先生はゲイですが、映画の中で、
悩む女に対して、具体的に動いてくれるのは、この人一人。
うん、うん。

優しいらしいが、妻に対する母の横暴に対処できない夫はダメ。

女性がゲイという、生物としては男性といると心から安心できるのは、
自分に危害を加える心配がないからなのよね。


モナのその後が気になります。


女性二人の逃避行系映画は、どうしてもテルマ&ルイーズと比べてしまいます。
あれを超えるものはできないのではないかなー。
辛くて悲しくてかわいそうで痛々しくて、爽快で嬉しくて、
ああやって死にたいと思える映画。











「裁かれるは善人のみ」


▪️「前の人の座高が高くて見えないから、席変わってくれません?」
と、驚きの交渉をしていた人がいた映画館  びーです▪️


原題 LEVIAFAN 2014年 ロシア

リヴァイアサンはどんな武器でも倒せない怪物だそうで、
ここでは国家権力をリヴァイアサンに例えているのでしようか。


監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ
「父、帰る」がすばらしく、何年たっても強烈な記憶として残っている。
他の作品は未見なので、そのうち見たい。


出演
アレクセイ・セレブリャコフ
エレナ・リャドワ・・・・・・・素晴らしい!!!
ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ
ロマン・マディアノフ
セルゲイ・ポホダーエフ
アンナ・ウコロワ・・・とても共感できるリアルな存在感
アレクセイ・ロズィン


いくつもの、実際の事件や書物からの着想ということで、
公式サイトにそのあたりが詳しく書かれています。

公式サイト



善人のみ


**威厳と冷徹さに圧倒される風景に、「父、帰る」を思い出した。


小さな田舎の入江の町。祖父の代からここに住むコーリャは、
市に土地と家を安く買われそうになり、それを不当として訴訟を起こす。
コーリャを恨む市長には、隠蔽した犯罪の過去があり、
それを知るモスクワからきた弁護士は、市長との交渉の切り札にする。

コーリャの妻リリアは二人目の妻。最初の妻との息子ロマは、
リリアに冷たくあたる。

家族ぐるみで親しくしている警官のパーシャたち、
コーリャ一家と弁護士が、揃って射撃に行った折、弁護士とリリアの関係が発覚。
コーリャは二人を殴ってしまう。
この出来事は、コーリャのその後を大きく変えてしまうことになる。









とにかく飲む、飲んでばかり 男も女も
ことあるごとに飲む 飲まずには食わない 飲まずには語らない
飲んでも運転 飲んでも射撃 

ロシア人はよく飲む、とは聞いていたが、
見てるだけでも気持ち悪くなるほど飲むシーンが多い。
酒が飲めないロシア人もそりゃいるだろうが、大多数は大酒飲みかい??

そして、ロシア人は(一般の、ね)権力を軽蔑しているそうで、
射撃シーンにそれが描かれています。ここは苦笑した。


うーーーーん、なんといいましょう。


前半の、市長対コーリャの裁判に関する、登場人物の会話の細かさから、
後半の、絡み合う出来事の、誠実さと陰謀のかませ具合への変化の巧みなこと!

女性の判事?が、なんの感情もなく顔もあげず、
早口言葉のように判決文を長々と読み上げるあのシーン。
あの二回のシーンに、あまりに無慈悲な権力の在り方を思い知らされ、
背筋がぞぞーーっとした。

うまいなぁ〜 監督

げす脂肪の塊市長が、神妙な顔で息子に「神はいつでも見ているのだよ」
とか言っちゃう、ロシア正教の説教シーンの皮肉さも見事!
激昂しやすいたちの私は、映画館で暴れるのを我慢したよ。

うますぎるっ! 監督


音楽いっさい流さず、余韻を残すエンドロールで壮大で宿命的な曲を流す。

匠ですな、監督


浜辺に打ち上げられた、海の怪物の全身骨格と、
冷たくうねる波の間に見える、巨大な生物の一部分。
これらが、悲劇的な寓話を想像させる。


邦題が明かしちゃってるからネタバレも何もない。
弱いもんが強いもんにとことん搾取されいじめられ葬られる話です。

権力の狡猾さには、一般市民は太刀打ちできない

はい そうなの、その通りの現実世界なの。

しっかし、この映画、
やっぱりすごいのではないか?
あとあと考えて、すごさをかみしめるのではないか?
「父、帰る」を超えたのではないか?

そんな感想になりました。

うまく表現できないんだけど、この監督はすごいと思います。
すごい!と思うのは、あたしがもう、
散々あれこれしてあれこれだった人生の後半に突入してる人間だからでしょうか?
若かったら、暗い、つまんない、と思うのでしょうか?

あ、でも、大人の男女の性事情に納得がいかない私は、
なぜにあのように突然にリリアがあーしたかが理解できないんです。ごめんなさい。
推測では、産まれた土地と環境にずーーっと不満をもってきたリリアが、
都会から来た、知的で頼れる洗練された男に会って、
「あたしを変えて!」「この人生から救って!」とすがる思いに駆られた。
それが性に現れたということかしら?

