図書館でお世話になった本本本


子供の頃から本の虫

ファンタジー・幻想文学・推理小説・SFが大好きでしたが、
大人になり、人生の苦汁をなめ、リアルの厳しさを思うと、
もう、フィクションにのめり込めないあたくしです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ーー海外のヤングアダルト(YA)というジャンルの小説は大好き!!
10代の女の子が主役の小説達ね。ーー
・フランチェスカ・リア・ブロックの作品は全部読んだかも

どーしても思い出せない本がある。
ママが二人の家に育った女の子が、16?くらいになり、パパを探す旅に出る話。
すごくすごくすごーーーく愛に溢れてて、泣き泣き読みました。(/TДT)/
誰かご存知ないですか??

のちに、「マンハッタンのドラゴン」だとわかりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、読む本といえば、ノンフィクションやエッセイだらけ。

・科学・化学・生物学・人類学の簡単なやつ
・歴史上の人物の秘話
・世界で起きているあれやこれや
  などなど

特に最近は、ひと ですね。
ひとの不思議についての本を借りまくってます。


このような本をものすごーく読みました。みんな図書館。
思いつくだけ とにかく書いてみる。


「ヒジュラ 第三の性」 ★「手を洗うのが止められない」
 $独断映画評+
$独断映画評+

(インドの驚きの風習)       (脅迫性障害の本)


★「図説 纏足の歴史」

纏足


(むっかつく男どもによる女虐待風習)



「精神科ER」

$独断映画評+

(精神科の救急医療の現場)


         



★「永遠の子供」      ★「眠れない一族」

$独断映画評+
$独断映画評+

(自閉症の女の子のトレーニング)  (不眠の遺伝子を持つ一族)



★「死せる花嫁への愛」      
     

$独断映画評+

(恋した女性の墓をあばき、遺体をロウでおおい世話をした男)




 ★「アナル大全」
                                   
・さすがにこれは画像が無かったあせる・全然H系じゃないのよ。



今日は、
自閉症の動物学者グランディン・テンプル博士の「動物感覚」と、
あべ弘士「どうぶつ友情辞典」


どちらも分厚い!二週間で読み切れるか?



スポンサーサイト