「ババドック~暗闇の魔物~」


▪️時々 うさぎが足をドン!とする音と、かじり木かじる音が聞こえるんだけど



原題 THE BABADOOK 2014年 オーストラリア

監督 ジェニファー・ケント

出演
エシー・デイヴィス
ノア・ワイズマン
ヘイリー・マケルヒニー
ダニエル・ヘンシュオール
バーバラ・ウェスト
ベンジャミン・ウィンスピアー


ババドッグ


老人介護施設で働くシングルマザー
息子は問題児

ある日息子が読んでくれともってきた本が、
母親が見たことのない本「ババドッグ」。
内容の不気味さに、本を隠した母親。
しかし、ババドッグの妄想は母子に取り憑き、
息子が学校から追い出された日から、母親はどんどん追い込まれていく。







なんたって、
母親役と息子役のキャステイングの成功が、映画の成功につながった。

愛する夫に死なれた女が、手のかかる息子に悩まされ、
生活費のため好きな仕事をやめて別の仕事につき、
精神的にまいっていく過程を、悲しくも恐ろしく演じた女優。
一目見てどこか異質なものを感じる顔立ち体つき、
子どもなのに、笑っても怖い泣いてもかわいそうと思えない子役。

正直、この子どもが自分の子なら、狂う前に親権放棄するかも、
いや、誰のためにもよくないからひょっとして殺すかも。。。。。
くらいに思いました。すんません
だから、母親が息子に薬を飲ませるのがよーーーくわかるわ。

最初の頃、眠る息子の手足の動きに恐ろしさを感じた。
あの子の異常性があのシーンでわかったし、
母親の息子への怒りやいらだちも想像できた。


ふと目にした他人の仲良しぶり、ビンゴでの虚しさ、
オナニーさえ息子に邪魔される。
ちょっとしたシーンで、母親の孤独感、不幸感が痛いほどわかる。
そして深ーーーーく理解できるのが、
<息子の誕生日は夫の命日>ってとこ。
産んだその日から、息子への憎しみが始まってしまったのよね。
本人意識してなくてもさ。  わかる、わかるわ。

ババドッグ、あの声、邪悪で怖いね。でも、
ババドッグの怖さより、不幸な母親の苦痛っぷりのほうが怖かった。


の映画



女性心理をたくみに映像化した女性監督、素晴らしい
監督の次回作は、1892年に起きた十代の女の子の恋と殺人の映画化だそうです。
「Alice + Freda Forever」という本があります。絶対見たい



スポンサーサイト

予約録画の消化 映画感想 2


「サード・パーソン」

原題 THIRD PERSON 2013年 
   イギリス/アメリカ/ドイツ/ベルギー

監督 ポール・ハギス
出演 リーアム・ニーソン/ミラ・クニス /エイドリアン・ブロディ
   オリヴィア・ワイルド /ジェームズ・フランコ /モラン・アティアス
   ローン・シャバノル


サードパーソン


「クラッシュ」同様、別々に進む数組のカップル・家族のドラマが、
最後に絡み合い結末を迎える構成。
好感を持てる人物もなく、「クラッシュ」のような浄化作用は感じられなかった。
老人の性行為(リーアム)は見たくないので早送った。
暗い・・・・・




「ボーグマン」

原題 BORGMAN 2013年 オランダ/ベルギー/デンマーク


監督 アレックス・ファン・バーメルダム
出演 ヤン・ベイヴート/ハデヴィック・ミニス/イェロン・ペルセヴァル
   エヴァ・ファンデ・ウェイデーヴェン/アレックス・ファン・ヴァーメルダム


ぼーぐ


森にいた犯罪集団ボーグマンが街に降りた。ということらしい。
ホームレス風の男が家々のドアを叩き、「風呂貸してくれ」と言う。
普通は断る。ここで、「ファニー・ゲーム」になるのか?とびびる。
ファニー・ゲームのほうがまだわかりやすいね。
こういう設定は好みの私でも、人々が簡単に影響されてしまうのが非常に納得いかない。
インテリ意識やカルト宗教の裏打ちもなく、狂ってる様子もなく、
犯罪集団ができるってのも理解できない。
理解を求める映画じゃないんだろうけど、胸糞悪いだけでした。




「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」公式サイト
原題 PARKLAND 2013年 アメリカ

*パークランドは、ケネディとオズワルドが運び込まれた病院

監督 ピーター・ランデズマン 
出演 ジェームズ・バッジ・デール/ザック・エフロン
   ジャッキー・アール・ヘイリー/コリン・ハンクス/デヴィッド・ハーバー
   マーシャ・ゲイ・ハーデン/ロン・リヴィングストン/ジェレミー・ストロング
   ビリー・ボブ・ソーントン/ジャッキー・ウィーヴァー
   トム・ウェリング/ポール・ジアマッティ

パークランド


ケネディ大統領がダラスで殺された日から、
オズワルドが殺されるまでの4日間を、事件を偶然撮影した市民、
FBI職員、CIA職員、医師、看護師などを通して描いた。
なるほど、監督、ジャーナリストらしい映画。
邦題の「真実の」は、事件の真実じゃなくて、まわりの人々の動きの真実。
えっ!犯人分かったの?と早合点して録画しといた私は、まんまとだまされた。
その後の関係者がクレジットされます。

マーシャ・ゲイ・ハーデン,大好きだから、ぴったりの役だなー、と見てた。



「ヴィオレッタ」公式サイト

原題 MY LITTLE PRINCESS 2011年 フランス

監督エヴァ・イオネスコの自伝映画。
子どもの頃母親のカメラの前できわどいポーズをとり、ヌードで男性誌を飾ったエヴァ。
女優になったあと母親を訴え、写真のネガと賠償金を手にした。

出演 イザベル・ユペール/アナマリア・ヴァルトロメイ
   ドニ・ラヴァン/ジョルゲッタ・レアウ /パスカル・ボンガール
   ジェトロ・キャーヴ/ルイ=ド・ドゥ・ランクザン


ヴィオレッタ



70年代に一世を風靡した写真集のモデルはカメラマンの娘。
フェティッシュな衣装とヌードの被写体が子どもである衝撃と、
禁断の好奇心が人々を魅了した。
確かに、この女の子のモノクロの写真には見覚えがあります。

しかし、いくら娘が魅力的だからって、いくら芸術家だからって
ああいう写真を撮った母親は、母親ではないですね。
娘を、自己表現の素材としてしかみてない。
つーか、子どもにタバコ吸わせてるし・・・ もう最低

私は、少女とエロを結びつけるのが大嫌い!
絵画や写真やアニメでも許せん!芸術とは認めない!
大人の腐れ性欲目線で子どもを見るんじゃねぇ!っての。

ヴィオレッタ役の子、吠えるシーンに鬼気迫る
母を嫌うシーンに鬼気迫る この子を見るためだけでも価値がある。

イザベル・ユペールは、整形してからとても嫌いになりました。
まともに顔みられやしない。

ヌードのシーンがないのは、自分が負った傷を、
子役に負わせたくないからだそうです。セラピストもつけての撮影だったそうです。
そりゃそうしなきゃね。







予約録画の消化 映画感想 1


留守の間にHDDに溜まっていた映画を頑張って見ています。
時差ボケ?のためか、妙に早起きしてしまうので、
明け方近くから見てる日々。



「ぼくを探しに」公式サイト

原題 ATTILA MARCEL 2014年 フランス


監督は「イリュージョニスト」「ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ
出演 ギョーム・グイ/アンヌ・ル・ニ /ベルナデット・ラフォン
   エレーヌ・ヴァンサン/ルイス・レゴ/ファニー・トゥーロン


sagasite.jpg


ベルヴィル・ランデブー」で使われた曲「アッティラ・マルセル」から着想、
プルーストの「失われた時を求めて」の要素を取り入れ、
両親を亡くして話すのをやめた男が、過去を取り戻すまでをファンタジックに描く。


面白い、アメリ色のガーリー感覚映画ですが、
主人公の容貌が私には生理的に無理でした。


*同タイトルのシルヴァスタイン作名作絵本を思い出しますね。
関係ないのにさ。



「モーガン・ブラザース」

原題 100 BLOODY ACRES 2013年 オーストラリア

監督 コリン・ケアンズ/キャメロン・ケアンズ
出演 デイモン・ヘリマン/アンガス・サンプソン/アナ・マクガハン
   オリヴァー・アクランド/ジェイミー・クリスティアン/ジョン・ジャラット


もーがん


有機肥料を作る兄弟の裏の顔。
最初、死んでる男をバンに詰め込むあたりで、あーー、肥料の材料は・・・
と察しがついた。
環境問題をちらつかせてのホラー映画(苦笑) でもそんなに怖くない。
紅一点のアナ・マクガハン、どっかで見たか誰かに似てるんだけど、思い出せない。
にいちゃん役の俳優の顔と声が悪夢的に怖い。
ホラー&サスペンスなんだけど、弟の間抜けぶりでちょっとコメディ。
嫌いじゃない。



「イントゥ・ザ・スペース」

原題 DARK SPACE 2013年 アメリカ

監督 エメット・カリナン 
出演 スティーヴ・ウェスト/アラナ・ディーツェ/キース・レイ
   アヴィタル・アッシュ/トーニャ・ケイ/ジョセフ・ダーデン

イントゥ



宇宙旅行がさかんな未来。宇宙船はレンタルできる。
ある一行が旅行中、「この船もっと速くなんねぇの?」「俺、いじれる」
で、船は不時着。その星にはエイリアンがいた。

★女優3人が美女なので、それだけで私は満足。



「ジブラルタルの罠」

原題 GIBRALTAR 2013年 フランス/カナダ

監督 ジュリアン・ルクレルク 
出演 ジル・ルルーシュ/タハール・ラヒム/リッカルド・スカマルチョ
   ラファエル・アゴゲ/メラニー・ベルニエ/フィリップ・ナオン
   エイダン・ディヴァイン/ヴラスタ・ヴラナ

ジブラルタル


実話を基にしたという、犯罪もの。
イベリア半島の先、イギリスの海外領土ジブラルタルという舞台が意味を成す。
この地に住むフランス人が、イギリスとフランスのスパイ合戦に巻き込まれる。
骨太ですが、あまりノリはよくない気がして集中できず残念。

★女優2人が美女なので、それだけで私は満足。






簡単に映画感想 2


帰りの飛行機で観た映画


「シンデレラ」

Disney Movie

原題 Cinderella 2015年 アメリカ

監督 ケネス・プラナー
出演 リリー・ジェームズ/ケイト・ブランシェット
   ヘレナ・ボナム・カータ/リチャード・マッデン/ソフィー・マクシェラ
   ホリデイ・グレインジャー/ベン・チャップリン/ヘイリー・アトウェル


衣装や靴の美しさは当然のこと。
しかし、どうしても、フェアリー・ゴッド・マザーのミスキャストぶりが納得いかない。
太ったおばさん(おばあさん)でなくては!おまけにヘレナ、入れ歯?差し歯?違和感
王子に魅力なし。あと、アメリカ人ってなんでネズミを可愛いキャラとして扱うんだろ?
気持ち悪くて無理。
「勇気と優しさ」って、言い過ぎ、教育番組かよっ!


