「ドキュメンタリー最強のふたり」


去年、武蔵野館で観たフランス映画「最強のふたり」(Intouchables)
実話の人物たちと、映画関係者を撮ったドキュメンタリーを見ました。

『触れることのできないものたち』

というこの原題の意味が、いまひとつわからず、また考えてみました。

・資産家上流社会と、その日くらしの貧乏人
・白人と、映画では黒人 実際はアラブ系?
・健常者と障害者

環境、人種の違う人々は、普通ふれ合わない。その機会はそう無い。
そういう意味?
あと、そういう、あんまり接触したくない、問題を語りたくない、
見て見ぬふりしたい、ことを題材にしてるから、「触れられない」?

私、この映画、面白く観たのだけれど、
どこかが「好きな映画」ジャンルに入れにくいのよ。
それがなぜなのか、、まだちょっとわからない・・・

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

原題 Real Untouchable


WOWOW番組案内

元々、フィリップが口述筆記?かなにかで書いた
「Le Second Souffle 」(第2の呼吸)という本がテレビで話題になり、
番組の司会者が作ったドキュメンタリー番組を見て、監督二人が映画化したのが、
「最強のふたり」


ドキュメンタリー「À la vie, à la mort 」




大富豪フィリップが、パラグライダーでの着地失敗で首から下が麻痺して、
世話係に雇ったのがアラブ系?移民のアブデル。

映画と同じく、フィリップを車に乗せて暴走して遊んだり、
ナンパに出かけたり、「ムチャばかり」して楽しんだそうです。

映画出演の二人が、フィリップに会い、話をする場面もあります。





フィリップの言葉がとても重い。

「アブデルは社会的障害者、私は身体的障害者」
「人生はもともとジョークみたいなもの」
「現状を受け入れるのが、人間の美学だ。」
「懐かしむ、期待するという行為は非常に危険。
 現実が見えなくなる。」
「人を雇う時履歴書を見ると、そこに答えがあると思い込み、
 人間を見ようとしなくなるから、履歴書は見ない。」

アブデルのインタビューを見ると、
彼の、確固たる信念のようなものを感じる。
意識してそうしてるわけじゃない、
「誰にも何にも妥協しない自分の哲学」が見える。

フィリップは、アブデルを、「人生の貴族だ」と言います。

100万も使って、歯磨きや食事の手伝いロボット?を作った人の話で、
フィリップが言います。

「大金使って機械を作るくらいなら、
その金でアブデルを探せ」


(アブデルのような人物を、ということね)


フィリップを演じたフランソワ・クリュゼが、
痛みに悲鳴を上げるシーンの撮影前に、何分も何分もジャンプし続け、
汗だくになって足がつってから挑む場面には鬼気迫るものがありました。


****だけど、

みんなは、フィリップが、
苦しみを乗り越えて現実を受け入れているのがすごい、
みたいに言ってたけど、私は、見ていて、
「いつかこの人が自殺幇助を希望するのではないか?」

と、すごく悲しく、心配になりました。




スポンサーサイト

「エージェント・マロリー」


どうよ!この美しきおねえたまわっ

ジーナ


最初に、鋭く美しい女性の目(顔の上半身)が映り、
「なんなのこの人?みたことない?なにこの魅力?」と驚き、
口が映り、「知らない?誰?なにかが未完成な不思議な美貌」と浮き足たった。

知らないはずよねー 格闘技の人だったのよー。

ジーナ・カラーノ

1982年産まれ、大学時代に太っちゃって、
ダイエットのために始めたムエタイでプロになっちゃって、
総合格闘技家になり、モデルやタレント活動もする。美女。


原題 Haywire 2011 アメリカ

脇役が豪華!
マイケル・ファスベンダー
ユアン・マクレガー
ビル・パクストン
チャニング・テイタム
マチュー・カソビッツ
マイケル・アンガラノ
アントニオ・バンデラス
マイケル・ダグラス


エージェント


マロリーはスパイ。
バルセロナ サンディエゴ ダブリン ニューヨークと、
スパイ映画らしい舞台の変わり方。

マロリー格闘する、走る、逃げる、運転する、
マロリー女装する(仕事のため、ドレス姿に)、

マロリーを見る、それだけで終わった。

スパイ映画って・・・・あたし、
「ボーン」シリーズも「ボーン・レガシー」も、
「裏切りのサーカス」も、

全然ストーリー追えない・・・頭、ついていけない・・・
理解できない・・・・

だから、全体の面白さとか、役者の魅力でしか好き嫌い言えないです。





ジーナ様、映像を通すと、やはり、いわゆる女優とは違う、
いい意味での違和感と存在感。そこのあやうさがとても目を惹く。


それにしても、ソダーバーグというお人、異職種の逸材を見つけ、
最大限に素材を活かすのが巧いのね。
サーシャ・グレイしかり、ジーナしかり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジーナおねえたま動画

「ワイルド・スピード」







はっ! この顔は、
この顔の可愛さはリサ・シェリダン
鋭さ中性的さは本田泰章


じゃないか?これ

「扇情」


邦題はエロ感満々ですが、原題(アメル)の意味、わからない。
直接のえっち系映画ではなく、感覚と想像に訴える、
詩的なイメージフィルム。

ヨーロッパで数々受賞、日本では、ゆうばりファンタで上映

原題 Amer 2009 ベルギー、フランス

監督脚本 エレーヌ・カテ ブリューノ・フォルザーニ 
出演 カサンドラ・フォレ  シャルロット・ユジェーヌ=ギボー  マリー・ボス

主人公アナの、静まり返った邸宅での子供時代から、
大人になり、実家に帰ってからの数日。


扇情


なんでも、中田英夫監督が、師匠である小沼勝監督を描いた、
ドキュメンタリー「サディスティック&マゾヒスティック」の、
ワンシーンを忘れられずにこの映画を作ったそうです。

一人の女性がやくざの集団の真ん中をぬって歩いている

そこに、「見られていることを意識している女性の権力と快感」を感じ、
脳裏を離れなかった。と。

2000年の日活映画のこれ

さで


=監督のインタビュー記事抜粋=
主人公アナのエロティックでねじ曲げられた世界観への一つの体験、旅。
観客は主人公の肌へ入り込み、彼女の欲望と身体への探求心を、感覚的また直感的に体験。


そうね、確かに、

女の、少女期(内側からの、曖昧だが敏感な性)
   思春期(男の目を意識しての、好奇心性)
   成熟期(男の性の対象としての自分を充分楽しむ)


三つの時期の、性へのイマジネーションを切り貼りした。印象。





見る、見られる、ということからか、
目のどアップから始まるオープニングは、
これから始まる恐ろしげ妖しげなストーリー展開を期待させます。

● エクソシストっぽい、細かく刻まれる繰り返しの旋律
● 美しい大理石の真っ白な階段と黒い鉄の手すり
● 懐中時計 小鳥の死骸 水滴 ミイラ化した老人

アナの少女期のダークファンタジーさに、
スペインの暗く悲しく怖い映画の数本を思い出しました。

茶色がかった、ゴシック調とも言える色彩が、
大人の生殖行為目撃後、突然原色になる、
・・・・知っちゃったのねー、ぼんやりしてた秘密をねぇ

☆子供と親の交尾と死んだ老人
 この組み合わせが見事
___________________________________

がらりと変わるのは、アナが十代半ば?になったらしきシーンから。

● 70年代ファッション雑誌のようなおしゃれな映像
● 母親のドレスと帽子
● 車 バイク 青い海

そこで、すばらしく凶暴さを発揮する、思春期アナの顔


karori-na


ここでは、美貌が衰えていく女(母親)と、
咲き誇る若い女(娘)との対比が見事

________________________________

アナ中年期
すでに家族がいない実家に帰り、子供の頃感じた不安や恐怖を確かめる。
その結末は・・・・・・


と、長々と書いてしまいましたが、
ほぼ、セリフが無く、極端なアップ、断片的なカット、
斜めに、真横に、時には歪んで、映すカメラ、など、
ストーリーへの理解は、こちらの想像でしかありません。
なぞの黒いレースの手袋や、滴る水など、
少女特有の幻想だったのかもしれず、現実だったのかも知れず。

最初、これは好きだ!と意気込んで見たものの、
だんだん、集中するのに疲れ、後半は、真相がどうのとか、
もうどうでもよくなりました。

美しいイメージ動画をおしゃれなバーで流している、
そんな気持ちで楽しめばいいかー とね。


美しいだから映像としては好き


「トロール・ハンター」


ジャンルは、フェイクドキュメンタリー?
これって、たいていお化けの映画だと思うけど、

この、ノルウェーの奇作は、「トロール」

これぞ、北欧  
さすが、ムーミンの国  (ムーミン見てないけど)

なんと感想を言っていいか・・・
妙にリアルでどこかファンタジー
とっても不思議な印象の映画ですー。


原題 Troll Hunter 2010 ノルウェー

出演
オットー・イェスペルセン
グレン・エルランド・トスタード
ヨハンナ・モールク


トロール


学生3人が、クマが殺された(密猟?)現場を取材に行く。
映画科の学生なのか、「マイケル・ムーアならあきらめない!」
な〜んてセリフが有ります。

「こりゃあ、クマの足跡じゃないぞ、クマ、ここに運ばれて来たんだ」

そんなバカな!でかいクマを運べるやつって何?

