クリスマスシーズン


クリスマスは、子供が小学校低学年まで。
そして、恋愛するようになってからの一時期だけ。


そんなもんよね、
宗教意識のない、家族の繋がりの薄い日本人の大人にとって。
(これ、私の考え。違うかたも もちろんいらっしゃるでしょう。)

そんなわたくしが、この季節、楽しみにしてるのが、

「アドベント・カレンダー」を買うこと。音譜

これ、子供が幼稚園の時、初めて知ったんだけど、
西洋では、クリスマス当日の到来を待つための、
12月1日から25日までの、特別なカレンダーがある。

それが「アドベント・カード、カレンダーAdvent card」なのです。

作ったもんよー、子供のために、アドベントものをね。

そいで、ソニプラやカルディで素敵な商品を売ってると知り、
毎年、買ったんだわ。子供が喜ぶうちはね・・・・(涙)
今は、友達や、友達の小さな子供用に買います。

_______________


さっき、カルディで買ってきた。近々会う予定の友達にあげたくて。

☆ アドベントカレンダーのチョコ ☆

これ、写真では見えないけど、表面に1から25までの小さな小窓があって、
毎日、その日と同じ数字を一つ開けて、
中に入ってるチョコを一個食べるんです。

昔は、朝起きて、子供と窓を開けるのが、それはそれは楽しみでねえ~(大涙)

$独断映画評+
$独断映画評+


裏側は塗り絵になってるの、これは。嬉しい音譜


ずいぶん前、のんびりやさんの友達が、
うちにクリスマスの宅急便を送ってくれたんですが、
アドベントチョコ入ってました。
23日くらいに届いたんだけど (^o^;)

「やりぃ! 23個 一気にチョコ食べられる!」
と、まあ、喜びました。

* 300円くらい。
  安いし、なんとなく嬉しいし、ちょっとした手土産におすすめ。




関係ないけど、カルディに売ってる、このラーメン大好き!!
箱買いしたこともあります。今日は5個だけ買いました。

$独断映画評+


この絵みたいに、ほんとに唇はれるくらい辛い!旨い!
ちょっとだけココナツミルクいれるのもまた旨い!



スポンサーサイト



HARBS


今月は、わたくしが年で一番しゃ~あわせ~ドキドキな月音譜

だって世界一おいしいケーキ屋さんHARBSの、
一年で一ヶ月しか作らない 極上のケーキの月なんですもの



☆ その名は『クレープアラカルト』

って、毎年書いてるから、もう、やめろって!って感じよねー

ハーブスHP


$独断映画評+
$独断映画評+


お持ち帰りしてきました。一年ぶりに


そうねぇ、二年前、 初めてこのケーキに出会った時から、
私の心も変わったわねぇ
恋愛で語ると、

<一目惚れ(ひと味ほれ)でとりこになった人が、
 「昨日までだったんですよ、来年までお待ちください」で
 一年逢えない人だと知り、長い事恋こがれて次の年に再会。
 夢中になってむさぼって、時間と金を使い、人に紹介し、
 「ねっ!この人(このケーキ)素敵でしょ!」と連れ回し、
 3年目の今年は、かなり落ち着いて、
 「いいの、あなたが存在してくれてるだけであたしは幸せ」>


こんなとこ

今年もあなたに逢えて、お天道様に感謝します。
一年、私にはいろいろ変化があったけど、あなたはいつもあなたのままね♪
ありがとう。!!

くるっとるなあ・・・・ 

しかも、「ビーバス&バットヘッド」の、4時間マラソン見ながら食べてる

MTVチャンネル番組案内

ひさびさの図書館


図書カードをずーーーっと探してて見つからなくて、
やっと、半年ぶり?もっと?に、図書館に行けました。

読みたかった本は無かったので、
予約すると、うんと後になることが多いし、
違う本を借りてきました。


$独断映画評+
$独断映画評+









☆ 脳に関するこむずかしい事を、解りやすく教えてくれるエッセイ。
☆ 子育て本は、どうしても何かしら借りてしまう。
 (しかし、自分ちに当てはまる子育てハウツー本には、まだ逢えてません)

こんなの読んだって、うちはもう手遅れだって!
とり戻せないって!
ドクロ



ここ数年夢中になって読んできたのが、
<ヤングアダルト>というジャンルの海外の小説。

ティーン向けの本ね。わたし、心は15歳だから、ほほ音譜

「旅するジーンズ」シリーズや
トニー・パーソンズの「ビューティフル・ボーイ」
(シングルファーザーと息子の日常)
レイチェル・サイモンの「妹とバスに乗って」
(自閉症の妹との交流)

タイトルも著者名も忘れたけど、
ママが二人の家庭に育った女の子が、
パパを探すたびに出る本。


キラキラして 切なくて あったかい、
たくさんのいい本がある
<ヤングアダルト>です。

寝る前に本や雑誌を読むのが楽しみなのに、最近は
ケイツイ椎間板ヘルニアで首と腕が痛すぎて、寝た姿勢では、
本を支えられない、(TωT)

布団に入ってから、なかなか寝付けない性分なのに、
本も満足に読めなくなると、もう、寝る楽しみもなくなるわ・・・ガーン





本当はこの二冊を借りたかったんです。

エレイン・N.アーロン著 「 HSP(の人へ) 」
白石一文著「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」