「Kingsman: The Secret Service」
(キングスマン) 2014年 イギリス

公式サイト


監督 マシュー・ボーン
出演 コリン・ファース/マイケル・ケイン/タロン・エガートン
   マーク・ストロング/ソフィア・ブテラ/サミュエル・L・ジャクソン
   マーク・ハミル

コメディにしては笑いどころが微妙
いつもいつも同じようなポジションのマイケル・ケインに飽き、
作り込めば作り込むほど変になっていくサミュエル・L・ジャクソンが
私には気持ちが悪い。
タロン・エガートン、イギリスの地味目の人間ドラマに出ていたらとてもいいのに、
この役には合わない気がした。


「Spare Parts」

YAHOO ニュース
(スペアパーツ) 2015年 アメリカ

監督 ショーン・マクナマラ
出演 ジョージ・ロペス/アレクサ・ヴェガ/マリサ・トメイ
   ジェイミー・リー・カーチス/カルロス・ペーニャ
   オープリー・K・ミラー/スティーブン・マイケル・ケザダ
   デヴィッド・デル・リオ/ショーン・マクナマラ
   デヴィッド・ハウス/J・ R・ヴィジャレアル/エリザベス・スモール


実話と知らなくて見て。まさかのアメリカンドリームに驚いた。
金と学歴と自信にあふれたアメリカの有名大学の学生と、
いつ強制送還されるかわからない、最低限の生活、荒れた学校、
犯罪に手を染める家族、の学生の対照。
校長を演じたジェイミー・リー・カーチスがいい。
不法移民問題は、子供の世代ではより複雑になってしまうことが少しわかった。
おすすめ映画です。







簡単に映画感想 1


行き帰りのJAL内で観た映画について、ざっと覚書。



「アリスのままで」

公式サイト


原題 Still Alice 2014年 アメリカ

監督 リチャード・グラツァー
   ワッシュ・ウェストモアランド
出演 ジュリアン・ムーア/アレック・ボールドウィン/クリステン・スチュワート
   ケイト・ボスワース/ハンター・パリッシュ


言語博士で大学教授という女性が、言葉を忘れていく皮肉。
病気を冷静に受け止めて対処する顔と、魂が彼方に行ってしまった一種平安な顔、
この二つのアリスの顔をジュリアン・ムーアが使い分け、受賞もうなずける。
自分も、アリス見ながら名前や住所を確かめてたよ。
印象的なシーンは、本人がそこにいないかのように、
夫と娘がアリスのことを話している時、ぼんやりと遠く霞む画面。



「おみおくりの作法」

公式サイト

邦題が大嫌いで見なかった映画。

原題 Still Life 2013年 イギリス、イタリア

監督 ウベルト・パゾリーニ
出演 エディ・マーサン/ジョアンヌ・フロガット/カレン・ドルーリー
   アンドリュー・バカン/デヴィッド・ショウ・パーカー/マイケル・エルキン

規則正しい生活と几帳面な仕事、一人暮らしの中年男。
一人で死んだ故人の身寄りを探し、連絡し、葬儀する。
時間と経費の無駄だと上司は解雇を宣言する。
この男に似つかわしい結末。よくも悪くも。



「フォーカス」

公式サイト

原題 Focus 2015年 アメリカ

監督 グレン・フィカーラ/ジョン・レクア
出演 ウィル・スミス/マーゴット・ロビー/ロドリゴ・サントロ
   ジェラルド・マクレイニー/エイドリアン・マルティネス/B・D・ウォン
   ロバート・テイラー/アポロ・ロビンス

マーゴット・ロビーの顔は大好きなんだけど、
「パンナム」の時の高貴な美しさのあとは、どんどんビッチ系になってしまい、
すごく残念、悲しい。だからこの映画は好きじゃない。
競馬、レース、アメフト?と、観光気分でそれなりに楽しめるけど、
師弟の関係のままのほうが緊張感あった気がする。



「ビッグアイズ」

公式サイト

原題 Big Eyes 2014年 アメリカ

監督 ティム・バートン
出演 エイミー・アダムス/クリストフ・ヴァルツ/クリステン・リッター
   ジェイソン・シュワルツマン/テレンス・スタンプ/ダニー・ヒューストン
   エリザベッタ・ファントン/ジョン・ポリト


クリストフ・ヴァルツの顔が徹底的に大嫌いなので、映画館には行くもんか、
と思っていた。あの顔が出るシーンは、字幕に集中してみるように頑張った。
本物の人物のほうがもっと極悪だったらしいし、地下室に監禁だったらしい。
ティム・バートンのおしゃれな映画にするよりも、
サスペンスやホラーが得意な監督な作ったほうが私の好みになるかも。
エイミー・アダムスの、ほぼ洗脳されてしまったような、
常に戸惑いうろたえ、神経質な表情は巧いと思った。





「シンデレラ」
「Kingsman: The Secret Service」
「Spare Parts」

は、明日書きます。



「人生はマラソンだ!」


シカゴ前に見ていた、下書きしていた映画の記事をアップします。



原題 DE MARATHON 2012年 オランダ

コピー・ライター、アート・ディレクターなどで成功した、
監督ディーデリック・コーパルの初長編映画。

「人生はマラソンだ!」サイトに、オランダとロッテルダムのこと、マラソン豆知識
監督の経歴など、詳しく書いてあります。

公式サイト


幼馴染の二人が書いた脚本というのが微笑ましい。(出演も)

出演
ステファン・デ・ワレ
マルティン・ヴァン・ワールデンベルフ
フランク・ラマース
マルセル・ヘンセマ
ミムン・オアイッサ
アリーアネ・シュルター
シンシア・アブマ
マルタイン・ラケマイヤー
マフーブ・ベンムーサ
ルース・ルカ


まらそんだ


自動車修理工場の経営者ギーアは、転移で手術できない末期のガン。
工場は経営難で税金も滞納。いったい金策はどうすればいい?

そんな時、仕事の休憩中にマラソンの雑誌を読んでいた、
足の悪いエジプト移民のユースが、「昔はマラソンで稼いでた」と言ったもんだから、
おやじたち驚く。ジョギングで金稼げるのか?
そういや〜 おれらの街でもマラソンあるべ? よし、でよう、スポンサー探すんだ。

どこでも門前払いのおやじたち、ユースの元スポンサーに交渉に行く。
素人ランナーにしぶるスポンサーに、ギーアがもちかけたのは、
「完走したら税金の肩代わり、棄権したら工場をやる」これで決まり。

ユースにコーチを頼み、おやじたちのトレーニングが始まった。






あれ?これイギリスの映画?と一瞬勘違いした空気感。
おやじたちのてきとーな雰囲気、家族の集まりでの会話のずれ、
さえないおっさんたちと自然体に中年なおばさんたち。

ユーモラスなケン・ローチ作品かと思うような、人間らしさと味がある。


お菓子好きのギーアのまわりで飛び交う、お菓子の名前にうっとり。
赤ちゃん抱っこするうすらはげおやじににっこり。
靴屋の兄ちゃんに一目で恋しちゃうおやじが可愛い。
エロネタ依存症おやじと、それにうんざりする家族にも苦笑。
ド派手なユニフォームも好み♡

ほんで、死人が出ても笑えちゃう展開。


なんでもかんでも人生人生って
うっとうしい邦題に反抗して映画館に行かなかったのを後悔の面白さ。

おまけの大興奮
大好きジプシーパンク Gogol Bordello
の曲が流れたじゃないのーーーー  声と音でわかったんだけどね。

これ知ってたら観に行ったのにぃ〜〜
かっこいいよーーーーーー





それにしても、ドラッグが出てこない西欧映画って無いの?
ドラッグは映画でも聞きたく無い見たく無い。







帰国しました


シカゴ 
スプレング・フィールド 
セントルイス 
オーク・パーク



それぞれの街のそれぞれの美しさに、感動。
狭いにっぽん、小さい家小さいビル、ちょこちょこと小さな料理、を思うと、
広い国土との違いに悲しみさえ感じる。



一年一度のぜいたく ビジネスクラスの旅です。
いちいち写真撮るってぇのが、まず、金持ちじゃない証なんですが、
シートからメニューからコース料理から、ばしばし写真撮りましたのよ。

JALビジネスクラス



行き JALのラウンジ


IMG_1622_convert_20150628121350.jpg


ここの二階にあるお食事コーナーのカレーは名物らしい、
ちょこっと味見。ビシソワーズが美味かった。
私はカレーはルー系よりスパイススープ系が好きなので。


IMG_1623_convert_20150628121433.jpg


シートの説明書き 読んでも理解できない『取説読めない派』
とにかく、全部フラットになるから、シングルベッドになるのはわかった。


IMG_1636_convert_20150628122221.jpg



シートをいろいろ変えられるがどれをいじればどう快適か、しばし実験。

IMG_1630_convert_20150628122153.jpg


隣とパーテーションで仕切れるから、夫婦別室な感じ。
テレビ画面大きさとソファの位置、ほぼ、うちにいるのと同じじゃね?
映画、最初に選んだのは「アリスのままで」


IMG_1646_convert_20150628140600.jpg


ウエルカムシャンパンのあと、
(のめないけど、嬉しいのでもらう。)お食事。
メニュー

IMG_1640_convert_20150628140810.jpg

IMG_1642_convert_20150628140709.jpg

IMG_1643_convert_20150628140747.jpg

IMG_1645_convert_20150628140912.jpg

IMG_1647_convert_20150629172606.jpg



数時間後
アラカルトで頼んだフミコの洋食美味かった。フミコ、誰?

IMG_1651_convert_20150628123502.jpg




フミコは機内がおやすみモードで暗かったので写真無し。
これは夫が注文したサンドイッチ

IMG_1654_convert_20150628141113.jpg

アラカルトでチーズ盛り合わせ、飛行機に乗る楽しみの一つがこれ。

IMG_1650_convert_20150628141039.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


帰り

ラウンジ、ブラウニー美味い
(ファーストクラスのお客様専用のラウンジもあるが、あたしらは入れない)
しかし、ラウンジの受付の人は日本人のおじさんで、
ファーストのほうよりこっちにほうが広いよ。と、なぐさめ??おことば

IMG_3057_convert_20150628141852.jpg


アメリカを離れる

IMG_3058_convert_20150628141934.jpg

アメリカの地面が下に

IMG_3060_convert_20150628142016.jpg



食事  

IMG_3061_convert_20150628142557.jpg

IMG_3064_convert_20150628142622.jpg

IMG_3065_convert_20150628142642.jpg


IMG_3066_convert_20150628142721.jpg


食事もチーズも、日本からよりアメリカからの機内のほうが、
ボリュームあったぞ。大きかったぞ。嬉しいぞ。




成田に着いたとたん、見えるのが黒い髪の毛ばかり・・・・・・
クラ〜〜〜い気持ちになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ROUTE66もの

IMG_3068_convert_20150628143129.jpg


アートもの

IMG_3070_convert_20150628143216.jpg



食い物もの

IMG_3072_convert_20150628143237.jpg




ラビットレスキューカレンダー


IMG_3067_convert_20150628143321.jpg


またね、アメリカ


今6/20の朝

この旅で五回も行ったパネラブレッドで最後の朝コーヒー。

もうすぐオヘア空港に向かわなければならない。

美しく知的で落ち着いたオークパーク、こんな所で子育てできたらなー、
と思ったよ。


IMG_3002_convert_20150625070512.jpg

IMG_2558_convert_20150625070748.jpg

IMG_0430_convert_20150625070716.jpg

IMG_0343_convert_20150625070625.jpg



あっ!うさぎだ

IMG_2619_convert_20150625070424.jpg


ヘミングウェイが通ったらしいビストロ

IMG_2553_convert_20150625071236.jpg


この映画館もいい感じだったなー

IMG_0403_convert_20150625071145.jpg




日本に着くのが21日午後
帰ったら写真の整理して、記事を充実させます。
飛行機で観た映画の感想もね。

☆来る時観たのは
「アリスのままで」
「おみおくりの作法」
「フォーカス」
「ビッグアイズ」


オークパーク3日目


あちこち移動してるから、何をどこでいつやったか、ごっちゃになりそう〜

今、19日の夜です。

今朝、夫が、ROUTE66Tシャツ買い忘れた!と言い出し、
オークパークやシカゴの観光は没にして、もう一度ROUTE66に行く!ことに……
一番近いお土産屋さんがあるジョリエットまで高速で飛ばす。
一箇所、高速料金かかる場所あって憮然。だってー高速料金無いのがアメリカの良さじゃん!