学生たち、何やら知ってそうな、猟師っぽい男を追いまわし、
夜の森の中まで行ってみた。
すると、例の男が、向こうから走って来る!叫ぶ!

「トロールだあぁぁぁぁ」

こいつは、国でたった一人の、<トロール・ハンター>だったのだ。





予告編でも、DVDパッケージでも、トロールの姿が出てるけど、
当然CGのようですが、なんともいい案配に、偽物っぽく、本物っぽい。
これが、深い森や雪の荒れ地に立つもんだから、
私がかってにイメージしてる、北欧のおとぎ話ムードにぴったり!

細かいところが真実味あるので、ギャップが、笑えるような夢見るような。

・UFOを隠す国のように、トロールを隠す政府の組織設定
・トロールの死に方の生物学的説明
・ハンスの暗闇で眠れないからの、日焼けマシーン導入
 (日焼け止め塗って寝る 笑 ) などなど

きわめつけは、ノルウェーのストルテンベルグ首相が、
トロール対策の公式発言をしているところ。
なんと、本物の首相がご出演されていた

私がキャッキャ喜んだのは、
森の中の小さな木の橋の上に、3匹のヤギがいたシーン。

こ・これ! 「三びきのやぎのがらがらどん」だーーー

しかも、トロール、ヤギ食えなくて、足でダン!って。可愛い♡

がらがら

大好きなんだよー、この絵本
絵本のトロールに似てる!そういえば、映画のトロール。

しかし・・・『濃縮したトロール臭』
って・・・ どんなに臭いか知りたいような知りたくないような

これは、カルト映画ですね、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知らなかったけど、ノルウェーのコーヒーって、
美味しさで有名なんですってね。東京にカフェが出来てた!
行ってみる 

NEVERまとめ TUGLEN TOKYOページ

二度目の「プロジェクト・ランウェイ」

現在WOWOWで放送中、大好きなデザインの番組

「プロジェクト・ランウェイ」

再放送ばかりだけれど、何回でも見ちゃうのよね

WOWOW番組案内

原題 Project Runway

日本では、2006年から、WOWOWプライムで放送が始まり、
これから第9シーズンが見られます。

成功を目指すデザイナーたちが、毎回テーマに沿った服を作り、
審査され、一名が優勝一名が脱落。

ランウェイ

デザイン縫製 作業の場所はNYのパーソンズ美術大学

パーソンズ




好きだったデザイナーのこと、書きたくなった。

ローラ・ベネット

ローラ

5人の男の子の母(地獄だ・・・あたしだったら)
でありながらの、このエレガンス!
バトルの最中も妊娠中のお腹で、美しいドレス姿!
子育てにくらべれば、毎回のプレッシャーや重労働なんて
なんでもないと、すゞやかににこやかに語る。

作るお洋服も、洗練された上質のドレスばかり。憬れたわ〜
あたしは着ないけどね、こういう上品なドレスは。

その後のローラは、テレビショッピングなどで作品を売り、
夫の仕事(建築家)を手伝い、知識や経験をいかした本を出版。


ウーリ・ヘルツナー

東ドイツ出身で、
子供の頃の何もない生活から、工夫して服を作っていたウーリ。
マイアミに移住してから、明るい太陽を愛し、
色をたくさん使った、軽やかで自由を感じさせるドレスを作る。
マイアミのお店でがんばってるみたい。

Uli Herzner Collection




ミラ・ヘルマノフスキ

MILA HERMANOVSKI


ミラの作る服の、シャープさが好きだった。
カラーブロッキングのセンスも大好き。ただ、黒中心の服が多くて、
そこが少し私には残念。子供服の時の多色使いは良かった。





セス・アーロン

ロックテイスト、遊び心、元気で若々しい
セスが使う、チェックやちどり格子のバランスが可愛くて好き。
ファスナー、スタッズが好き! 今迄のデザイナーで一番好き

Seth AAron HP


その後のコレクション動画 すこし、おとなしくなった?




あと、思い出したらまた書こう。

実話の映画化鑑賞


「ソウル・サーファー」

サーフィン映画には、見る前から、80点くらいの贔屓目の私。
一番いいのは、本物のサーファーたちのドキュメンタリー作品だが、
実話であれば、たいていは味方になる。

この映画に関しては、最初からどこか食い付けないカンがあって、
なぜかと考えるに、ディズニー関係だから、ではないかしら?
D王国が作るからには、いくら実話でも、
<いい子ばんざい、家族は力、夢はかなう>臭が鼻につくに違いない。

なので、映画館には行きませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13歳でサメに片腕を噛みとられたサーファー、
ベサニー・ハミルトンの自伝の映画化



原作

ソウル本


ベサニーについて

ベサニーのブログ

ベサニー インタビュー


原題 Soul Surfer 2011 アメリカ

出演
アナソフィア・ロブ
デニス・クエイド
ヘレン・ハント
ロレイン・ニコルソン
キャリー・アンダーウッド
(アメアイ出身カントリー歌手)

ソウル


☆親友役ロレインは、こわ〜い顔のパパとは似ても似つかない、
 ぽっぺたぷっくりの、私好みの可愛い子。

ベサニーの幼い頃のビデオは、本物かな?
そこからの、アナソフィアへの流れは、とっても自然でした。





『神』だらけ・・・・・ 

ごめん、
ここでもう、この映画を見続ける気が失せてしまった。

ヘレン・ハントは、もともとサーファーだったと、
「エレンの部屋」で言ってました。
ベサニーの母親と仲良くなり、一緒にサーフィンしたそうです。

やはり、よくできたディズニー映画のワクの中、
魂に響くサーフィン映画とは感じられませんでした。
音楽の使い方にもあざとさを感じ、ついていけなかった。

しかし、ほんとに、こんな家族いるんだ・・・
あたし、わかんない、家族が理解できないから、ひねくれた目で見てしまう。

ベサニー自身のフィルムがもっと見たいな。

でも、『神』言われると、だめだなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

パイロット、弁護士、医者、と、
ステイタスの高い、自尊心をくすぐる職業ばかりになりすまし、
莫大な金額の小切手詐欺をやり続け、服役後は政府機関で働き、
現在は会社の社長。そんな男の半生物語。
監督はスピルバーグ

原題 Catch Me If You Can 2002 アメリカ

この人な、フランク アバネイルJr

フランク

原作自伝「世界をだました男」

本


出演

レオナルド・ディカプリオ
トム・ハンクス
クリストファー・ウォーケン
マーティン・シーン
ナタリー・バイ
エイミー・アダムス
ジェニファー・ガーナー


キャッチ


1960年代 ニューヨーク
両親の離婚に息子はショック!
家出したものの、食っていくには金がいる。
「人、だますのかんた〜ん」と自分の才能に気づいた息子、
どんどん腕はあがっていく。
無資格でやってた弁護士の資格も、やばくなって
ちょっと勉強したら取れちゃった。





軽妙に進むストーリーは楽しかった。
人がだまされていく過程も面白かった。
いまいちノれなかったのは、レオ演じるフランクを、
「愛すべきペテン師」として描いているのか、
その場限りのごまかしで乗り切る、ちんけな犯罪者として描いているのか、
中途半端な気がしたからかな?

豪華ホテル、ハリウッドの
『ルーズベルトホテル』の内部が見られて嬉しかったわ






エミー賞授賞式あれこれ


昨日は、アメリカのテレビの祭典、

エミー賞授賞式の生放送、という、

18歳美人アメリカ人になった気で生きてる私には、
舞い上がりまくる日でありました。

朝起きてすぐテレビつけて(9時まで寝てました)
終わるまで、水一滴も飲まず、食わず、
顔も洗わず、泣くわ、笑うわ、叫ぶわ・・・

受賞結果は、いくらでもネットで調べられるから、その他もろもろを

AXNエミー賞ページ

今年度は、「ブレイキング・バッド」が圧勝
<余命わずかな主人公が、これまでの人生の道をそれる話>




あたし、これ、見てないと思ってたら、1回だけ見てたわ。
お試し放送みたいなの、どこかでやった時。
すっかり忘れてて、予告編みて思い出した。
でも、うちが契約してるチャンネルでは放送しないので、
続きは見られません。残念ながら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

亡くなった俳優たちへの追悼もありまして、
やはり、gleeのフィン(コーリー・モンテース)には涙。

finn


くせのある脇役としてなじみがあった、
ジェームズ・ギャンドルフィニへの言葉は、
「ザ・ソプラノズ」で長年夫婦役で共演していたイーディ・ファルコが。

ジェームズ


このおじちゃん俳優、顔といい役柄といい、
私が好きになるタイプではありませんでしたが、
イーディの言った言葉に胸が熱くなりました。

「彼は、脚光を浴びるのはあまり好きじゃありませんでした。
それよりも、脚光を浴びるのにふさわしい人を支えるのが好きでした。」

本人が語っていた言葉だそうです。
うううっ・・・・・・

去年のエミー賞で
「テンプル・グランディン 〜自閉症とともに」の演技を評価された
クレア・デインズは、すっかり大人の女優の貫禄

まだまだ、日本で放送されてない、
面白そうなドラマやバラエティがたくさんあって、
一本でも多く、日本が買い付けてくれることを望みます!