わかんね


こちらに、監督のインタビュー記事があります。深い〜

OUTSIDE IN TOKYO

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


銃で遊ぶ息子を見て、母親が言う。
「男は(子供でも大人でも)同じね。最初はキレイと言って、後で殺す」

うんうん。
でも、子供に武器のおもちゃを与え、
大人(男)の射撃遊びについて行かせるあんたも悪い。



あああーーー 語りつくせない一本がまたできてしまったなぁ
喜ばしいことだけど。




「ミッキーのゲーム世界停止へのカウントダウン」


これ再生し始めた時、通り過ぎた夫が一目見て「まーたB級映画見てる!」
と言ったくらいな、そんな映画でござんした。



原題 PIRATE'S CODE: THE ADVENTURES OF MICKEY MATSON
   2014年 アメリカ 未公開
邦題は、完全に「エンダーのゲーム」パクリですね。

監督はハロルド・クロンク
「神は死んだのか」の人だった。あ〜 なるほど、私、あれ、ダメだった。

出演
デレク・ブランドン
クリストファー・ロイド
フランチェスカ・デローザ
ケントン・デューティ
フランク・コリソン
パトリカ・ダーボ


みっきーの



え〜っとぉ
囚人二人は海賊の仲間になれと脱獄させられる。
海賊の親分はこいつら兄弟のおじさんだから。

ぼく、さえない奴、と自覚する男の子は、隠れた力があるらしく、
才能ある子供が集められる施設に送られる。

海賊親分は、妻子が死んだのは電気機器のせいだから、
世界中の電波を乱してやる!とマッドサイエンティストに武器作らせる。
そいつは、ニコラ・テスラにちなんでテスラって電気の武器を作る。

男の子は、友達の女の子と、海賊のたくらみを阻止すべく船に乗り込む。


こんなとこ。
こんなとこだが、どうにもまとまりがなくばんらばら。






でかいヒゲ面受刑者が小さいテディベア抱っこして寝てる冒頭は、
お、こりゃ面白いコメディか?と楽しみにした。

しかし、楽しみはすぐ消えた。

ぬぼっとしたティーンエイジャーが、パソコンに動画日記残してる。
いつものように退屈な、と自分で言う程度の日記。なえる・・・

海賊らと受刑者デコボココンビのやり取りが、
コメディとまではいかない半端な抜作ぶり。
こいつらのシーンにかぎらず、たぶん笑わそうとしたセリフだろうな、
と想像するシーンに面白さを感じないのは、
脚本が悪いのか役者が下手なのか?
同じセリフを、「モダン・ファミリー」で聞いたら絶対爆笑のはず。


音楽だけは、やたらと勇ましく雄大で、
「ヘラクレス」とか「タイタンの戦い」とか
「パイレーツ・オブ・カリビアン」みたいだが、映像にその緊迫感はゼロ!

「国中の選ばれし子供達が集まる所」だという、
愛国者秘密結社の本部&訓練所は、
エンダーのゲームの真似っこみたいだが、
これも緊迫感ゼロ!

主人公の男の子、別に悪い顔じゃあないんだが、のべら〜んと平和顔。
子供の頃はとてもいい顔だったのに、成長期にのびてしまったのね。
お世辞にもヒーロー顔とは言えません。緊迫感ゼロ!

「都会っ子よ」の字幕の時、英語のセリフは「シカゴ」って言ってた。ふふふ
その後、「さすがだ」の字幕の時、セリフは「なんとかなんとか シカゴ」だった。


「バックトゥザフューチャー」ドグだっ!あのまんまの役柄


文句ばかりだが、なぜか嫌いとも言えないのは、
やたらといじりまくった高画質CGだらけの映画が嫌いな私が感じる、
愛すべき手作り感からか?


〜ナンシー・テリンとの美しき思い出に〜 と出たので検索した。
アートディレクターだったんだね。



「シェフ 三ツ星フードトラック始めました 」


▪️「象の耳」っていうパンのフードトラックに会いたい!
一回だけ買えたんだけど、食べてない   びーです▪️


原題 CHEF 2014年 アメリカ

監督 製作 脚本 主演ジョン・ファヴロー 

他出者
ソフィア・ベルガラ
ジョン・レグイザモ
スカーレット・ヨハンソン
オリヴァー・プラット
ボビー・カナヴェイル
エイミー・セダリス
エムジェイ・アンソニー
ダスティン・ホフマン
ロバート・ダウニー・Jr


syefu



LAのレストランで働く、オーナーの意向に不満なシェフ、カール。
ある日、批評家のネットの記事に怒り、
店内でまくしたてた動画が流されクビになる。

元妻の実家、マイアミに行く旅に、息子の世話係りとして同行したカールは、
そこで食べたキューバ料理に感動し、キューバ料理専門のフードトラックを始める。
スマホ世代の息子がSNSをフル活用し、トラックの宣伝を担当し、
行く先々で列ができるようになる。







フードトラックを始めるまでがけっこう長いので、
早くしてくれよ〜とじりじりしてしまった。
人生の転機なんだから、経緯を詳しく描くのは大切なんだけど、
なんせ私せっかちだから。



息子がいいね。ちゃちゃっとスマホいじって、
パパのビジネスの手助けをする。クールに。

あと、主人公の顔つき体つきが、いかにも食が大好きで、
いい家庭人になるには少し不器用なシェフにぴったりで、
この人が作るなら絶対うまそう、と思えるのがいい。



爆笑したのが、湿気で蒸れたきんた◯にコーンスターチふりかける所。

「そのまま揚げたらハッシュパピーだ」って

ぎゃははははははは (*´□`)

夫に聞いたら、「片栗粉まぶすとヒヤッとするよ」とのことなので、
同じでんぷんですから、蒸れには良い心地なのは間違いないようだ。


それにしても
「アンダー・ザ・スキン」でも思ったんだけど、
スカジョは髪の色が濃いと美人に見えない・・・・・



**劇中でてくるニューオリンズのベニエっていうドーナツ
ここのが有名だそうです。

Cafe Du Monde