着いたら開店前だったので、近くのビッグKマートで買い物。
バネッサ・ハジェンスちゃんプロデュースのドレス。うふふ


IMG_0580_convert_20150625073935.jpg

IMG_2952_convert_20150625074035.jpg



ジョリエットの道端に、ロッキーホラーショーのポスターあったんだけど、
舞台?映画? なんだろ?車の窓からだからちゃんと確かめられなかった。


ここがROUTE66のミュージアム兼ギフトショップ
わりと立派な建物で、一階に展示物とインフォメーション兼ギフトショップ

Joliet Area Historical Museum


IMG_0571_convert_20150625074117.jpg


IMG_0577_convert_20150625074233.jpg

IMG_2967_convert_20150625075527.jpg




IMG_0581_convert_20150625074336.jpg

IMG_2965_convert_20150625075410.jpg


ROUTEにかけたルート(ROOT)ビア販売

IMG_2964_convert_20150625075450.jpg



このソファー、全部欲しい〜〜〜

IMG_2956_convert_20150625075012.jpg

IMG_2959_convert_20150625074949.jpg

IMG_2961_convert_20150625075033.jpg




ジョリエットは、「ブルース・ブラザース」の2人が服役してた刑務所があった所。
今は閉鎖されてます。「プリズン・ブレイク」の刑務所もそうだったかな?
ブルースブラザースの細い方が座ってる

IMG_2963_convert_20150625074441.jpg





オークパークに戻る高速が大渋滞
下に降りても大渋滞

イタリアンビーフのサンドイッチと行列ができるシカゴホットドッグを
どーしても食べる!夫は、完食に5分もかからないそれらのために、
渋滞にイラつきながら3時間以上走る。


Al's Italian Beef はアメリカのサンドイッチでベスト10に選ばれた店

Al's Italian Beef


IMG_0592_convert_20150625080801.jpg




シュワがいる

IMG_2968_convert_20150625080831.jpg



ペッパー(ピーマン)と肉汁を入れるか?と聞かれる。
肉汁が染み込んだパンのおかげで、飲むように2分くらいで完食

IMG_2971_convert_20150625080909.jpg


このまますぐ次の食いもんに行くぞ!と夫。
それはちょっと、と、車を停めていたターゲットを30分ふらついて、
買い物して次のアメリカンフードへ。ひ〜っ・・・

PORTILLO'S


IMG_0594_convert_20150625081623.jpg




ドライブスルーが中心らしく、車の列は絶えないが、中は意外に空いてる

IMG_0595_convert_20150625081646.jpg

IMG_0599_convert_20150625081814.jpg

IMG_2981_convert_20150625081717.jpg

IMG_2982_convert_20150625081744.jpg


IMG_0598_convert_20150625081841.jpg


これもほぼ、飲んだ
美味しかった

この二軒の間に走った道、どうやらプエルトリコ街を抜けたらしく、
州旗の形のゲートを入ると、ここがオークパークの近くとは思えない街並みに。
平日だけど、道端で旗売ってて、車も家も旗飾ってる。
公園ではなにやら祝賀ムードの集い。
プエルトリコの人は、よく州旗(国旗?)飾るんだそうです。


IMG_2977_convert_20150626064053.jpg

IMG_2978_convert_20150626064130.jpg

IMG_2974_convert_20150626064201.jpg



ホテルに戻り、1人で建築観てまわり、
またもやしこたまDr.マクドゥーガル買って、
スーツケースはこのように。

20150620115139132.jpg



明日は帰りの飛行機に乗らねばならぬ。


オークパークとシカゴ ダウンタウン


昨夜からは、帰るまでずっと、宿はオークパーク

The Carleton of Oak Park Hotel



IMG_3048_convert_20150624133432.jpg


ロビー クラッシックな内装

IMG_3039_convert_20150624132557.jpg

IMG_3042_convert_20150624132729.jpg

IMG_3045_convert_20150624132644.jpg

私たちの部屋は、本館そばの離れ

IMG_0389_convert_20150624133333.jpg



昨日、ホテル近くの散策をして、驚き桃の木山椒の木‼️
ここオークパークの一般家庭の家屋が立ち並ぶ様は、
区画整理され、計画して作られた【家】のテーマパークみたい❗️

な・ん・な・の?? あめりか?! なぜ?なぜにこんなに素敵な家???
家何十枚も写真に撮らずにはいられなかった。

あ、なんだ、ライトが設計した建築が30くらい集まってる街なんだねー。
どんだけ金持ちの街????? すげえ


ライトの家&アトリエ

IMG_0423_convert_20150624133854.jpg

IMG_2599_convert_20150624133954.jpg

IMG_3025_convert_20150624134128.jpg

IMG_0363_convert_20150624134035.jpg


ライトの家のまわり中、ひろーーーーーーーい町中、
まさに、閑静な住宅(豪邸)街

ライトの設計っぽいなー、って家がいっぱい。
本で見た有名な家もいくつか

IMG_2608_convert_20150624140331.jpg


IMG_2609_convert_20150624140411.jpg


IMG_2610_convert_20150624140442.jpg


IMG_2614_convert_20150624140533.jpg




このあたりに、
アーネスト・ヘミングウェイの生家と、少年期に引っ越した家があります。
私は生家と、ヘミングウェイ行きつけだった?ビストロしか見なかったけど、
家の見学やヘミングウェイ博物館もありました。

IMG_0410_convert_20150624134455.jpg

IMG_0350_convert_20150624134636.jpg

ポーチに立ってみた。

IMG_0355_convert_20150624134716.jpg


ヘミングウェイ博物館

IMG_2551_convert_20150624134553.jpg







ホテル近くには
ウォルグリーンとホールフーズとパネラブレッドが集まってる素晴らしさ!

昨夜ホールフーズのサラダバーとオリーブバー買って、
いろんな豆と穀物とチーズと、英語読めないから
何を入れたかかわかんないけど美味!




20150618232420499.jpg

20150618232423cd2.jpg

20150618232423150.jpg




今18日の朝です。今朝は
ここにもあるパネラブレッドで朝コーヒーの後、
ホールフーズでDr.マクドゥーガルのヴィーガン用電子レンジカップ飯15個購入。
スーツケースの片側全部にDr.マクドゥーガル詰めて帰る予定。


今からシカゴ ダウンタウンに再来して野外芸術の残りを見に行きます。

オークパークから電車で20分くらいでシカゴ ダウンタウンに行けます。
ループという地域にある、地球の歩き方に出てた屋外芸術は全部見つかった。



ジャン・デュビュフェ作 起立した野獣へのモニュメント

IMG_2650_convert_20150624141512.jpg

IMG_2652_convert_20150624141556.jpg


ピカソ作 ザ・ピカソ

IMG_0459_convert_20150624141633.jpg


ミロ作 シカゴ

IMG_0461_convert_20150624141747.jpg



シャガール作 四季

IMG_0466_convert_20150624141825.jpg


カルダー作 ユニバース

IMG_2688_convert_20150624142449.jpg



このユニバースのあるウィリス・タワーでは、
キノコモチーフの彫刻が展示されてました。

Jeffrey Breslow: Bolder & Boulder


IMG_2693_convert_20150624143715.jpg


IMG_2687_convert_20150624143819.jpg

IMG_2696_convert_20150624143748.jpg




また電車でちょっと移動。電車の路線は、レッドライン、ブルーラインなど、
行き先ごとに色分けされててわかりやすい。


IMG_2701_convert_20150624150110.jpg


ビル街の間を走る

IMG_2699_convert_20150624145801.jpg




何がオリジナルなのかわからないけど、
オリジナルHOOTERSにコスプレして行く。店内は赤い服のお客でいっぱい!
物凄い盛り上がり!

IMG_0501_convert_20150624145141.jpg


ミニミーじゃない?!

IMG_2703_convert_20150624145106.jpg


IMG_0494_convert_20150624145035.jpg


非常に場違いな感じの私らについたのは、
キュートなヴィヴィアンちやん♪お人形さんみたい!
「ゴージャス、キュート、エレガント、アイラブフーターズ」など、
脳みそフル回転で褒めまくり、帰りにはハグしてもらっちゃったよー❤️
シカゴのフーターズシャツ、買っちゃったん♪


IMG_0492_convert_20150624145357.jpg




201506191312574e9.jpg


ダウンタウンに戻り、赤いシカゴを散策する。
赤い人たち、
どうやらアイスホッケーのリーグ?で、シカゴのチームが優勝したらしく、
優勝パレード?やってたみたい。街中、お店の中、赤い人でごった返し!

IMG_2673_convert_20150624144118.jpg


この子たちめちゃ可愛いかった!向かって右の子は、
日本にステイしてたって言ってた。

IMG_2681_convert_20150624144222.jpg

お兄さん 大盛り上がり

IMG_0486_convert_20150624144155.jpg

*追記7/15
「モダン・ファミリー」シーズン4の再放送見てたら、
クレアとキャメロンがリフォームして転売する家を見にきたルークの友達(大人)が、
このチームのファンだってんで、家にチームロゴ?の旗飾ってたわ
ついでに「ダイハードのビルが見えるよ」と言ってたから、ドラマの舞台はLAね。


あっ!コストコだっ!
コストコ、劣悪な環境で飼育されてる鶏のこと、バレたね。

IMG_2683_convert_20150624144319.jpg



ああ、可愛いドーナツ屋さんだ

IMG_0476_convert_20150624144251.jpg




きれーーーな女の子たち、ハンサムな男の子たちの集団にうはうはするも、
夫は人ごみ大嫌いだから、メイシーズのフードエリアで一休み。


夕方から、夫はホワイトソックスの試合観戦に
私はシカゴ美術館に

the Art Institute of Chicago


IMG_2935_convert_20150624150313.jpg


ライオンもアメフトの帽子かぶらされてる・・・


IMG_2939_convert_20150624150245.jpg








すべて写真OK

有名どころは、好きな画家たちだと ピカソ、ダリ、ミロ、キリコ、デルヴォー
ジャコメッティ、オキーフなど
興味ない画家だと、ルノアール、ロートレック、スーラなどなど

私はコンテンポラリーアートと呼ばれるものが好きなんだなー、
と実感。

これ、Twitterを印刷した紙をだーーーーっと。
面白い

IMG_2742_convert_20150625063055.jpg


あと、アーキテクチャーね。


IMG_2730_convert_20150625065841.jpg



特別企画展は、チャールズ・レイ

IMG_2709_convert_20150625062845.jpg



このピカソはやっぱり好きだ

IMG_2761_convert_20150625062247.jpg


このオキーフの意外性

IMG_2902_convert_20150625062710.jpg



宗教画の数々はどれだけ見ても見足りない素晴らしさ

IMG_2912_convert_20150625062600.jpg

IMG_2922_convert_20150625062638.jpg




アメリカの歴史ある美麗な椅子

IMG_2861_convert_20150625063149.jpg

IMG_2865_convert_20150625062934.jpg


美しかった

IMG_2779_convert_20150625063229.jpg



[広告] VPS






特に私はが好きだったのは、
・マックス・エルンスト

IMG_2824_convert_20150625064912.jpg


・イヴ・タンギー

IMG_2810_convert_20150625062736.jpg


・イヴァン・オルブライト

IMG_2877_convert_20150625062447.jpg


・ジョゼフ・コーネル

IMG_2830_convert_20150625070005.jpg




4時間観て回っても全然見足りない広さ、展示品。





日没が8時半くらいのシカゴ、初めて9時頃街にいたら、さすがに少し冷たい空気。
ミシガン湖から、冷えた空気が流れてくるのでしようか。


オークパークのホテルに10時前に着き、もう眠い。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テレビ見てたら、「マチェーテ」がスニッカーズのCMに
ジェーン・シーモアがシワ伸ばしクリームのCMに出てて驚いた。




オークパーク案内動画


セントルイスからシカゴに帰る


シカゴもセントルイスも、1日のうちに四季がある、
と、よく書いてあるが、朝晩特に冷え込むことは無いよ。
それより、雨とかんかん照りの繰り返しが一日中続いてるのに驚いた。
時期的なものか、雪の季節以外こんな気候なのかわからないけど。
雨に濡れても寒くはないから気にならない。


朝イチで、シカゴでいたく気に入ったパネラブレッドの
セントルイス店(というより、ここが本拠地)セントルイスブレッドで、
コーヒー&ショートブレッド、パンプキンブレッドのテイクアウト。
5時半からのはずなのに6時からと書いてある。ジョギング帰りの人たち、
「OH〜」とまた走りだす。
私らは外のテーブル席でFreeの新聞見て待つことに。

