「パリ、恋人たちの2日間」


甘めの邦題ですが、私はこれ、好き。
恋人たちだからこそ、のパリの2日間の出来事だもの。

原題 2 DAYS IN PARIS 2007年 フランス ドイツ

パリって、フランスって、こうなの?

と、いろんな場面で驚かされた映画なんです。

:愛の国と言われるように、そりゃもう、恋愛ざたと性の会話が多い
・お風呂嫌い?ほんと?うげーーーーっ
・美味しさを求めての殺戮(子豚 子羊 ウサギなんかの死体ね)
・フランスに配管工はいない?ほんと?


製作・監督・出演・音楽 ジュリー・デルピー
共演          アダム・ゴールドバーグ



$独断映画評+


交際2年の フランス人マリオンとアメリカ人ジャック。

ベネチア旅行の間、マリオンの実家に預けていた猫を受け取りに
二人はパリに立ち寄る。

マリオンの両親のあけっぴろげな会話、
次々現れる元カレ、
「これがフランスよ」という、古くて汚いアパート、
ジャックにはとまどうことばかり。






リアリティ番組よりむしろリアルな感じの、
恋人たち、家族、友達 の会話、振る舞い。

観ているこっちも、パリにいて、
パリの人間関係の中で翻弄されているような気になってしまう。

いいのよ~ なんだか
なんだか いいのよ~


ジュリー・デルピーって、凄い才能の持ち主だね。
スポンサーサイト

「ロック・オブ・エイジス」 その2


さーて、トム様ですよ音譜

宗教の事は本当に嫌だけど、トムですよ。

ガンズのヴォイストレーナーに、
日に5時間、週に5日。5ヶ月特訓受けた!!

という、メタル系ヴォーカリストぶり、見事ビックリマーク

歌だけじゃない。
ロックのカリスマっぽい振る舞い方も、「そう、そう、こんなだよー」
と納得できる、ハマり方。

*あたしは、ロックなのに、ヴォイスレッスン受けるっちゅう
 恥ずかしいことは嫌いですがね。職業、ロッカーに関しては。


$独断映画評+

トム・クルーズというお人
私生活のマザコン・シスコン、宗教はまりぶりは情けない。

しかし、仕事への取り組み方は素晴らしいですねっ。

こーーんなに、味もそっけもない、<ナイスガイ>なハンサム君は、
役者として、実はフリでしょう。
何やっても、かっこいいトム・クルーズでしかない。
と悪口言われちゃうもんね。



私の好みの金髪よわっちいおのこではないトムは、
特に好みではなかった。ハンサムとは認識していても。

見直したのは、「インタビュー・ウィズ・バンパイア」

健康的な好青年トムの、
病んで痛々しいのに力強い、バンパイアの役作りに感服した。

$独断映画評+



そういえば、オリバー・ストーンの「7月4日にうまれて」でも、
かっこいいトムが、負傷兵になり、頭も禿げ上がり、の姿で熱演。
これにも驚いたもんです。

$独断映画評+


最近では、カメオ出演っぽかったベン・スティラーの
「トロピック・サンダー史上最悪の作戦」
(この映画、嫌い)
傲慢・強欲・下品・下劣な、ハゲゲスおやじの役を、
本人たのしそーに演じてましたね。


$独断映画評+


ってことで、ただのハンサムなだけの男じゃない、
トム・クルーズには 拍手拍手


とにかく、
「ロック・オブ・エイジス」のトムは、
一見の価値あり
!!


ちなみに、この映画に出てくる80年代ロックは、
私には、すんごくなじみがあるが、パンクロックを愛してたんで、
詳しくは知りません。

ミュージシャンもみんな、
くるくるロングヘアーの汗臭そうな大人の男達で、
誰が誰やら区別がつかず。いまだに誰がだれやら・・・

80年代と言えば、「JAPAN」デヴィ様 だった私。


$独断映画評+


あと、ちょい、好きだった、この人達

・ パナッシュのポール・ハンプシャーキスマーク

$独断映画評+


・ ビリー・アイドル

(当時は、ビリーでさえ、怖い大人の男で、びくびくしてたよ)

$独断映画評+


なんだっけ、 あ~

とにかくとにかく、楽しいから観てみて!!

「ロック・オブ・エイジス」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


そーいやー 主人公の恋人役男の部屋に、
お懐かしや、ハノイ・ロックスのマイケル・モンローの
このポスターが貼ってあったわ。

$独断映画評+

「ロック・オブ・エイジス」


合格
トム トム トム!!