海外ドラマで、どれだけ元気をもらってることか
どれだけ毎日が楽しくなったことか

歴史も政治も世界の状況も、
みーーーんな、海外ドラマと洋画で教わった。
親であり、教師であり、友達なのだーーー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自称、「ビッグバン・セオリー」広報部長としては、

主演、ジム・パーソンズの受賞に、天にも昇る気持ちだったわけです


ほんだから、つい、こんなもの、注文してしまい、先ほど届きました。
うほほ 

IMG_0518_convert_20130924130022.jpg

IMG_0519_convert_20130924130048.jpg


そう、昨日、すっかり嬉しくなって、
銀座一丁目の歩行者天国から、汐留までをウキウキ歩いたの。
そしたら、びっくり、
むかーし読んでた、惣領冬美のイラストがビル全面に

IMG_5131_convert_20130924130912.jpg

IMG_5130_convert_20130924130133.jpg

POLAが新しくなる、との宣伝らしい。

汐留のこのタワー(ライト)キレイよね。

IMG_5137_convert_20130924130225.jpg

アップルパイが有名なレストランに入ったんだけど、
アップルパイ嫌いだから、バナナのパイ食べた。

IMG_5132_convert_20130924130254.jpg



だけど、悲しいかな、ここでも、「あ〜。。。ハーブス〜」
と、味の洗練・デリケート、完璧なハーブスのせいで、
美味しいと思えず・・・「ハーブス、罪」


ってな一日でした。

エミー賞授賞式 シェルドン!


と、とりあえず、
これだけ書いとく!


「ビツグバン・セオリー」

シェルドン、主演男優賞おめでとう!!!

10月23日待望のDVD発売!

ビッグバン


ちょっと、これも欲しい・・・

シェル



とにかく!とにかく!
こーんなに爆笑もんのドラマ、そうそうないよーー
なんせ、アメリカじゃあ、

<50年後も放送され続けるだろうドラマ>
<アイ・ラヴ・ルーシーのように国民的に愛されるドラマ>


って言われてるんだもん


そりゃ、
「モダン・ファミリー」も、
「シングルパパの育児奮闘記」も、
「ニュー・ノーマル」も、
「ザ・ミドル」も、

30分ワクの、コメディドラマに、傑作は多いです。

そのなかで、なぜにこうも、「ビッグバン・セオリー」がクるのか。

変人だらけのキャラクター
変人っつっても、性格が、性癖が、どうのというより、
社会とうまくやっていけない、SFやコミックヲタクってとこ。
第一にそこよね。

で、会話が脚本がもー、いちいちすべてが、笑えるんだわー
役者たちのタイミングがうまいんだわー

もっともっとほめたい所あるけど、
今、AXNでエミー賞授賞式生中継見てるから、
あとで冷静になったら追記しますう

ここらで整理「今年鑑賞DVDお気に入り特集」


二度めのおわびです。
FC2ブログ、あまりにも営業の迷惑コメントが多いので、
文字認証をつけました。自分で見てみたら、わかりづらい認証数字なのね、
面倒でごめんなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー0

今年の劇場鑑賞映画で、ベスト3は、未だ変わらず、

「明日の空の向こうに」→公式サイト
「イノセント・ガーデン」→公式サイト
「君と歩く世界」
→公式サイト


では、DVD発売されてる中の印象に残った作品もここに。
☆ WOWOW放送になった、未公開未発売の作品に
  素晴らしいもがあるのですが、いつか公開&発売になる事を願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*タイトルをクリックで、感想記事が開きます。

宇宙で最も複雑怪奇な交尾の儀式

OSS117私を愛したカフェオーレ

オレンジと太陽

幸福の罪

孤島の王

天使の分け前

ニーチェの馬

ブロンソン

ポルノ☆スターへの道

ミラノ、愛に生きる

歓びを歌にのせて

ルート・アイリッシュ

ロフト


コメディ、ドラマ、サスペンス 取り混ぜての、
記憶に残る好きな映画たちです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、なんと

感想を書いていた、この素敵なスペイン映画が、
(当時、未公開、未発売だった)

めでたく、
10/19日〜 シネマート六本木で公開 されることに

公式HP

地中海



「地中海式人生のレシピ」


配給会社の方がわざわざコメントで報せてくださいました!
あー 嬉しや あー 嬉や

みんな観にいってね〜

クリエイターって何?



ゆうべは 「SIX」という、クリエイターさん達の会社の
野添剛士さんのトークショーに行ってきました。

アドタイ ニュースサイト


お仕事




クリエイターということ、
マーケティング? 人との共感  

などなど、勉強になるお話をたくさん聞いたのです。
あたしの頭は細かいところを覚えず、全体的な印象で記憶するらしく、

「あったまいいんだなー、この人」
「人間を信じてる、人間の繋がりを信じてるんだなー」
「豊かで意外な発想を、ビジネスにするって凄いなー」

てな、「すげえーーーーこの人」
な感想でいっぱい。


その後、みんなで飲めやしゃべれやのパーティ。

カメラマン、アナウンサー、映像作家、イラストレーター、デザイナー、
たくさんの才能ある方々との交流に興奮。
時間も忘れて結局最後までねばってしまった。

ふううう〜 刺激の一夜でしたー



テッド・レヴィンTed Levine


Ted Levine  1957年5月29日産まれ

この俳優について考えた。

Facebookもありますが、エージェント?マネージャー?
他の人がやっているみたいです。

Ted Levine Facebook


ファンが作ったらしき、テッド名場面集




有名なのは、「羊たちの沈黙」

あたしは、ここのね、これ、これなの、
この、ジョディ・フォスターに「手をあげろ!」みたいに言われた時の、

テッドの、くねりん した体の曲がり方に、
恐ろしくおぞましい変質を見た!


あのワンシーンだけで、この俳優(このキャラクター)の
トリコになった
あそこに、あいつの幼い頃からの人生のすべてが凝縮されていたのだ


ところで、あの映画は何を評価されたの?世間的に人気なのはどこが?
あたしはあいつの、変質者・病気質のみで高評価なのですが、
みんなはどこがいいと思ったのか、知らない。


「羊たちの沈黙」予告編




テッド、この映画出演後、次々と、犯人役のオファーがきたが、
イメージが固定されるのを嫌い、断ったとか。

その後、脇役でいくつもの映画に出てますが、
私が観たいと思う作品群では無かったのか、
「ヒート」「記憶の棘」あたりは見たが、ほとんど未見。

DVDで、ながら鑑賞よりも、やっぱり映画館で見た、
「シャッター・アイランド」が衝撃だった。
ほんの数シーン、ディカプーの顔ばかり観ると、気づかない適度。

相変わらずの不遜で底寒い顔つきに胸騒ぎ


このドラマでは理想の上司の位置らしい。
「名探偵モンク」

モンク


テッドの顔のどこがそんなに私を捕らえるのか。

・眉毛のラインと薄さのゲイっぽさ
・上まぶたの肉のかぶさり方の意地の悪さ
・鼻のつけねの骨格の歪みを思わせる声のくぐもりの変態っぽさ
・上唇の真ん中の出てる部位&薄く鋭い山型の組み合わせの卑怯者っぽさ
・喉の太さを感じさせる首の円周に、性的な粘っこさを感じる

こういった顔の特徴が、たぶん、私の、めためたに痛めつけたくなる心
自分でもなんでかわかんないけど、
こいつを、私のいろんなもやもやのはけ口にしたい心を猛烈に刺激する。
だけど、根っこの部分で、私はこいつと同等だと思ってるのよ。

なんだこりゃあ

うーーーん。おかしいな、あたし
誰かおせーて


びみょ〜・・・映画鑑賞


「ル・アーヴルの靴みがき」

原題 LE HAVRE 2011 フィンランド・フランス・ドイツ

出演
アンドレ・ウィルム
カティ・オウティネン
ジャン=ピエール・ダルッサン
ブロンダン・ミゲル
エリナ・サロ
イヴリーヌ・ディディ

RU.jpg


アキ・カウリスマキ監督、たくさん観て、たくさん好きな映画あるのに、
なんだろ?みんながこの映画ほめるのに、
あたし、退屈で退屈で・・・



アフリカからイギリスに、不法に移民しようとして、
フランス ル・アーヴルで見つかってしまった一人の少年。
靴磨きのマルセルは、妻の入院と重なって出現した少年を、
妻にないしょで家に住まわせる。

監督の、いつもの、セリフの少ない、演技のひかえめな演出。
それが、可笑しみや哀れさを感じさせてくれた他の作品と、どこが違うんだろ?
どうしてこうも入り込めなかったかわからないうちに終わりました。
ごめんなさい。

あと、
こんなにも、食べ物を不味く見せる、
不味く撮る人もそういないな・・・



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「善き人」 原題、GOODだもんね、2008 イギリス

出演
ヴィゴ・モーテンセン
ジェイソン・アイザックス(この人の顔好き)
ジョディ・ウィッテカー

善き

第二次大戦 ドイツ ユダヤ人 強制収容所
自分が望んだわけでもないのに、あれまあれまと党員になった大学教授。
友人が捕らえられると(二番目の妻が密告)助けようとする。





へっ? へっ?! これのどこがGOOD?
どこが善き人?