IMG_2468_convert_20150624070654.jpg

IMG_2469_convert_20150624070754.jpg

IMG_2470_convert_20150624071436.jpg


このパン&レストランには朝しか行ってないので、
私はコーヒーしか飲んでませんが、ホットサンド系がすごく美味しいらしい。

IMG_2472_convert_20150624070828.jpg


ホテルに戻り早くもシカゴ オークパークへの移動を開始。
ホテル内、野球でいっぱい。部屋は、球場が見える部屋でリクエストしたらしい。

IMG_2461_convert_20150624071240.jpg

IMG_0260_convert_20150624071403.jpg


さらば セントルイス またいつか来られたらもっとゆっくり観光したい。

IMG_2459_convert_20150624071509.jpg



「ゴーン・ガール」ニックがコーヒー飲みながらミシシッピー川を眺めてた、
と警察に言ったミシシッピー川を、車から見る。 雨


IMG_2485_convert_20150624071901.jpg





途中のROUTE66観光スポット(ステーション)は二箇所に寄りました。

イリノイ州スタントン

HARE IT IS
Henry's Ra66it Ranch

公式サイト

もともとルート66を走って旅をしていたご夫婦が、
この土地にステーションが無いな、じゃ、作っちゃおう。と始めたそうです。

IMG_0263_convert_20150624073441.jpg

IMG_0261_convert_20150624073728.jpg

IMG_2497_convert_20150624073847.jpg



ここは、ウサギがいることで知られています。
(私は知らなかったので、嬉しい驚き)
オーナーさん(Henry)ウサギのこといっぱい話してくれて、お店のウサギたち紹介してくれて、
そして、ここのウサギたちは、ラビットレスキューを通して引き取られているそうです。
エルビスにアニーにギズモにデスティニー。みんな、保護されたウサギたちだって。


IMG_2503_convert_20150624074201.jpg

IMG_2501_convert_20150624074138.jpg


IMG_2515_convert_20150624074320.jpg


せまいけれど、うさぎとROUTE66のグッズがいっぱい。
晴れた日は うさぎは外の囲いの中で遊ばせるようです。

IMG_0274_convert_20150624074358.jpg




話聞いてるうちに、うさぎなでてるうちに、つい泣いちまったよ

そしたら、虹の橋のこと話してくれて、お店の外に連れてってくれて、
亡くなったウサギたちのお墓を見せてくれた。


IMG_2516_convert_20150624074715.jpg

IMG_2517_convert_20150624074803.jpg



お土産にサインしてもらった。ウサギカレンダー買うとレスキューに一部寄付されるから
カレンダーも買った。 ありがとう、ヘンリーさん。

ドライブ中、道路わきに、帽子かぶった男性と馬車の絵が書かれた標識がいくつかあり、
そういえばイリノイ州はアーミッシュのコミュニティが多いと聞いたな、
と思い出した。

もう一箇所は、
トラック野郎が一休みに訪れるというドライブイン&お土産屋さんDixie


グレービーソースがこれでもかっ!とかかったビスケット3つ
く、くえねえ。。。 頑張って2個。ぐるじいーーー



201506181010040bb.jpg

201506181010069aa.jpg

20150618101007760.jpg

20150618101009244.jpg


突然の豪雨、5分で晴れ。の繰り返しのドライブ。
シカゴ郊外オークパークに到着です。

20150618234031877.jpg




建築家フランク,ライト・ロイドの家とアトリエ、
アーネスト・ヘミングウェイの生家がある街です。見学に行きます。



スプリングフィールドからセントルイスへ


ROUTE66ドライブは、シカゴから始まり、昨日はスプリングフィールドに着きました。
「ROUTE66HOTEL」は、2人で8000円にふさわしいモーテルでした。
(駐車場はシカゴ並みに高かったけど)


朝コーヒーはアメリカにきた時のいきつけ、IHOP❤️
24H営業だから、5時に行った。
隣のアップルビーは11時からなのであきらめる。


IMG_2222_convert_20150623122708.jpg


アップルビー、美味しいんだけどなー

IMG_2227_convert_20150623121039.jpg




私はコーヒーのみだが、夫のコロラドオムレツのボリュームはすごかった。
とうぜん、パンケーキ3枚付いてきちゃうし・・・


IMG_2225_convert_20150623122746.jpg


7時過ぎにモーテル出発。私の体調も考えてか、今日は高速も走ることに。
高速ったって、無料だし、ROUTE66とほぼ平行に走ってるし、
だいたい、ROUTE66も、街中以外には信号無いしね。



ミズーリ州に入った途端、「ゴーン・ガール」のエイミーになりきる私。
いそいでサングラス出し、エイミーみたいにキットカットを車のシートに置く。


IMG_2442_convert_20150623123840.jpg




セントルイスで一番に行ったのは、テネシー・ウィリアムズのお墓。

Calvary Cemetery and Mausoleum

15区間の60番にあるのだけれど、15と書いてある看板はあっても、
どこからどう60番なのかわからない。お掃除カートに乗っていたお兄さんに聞いてみた。
聞いても答えが理解できないからまごまごしてたら、カートでついてきてくれた。


IMG_2260_convert_20150623124004.jpg



後ろ姿

IMG_2266_convert_20150623124028.jpg


ロボトミー手術をされてしまった姉のローズのお墓は、テネシーの隣にあります。

IMG_2267_convert_20150623124117.jpg

IMG_2268_convert_20150623124148.jpg




次の目的地 City museumは、最近出来たユニークなアートパーク。

City Museum



車でがーーっ入ったので、外にあるオブジェはちゃんと写真撮れなかった。

IMG_2347_convert_20150623125206.jpg

チケット売り場

IMG_2271_convert_20150623125241.jpg



そんなに明るくない室内なので、写真が暗いです。
楽しさ面白さが伝わるといいなー。子供じゃなくてもすごく面白いよ!!!


IMG_2275_convert_20150623125321.jpg

IMG_2340_convert_20150623125520.jpg

IMG_2302_convert_20150623125405.jpg


IMG_2329_convert_20150623125732.jpg


IMG_2336_convert_20150623125431.jpg

IMG_2320_convert_20150623125656.jpg




子供向けのヨガルームや、アート教室や、レゴルームもあって、カフェもお菓子屋さんもあって、
水族館もアーティスティックな作りになってて、スチームパンクっぽく、洞窟っぽく、
ちょっと怖い感じもあり、1日見ても飽きないと思う。


IMG_2322_convert_20150623130140.jpg

IMG_2299_convert_20150623130216.jpg




[広告] VPS






City museumをざっと見てから、ROUTE66の名物アイス屋さんに行く。
<逆さにしても落ちない>
とのふれこみのコンクリートカスタードを食べに行く。

Ted Drewes Frozen Custard

IMG_2354_convert_20150623130647.jpg

ROUTE66の表示

IMG_2353_convert_20150623130719.jpg


が・・・夫、本当に逆さににしてみなと言うので逆さににしたら、
落ちた・・・
夫のミント味、まるまる全部、落ちた・・・・・・

ちなみにミニサイズを頼んだが、
日本で売ってるハーゲンダッツの普通のサイズの二倍はありました。
ROUTE66ってメニュー、どんな変わり種アイスだろうと楽しみにしてたら、
ただのバニラアイスじゃないかなー? まあ、そこそこの味ね。

IMG_2355_convert_20150623131125.jpg


20150617091744691.jpg



セントルイスでの滞在は一泊だけど、今までで一番いいホテル、ヒルトン。
荷物置いて一休みしてから、
夫の目的、カーディナルス試合観戦にはもちろん付き合わず、
私は一人でユニオンステーション見物と、大通りマーケットストリート横にある
長ーーーーーーーい公園を散策。


ユニオンステーション→St. Louis Union Station


IMG_2410_convert_20150623132120.jpg

IMG_2409_convert_20150623132039.jpg


ここセントルイスでも、土砂降りと晴天の繰り返し。
ほんの数十分の間に空の色も気温もがらりと変わる。


中にホテルがあり、ここが外からの入り口。お城みたい。
駅構内からも、ロビー入り口ってドアがあった。

IMG_2407_convert_20150623132354.jpg



鉄道博物館みたいな、小さなミュージアムがある。


IMG_2393_convert_20150623133035.jpg

IMG_2392_convert_20150623133207.jpg

IMG_2396_convert_20150623133129.jpg

IMG_2397_convert_20150623133235.jpg



ショッピングと食事を楽しむ施設になっている。

IMG_2401_convert_20150623132524.jpg

IMG_2403_convert_20150623132453.jpg


エイミーサングラスを置いて記念写真。
エイミー、一回くらいはここに来たと思うの。

IMG_2402_convert_20150623132650.jpg


お外も広い 憩いの場

IMG_2400_convert_20150623132554.jpg


ユニオンステーションがある大通りは、ゲートウェイアーチ近くまで続く、
長ーーーーーーい公園になっていて、水と緑と彫刻を楽しめる。


公園の屋外芸術 ほんの一部


IMG_2411_convert_20150623133757.jpg

IMG_2376_convert_20150623133707.jpg

IMG_2370_convert_20150623133913.jpg

IMG_2417_convert_20150623133843.jpg


IMG_2377_convert_20150623133951.jpg

IMG_2359_convert_20150623134053.jpg


あっちにゲートが見える

IMG_2378_convert_20150623134023.jpg






野球のあとの食事、本当は、プルドポーク食べようと予定していたのですが、
野球場近くにフーターズがあると知ってしまい、そちらに浮気。
もともと、どこかの店舗には行くつもりだったから、コスプレは用意してたしね。

20150617095920397.jpg






なんなのこれわ〜〜〜なでかさです!
日本のフーターズの2倍の量はあるナチョス。
食っても食っても減らない威力。
日本、見習えよーーー!これだけ出せないなら、値段安くしろよーーーー
だいいち、同じものでも、味がだんちがいだってーの!
日本じゃあ、料理には期待ゼロだからね。レストランの意味なさないね。


20150617095923675.jpg



普通のフォークがつまようじに思えるくらいのでかさ。
しかも、いろんな食材が混沌とした旨さ。

20150617095926a2d.jpg


IMG_0247_convert_20150623134607.jpg


担当のColleenちゃん、私らの驚きに、しばらくしたら、ドギーバッグ持ってきてくれた。
コリーンちゃん、とても気さくできびきびお仕事。

201506170959265a6.jpg

写真撮らせてってコリーンちゃんに頼んだら、みーーーんなを呼んできてくれて、
すげぇーーーー豪華な写真になったんだけど、あたしが写ってるから、処理してから貼ります。



セントルイスの象徴ゲートウエイ


201506171014415ea.jpg

20150617101434713.jpg

201506171014354db.jpg

20150617101439911.jpg

20150617101437c41.jpg


でかい! 高い!ウツクシイ!

内側に、上まで昇れるエレベーター?あるけど、
高い所は体に悪いので外からだけ見学。
このあたりは、ゲートウエイ公園を作っている最中で、出来あがりが見られなくて残念










シカゴ 3日目 ROUTE66出発



初めてのアメリカ旅行の時、ハリウッドからサンタモニカまでは走っていた、
「ROUTE66」

真ん中抜かして、今度はシカゴからセントルイスまで走ります。
帰りは高速でシカゴに戻り、残りのシカゴ観光をする予定。




シカゴ美術館のすぐそばのアダムスst.
道路向こうは、シカゴが本拠地のWalgreenが入っているビル。
ROUTE66出発地点にはこの看板


IMG_1931_convert_20150623064136.jpg

BEGINって書いてある

IMG_0069_convert_20150623064256.jpg





朝5時30分~営業している、ホテル近くのパネラブレッドでコーヒー。
ヘーゼルナッツフレーバーが美味しかった。

Panera Bread

IMG_0123_convert_20150623064548.jpg

IMG_2052_convert_20150623064722.jpg


これで注文することもできる。

IMG_2051_convert_20150623064958.jpg


有名な絵画の一部分にパンが描いてある

IMG_2058_convert_20150623065056.jpg





それではROUTE66の旅に出発
シカゴ美術館前の通りから始まっています。





雨が降り出す中、6時30分頃走り出してしばらくしたら、ビル街とは全く違う街が続く。
例のアル・カポネなんかが住んでた街ね。

、、、、10分も走ったら、完全な車酔い。

苦しくて写真どころか目も開けられず、道中の写真は夫が撮ったものを送ってもらうことにした。
家に帰ってからゆっくりUPします。

夫が撮ったROUTE66の道道


IMG_2061_convert_20150623065731.jpg

IMG_0140_convert_20150623065856.jpg


ジョリエットJolietを素通りし、
ここはウィルミントン Wilmingtonの、有名な宇宙飛行士?の像。
ランチパックドライブインの目印

ROUTE66のあちこちに、このような面白い像が置いてある。
車を止めて撮らないとだめだけど、旧道だからちょいちょい止めても平気。


IMG_0147_convert_20150623070535.jpg



IMG_0143_convert_20150623070157.jpg


IMG_0150_convert_20150623070748.jpg


こういう巨大なやつの円形の所に、その街の名前が書いてある
給水塔だそうです。

IMG_0154_convert_20150623070901.jpg


ROUTE66と書いてある看板は、あちこちに立てられていて、
これを見る度、あ〜、マザーロードよ って気持ちになる。


IMG_0156_convert_20150623070941.jpg


ROUTE66上のレンタカーを撮った写真
このように誰もいないし、見かけないし、街中に入るまで車もほとんど通らない。

IMG_0159_convert_20150623071040.jpg


旧道だけに、こんなだから、揺れに酔い続けてしまうのだね。

IMG_0162_convert_20150623071200.jpg


最初に寄るはずだったドライブインは、時間が早すぎて閉まってた。

近くにあったBURGER KINGで休憩。
私はコーヒーも飲めない具合の悪さで、コーヒー持ち帰り。



私は酔ったまま、 次の休憩地、ポンティアックのOLD ROG KABINへ

Old Log Cabin



IMG_0182_convert_20150623071930.jpg


店内はこんな感じ  私は「シック」だからコーラだけ、と頼みました。
Tシャツ買いました。


IMG_0173_convert_20150623072718.jpg

IMG_0178_convert_20150623072432.jpg

IMG_2085_convert_20150623072606.jpg


回復し出してから見て回ったのは、ポンティアックにある
ROUTE66museum

Route 66 Museum Pontiac

IMG_2157_convert_20150623073342.jpg



この建物全体に、いくつかのmuseumが入っているようですが、
全部を見る時間的余裕はなく、ROUTE66だけ見学。無料。


IMG_0212_convert_20150623073515.jpg



案内の人、いろいろ説明してくれて「ここにきたらサインしてね」

IMG_2102_convert_20150623073636.jpg


IMG_0188_convert_20150623074226.jpg


このバンは、何か有名なものらしく、説明と写真がついてる。
あとで調べるわ。

IMG_0195_convert_20150623074318.jpg


IMG_0205_convert_20150623075723.jpg


museumの外,壁画いっぱい

IMG_0220_convert_20150623075836.jpg

IMG_0222_convert_20150623080206.jpg

IMG_0224_convert_20150623080130.jpg


museumの外 子供サイズの車

IMG_2135_convert_20150623080454.jpg

IMG_2138_convert_20150623080419.jpg

IMG_2099_convert_20150623080534.jpg



この形のROUTE66案内板が要所要所に立ててあります。


IMG_2141_convert_20150623074032.jpg



スクールバスをこのように

IMG_0214_convert_20150623080041.jpg




次は今夜の滞在地 スプリングフィールドへ向かう。


途中、貨物列車が延々と延々と、
どこまでもどこまでも続く長さでROUTE66と並行に走る。
鉄道オタク夫喜ぶ

IMG_2161_convert_20150623080959.jpg


頭が見えた

IMG_2165_convert_20150623081307.jpg

[広告] VPS




地面が平たい、空が低い、雲が低い


IMG_2170_convert_20150623081428.jpg

IMG_2167_convert_20150623081504.jpg



マリーンの街に入り、
ディクシートラッカーホームで飲み物とおやつ買い。
ここには、帰りにも寄って、食事する予定。
Americaで最も古いトラックの休憩所だそうです。

Dixie


IMG_2179_convert_20150623082847.jpg



かっくいいトラックがいっぱい止まってる


IMG_0228_convert_20150623082154.jpg


お土産と食べ物飲み物がたくさん売ってる。

IMG_2187_convert_20150623082717.jpg

IMG_2193_convert_20150623082808.jpg


IMG_2191_convert_20150623083051.jpg

おおおーーーーーっつ
大好きドラマ「2 Broke Girls」DVDだーーーっ

IMG_2190_convert_20150623083123.jpg



一泊する街スプリング・フィールドに入り、

IMG_2198_convert_20150623083524.jpg



リンカーンの墓参り というか見物 でかい

Lincoln Tomb

ケンタッキー州生まれだが、
ほとんどの生涯をスプリングフィールドですごしたらしい。

IMG_0234_convert_20150623083604.jpg


みんなが鼻をなでるので、鼻だけピッカピカ。

IMG_0236_convert_20150623083642.jpg





4時すぎに少し空腹を感じ、日本でいう「アメリカンドッグ」発祥の店で

Cozy Dog Drive In


IMG_0240_convert_20150623120353.jpg

IMG_0243_convert_20150623120607.jpg

IMG_2204_convert_20150623120645.jpg


IMG_0242_convert_20150623120515.jpg



今夜は スプリングフィールドのモーテル泊

Route 66 Hotel


IMG_2229_convert_20150623121216.jpg

IMG_2231_convert_20150623121818.jpg



内装

IMG_2243_convert_20150623121854.jpg


IMG_2242_convert_20150623121957.jpg

IMG_2233_convert_20150623121740.jpg

プールもある

IMG_2230_convert_20150623122206.jpg


ハーレー乗りがいっぱい泊まってた。
部屋は すごく臭くて、カーペットがじめじめして、
ROUTE66関係の施設じゃなかったら無理だな。


おおおおーーーーー
大好きコメディエンヌ ジェニファー・クーリッジ☆


IMG_2246_convert_20150623122237.jpg



夜ご飯はいらない腹具合だったので、近くの激安スーパー、
ダラー・ジェネラルで少し買い物。バカ安
Americaに1200店舗くらいあるらしい。

Dollar General


IMG_2215_convert_20150623122827.jpg



ダラジェネに行く前まで土砂降りだったのに、店から出たら晴天


IMG_2217_convert_20150623122922.jpg



シカゴからずっと、瞬間嵐、瞬間晴天の繰り返し。


シカゴ 2日目



昨夜は雷と豪雨 おまけにホテル近くの路上から、
でかい声の痴話喧嘩が聞こえ、深夜二時からは眠れなかった。
飛行機では映画4本見て眠らず、日本からは徹夜のままシカゴで一日歩き、
睡眠不足過ぎ。

ほとんど嵐の中、夫の希望で6時頃シカゴ発祥のマクドナルドの、
ロックンロールマクドナルドを眺めに行き、

IMG_0030_convert_20150622092915.jpg


私はというと、道路の向こうにあった
このレストランらしき建物に興味深々。あとで調べたい。

IMG_1873_convert_20150622093107.jpg



電車の1日乗車券を買い
(シカゴ、ダウンタウンの高架電車は有名ね)


IMG_1876_convert_20150622093702.jpg

IMG_1878_convert_20150622093826.jpg


あたしはアメフトには興味ないが
アメフトの有名なコーチだという人のダイナー「ルー・ミッチェル」で朝ごはん。
ここは、シカゴからルーロ66をドライブする人が必ず立ち寄るレストランだそうです。

Lou Mitchell's Restaurant & Bakerly

私は普段朝はコーヒーのみだけど、パンケーキを少量味見。

ここは、来店した客にウエルカムドーナツくれる。
…はずなのに なぜか私らはもらえず。
(もらっても 朝っぱらから無理だけどね)


IMG_1891_convert_20150622094026.jpg


IMG_0046_convert_20150622094151.jpg


パンケーキ 直径25cmくらいか?30cmあるか?三枚重ね

IMG_1889_convert_20150622094255.jpg


メニュー可愛い

IMG_1883_convert_20150622094536.jpg



雨の日は5分先の場所にも行かない夫は、
ホテルに戻りたい。。。
何が何でも観光!!!な私は知らないふり。
ふらふらして「アンタッチャブル」の銃撃シーンで使われた、
ユニオンステーションの階段に着いたが、なぜか今日は入れない。


IMG_0048_convert_20150622094712.jpg


かっこいい柱

IMG_1895_convert_20150622094748.jpg


銃持って入んじゃねえぞ のマーク

IMG_0049_convert_20150622094825.jpg


あの乳母車階段シーンを見るには、
後日また行く事にして、別の新しい駅入り口?から駅構内に入ってみた。
鉄道オタクの夫、喜ぶ。

IMG_1906_convert_20150622095205.jpg

IMG_0057_convert_20150622095946.jpg

IMG_1911_convert_20151207130040.jpg



小雨になったので野外アートを観たいが、興味ない夫は
ひじよーに嫌がる。雨を嫌う。探すのを嫌う。

シカゴ美術館隣のミレニアムパークにたどり着き、

IMG_0075_convert_20150622100448.jpg

IMG_1938_convert_20150622100536.jpg



階段を上ると、ビーンがあった!
「ミッション8ミニッツ」ね。


IMG_0077_convert_20150622101053.jpg


なんてきれい、なんて面白い、なんてなめらか
シカゴのビルと緑が映し込み、人々が映り、長時間見ててもあきない。


IMG_1952_convert_20150622101507.jpg

IMG_0080_convert_20150622101424.jpg

IMG_1949_convert_20150622101640.jpg



ビーンの近くには、パーク内のステージが

IMG_1959_convert_20150622101823.jpg




ふらふらして偶然行き当たったフラミンゴ


IMG_1919_convert_20150622102059.jpg




他のは一人で行ってやる!と意気込んだものの、
地図が理解できないうえに英語読めない話せないあたい。
てきとうに歩けど歩けど、何一つ見つけられず。ぶっ倒れそうに足痛くなり諦めた。

たどり着けたのは、さっきと同じミレニアムパークだけ。ビーン以外のアート発見


IMG_1991_convert_20150622102312.jpg





IMG_1988_convert_20150622102450.jpg




IMG_1941_convert_20150622102424.jpg


一人で歩いてて見つけたもの。
シティーターゲット

IMG_1998_convert_20150622103622.jpg




ラルフ・ローレンの娘ディランが経営しているキャンディーショップ

Dylan's Candy Bar







IMG_2011_convert_20150622103400.jpg

外のテーブル 買ったばかりのキャンディーを、
こんな可愛いところで開けたら楽しいだろうなぁ♡

IMG_1984_convert_20150622104347.jpg




ランチはもうすぐ日本上陸のシェイクシャック。

Shake Shack

IMG_0099_convert_20150622103201.jpg


シカゴには2店舗しかないからか、開店前から列がある。
肉が旨い アメリカにしては小ぶりのバーガーとホットドッグ。
上品な感じ。こんな大きさでアメリカ人、いいの?


IMG_1976_convert_20150622102827.jpg


4本足のお客さん用メニューもある。

IMG_1970_convert_20150622102902.jpg



12時頃ホテルに一回戻ったが、掃除してない!怒る夫。
駐車場2日分で9000円くらい、二泊で8万も取るホテルが、
クソボロなエレベーター、流れにくい排水、ひび割れたバスタブ、
ひび割れた洗面台、挨拶もないスタッフ、傷だらけのドア、
薄汚れたカーペット、少ないケーブルテレビの局数、接触の悪いコンセント、
アメニティはすずめの涙、箱ティッシュもない。
絶対にお勧めしません!Red Roof inn

実は、予約していた郊外の安いモーテルの口コミ読んだ夫が、
クーラーついてないらしい、と、キャンセルして変えたホテルなのです。ここは

二度と泊まるか!!


今夜はシカゴ名物ディープディッシュピザを食べに行きます。

UNO DUE



IMG_0109_convert_20150622104545.jpg



行ってきました。 最初に「45分焼き時間かかりますよー」
とウエイターさん。なんせ分厚いからね〜

ここもメニュー、可愛い

IMG_2015_convert_20150622110443.jpg



待つ間にサラダ、クルトンはおかきせんべい大

IMG_2017_convert_20150622104621.jpg


スモールを頼んで、25cmくらいの直径 厚さは7,8cm?

IMG_2019_convert_20150622104700.jpg


キッシュとかケーキのようなピース

IMG_2022_convert_20150622104750.jpg


イタリアンソーセージが入ってて旨い!
ピザ生地はコーンブレッドのような風味で好み☆ しかし。。。
どうしても食べきれずドギーバッグに。

IMG_0136_convert_20150622104843.jpg



ホテルで冷めたのを食べたけど、さめても美味しかった!