だいたい、教え子とやって
それも、友達にあれこれ話してさー、
妻追い出して。もう、そこで最低野郎じゃんよーーー

信念もなんもあったもんじゃねぇ、
あわあわしてるくせにてナチに入る情けない小心者だし!

友人助けようと、ったって、結局なんもしねえじゃん!

こんなもんんで『善き人』なんて言わせないよ


*ちなみに、ナチら、
運ばれてくるユダヤ人が、恐怖でパニクると面倒だから、
音楽できるユダヤ人に、歓迎の演奏させやがって、
演奏するユダヤ人に、被害者をだます片棒を担がせたんだよ。
そのドキュメンタリー番組見ました。

だから、いくら美しい音楽が流れようと、
ナチ制服着たやつが、音楽を聴いて目を閉じる(感動ですか?)なんて、
ふぁっ◯なシーンなんだよ。

これをいい映画とする感覚がわかりませぬ、私には

それから、こういう映画にアメリカ人やスターを出すと、
作りもん、うそっこ臭さで私はダメ! 
でも、ヴィゴは好きだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Virginiaヴァージニア」

エル・ファニングちゃん見たさ+ヴァル・キルマーの・・・

原題 TWIXT 2011 アメリカ

コッポラ監督ですがね

VA-.jpg


ミステリー作家が、小さな街にサイン会に訪れる。
だーれも来る人がいず、キレそうになったところ、
街の保安官が、「来いよ!安置所の死体見せてやる」。





この街で作家が出会う、
Vという少女、子供達、エドガー・アラン・ポー。
*この人達、亡霊?作家の幻想?

作家が経験する恐ろしげな事。
*これらは現実?作家の妄想?

作家の過去(娘の死)を照らし合わせると、どうしても、
<過去に囚われた孤独な男が、陰湿な空気をもつ街で、
 深層にあった、夢・幻を、体験する>

ように思えるが、いくらゴシックムードが好物でも、
難解な構成に退屈し、洗濯でも始めたくなり、耐えながら見るはめに。

ヴァル、の
フィリップ・シーモア・ホフマンとミッキーロークを
足して2で割ったような外見の変化に口あんぐり!
ストーリーを追うなんて、とても冷静には出来ませぬ。

すごすぎる、あの顔はφ(´ι _` ; )

「ブリッジ〜国境に潜む闇」


「ブリッジ〜国境に潜む闇」

原題 THE BRIDGE 2013 アメリカ

主演 ダイアン・クルーガー

とはいえ、私は、ダイアン目当てで見たのではないのです。
あの、「羊たちの沈黙」で、ミシン踏んでたあいつ。
あいつが忘れられず、「シャッター・アイランド」で久々に見た時は興奮
このドラマでは、いいもんの役をやっている

あいつの名は、『テッド・レヴィン』

Movie Wlkerテッド・レヴィンページ


「ブリッジ」くわしくはこちら

FOX番組案内

スウェーデンとデンマークの国境で起きた、
殺人事件のドラマ「ブリッジ」を見た、アメリカのプロデューサーが、
舞台の国境をアメリカとメキシコに変えて製作したドラマ。

アメリカ側(テキサス州エル・パソ)→TEXS案内サイト  
 スペイン語と英語が公用語
 メキシコ側に比べれば治安が良い 
 
メキシコ側(チワワ州シウダー・フアレス)
 戦争地帯を除くと世界で最も危険な都市と言われる





このドラマの肝は、
国境のライン上に半分ずつ分けて置かれた、殺害遺体。
あっちとこっちが別々に、しかし、連帯して、
事件解決にもっていかなければならない。

メキシコ側が、アメリカに比べて、何倍も、人、死んでるし、
行方不明も日常茶飯事。いちいち調べてられっか、な警察。

アメリカの事件担当は、
人の気持ちを察するとか、言葉の裏を読むとかができない、
「BONES」のブレナンを、もっと事務的に人見知りにした感じの女性。

この、社会と上手くやっていくのが難しい女性刑事を、
ダイアン・クルーガーが、固まった表情で、とても巧く演じています。

しかーーーし、

複雑な事件を、謎のまま、続きものでやられちゃうと、
私の脳は居眠りを始める。とっちらかる。
なので、5話くらいで、もうギブアップ。
見たいのに見られない。はまったのに見られない。
結末を知りたいけど、もう見てません。

でも、ダイアンの演技だけでも見る価値あり
のドラマです。


ダイアン



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◯スウェーデン、デンマーク合作の元ドラマのご案内。

「THE BRIDGE/ブリッジ」


スウェーデン題 Bron デンマーク題 Broen


くわしくはこちら

スーパー!ドラマTV番組案内





これも、最初の3話くらいで頭働かなくなり、あきらめました・・・
頭が悪い、という言葉を、実感するドラマになりやしたー。


今はなきマニアック映画館「シアターN渋谷」上映のB級作品


ジョデル・フェルランド「ローズ・イン・タイドランド」だもん!

ロザンナ・アークエット「グラン・ブルー」だもん!


ということで見ました二本です。しかし、ああ・・・B級
さすが、シアターN渋谷

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「トールマン」

原題 THE TALL MAN 2012 アメリカ・カナダ・フランス

監督 パスカル・ロジェ

う〜〜〜ん・・・・
この映画、私は超個人的に、よくわかる、というか、
共感したというか、一般的には、賛否両論になりそうな内容。

すみません、
これは、演技がどうの、脚本がどうのじゃなくて、私の考えを、

完全ネタバレで書いてしまいます。

なので、未見の方は無視してね。

<ジョデル以外の出演者> 主役はジェシカ・ビールです。
・ジェシカ・ビール スティーヴン・マクハティ ウィリアム・B・デイヴィス
 ジェイコブ・デイヴィーズ サマンサ・フェリス


トール


ある、閉鎖された炭鉱の町。暮らしが貧しい家庭ばかり。
その家庭から、次々に、幼い子供が行方不明になっていく。

「トールマン」という、(都市伝説?)背の高い男が子をさらっている。
町の人々はそう噂し、怯えていた。





『子供は環境しだい』これは真実。

産まれ持った気質があれど、その子にとって好ましい環境で育てられれば、
人としてかなり上手に生きて行けるようになる。
幸せになるための準備ができる。のだ。

たとえ、親と引き離されても、
より恵まれた環境に行けたほうが、絶対に子のためになる。

これを言っちゃうと、
”貧乏でも、親子は一緒にいるべきだ”
”子供の意志も、親の許可も無しにするのは犯罪だ”
”子供を奪われた親の気持ちを知れ”

と、おしかりを受けるでしょう。その通りです!
が、ずーーーーーーーーっと、ずうーーーーーーーーっと、
誰か連れて行って、誰かさらって、と願い、
そんなことはおきないんだと諦め、眠ったまま、明日死んでたらいいなぁ
と思い続けてきた子供なら。断言できる!

『より良い環境と思いやりのある他人の家のほうが、
 情と血で結ばれた産みの親といるよりも道は開ける』



ジェシカ・ビール演じた女性たちが、命をかけてしたことは、
正しいことなのだ。犯罪でも。

普段は、親目線で映画を観るわたしですが、今回は親の気持ち無視!
はい、ごめんなさい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ディヴァイド」

原題 The Divide 2011 アメリカ・カナダ・ドイツ

途中まで、まさか、これ?このおばさんがロザンナ?
と目を疑うほどの、さびれた飲み屋の女将ぶり。
泣いて叫んで汚れてるだけ。

ついでに、マイケル・ビーンも、まさかの変体。
歳とるって、別人になることなのねー。

<ロザンナ以外の出演者>
ローレン・ジャーマン(主役?)
マイケル・ビーン
マイロ・ビンティミリア
コートニー・B・バンス
アシュトン・ホームズ

私は、アシュトン・ホームズの顔が気になる。
脇役でも、なんだか目につく、ひねくれ者顔。
いろんな役をこなせそうで、今後が楽しみ。
「リベンジ」「CSI」「コールド・ケース」などのゲストで印象に残りました。


ディ


どうやら戦争で壊滅したニューヨークだそうです。
(もう、やめてくんない?こういう未来像)
地下シェルターの生き残り9人の、めたくそけだものぶり。
(けだものに失礼だな、人間のほうがひどいことするから)