このピザレストランまでの道のりに、
トレーダー・ジョーズ(Trader Joe's)とロウリーズ(Lawry's)がある。🎵


IMG_1846_convert_20151207125921.jpg






夜8時でも明るいシカゴ
ミシガン湖まで散歩。湖だけど、ここではビーチと呼ぶ。

ビーチって書いてある

IMG_2033_convert_20150622105638.jpg


IMG_2032_convert_20150622105713.jpg

IMG_2036_convert_20150622105816.jpg


足だけでミシガン湖を感じる

IMG_2043_convert_20150622105852.jpg



ビーチに行く途中見つけた引越し屋トラック
日野自動車製



IMG_0125_convert_20150622110516.jpg



シカゴのダウンタウンの観光って、ビルのあるあたりは半日歩けば見られるかんじ。
美術館や博物館に行かなければ、時間もかからずとてもわかりやすく気楽に散策できる。


*シカゴ、街の景観は素晴らしいのに、
歩きタバコ率非常に多し。犬のフン率多し。条例無いの?
あと、街中の駐車場、20分8💲とかって!!
チップの相場20%って!
電車も300円って!1日乗車券1500円って!
高いぞ、シカゴ。


シカゴ 一日目


今、 シカゴ時間6/13 夜の7時 半くらい。


シカゴ オヘア空港に着いていつものレンタカー会社ダラーで車とカーナビをレンタル。
カーナビの反応が鈍いと怒る夫。


IMG_1657_convert_20150621222240.jpg


走り出してすぐのこの工事中の標識でさえ、『アメリカかっこいい!』


IMG_1658_convert_20150621222515.jpg





20分くらい走ると、第一 の目的地、(夫の)
マクドナルドの博物館?創業当時の店舗で作ってあります。
マネキン店員がいるだけの、閉まっている店の外から写真を撮る。


IMG_0001_convert_20151207124054.jpg



IMG_1665_convert_20150621224029.jpg


IMG_1663_convert_20150621223858.jpg


こういう家々が並ぶ道を通り


IMG_1669_convert_20151207124400.jpg

IMG_1674_convert_20151207124555.jpg



第二の目的地、(私の)
ど不幸画家&小説家ヘンリー・ダーガーのお墓参り。
ところが、調べてあった住所のセメタリーで、オフィスのひとに聞いたら、
同姓同名はいるけど、生まれた年が違いますから、別人です。と。
あああ。。。。。。。。。。。


がっかりした後、ランチは、健康志向でこだわりの食材を使うメキシカン「チポトレ」

Chipotle Mexican Grill







IMG_1695_convert_20150621224252.jpg


ブリトー たぶん一キロ超えのぶっとさ

IMG_1692_convert_20150621225054.jpg



第三の目的地、(私の)
ヘンリー・ダーガーが、死ぬ間際まで清掃員として働いた病院。
1時間Freeって書いてあった駐車場、しっかり2💲入れないと出られなかった。

Saint Joseph Hospital 聖ジョセフ病院

IMG_1700_convert_20150621225438.jpg


IMG_1697_convert_20150621225314.jpg


シカゴ、ダウンタウンに向けて走ってたら、ダーガーが住んだアパートのある
リンカーンパーク内の、デポールユニバーシティの校舎が見えた。




第四の目的地、(両方)
大好き大型ディスカウントスーパー「TARGET」。
あたし、レインボールームのゴム探したんだけど、ルームは日本より500円くらい安かったけど、
ゴムは揃えてなかった。残念。
ここのレディースファッションは、好みのものが多くて、
多いのにXSじゃないとぶかぶかで買えない。チビ日本人だからね。


IMG_1706_convert_20150621225912.jpg


ターゲットには、こんなものが点在している。
値段がわからない品物のタグを、機械にかざせば表示される優れもの。


IMG_1709_convert_20150621230115.jpg



ターゲットから シカゴのマンハッタンが遠くに見える

IMG_1714_convert_20151207120513.jpg






その後ホテルにチェックインしてから、夫はシカゴカブス観戦、
夫が撮った球場の写真

IMG_0022_convert_20151207125006.jpg

IMG_0015_convert_20151207125216.jpg


私は、サンフランシスコで付き合いで野球観戦して、
アメリカに居ても苦痛の数時間だったので、
もう二度とスポーツ観戦には付き合わないと決めている。


その間、迷子になるからここまでしか行っちゃダメ、と言われたのに、
シカゴのビル群のしっかりとした美しさに心奪われ、
ここまで、もうすこしだけ、あそこの信号まで、
と足を延ばすうちに、とてもたくさん歩いてしまった。
でもビル群を見るにはとても親切で おまけに広々としたリバーウォークコースを辿っただけだから、
方向音痴でも迷わなかった。


どれが何のビルかなんてどうでもいい、ただただビル感動




IMG_1724_convert_20150621230345.jpg


トランプの名入りトランプタワー
トランプんは嫌いだがビルは美しかった。


IMG_1835_convert_20150621230630.jpg


IMG_1794_convert_20150621230550.jpg


IMG_1767_convert_20150621230718.jpg


IMG_1791_convert_20150621231703.jpg



この階段降りてビルと川を眺める散歩


IMG_1751_convert_20150621231117.jpg


IMG_1768_convert_20150621231347.jpg


シカゴの大火事の犠牲者の事がかいてあるのかなー?

IMG_1759_convert_20151207122625.jpg






船でビルを眺めるツアーもある。


IMG_1756_convert_20150621231504.jpg


IMG_1739_convert_20150621231839.jpg


IMG_1733_convert_20151207120359.jpg



雑誌の撮影?と思ったくらい美貌だらけのこの人達
このあたりって教会多いし 撮影スポットだらけだから、お式が済んだ皆様、
外に出て記念撮影するみたい。


IMG_1744_convert_20150621232427.jpg


貸し切ったらしいミニバスから、花嫁花婿ブライズメイズが降りてくる。


IMG_1780_convert_20150621232254.jpg


シカゴ・トリビューン タワー
このビルの外壁には、世界中かの重要な石や壁に一部が埋められていることで有名。
「CSI:NY」の4-10だったと思うけど、マックがストーカーのパズルにより故郷のシカゴに戻った時、
壁の石の一つが謎をとくヒントになってました。


IMG_1746_convert_20151207123720.jpg




シカゴ川にかかる38のかっこいい橋は、
大きな船が通る時には全て上に持ち上げられる仕組みになっている。
2013年のインド映画「チェイス!」のバイクチェイスのシーンで、橋が上がる所が見られました。
「チェイス!」は、ストーリーは全くどうでもいいし
インド映画の全体的な芝居じみた演技と構成、ミュージカルシーンも好きじゃないけど、
とにかく全編シカゴロケなので、景色だけ見てました。


IMG_1775_convert_20151207122321.jpg


IMG_1777_convert_20151207122851.jpg



シカゴ!!  の映画館です。


IMG_1803_convert_20150621232858.jpg




ホテルに帰る道道、途中に見つけた「TRAJER JOE'S」という、
オーガニックやローファットや、遺伝子組み換え作物不使用の商品をそろえているスーパーに。

Trader Joe's


IMG_1847_convert_20150621233157.jpg


オーガニックのココナツオイルが5💲ちょい!

IMG_1853_convert_20150621233422.jpg



オーガニックのマンゴーが99セント!

IMG_1855_convert_20150621233334.jpg


オーガニックのレモネードが2💲99セント!

IMG_1861_convert_20150621233802.jpg


好きなのに、普段は 大体の商品、添加物まみれで気持ち悪いから買えない。

そんなあれこれが、オーガニック無添加なのにここでは信じられない低価格!
旅行初日なのに、4000円も食料買っちまった・。
でも、オーガニックのビーフジャーキー見つけて買ったら、
空港でうるさいことになるんだって?!!がーーーーーーん


IMG_1868_convert_20150621234113.jpg


エコバッグもカラフルで安いので即買い



結局 ビーフジャーキー(オーガニックなのに、5💲ちょい)、
子供に食べさせたくて買ったのに、自分らで食べ尽くすことに。。。
薄めの味付けで柔らかくて安心して食べられて、ジャーキー、何十年ぶりに食べた感じ。



ところで、夫のスーツケースには、太田胃散と体重計が入ってました。
笑うしかない


一緒になれた二羽


まるで私が旅行に行く前に、心配のたねを無くしてあげるとでもいうように、
残りうさぎは突然いなくなりました。
獣医によると、もうすぐ7歳にしては10歳くらいに衰えていたと。
苦しい検査と治療をするより家で看取ってあげたほうがいいと。

相方を亡くした片割れはこういうものなのですね。

骨もボロボロで箸ではひろえないくらいでした。


今度の場合、都合のよい人間の考えで、
「仲良しのところに行けてよかったね」の、喜びのできごとといたします。

だから、こころおきなく アメリカを楽しみます。
今日は 荷造りや買い物を忙しくやります。



ありがとうとごめんねのうさぎ愛でした。



IMG_1370_convert_20150611130117.jpg








MTVムービー・アワード


受賞は、純粋にMTV視聴者の投票によって決められるという映画祭。
グラミー賞やアカデミー賞と違い、政治色も金や権力の匂いも無く、
好きなものは好き!な感じがして、大好きな受賞式です。


ノミネート一覧

*最優秀作品賞
「アメリカン・スナイパー」
「ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
「ゴーン・ガール」
「きっと、星のせいじゃない。」
「6才のボクが、大人になるまで。」
「セッション」
「セルマ」

*最優秀女優賞
ジェニファー・ローレンス 「ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス」
エマ・ストーン 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
シェイリーン・ウッドリー 「きっと、星のせいじゃない。」
リース・ウィザースプーン 「わたしに会うまでの1600キロ」
スカーレット・ヨハンソン 「LUCY/ルーシー」

*最優秀男優賞
ブラッドレイ・クーパー 「アメリカン・スナイパー」
クリス・プラット 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
アンセル・エルゴート 「きっと、星のせいじゃない。」
マイルズ・テラー 「セッション」
チャニング・テイタム 「フォックスキャッチャー」

*ブレイクスルー演技賞
アンセル・エルゴート 「きっと、星のせいじゃない。」
ロザムンド・パイク 「ゴーン・ガール」
デヴィッド・オイェロウォ 「セルマ」
ディラン・オブライエン 「メイズ・ランナー」
エラー・コルトレーン 「6才のボクが、大人になるまで。」

*最優秀キスシーン賞
シェイリーン・ウッドリー&アンセル・エルゴート 「きっと、星のせいじゃない。」
ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン 「ザ・インタビュー」
アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーン 「アメイジング・スパイダーマン2」
スカーレット・ヨハンソン&クリス・エヴァンス 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
ローズ・バーン&ハルストン・セイジ 「ネイバーズ」

*最優秀バトル賞
チャニング・テイタム vs ジョナ・ヒル 「22 ジャンプストリート」
クリス・エヴァンス vs セバスチャン・スタン 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」
ディラン・オブライエン vs ウィル・ポールター 「メイズ・ランナー」
セス・ローゲン vs ザック・エフロン 「ネイバーズ」
エドワート・ノートン vs マイケル・キートン 「バードマン 」


*最優秀コメディ演技賞
チャニング・テイタム 「22 ジャンプストリート」
クリス・プラット 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
ローズ・バーン 「ネイバーズ」
クリス・ロック 「トップ・ファイブ」
ケヴィン・ハート 「ザ・ウエディング・リンガー」

*最優秀恐怖演技賞
ロザムンド・パイク 「ゴーン・ガール」
アナベル・ウォーリス 「アナベル 死霊館の人形」
ジェニファー・ロペス 「 戦慄の誘惑」
ディラン・オブライエン 「メイズ・ランナー」
ザック・ギルフォード 「ザ・パージ・アナーキー」

*最優秀コンビ賞
チャニング・テイタム&ジョナ・ヒル 「22 ジャンプストリート」
ザック・エフロン&デイヴ・フランコ 「ネイバーズ」
シェイリーン・ウッドリー&アンセル・エルゴート 「きっと、星のせいじゃない。」
ブラッドレイ・クーパー &ヴィン・ディーゼル 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
ジェームズ・フランコ&セス・ローゲン 「ザ・インタビュー」

*最優秀シャツなし演技賞
ザック・エフロン 「ネイバーズ」
クリス・プラット 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
チャニング・テイタム 「フォックスキャッチャー」
アンセル・エルゴート 「きっと、星のせいじゃない。」
ケイト・アプトン 「The Other Woman」 さすが!

*最優秀ゾッとした演技賞
セス・ローゲン&ローズ・バーン 「ネイバーズ」
ジョナ・ヒル 「22 ジャンプストリート」
ジェイソン・サダイキス&チャーリー・デイ 「モンスター上司2」
マイルズ・テラー 「セッション」
ロザリオ・ドーソン&アンダース・ホルム 「トップ・ファイブ」

*最優秀悪役賞
ロザムンド・パイク 「ゴーン・ガール」
J・K・シモンズ 「セッション」
ジリアン・ベル 「22 ジャンプストリート」
メリル・ストリープ 「イントゥ・ザ・ウッズ」
ピーター・ディンクレイジ 「X-MEN:フューチャー&パスト」

*最優秀変身賞
エディ・レッドメイン 「博士と彼女のセオリー」
エリザベス・バンクス 「ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス」
(補足:1作2作の超絶コスチュームからの、あの変身だからね)
ゾーイ・サルダナ 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
スティーヴ・カレル 「フォックスキャッチャー」
エラー・コルトレーン 「6才のボクが、大人になるまで。」

*最優秀ミュージカルシーン賞
ジェニファー・ローレンス 「ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス」
クリス・プラット 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
セス・ローゲン&ザック・エフロン 「ネイバーズ」
ビル・ヘイダー&クリステン・ウィグ 「スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方」
マイルズ・テラー 「セッション」



受賞結果はこちら

MTV Movie Awards WEB

授賞式に集まったスターの画像はこちら

THE HUFFINGTON POST




IMG_1569_convert_20150609120246.jpg




最優秀シャツなし演技賞のザック・エフロンは、去年に続いて受賞ですね。ははは
最優秀ミュージカルシーン賞、「ハンガー・ゲーム」で
カットニスが歌うシーンが受賞したのは、すごく嬉しい

若い世代に支持されて、「きっと、星のせいじゃない」が圧勝


IMG_1571_convert_20150609120327.jpg



ロバート・ダウニー・Jrのスピーチは、
アワードが設立された時は同じ世代だった自分が受賞できず、
今 受賞できたという驚きと喜びを表していました。

「アベンジャーズ」のみんなに紹介されてた。

IMG_1575_convert_20150609120351.jpg






好きなんだ、この人
「ピッチ・パーフェクト2」のメンバーと一緒の、
レベル・ウィルソンの晴れ姿


「撮影中の出来事について世界中に謝罪します。」
「私のガールパワー(あそこ)を見せてしまったこと。オバマ大統領にも」
「安物のタコスじゃなく、高級なブリトーに見えますように」

あゝ あのシーンね ははははは


IMG_1577_convert_20150609120418.jpg


「モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦」


▪️人の汗がつくなんて無理!なので、格闘技も生理的にダメ
 びーです▪️



原題 MONSTER BRAWL 2011年 カナダ



出演
デイヴ・フォーリー
ロバート・メイレット (プロレスラー)
アート・ヒンドル サスカッチ・シド・タッカー
ジミー・ハート (プロレスマネージャー 本人役)
ハーブ・ディーン(格闘家、レフリー 本人役)
ケヴィン・ナッシュ
ランス・ヘンリクセン (声のみ)
ジェイソン・デヴィッド・ブラウン
RJ・スキナー (レスラー&俳優)
リコ・モンタナ
Kelly Couture(プロレスラー&女優)
コートニー・ラッシュ(プロレスラー)
*2012年に試合のため来日

と、格闘家の皆々様が、魔女役やドラキュラ役や狼男役をやってます。



モンスターバトル




中世には本気で信じられ怖がられていたモンスターたち。
古今東西のモンスターたちを闘わせ、世界最強を決め、
俺たち生きてるぜーーー、みたいなアピール?しようと、
寂れた墓地にリングを作り、試合が始まった。世界中に中継して。
もちろん、実況アナとコメンテーターも揃え、試合を盛り上げる。

サイクロプス 、ウィッチ・ビッチ、レディ・ヴァンパイア 、ミイラ男
狼男、フランケンシュタイン、ゾンビマン。
得意の技で闘う(殺しあう)モンスターたち。







実に面白い、好み

真面目にバカ映画 


特殊メイクさんグッジョブ!


試合実況の解説が笑える。
ナレーションが笑える。
選手の試合っぷりが笑える。

映像は、コメディじゃなくホラーらしいおどろおどろさなんだけど、
怪物がリングで闘うっつーのが、まずバカバカしく、
真面目にそれぞれの怪物の人生?生き様?を、
プロモのように挿入させるのがこれまたバカバカしく、
バカバカしさが非常〜〜に素晴らしい(ほめてる)

ひょっとしてこれ、「マーダー・ライド・ショー」やロメロ作品や、
フリークスが出てくるホラー映画のあれこれや、カルトホラー?と言われるもので
私が見た中でも、かなーり上位にくる映画じゃないか?

とは言っても、文句があります。

映画の構成、
これね、プロレス試合の進行通りなのかもしれないけど、
試合ごとに選手のプロモが入ると、集中途切れるよ。
前半で、怪物たちが試合に出る経緯を全部やっちゃって、
後半だだーーーっと格闘しまくるほうが盛り上がるんじゃないか?
映画としてはね。プロレスファンなら違うのかもしれないけど。

編集さんお願いしますよ。

私はこの映画を、HDDに保存して、チャプター編集して、
それぞれの試合ごとに短い時間で集中して楽しもうと思います。


*そういえば、
「日本のデスマッチ・・がなんだこうだ」のセリフがありました。


エンドロールが終わってから、もうワンカットありますよん。



魔女役コートニー試合動画








第43回ローザンヌ・バレエ・コンクール


長年見てます、『Prix de Lausanne』

1973年から開催されているのですねー。
15歳〜18歳の若いダンサーに、キャリアを築くためのチャンスを与えるコンクールです。

公式サイト



スイス、ローザンヌで、1月〜2月の約1週間の審査に参加できるのは、
DVD審査に合格したダンサーと、予備予選で勝ったダンサー約70人。
約20人が決選進出、6〜8人が賞を授与される。
決勝審査では、クラッシック部門とコンテンポラリー部門、二曲を踊ります。

体力、精神力(経済力も)のいる一週間ですねー。







日本人三人の感想

伊藤充・・・日本人には珍しい王子様感。顔がどうのじゃなく、全体の雰囲気。
      スタイルも見頃にスマートで手足も長い。優雅さのあるダンス、高いジャンプ。
      コンテンポラリー部門ではちょっと物足りなく、あの演目なら
      もっと大胆で情熱的なダンスが良かったな。お行儀良かった気がします。

速水渉悟・・・クラッシック部門では爽やかでスマートだったなー、と思いました。
       コンテンポラリーが楽しく明るく、わりと好きだった。

金原里奈・・・とても愛らしい雰囲気のあるダンサー。なめらかで安定したダンス。



私のお気に入りダンサーは、ポルトガルの17歳ミゲル君。
ヒゲ生やしたりして顔は好みじゃないんだけど、タイツ姿が肉肉しくないのが好き。
もっこりも筋肉も目立たないのが好き。
クラッシック部門よりも、コンテンポラリー部門での情感表現が好き。

アメリカのジュリアン・マッケイ君は、ねばるタイプのダンスが好き。
大人のダンスな感じでした。


印象に残ったのは、韓国の女の子3人。ダンスが、というより、
頭が小さく手足の細長くまっすぐな、バランスの美しいこと。

普段は肉厚の体が好みだけど、バレエダンサーに限っては、
このような韓国人の体が一番好き。




コンテンポラリー部門での、この子のダンスが好きだった。






一位になったハリソン君、
廃止されたプロフェッショナル賞を与えてもいいくらいなダンサーですね。
顔が子供なのに、ダンスは35歳くらいの成熟したプロみたいだったもん。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1989年の熊川 哲也の
衝撃的なまでの完璧な踊りは、未だに目にやきついております。
あの時の彼のジャンプの高さ、狂いのない着地、軽やかなのに力強い踊り
の上を行くダンサーは、まだ見た事ないです。






「ファミリー・シークレット」


▪️TVショッピングの商品で、放送通りの効能だった商品は一つも無かった
びーです▪️


スティーブン・キング「素晴しき結婚生活(A GOOD MARRIAGE)」原作

原題 A GOOD MARRIAGE(これのほうがぐっと皮肉が効いている)
   2014年 アメリカ 未公開 未DVD  WOWOW鑑賞

監督ピーター・アスキン 脚本はキング

出演
ジョーン・アレン
アンソニー・ラパリア
カーラ・ブオノ
クリステン・コノリー
マイク・オマリー
スティーヴン・ラング


ファミリー



銀婚式を迎える夫婦は、娘の結婚式を控え、このうえなく幸せ。
ある日夫が留守の時に車庫で探し物をしていた妻、
ボンデージ特集の雑誌を見つけ、「好奇心ね(夫の)」と軽く考えるが、
隠して仕舞ってあった小箱の中に、知らない女性の身分証を見つけてしまう。

まさか!夫は、ちまたを騒がせている連続殺人犯????









妻役ジョーン・アレン、夫の秘密を知った後の演技が真に迫っている。
どう見えようが気にしないひどい中年ブスぶりの泣きはらした顔で、
恐怖と絶望を表現している。


大好きドラマ「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」の
アンソニー・ラパリアの不気味さもなかなか。
普段いいもんの役で見慣れた人が、悪役やってるととまどうが、
やってるほうは楽しいんだろうなー。

ここまでじゃないにしても、<素晴らしい結婚、素晴らしい夫婦>、一皮むけば・・・
はご近所さんでもざらにある。それが面白い。


はらはらさせていただいて 楽しかった面白かった。



本は読んでいません。






「ハンガー・ゲームFINAL: レジスタンス」


やっと会えたね!カットニス

小説では第3部の<上>のストーリーですね。

もうラストがわかってて見る この気持ちは特別です。

カットニスへの愛は、友達への愛だと思ってたけど、
自分を重ねて自分を応援してるのかもしれないなー。
16歳だった頃の自分をね。


原題 THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1 2014年 アメリカ

監督 フランシス・ローレンス

出演
ジェニファー・ローレンス
ジョシュ・ハッチャーソン
リアム・ヘムズワース
ウディ・ハレルソン
エリザベス・バンクス
ジュリアン・ムーア
フィリップ・シーモア・ホフマン
ジェフリー・ライト
サム・クラフリン
ジェナ・マローン
ウィロウ・シールズ
スタンリー・トゥッチ
ドナルド・サザーランド



IMG_6938_convert_20150606130524.jpg



国家による殺人ゲーム
「ハンガー・ゲーム」で生き残ったカットニス・エバディーンは、
競技場から反乱軍のヘリに運びこまれたが、
同じ12地区のピータは、首都キャピトルに捕えられたという。

反乱軍の拠点は、滅んだとされていた13地区。
首相の意向で、望んでもいないのに、革命計画のシンボル、ヒーローとして、
人々の士気を高めるための仕事をさせられるカットニス。
ひきかえにカットニスは、捕虜になったピータと他二人の救出・免責、
妹が猫を飼う許可を首相に申し出る。








カットニスの顔がスクリーンに映っただけであたしゃ泣けた。

うおおお〜ん、カットニスがんばれ 。・゚・(*ノД`*)・゚・。


小説を読んだ人にとっては、ちょっとしたセリフやシーンが意味するものが、
深く深く分かっているのですが、読まずに見たらどうなんだろ?
マネシカケスは、炭鉱で死んだ父さんとの思い出が根底にあるのだけれど、
一作目ではあまり描かれてなかったしね。
でも、私が小説を読んだのは、一作目を見て感動したからなので、
映画としてちゃんとできてたんだと思う。
今となっては思い入れが深すぎて、冷静に映画として<独断映画評>は書けない。

言えるのは、
ジェニファー・ローレンスがちゃんと
10代の不幸な女の子に見える、素材としての彼女の素晴らしさ。




エンドロールで流れるロードの歌声が胸を打つ


11月のパート2が待ち遠しい
角川映画さん、お願いだから次こそは、
マネシカケスのペンダントとピンバッジを販売してください!