不衛生な地下で、だんだん理性無くしていく人間だもの、
見るに耐えない行動に出ますわな・・・・
だらだらと

スプラッターより気分悪くなる。


まるでおすすめいたしません。特に女性には。



「パーフェクトプラン完全なる犯罪計画」


FC2ブログ、あまりにも営業の迷惑コメントが多いので、文字認証をつけました。面倒でごめんなさい。




情けなかったり、卑怯だったり、
の役がよく似合う顔
グレッグ・ギニア主演未公開映画。


原題 THIN ICE 2011年 アメリカ

出演
グレッグ・キニア
ビリー・クラダップ
アラン・アーキン
デヴィッド・ハーバー
リー・トンプソン
ボブ・バラバン
ミシェル・アーサー


ICE.jpg


ケチな保険販売人(妻とは別居中)が、じいさんだからいいカモ、
と当たりをつけた独居老人の家を訪問。
ほおってある古いヴァイオリンが、実は値打ちものだと知る。

じいさんぼけ始めてるから、ちょうだいしよう、と、
あぶく銭を稼ぐ計画を実行。

悪い事は考えるもんじゃない、
出来心は、予期せぬ事件に発展してしまう。

ちょっと、「ファーゴ」を思い出す。




ビリー・クラダップの切れっぷりが怖い。

墓穴にはまっていく主人公にハラハラし、この先どうなるのかと、
夢中になりました。(心配すぎて体に悪い〜〜)
ラストへの持っていきかたが上手いのか、一気にぐわ〜っと突き進みます。
で、「あらら、そうなるか」の、くすっとなる結末。

スリル満点だったのに、このラストが肩すかし。と思うことはないよ。
しゃれの効いた、大人の昔話になるようで、
私はこれでいいと思います。

やっぱ、冬の多い土地より、南だやね〜 (●´ω`●)

チャンチャン

WOWOWシネマで10/16(水)21時〜放送

*2013/11/02 DVD発売 ぜひ観て!!

白雪姫二本


「スノーホワイト」

監督 ルパート・サンダース(長編映画初)

女王(継母)=シャーリーズ・セロン
白雪姫=クリスティン・スチュアート
王子=サム・フランクリン

原題 Snow White and the Huntsman 2012 アメリカ

この原題でもわかるように、王子の存在、まるでどーでもいい。
単なる、姫の幼なじみなだけ。
白雪姫が女王と闘うパートナーとなる、
狩人(クリス・ヘムズワース)のほうに重きをおいてます。

リリー・コールちゃんが、
若さを吸い取られる召使いの役で出演。


suno0


実母(リパティ・ロス)を亡くした後、
王である父は、その美しさに惑わされ、女と再婚。
姫は幽閉されるが、隙をつき森に逃げ出す。
女王が刺客に選んだのは、森に詳しい狩人。
しかし、狩人は、姫と女王の関係を知り、姫の味方につく。





●鏡のどりろん〜
●ミルク風呂のとろ〜おん
●マントがカラスにざあああ〜


美しい美しいただただ美しい見とれる

●森の妖精森の亀森の白馬

キレイキレイ見とれる


スノーホワイトは、感情表現ゼロ、のクリスティンだけに、
可哀相とも、頑張れとも、幸せにね、とも思えず、

「美」に固執した女王の悲哀に焦点がいくので、

この作品にはぴったりのキャスティングでございます。(ほめてる)

シャーリーズが圧巻なので、それだけのために観ていい!
そんな「白雪姫」
美術動画のようで、好み 

これ、三部作になるっての、ほんと?もう作ってんの?
あんなスキャンダルあっても?

こちらに、シャーリーズ・セロンのインタビュー記事があります。
とても深い内容になってます。

TAHOO!映画 インタビュー記事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「白雪姫と鏡の女王」

監督 ターセム・シン

女王(継母)=ジュリア・ロバーツ
白雪姫=リリー・コリンズ
王子=アーミー・ハマー

原題 Mirror Mirror 2012 アメリカ

王役ショーン・ビーンも若い頃の鋭いハンサムぶりから、
いつのまにか、温厚なおじさま演技もする人になられたのですねぇ

白雪


女王の、コミカルで皮肉たっぷりの語りからスタート。
(全体的にコメディな作り)

白雪姫は恥じらんだり、可愛く驚いたり、いたずらっぽく笑ったり、
なんつーか、女の子、なキャラ設定。

王子様は、白雪姫に恋してm、女王に狙われ、子犬人格に。。。

白雪姫が森で出会う小人たちは、
「罪の無い(と思われる)村人たちからのいじめを受けていた」

・・・・・・・リアル




ターセム色に染められた、色彩・大道具小道具は見事。

映画のストーリーとして、童話の映画化として、
こちらのほうが、より楽しく観られる。

エンドロールの、小人たちについてもユーモラス。
しかし、、、、、インドな旋律で歌い踊られ興ざめ。

ターセム監督の作品で、無くてなならない衣裳スタッフ、
石岡瑛子の最後の映画となりました。
エンドロールで、「in loving Memory of Eiko Ishioka」と出てきます。

リリー・コリンズは、「スノーホワイト」の脚本も読んだうえで、
こちらの作品に出演することを選んだそうです。
・女の子の成長物語として共感を覚える

みたいな理由で。

そうなんでしょうね、たぶんそのほうがおりこうなんだと思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、小さい頃から、気持ちはいいもんの味方だが、

「良い子」「正義の味方」よりも、
「敵」「悪者」「魔女」のほうがだんぜんかっこいい!


(美的に)

と思ってきたので、ディズニーアニメは、魔女たちのほうに惹かれ、
リリー・コリンズの可愛いお衣裳よりも、
シャーリーズ・セロンの衣裳のほうが好き。


なので、二本の映画、どっちが好きかと言えば、
「美的」に好みのほう、
「スノーホワイト」にいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、小人、って、

「はっ!この可愛らしく描かれたじいさん達って、
成長ホルモンの異常の病気の人たちなんだ!」

と気づいた日から、なにか、だめです。白雪姫
(あたし、森の精霊みたいなものだと思ってたから)
つまり、人間の生身の男(小さいだけ)だと、性欲あるじゃん!
やだ!キモい!


「スーパーサイズミー」


この映画が公開された時、
なんちゅうユニークで、くそ度胸のある男じゃ!と驚きました。

原題 Super Size Me 2004年 

監督モーガン・スパーロックが、自分を実験台にして、
ファストフードは体にいいのか?悪いのか?を、
ファストフードチェーン店 最大手のマクドナルドで、
1日に3回、30日間、食べ続けることで検証する、ドキュメンタリー。
(水も飲まない、マックのドリンクのみ)

ルールは、
・スーパーサイズにしますか?と聞かれたら、そうする。
・すべてのメニューを一度は食べる。
・運動は、ニューヨークのアメリカ人の平均歩数5000歩/一日のみ。


スーパー

まずは、専門家による身体検査。
サイズ計量、問診、触診、血液検査、直腸検査、筋肉や血圧などで、
実験を始める前のモーガンが、文句なしの健康体であることを証明する。





意気揚々とあっかる〜くマック三昧を始めたモーガン。
(恋人は、有機農法で作られた野菜だけを食べるベジタリアン)

定期的に健康診断を受けるのですが、驚くばかり!
たった4,5日で体重は4キロ増え、みるみるうちに 
10キロくらい太ってしまう。当然、血液検査の数値は悪化。
本人も、体調の不調を訴える。


私が一番怖かったのは、企業が、金もうけのために、
幼い子供を取り込んでいく悪行の仕組み。


CMで洗脳、遊び場やおもちゃで誘い、親に楽を覚えさせ、
大人になっても常連客になるよう仕向ける。

これは、小学校からの給食も同じで、
子供たちに食べさせる大事な食物を、添加物たっぷりの加工食品にして、
それをやめようとする、正しい学校には、圧力をかける。

こわいよーこわいよー 
人間みんな、不健康街道まっしぐらだよーーー



☆ 監督がこの映画を作るきっかけになったのは、
ある、肥満のアメリカ人が、「太ったのはマックのせいだ!」
と訴えた裁判。

普通に考えると、アホか! だけど、

煙草の被害から、喫煙者や煙草会社を非難するのに、
肥満者と、肥満を促すファストフードを非難したっていいじゃないか?

そんな考えが盛り込まれています。

この映画から10年近くたちましたが、
アメリカの肥満、ファストフード依存は、どうなっているのでしょう・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

監督の、「ビン・ラディンを探せ!」「ヤバい経済学」は観ましたが、
まさか、あの、
ワンダイレクションの映画も監督したとはぁ!?

「This Is Us」 2013 11/1公開




これも気になる。「デスバーガー」




祝!クロニクル 限定公開1000円也


やりましたねぇ〜 うれしいですねぇ〜 


去年、私が飛行機の中で観て、こりゃ面白い!と思った一本。

「クロニクル」


クロニクルの過去記事

とうとう、日本でも公開になります〜

クロ

☆この灰色のポスター、かっこいい!


スター無しで、こういう内容で、ここまで見せてくれる映画、
そう無いと思います。

主演の若者たちは、私には、
TVドラマのゲストで見てるかもしんないな、程度の子達。

デイン・デハーン
 一昔前のディカプーのような、繊細さと子鹿みたいな可愛さを持つ。
 「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」主演
 「アメージングスパーダーマン2」に出演らしい。
 
アレックス・ラッセル
 悪役にもヒーローにもなれそうな、若いけれど骨太な感じのアレックス。
 リメイク「キャリー」に出ているらしい。

マイケル・B・ジョーダン
 バスケの選手と同じ名前ですね。
 今年主演した「フルーツヴェイル ステーシヨン」が
 高い評価を受けているそうです。

と、クロニクル出演後、彼らは注目を浴び、今後の活躍が期待されてるの。
楽しみだわ〜

もちろん、あたしは、ディカプーっぽいデイン君をひいき、ね。

9/27〜、二週間限定公開ですっ!
毎日、誰でも1000円なんだよーーーー 二週間。




ありがとう、シネマカリテ、あっぱれシネマカリテ

新宿シネマカリテHP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デイン君主演
「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー」
(Metallica Through the Never )予告編




2013年 11月22日公開予定 観るべし


A級スターのB級?映画鑑賞


● ジェニファー・ローレンス
 (アカデミー会員が認めた実力派)

 エミール・ハーシュ
 (ショーン・ペン監督のイントゥ・ザ・ワイルド主演)

二人とも、若手スターの中でも、演技力が高く評価されています。
エミール君は、ブレイクしてはいない様子ですが、
通好みな映画で重要な役をやってます。
「ミルク」「ウッドストックがやってくる!」
「野蛮なやつらSAVAGES」(未見)など

______________________________


「ボディ・ハント」

邦題がもう、B級って言ってる。邦題が悪い!責任者出てこい!

原題 House at the End of the Street 2012 アメリカ


出演

ジェニファー・ローレンス
エリザベス・シュー
マックス・シエリオット

*ここんとこ、エリザベス・シューが、よく、旬の役者の母親役やってるね。
 普通に歳とって、シワ取りもしてないみたいで、
 その、普通のおばさんなところがいいのかも。

ボディ

両親の離婚で、イリノイ州の大都会シカゴから、
田舎のシカモアに引っ越してきた高校生エリッサ。
森の中の一軒家の隣は、娘が両親を殺害した家。
おかげで家賃が安い、と、悲しい母子家庭。

ある日、歩いて帰宅途中、雨に降られたエリッサは、
事件後も一人で住んでいる、隣の住人ライアンの車にひろわれる。

もの静かで悲しそうなライアンに、同情していくエリッサ。





ボディ(体)をハント(狩る)???!!

勘弁してよーーー
安っぽい エロまじりのサスペンス映画じゃないんだからさ〜

心、精神、の問題な映画なのよ、これ。エロ無しよ。
言っちゃうと、ネタバレになるかもしれないけど、サイコパスよ。

こういう映画、見慣れた人にはある程度の予測はできるが、
「えっ?そうだったの?」の以外なオチがありました。
この事実は、私好み。

別に、ジェニファーださずとも、いい気がします。
売り出し中の女優でも、充分それなりに楽しめると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ダーケストアワー 消滅 」

原題 The Darkest Hour 2011 アメリカ

出演
エミール・ハーシュ
オリビア・サールビー
マックス・ミンゲラ
レイチェル・テイラー
ジョエル・キナマン


エミール


開発した新しいSNSソフトで大金持ちに!と目指し、
モスクワにプレゼンしに行く男二人。

会場に到着してみると、ロシア人の仲間が、手柄一人占め中。
「秘密保持契約書」なかったろ?と。

やけくそになった二人は、モスクワで一番イケてるクラブに繰り出す。
アメリカ人の旅行者、女の子二人と知り合い、仲良くなった。
しかし、突然の停電と、謎の光る物体に、彼らは地下室に避難する。





宇宙からの侵略もの映画で、舞台がモスクワってとこが珍しい。よね。
<生き残りの人間とエイリアンの壮絶な闘い>と言うほどでもなく、
女の子たち、べつに泣き叫んだりしないし、
薄軽〜い感じかなー・・・
現実はこうなのかもね。現実に、こんな事おきないだろうけど。

私が気に入ったのは、謎の物体の生物感の無さ。
それと、人間がしゅわっと粉散する映像。

アート動画観てる感覚なのよね。「わぁ〜 きれい」って。

血がどばーーー、とか
首が飛ぶ、とか
手足折れ曲がる、とか、生々しい描写が無いの。

そこは私には目新しかった。SFエイリアン映画としては。

エミール君、顔が、横ひろがりになっちゃったなー・・・



「EVA」


スペイン ゴヤ賞受賞作

これまでに、私の大好きなスペイン映画
「オール・アバウト・マイ・マザー」
「海を飛ぶ夢」
「あなたになら言える秘密のこと」
「ボルベール帰郷」

などが作品賞を受賞している。

この映画は、第26回ゴヤ賞で、
新人監督賞、助演男優賞、視覚効果賞の3部門を受賞。

原題 EVA 2011年

日本では、去年のラテンビート映画祭で上映。
ちまたでもてはやされているらしき日本のエヴァとは関係ないのに、
このタイトルは、日本では損かも・・・
もっと詩的な邦題をつけたらいいのになー。

出演
ダニエル・ブリュール
マルタ・エトゥラ
アルベルト・アンマン
クラウディア・ベガ
アン・キャノヴァス
ルイス・オマール

EVA.jpg


「目を閉じたら何が見える?」

この美しくも残酷な言葉が、人造生物の眠りの言葉。

近未来で、子供形ロボットでも、ハリウッドと違い、
とても繊細、とても叙情的。なのに、ちゃんと現実を感じさせる。


2041年、ロボットの開発者アレックスが、研究所に戻って来た。
10年前に失踪し、帰ったアレックスは、あらためて研究をやり直す。
失踪の理由をはっきりとは説明してないが、
兄の妻となった女性が関係していたことがわかる。

EVA(エヴァ)は、兄の一人娘。
聡明なEVAをモデルに、新しい子供ロボットを作ろうとするアレックス。





ロボットの脳を表す、きらめく有機物に魅了される


どうやって撮ってるのー? の驚きの疑問は、
いかにもCGです!最新技術ですっ!のイヤミを感じない不思議。

EVA役の子供がいいし、主演ダニエルの特徴である、
戸惑う若者らしさも活かされてる。


冒頭の、馬ロボットのシーンで、
「一度ショートした感情は、再起動しても元には戻らない」

このセリフがぐときた。

監督は、この映画の主題は「愛」と言っているそうです。

*デヴィッド・ボウイ様の曲有り*

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにしても、ファッションや言動は『過剰』を好むのに、
なぜに、映画や絵画にはシンプルで静かなものを好むのか?

ドラマチックなクラッシック音楽が好きなのに、
単純で明快なパンクビートを好むのか?


好みってやつを分析してみると、自分を知る手がかりがつかめるな。




「ニュー・トリックス」


〜退職デカの事件簿〜

なんつー、よけいなサブ邦題がついてるように、
じじ様ばかりのクライムドラマ・・・・・です。

原題 New Tricks 2003〜2010 イギリス

ロンドン警視庁の、未解決事件捜査専門の部署ユーコス(UCOS)。
この部署のボスは、警視サンドラ。
部下は全員、退職した元刑事。

未解決事件、と言えば、
アメリカの「コールドケース」ですが、
こちとらじいさん連中。どうしてもユーモラスな味付けになっとります。

なので、あたしは、最初の頃、どうしてもはまれませんでした。
かっこいい人、一人も出てこないもんだから・・・


NYU=.jpg


最近になって見出したのは、サンドラ役の女優さん
アマンダ・レッドマンが、イギリスの舞台で、我が心の友、

ロッキー・ホラー・ショー

「THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW」

ロッキー


1975 イギリス映画
*リチャード・オブライエン作のミュージカル舞台劇の映画化

に、1985年の舞台で、ジャネット(映画ではスーザン・サランドン)役で
出ていたと知ったから!






ああああ〜っ

どんだけこの映画の人物になりたかったことか!
フランケンフルター博士に! 旅立ちたい、この世界に、
ここが私の生きる場所! そう何十年も思っています。

あ〜我が故郷よ!


なので、ぶっさいくなおやじ、〇〇◯太が、
汚らわしくもあの役やりゃ〜がった時は、絶対無視!亡き者といたしました。
ざけんなよ!!! 製作陣め!! 責任者出てこい!!


と、脱線脱線 


ニュー・トリックス
日本では、チャンネル銀河のみの放送なんですね。




じいさん 事件現場で、「警察から来た!通せ!」
と意気込んでも、「身分証は?」と聞か、
「今は・・・無い、現役じゃないんだ」。 (´Д`).∴カハッ

それでもなんとか役には立つのだが、
サンドラにカツを入れられたり、呆れられたりはしょっちゅう。
化石研究員の仕事(古いもの扱う)について、
「あたしと同じね・・・」とつい。

なかなか面白い、
事件ものドラマにしては息の抜ける、
いい案配の箸休めドラマ。(ほめてる)
気にいっちゃった。
じ様見たあとは、若いの出て来るドラマ見ればいいんだしね


祝!CINNABON 日本再上陸


シ・ナ・ボ・〜・ン

愛しい愛しい、しっなっぼ〜ん

CINNABON HP


ゆんべ、あまりのアメリカ恋しさに、
去年のアメリカ旅行の記事、編集してたら、シナボンの写真が出てきたの。
あたしは、どこの空港にあったのかの記憶が曖昧になってましたが、
確かめたら、プエルトリコでした。

で、で、 あ〜あ、CINNABON、また日本に来ないかなー、
と思ってたら、

再上陸してたのねっ 去年の冬にねっ!