_____________________________



「2分半で分かる!『ハンガー・ゲーム』シリーズおさらいダイジェスト映像」
という、ありがたい映像を角川映画の宣伝部が作ってくれました。







カットニスが劇中で歌う、父さんに教えられた吊るし首の木の歌





*クレジット見てたら、メイクさんだけで30人くらい、
VFXだけで80人くらい、CGだけで40人くらい、
運転手だけで80人くらい、・・・と、
映画にどれほど人手が要り、どれほど人件費が要るか、と考え、
低予算映画とハリウッドが言う額でも億だったりすることを考え、
日本のスケールの小ささを考え、暗くなった。


「パイオニア」


▪️心配の元になる対象を、あんまり好きじゃない 
と思い込むと楽だな、とわかった びーです▪️



ノルウェー映画の大傑作!と言えば
「孤島の王」

個人的にものすごくお気に入りなのが「ヘッドハンター」

「ファイテイング・ダディ」「ピンチクリフ・グランプリ」
「チャイルドコール/呼声」も良かった。
迷作「トロール・ハンター」もけっこう好き。
「アクト・オブ・キリング」は今月WOWOW放送で見られる。
「歌え!フィッシャーマン」にも注目してたけど見逃してる。

「パイオニア」は、おすすめ「ヘッドハンター」主演俳優が主演。


原題 PIONEER 2013年 ノルウェー

監督エーリク・ショルビャルグは、オリジナルの「インソムニア」脚本家


出演
アクセル・ヘニー
スティーヴン・ラング
ステファニー・シグマン
アーネ・ダール・トルプ
ヨルゲン・ラングヘーレ
ジョナサン・ラパリア

我らが「ハンガー・ゲーム」セネカ役 ウェス・ベントリー
いよっ!ハンサム

ちょいちょいドラマで見た顔も多かった。



パイオニアノルウェー


1980年代、ノルウェー海底で油田が発見され、
アメリカの協力で原油のパイプラインを引く、国を挙げての大事業が始まった。

パイプライン設置には、アメリカ人ばかりにせず、
ノルウェー人ダイバーが必要で、自国ダイバーがアメリカのガスを使い訓練する。
試験ダイブの最中、一瞬気を失ったペッターは、
あやまって兄クヌートを事故に巻き込み死なせてしまう。

自分はなぜ失神したのか?疑問を感じたペッターは、
スタッフに詰めより、書類を盗み、謎を解明しようとする。







そこここに、
アメリカに大きな顔させてなるものか!
アメリカの力借りなくても俺たちでできる!

の気持ちが見えますなぁ

ダイビングシーンが迫力で、
深海の恐怖を感じ、見ていて息苦しくなりました。
撮影、大変だったろうなー

はらはらしっぱなしで、とても楽しめた映画鑑賞でした。



事実をもとにしているだけに、エンドロールで、
ダイバーたちの神経障害や訴訟のことが流れます。

どこの国でも、国民は使い捨てね・・・


_____________________________


ちょっと見ない間にハゲまくっちまったアクセル・ヘニー
前にも書いたように、韓国スター ソ・ジソブ似で、常に困った顔してる。


へニー


じそぶ







外国に行くには


▪️好きじゃなければ死んでもいなくなっても悲しくないな、と、
あんまり、別に、好きじゃないと思うことにした。うさぎも子も
びーです▪️


腹立つ〜!アメリカ!

(ネットで事前申請が必要)
入国許可もらうのに親の名前まで書かせやがって!くそ!
死んでてもだよ!くそ!
これでしばらく、怒り狂った精神状態で生きなきゃならんだろーが!
いいおっさん、おばさんが旅行すんのに、親、、ってなんだよ!
いつからこんな項目できたんだ!?去年はなかったぞ!
unknownって書きたかったけど、嘘ついたのばれたら怖いし。
そのつもりで生きてんのに

それでなくても、せっかくくつろいでる飛行機の中で、
字が細かすぎて読めない英語書類書かされるし、(いつも夫が書く)
検査の時靴も脱がされるし、指紋取られるし写真撮られるし、
あーーめんどくさ!おまえらなんぼのもんじゃい!
はい、アメリカ様です。

もうアメリカ行きたくないなー・・・・・・  
毎回いやな気持ちになるなら。    

行くけど




あ、イラクでは、HIV陰性の証明無いと入国許可されないそうです。
しかし、非常に笑えるとともに気色悪いのが、

「ただし、60以上、女50以上は検査必要無し」ってこと。

なんつーか、公的に、
男は60すぎたら性交しない、
女は50すぎたら性交しない、
って判断。なのね。イラクでは

男は死ぬまで SEX買うし、
(勃たなくてもオーラルでもHIV感染するし、性行為以外でも感染するべ)
女は人により何歳でも受け入れられるんでは?
(性交痛が無い女なら&性交以外でも感染するべ)


国により規則いろいろあんだろうな、と調べてみた。

<イギリス>
外人と見たら不法就労者思え!くらいな勢いで、
それはそれはうるさくめんどくさく厳しいらしく、
うきうき観光旅行のはずなのに、強制送還された人のブログもありました。


<カナダ>
日本人にかぎってだと、震災以来の移住長期滞在希望者が増えているとのことで、
居座るんじゃねえか?と疑われがちとのこと。


<オーストラリア>
所持金が少ないと、不法就労を疑われて入国不許可になるらしい。
貧乏バックパッカーは古き良き時代ってことね。


<プエルトリコ>
空港でのことはほとんどなにも覚えてないんだが、麻薬の検査らしく、
荷物を機械に通す回数が、アメリカ本土より多かった。


<イスラエル>
ものすご大変、みたいに描いてあるサイトが多いけど、
それより怖いのは、イスラエルのスタンプが押してあると、
他の国から入国拒否されるという指摘。


みなさんの旅行記事を読んで思うのは、係員しだいって場合が多く、
『運』かよ!な結論。


友達で、ちょっとお金たまるとすぐ海外各国に行く人いるけど、
ひどい目に合わずに済むのは運がいい。くらいに考えるべきなのかしらねぇ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


⭐️今月16日に行くセントルイスに、新しくできるミュージアム、
あと7日でオープンって書いてある 行きたい!
何より優先して行きたい!!! いきたいーーーーーーーーー!!

CityMuseum



あ、でも料金とかよくわからん。






JUST DO IT!


シャイア・ラブーフの動画がとんでもないことになってるんですね


いや〜ぁ、笑った笑った 何回見ても笑える


皆様方の傑作パロディ動画を貼らせていただきますわ。




















そんで、やっぱりやってくれちゃった、大好きパロディ王
ジェームズ・フランコ

「JUST POO IT!」ぎゃはははははは






「バンク・ジョブ」


▪️シャイア・ラブーフが「 JUST DO IT!」というので   びーです▪️


映画館で観た時面白かった記憶なので、ムービープラス放送で再鑑賞。


1971年9月12日にロンドンで実際に起こった銀行強盗事件
「ウォーキートーキー強盗事件」(Baker Street robbery)を、
犯人たちと顔見知り!という製作総指揮者の1人、
ジョージ・マクインドゥの取材により製作したという。

*ウォーキー・トーキーは無線機のこと


原題 THE BANK JOB 2008年 イギリス

監督 ロジャー・ドナルドソン


出演
ジェイソン・ステイサム/サフロン・バロウズ
スティーヴン・キャンベル・ムーア/ダニエル・メイズ
ジェームズ・フォークナー
キーリー・ホーズ/リチャード・リンターン

シャロン・モーン

ミック・ジャガー・・・ちょい役


ばんぐじょぶ



楽しい海で戯れ、ベッドで戯れる男女。盗み撮りする男。
これは、イギリスのマーガレット王女の写真だった。
写真を盾に麻薬密売を行う男には、MI-5(6?)からスパイが送り込まれる。

中古車屋のテリーは、商売がうまくいかず借金取りに脅されていた。
昔馴染みの女マルティーヌからの連絡は、ロンドン・ベイカー街の、
ロイズ銀行の貸金庫を襲う計画のもちかけ。
仲間を集め、銀行の二軒先の店の地下からトンネルを掘り、
貸金庫の床に穴を開け、お宝を手にいれたテリーだが、
マルティーヌの話には裏があると睨み、独断で計画の変更をする。

奪った物には、公人の秘密の書類などが有り、事件にはD通達が発令され、
テリーたちは政府、ポルノ王、警察から追われることになる。









スリリングでテンポが良くて軽快で気持ちいい


ジェイソン・ステイサムは、犯人役やってもいい人の顔。憎めない、可愛らしい。
元トップモデル サフロン・バロウズのいい女っぷりに惚れる。
嫌いな部分は、麻薬密輸の男のくだり。エセリーダー、キモい!


犯人たちがこういう犯罪には素人ってことで、
不用意に、銀行の写真撮ったり知り合いに声かけたり、
無線機使ったり、道具置きっぱなしにしたり、
いろいろヘマをするもんだから、余計に混乱していくのが面白い。

ありえないだろ!と思ったのは手袋してないこと。指紋べたべた残るって。


表向きの顔と真逆な、スケベに生きる政府高官らが何より薄汚く、
警察の賄賂強制にムカつき、犯人の味方になる心。



実際の犯人が服役後インタビューに応え、
「貸金庫からたくさんの銃と児童ポルノを見つけた」
「嫌悪感に、警察が捜査できるよう、箱を開けたままにして逃げた」と。

最後に出る、「100人以上の顧客が、盗まれた金庫の中身の申告を拒否した」
って、あんたらどんだけ秘密?どんだけヤマしい?どんだけ外道?



⭐️D通達とは、軍事国防の機密に触れる事態を封印する特殊法令だそうです。




使われたのは70年代グラムロック
T. Rex 「 Get It On」








「ロスト・リバー」



でかした!ライアン

「ロスト・リバー」=川のない街


原題 LOST RIVER 2014年 アメリカ

ライアン・ゴズリングが初監督・脚本


出演
クリスティナ・ヘンドリックス(母親
イアン・デ・カーステッカー(長男
Landyn Stewart(次男

シアーシャ・ローナン
バーバラ・スティール
マット・スミス
レダ・カテブ
エヴァ・メンデス
ベン・メンデルソーン
ロブ・ザブレッキー
Demi Kazanis


アメリカ 衰退した街というと、すぐデトロイトを思い浮かべました。
デトロイトで撮影された、架空の街が設定です。
デトロイトは、カナダに住んでたライアンの憧れの街だったそうです。


ロストリバーライアン


廃屋が点在する田舎町。
不況で生活できなくなった住民は、荒れる街に見切りをつけ次々出て行った。
ボーンズは、廃墟の金属くずを集めて小銭を稼いでいる。
しかし、「ここはおれの街だ」と威圧してまわるブリーに目をつけられ、
親しくなった少女ラットにも危険がおよぶ。

ボーンズの母親は家のローンが払えず、
銀行家に紹介された怪しい仕事を始めだす。

街の一角には、貯水池を作るため湖に沈められた区域があり、
呪いがかけられているという。







悪夢を見ているような現実
ダーク・ファンタジーのようで現実

「ツイン・ピークス」のようだ。
「ツイン・ピークス」のようなのに、性的ないやらしさは無く、
とても悲しくとても美しい。

顔を切るクリスティナの綺麗なこと★★★(O_O)

ロマンチックで明るい古き良き時代の楽曲と、血と、燃える家燃える自転車
底辺に深く静かに流れる不穏な音楽に、怖さよりも悲しみを覚える。


怪しい拷問血まみれショーのグロテスクと、
ショーを見て興奮し喜び金を払う人間のグロテスク。
街を仕切る野蛮人ブリーのグロテスクさよりも、
こっちのほうが何倍もグロだった。

私が一番気持ち悪かったのは、
ペットの首を切るシーンより、手下の<唇切られ顔>より、
銀行のあいつが踊るシーンでした。


この映画でリアルに痛みを感じたところ
貧乏母子家庭が関わるはめになる邪悪裏社会

これは事実だかんね。! 
これよりひどい目にあう母子家庭の母親はいくらでもいる。
よっぽど経済的に潤ってるか、暴力うけてる以外は、
浮気されようが性格合わなかろうが、交尾に不満があろうが苦痛だろうが、
姑が嫌いだろうが、離婚しないほうがいいぜ、ほんとによ。

やらない知らないほうがいい事を、金に困って、
どうしてもやりがちになるからね。


映画の救いは若い二人でありました。


*次男フランキー君はカメラを怖がったから、
草むらに隠れたり遠く離れたりして撮影したそうで、実に自然に子供でいます。
街の素人さん達、「おれも出せ」と言ってきたので撮ったそうです。
いいね、監督

*ラットとボーンズが見るテレビ番組なんだろう?アメリカの古いドラマかなー?



ラットのおばあちゃん、バーバラ・スティールの若き日


バーバラスティール





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


ライアン・ゴズリング インタビュー動画

シングルマザーの家庭で育ち、
大人の男に略奪者のエネルギーを感じて、子供には怖かった。
そっかー。 とすると、長男はライアンに重なるなぁー。