知らなかった知らなかった喜んだ

今日、映画観に行く前に、六本木に行ったわよ〜


IMG_0497_convert_20130911205227.jpg


あ〜 お懐かしや ちゅっちゅっ

IMG_0503_convert_20130911205504.jpg


はふ〜〜っ

IMG_0501_convert_20130911205316.jpg

でろでろとろとろ〜〜っ

IMG_0498_convert_20130911205255.jpg


こう見えて、シナボン、甘みも薄いほうが好きなあたしにも、
しつこさは感じられない、不思議さん。
アメリカのよりも、この、上に だばーっとかけた、
この白いやつ、たっぷりらしいよ。めずらしく。

ほんとは、ナッツの乗ったやつのほうが好きだけど、
まずは、オーソドックスなのを食べました。


お土産にミニシナボン買って、一日中渋谷で持って歩いてた。




「アップサイドダウン 重力の恋人」


かわいい かわいい かわいいランデブー

宇宙物理学?科学? そこんとこは矛盾あったっていーいーのぉー
可愛い恋人たちに幸せにしてもらえた映画なのー



原題 Upside Down 2012年 カナダ フランス

監督は、アルゼンチンの監督フェルナンド・E・ソラナスを父にもつ、
フアン・ソラナス

出演
ジム・スタージェス
キルステン・ダンスト
ティモシー・スポール


いつの時代か、
二つの惑星が、上下逆の重力で太陽の周りを連なって回っている世界。
高い岩山で、互いに見上げる形で出会った少年と少女。

上の世界は富裕層、下の世界は貧困層。
行き来は禁じられ、反対の重力世界に移動した物は、すべて燃え尽きる。
どんなに上に憬れても、どんなに恋しても、命は燃えてなくなる。


重力


逆重力 逆さ雨 ピンク・パウダー

この映画ならではの言葉が素敵。
まるで、萩尾望都のSFマンガに出てくる数々の言葉みたい。

空に街があるあたり、ディカプーの「インセプション」を思い出すが、
あちらは、格闘技的脳が必要な難解さ。
こちらは、わからない部分も、心で、感性で受け入れられる。

説明が少ないのと、ナレーションで「その話はまた今度」と、
変化の年月を抜いたのが、物足りない、と思うのは、
やたらと長い、スペクタクルなハリウッド大作に、
慣れてしまったこちら側の悪いクセ。

私にはこれで充分。





一言で表すと、『愛がすべてを変えた』
そんな映画。

そこを「けっ!甘いんだよ」と思わなかったのは、
主演のジムあればこそ!

これが、マッチョで男臭さムンムンのハンサムガイだったなら、
生々しくてどん欲に見えて、好きな映画にはならなかったかも。

ジム、「アクロス・ザ・ユニバース」の頃と変わらない、
爽やかさ、可愛らしさ、弱々しさ(ほめてる)

好き、この子♡



こういう話のCG やVFX?なら好きなのよー、あたし。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジムのバンド






「スリーメン&ベビー」


フランス映画「赤ちゃんに乾杯!」リメイク
(3 Hommes et un couffin 1985年)

これも観たはずだけど、ほとんど忘れてる。

_____________________

原題 Three Men and a Baby 1987年 アメリカ

監督はMr.スポック レナード・二モイ

<スリーメン>
トム・セレック
スティーヴ・グッテンバーグ
テッド・ダンソン

むかーし見ましたが、ニューヨークが舞台だった、と知り、
あらためてチェック!

スリー


ニューヨークの豪華アパートメントで経堂生活する、
3人の独身貴族ピーター、マイケル、ジャック。

役者のジャックがロケで留守中、アパートの玄関先に、
女の赤ん坊が置かれていた!

どうやらジャックの子らしい。





男たちが赤ん坊の世話に奮闘する、ドタバタぶりが可笑しくて、
からまる事件もあったりして、今見ても面白かった。

知らずに父親になり、
祖母である母親に面倒みさせようとするジャックに、
母親が言うセリフがいいね。親として正しいね。

「あなたのために 面倒はみない」

この時代の、女性たちのファッションにはちょっとへこむが、
どこかポップで可愛らしい、ベタベタしてない赤ちゃんLOVE映画。

ニューヨークの街はもちろんだが、昨日ちょうど写真を見ていた、
セントラルパークのアリス像

が出てた〜 周りで遊んでるシーンがありました

うれしい〜  ヽ(*>∇<)ノ♪


それにしても、いくら赤ちゃんとはいえ、
今だったら映さないはずのオムツ換えシーン。
私、男の子しかした事無いから、びっくりした・・・

あと、驚いたのは、トム・セレック以外覚えてなかった俳優たち、

CSI科学捜査班シーズン12〜出演の、
B,D,ラッセル役 テッド・ダンソン
 だったのねー

悪いやつの役で、同じCSIのジム・ブラス役、ポール・ギルフォイル


古い映画って、今、目覚めた意識で観ると、
いろんな発見があるものね〜。





「完全なる報復」


原題 Law Abiding Citizen 2009年 アメリカ

出演
ジェイミー・フォックス
ジェラルド・バトラー
レスリー・ビブ
ブルース・マッギル
コルム・ミーニイ
ヴァイオラ・デイヴィス


完全


夫婦と娘の一家に入った男達二人。
いきなりの犯罪シーンです。

飛んで、司法省。
事件の解決をすばやく処理したい(有罪率を上げたい)検察は、
証拠品に決め手の無い、裁判が長引くだろう件は、
とっとと司法取引で終わらせたい。
取引きするってことは、刑罰を軽くすることを条件に、
容疑者に罪を認めさせること。

事件で妻子を殺された男クライドは、検察につめよるが、
これが最善の策だとつっぱねられてしまう。

そして、犯人が短い刑期を終えて釈放された10年後・・・・





すごくスリリング、先が読めずにハラハラします。

途中まではそりゃあ、面白かった。

しかし、クライドの正体(職業)がわかったら、
あれ?そんな・・・そういうこと、現実にあるわけ?
あるのかもしれないなー、事実は小説より奇なる、もんなー。
と、腑に落ちないまま進み、

クライドを応援していいやら、わからなくなり・・・
かと言って、私は政府側には絶対に味方しないし・・・

もやもやもやもや

この映画、
クライドの背景を変えてれば、もっと好きになれたのにー

だけど、面白くはありました。

* 投降する時、なんでまる裸になるのか、わからん。
  武器、持ってないことを証明するため?撃たれないように?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『司法制度』

この、知的で公平で完璧だと錯覚する法制度の、
矛盾や落とし穴、人間味の無さ、など、法に疎くても、
映画やドラマで何度も感じてきたことです。
そこに焦点を当てたのは、とても評価されるべきだと思いますが、
手段がね・・・

こうでもしないとお上は動かせない。これも真実
動かないかな・・・これだけしても。
と、あきらめの年齢の私です。

舞台が、フィアデルフィア、ってところに意味があるんですね。
<独立宣言が採択され、合衆国誕生の地と呼ばれる>都市っととこにね。



「きっと ここが帰る場所」


一言もの申す

名指しするよ! 安西水丸、小山 薫堂のお二人(敬称略)。
WOWOWの「W座」というワクで、映画放送前後に
二人がトークするコーナーがあって、いつも、録画早送りですっとばしてました。
今日はたまたま見てみたら、なんですか?

「これは録画する映画ですね。何回も観ないとわかんない」
「だんだん、つらくなりますねー」

主人公のあの服装、あのメイクを、
「なにもあんな格好しなくても、
 メイクさんがおもしろくしようとしたんですかね」

妻の仕事が消防士なのを、
「あんな豪邸に住んでて、なんで消防士なんですかね」


<これらに関して、こうだと私が理解したこと、あとで書きます>


やっぱ、このコーナー、飛ばして正解ですわ。腹が立つから。
*お二人に個人的な感情はありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「きっと ここが帰る場所」


原題 This Must Be the Place 
   2011年 イタリア フランス アイルランド

・タイトルは、トーキング・ヘッズの曲から。

ショーン・ペンだから映画館に行きたかったが、観そびれてたの。


フランシス・マクドーマンド
ジャド・ハーシュ
イブ・ヒューソン(U2ボノの娘)
ケリー・コンドン
ハリー・ディーン・スタントン

デビッド・バーンが本人役で出演、音楽も担当。
ライヴシーンもあります。
キャリーバッグ発案者のエピソードは、本当の事だそうです。

きっと


物語としては、本人以外誰も知らない理由で、
成功していた音楽活動をやめたシャイアンが、
30年連絡を断っていた父の死をきっかけに旅に出る。いうもの。
実は、父はアウシュヴィッツの生き残りで、生涯ナチを追っていた。

それを、無駄に説明する事なく、詩的で寓意を込めたセリフで、
旋律に乗せるように、湖面に葉のしずくを落とすように、綴っている。

だから、わからない人にはわからない。

あたしは、セリフのすべてが心にしみ込み、
シャイアンのあのような姿勢、言葉使い、話し方を、胸痛めながら見つめ、
ラストシーンに救われた、





そうなの、お二人が言っていた、
なんであんな格好

スターだった頃にしがみついているとも見えるが、
金儲けのために作った音楽が与えた影響への、後悔やいさめ。

豪邸に住んでる

過去、稼いだ金で建てたに決まってんじゃんよー。
印税まだまだ入ってるに決まってんじゃんよー。

悲しい、傷ついた人間の、脱皮の物語

繊細さ清らかさを感じる、映像の美しさも素晴らしい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜特に印象に残ったセリフ〜

「煙草を吸わないのは、子供だから」
「子供は煙草を吸いたがらない」


*酒も煙草もそうよね、そして、私はこのセリフで、
 自分が薄々感じてたことに合点がいきました。自分のことでね。


「人生の問題を知ってる?」
「希望を語れる年齢が、あきらめる年齢になること」


*ほんとにねぇ〜。いろいろ経験して、「人生、こんなもんさ」
 と、あきらめてしまうのよね〜。 枯れる、醒める、哀しむ。

「恐怖なんて比じゃない、屈辱は一生忘れない」

*そうです。そして、恐怖と同時に感じた屈辱ほど、
 生涯引きずる鉄の玉になる。

「子供がいない心の痛手に苦しんだ」

*子ができない、子を持たない。個人で理由は違えど、
 昔、吉永小百合が言っていた、
「後悔することはと言えば子供を作らなかったこと」を思い出した。
 子というのは、良くも悪くも、
 何か、何か、人のすべてを変える強烈な何かだ。



すごく好きな一本になりました。


「空の上3メートル」


スペインで大ヒットし、ゴヤ賞受賞の、
気持ちのいい勢いのある、若者の無鉄砲さを描く青春映画。

 とは言っても、<お金持ちのお譲様と、不良=死語?の恋>という、
 昔から散々作られてきたパターンに、醒めた目線になっちまうのは
 歳とってるからしょうがないよね。

原題 TRES METROS SOBRE EL CIELO 2010年 スペイン
   未公開

空

フェデリコ・モッチャという小説家の映画化


すいません、
映画というより、スペイン人の男女の美しさを堪能してました。
堪能し、ひらべったい日本人である自分を哀れみ、嘆き、
コンプレックスで消え入りたくなり・・・





どんだけ美男美女いるんじゃーーーー
スペイン



☆主要俳優たち ↓


マリオ・カサスMario Casas

マリオ






マリア・バルベルデMaría Valverde

マリア

ゴヤ賞授賞式映像を見るマリアちゃん





マリナ・サラスMarina Salas

アンドレア






アンドレア・ドゥーロAndrea Duro

あんどれあ





ふぅぅぅ〜〜っ


長野県飯田市でグルメ


一泊だけの飯田市のディナーは、
高台にあり、夜景の素晴らしいこちら

ランプ ド バレー サイト

Lampe de vallee ランプドバレ-

ここは、「日本トレッキング」という、乗馬クラブの敷地内?
レストランに行くまでのアプローチ横には、乗馬のサークルがありました。
食べてる時に、馬がぽこぽこ歩いてました

うまぁ〜 うまよぉ〜 


ネクタイ着用でないの?ここ?とびびるほど、
高級感あふれる店内。お料理。スタッフのかたがた。
そんなレストランに、あたしたち、
目ん玉ぶらさげたちょっとゴシック調なドレスを着た女の子
目ん玉ぶらさげた大人の女二人
も混じり、えらくぶっちゃけたきわどいトークとともに
美味しくいただきました。

☆コースメニューです。

モッツァレラチーズが入ってる、なんだったかなー

IMG_5083_convert_20130906225455.jpg

イカの細切りでくるんとしてる、なんだったかよー

IMG_5084_convert_20130906225523.jpg

ナスの果肉のとろとろとなすの皮のぱりぱりと、なんだったかのー

IMG_5085_convert_20130906225551.jpg

桃のスープのようなみゅるみゅるの、なんだったかねー

IMG_5086_convert_20130906225612.jpg

魚のうーんと、なんだったかさー

IMG_5088_convert_20130906225639.jpg

これもうまかったのに、なんだったかなー。箸休め

IMG_5089_convert_20130906225705.jpg

南信州のうし!これは覚えとる!柔らかうまっ!
牛さんごめんなさい

IMG_5091_convert_20130906225741.jpg

デザートはぶどうのジュレ?パンナコッタ?バナナブレッド?
カシスジェラート?なはず

IMG_5092_convert_20130906225806.jpg

プラス、グリッシーニもあって、コーヒーも付いて、
自家製ハーブパンおかわりし邦題


食材は、信州の新鮮なものばかりのようです。
お料理の説明してくれたんだけど、あたしらくっちゃべってばかりで、
覚えてないのー でも みんなおいしかったよーーーー

ランチブッフェは 1050円だそうです!

お近くのかたはぜひ


お外の光景。まだ夜にはなってない時

IMG_5081_convert_20130906231855.jpg


おすまししてお食事中のMotona画伯

IMG_5087_convert_20130907103742.jpg



長野県飯田市高速バス一泊旅行


長野県飯田市知久町にある、ひじょ〜に個性的なカラオケ屋さん

「カラオケシティメトロポリス」に行ってきました。

☆ 店内の様子

これらの雑貨というか、インテリアというか、いろんな物は、
全部、オーナーさんが、18年かけて、海外で買い集めたものだそうです。
なんと、ベルサイユ宮殿で会食!したこともおありとな!

IMG_5076_convert_20130906215146.jpg

IMG_5075_convert_20130906215250.jpg

IMG_5074_convert_20130906215333.jpg

IMG_5071_convert_20130906215357.jpg


で、長野県は、飯田市は、芸術家の宝庫で、
作品だけでなく、生き様も、なんだかものすごい・・・・・
このお店のオーナー様が、アート、ア−ティストさんに詳しく、
たくさん、すごい人を紹介してもらったり、
深い芸術作品の数々を教えてもらってます。
もちろん、ご本人も、絵画、造形、文章で作品を製作していらっしゃいます。

芸術家様たちのお一人、詩人であり、球体関節人形作家であり、ガラスアーティストの、
長野県在住 紫煌さんにもお会いすることができ、

ありがたくも、素晴らしい作品をいただき、サインしてもらったり、
一緒にご飯たべたり、幸せでした。


☆ 紫煌さん作品

一つ一つが違う、手造りのグラスアイ

IMG_5051_convert_20130906220124.jpg


詩集「愛するという言葉では軽すぎる」と、
グラスアイが付いたマドラー

IMG_5056_convert_20130906220215.jpg

IMG_5057_convert_20130906220149.jpg


素敵なアクセサリーなど、こちらの記事で見られます。

紫煌さんブログ(アメブロ)


そして、このカラオケ店の店長さんが物語を、
飯田市の画家さんが絵を、の、美しい絵本

「回転うさぎと電気ネズミ」、持って行くの忘れた〜
サインしてもらおうと思ったのにい

回転うさぎと電気ネズミサイト


若い女の子、
画家Motonaちゃんは、とってもおしゃれさん

IMG_5078_convert_20130907103806.jpg

「時の重なる女」

最初に日本で公開されたときは、「重なりあう時」だったんですね。


ある”女”がおこす出来事だから、今の邦題がいいかも。

悲しくてつらくて切なくて怖くて、
でも大好きなイタリア映画「題名のない子守唄」
ドラマチックなお顔の女優さんが主演です。


原題 LA DOPPIA ORA 2009年 イタリア

出演
フィリッポ・ティーミ
クセニア・ラパポルト
アントニア・トゥルッポ
ガエターノ・ブルーノ


このパッケージ写真、美しいわぁ〜

時


ホテルの客室清掃員で、スロベニア移民のソニアは、
同業のマルゲリータ以外友達がなく、家族との縁も断っている。
出会いのパーティで知り合った、警備員のグイドという男と
徐々に打ち解けていくソニア。
森が好きだというソニアを喜ばせようと、
職場である、森の中の建物に車を走らせるグイド。

しかし、突然現れた強盗団に、二人は襲われてしまう。





これも、とても大人な映画です。
ミステリー仕立てですが、最後にグイドがとった、とらなかった行動に、
経験値の高い、人生の裏表を知り、
苦しみを乗り越えてきた人間らしい、決断が見えます。
(映画では、そういったこと、描いてませんが)

いいもんと悪いもんをはっきりさせるのが好きな人には、
ちょっと納得いかないかも?

主演のクセニアさんは、この演技で、
ヴェネチア国際映画祭で女優賞を受賞。

哀しみと強さが混然とした、心惹かれる顔
好き


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クサニエ主演映画は、日本では3本だけ公開されてる?

「題名のない子守唄」 2006年
La Sconosciuta(見知らぬ人)予告




「蒼ざめた馬」未見です。見たい!!
The Rider Named Death(死という名の乗り手)予告編