トム・クルーズ よ、あんた凄いですビックリマーク
クラッカークラッカークラッカー

とりあえず、トムをほめといて、

あたしはこの映画を、「コメディ」と見たね。

ROCK OF AGES 2012年 アメリカ

全部と言って良いほど、知ってる曲だらけだけど
曲名もミュージシャンもちゃんとは知らないから調べました。
ひ~っ、つかれた~あせる

Paradise City ガンズ・アンド・ローゼス
.Sister Christian  ナイトレンジャー
Just Like Paradise  デヴィッド・リー・ロス
Nothin’ but a Good Time ポイズン
Juke Box Hero フォリナー
I Love Rock ‘n’ Roll ジョーン・ジェット
Hit Me with Your Best Shot パット・べネター
More Than Words エクストリーム
Heaven ウォレント
Wanted Dead or Alive ボン・ジョヴィ
I Want to Know What Love Is フォリナー
I Wanna Rock トゥイステッド・シスター
Pour Some Sugar on Me デフ・レパード
Harden My Heart クォーターフラッシュ
Shadows of the Night  パット・べネター
Here I Go Again ホワイトスネイク
Can’t Fight This Feeling REOスピードワゴン
Any Way You Want It ジャーニー
Every Rose Has Its Thorn ポイズン
Rock You Like a Hurricane スコーピオンズ
We Built This City スターシップ
We’re Not Gonna Take It トゥイステッド・シスター
Don’t Stop Believin’ ジャーニー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

80年代ロック炸裂!のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。

主役は 田舎育ちで歌に自信のある女の子。
都会に出てきて、有名なライヴハウスのウエイトレスに。
当然、そこには恋と挫折とすれ違いが。

と、まあ、こういったサクセスストーリー的部分はどうでもええ。

女の子、下唇が、ドラマ「メル&ジョー」のメルと同じ動きで、
そこばっか見ちゃったよ。顔は、クラスに一人はいる可愛い子。

恋の相手は全然魅力なし。どうみても中途半端不細工。

しかし二人とも もっちろん、歌は上手






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さぁーー いよいよ、この映画の楽しいところです

・お高い市長夫人キャサリン・ゼタ・ジョーンズの
 ド芝居がかったセリフ回し。(全員そうだが、な)
 激しいダンス。

・アレック・ボールドウィンの
『若いときゃ~ロック少年、今は太ったきたねぇ長髪おやじ』ぶり。

・ケイティ・ペリーと燃え上がってすぐ離婚した、ラッセル・ブランドと
 アレックおやじのデュエット。これ、爆笑!!
 あたしの頭ん中には、お花畑で笑いながら追いかけっこする、
 青春カップルの絵が浮かんだね。(画・五月女ケイ子)

・何人も、ほんもんのロッカー出てます。あちこちに。


全編 
嘘くさいオーバーなセリフと設定と、
こっぱずかしいミュージカル仕立てに、苦笑しながら、

唯一現実的で自然だったのは、
いんちきマネージャー役 ポール・ジアマッティ

「アメリカン・スプレンダー」が可笑しかった。



$独断映画評+

この「スイチューフレンズ」ってアニメの魚に似てる(^▽^;)

$独断映画評+

書ききれないから、休憩して、また書きます



「ボーン・レガシー」


疲れちゃった・・・・ (*´Д`)


「ボーン・・・」シリーズ、録画してあるTV放送でも、
何回か見ましたが、どうにも頭が着いて行かず、理解できてません。
面白いけどね。

なのに、この「ボーン・レガシー」
もっと、わかんなかったダウン汗


The Bourne Legacy 2012年 アメリカ


キャッチコピーの、
「ジェイソン・ボーンは氷山の一角だ」
(いろんな作戦?工作員?わかんない)

「最強の暗殺者はボーンだけじゃなかった」
(ジェレミーはわかるけど、 タイの殺し屋、強そうに見えない)


● キャッチコピーが、ピンとこないのよ。私だけ?


ジェレミー・レナー
レイチェル・ワイズ
  二人とも好き

エドワード・ノートンは、面白い映画に出てるけど、
嫌いなタイプ、声がイラつく。

$独断映画評+


最初、アラスカの山の中の川?に浮かぶ
ジェレミーの足の長さにうっとり。

でも、水から上がったら、少し老けてたの・・・(´_`。)

あとから、みづくろいしたら、ちょっとかっこ良くなったけどね。

追いつめられたレイチェルを助けるシーンに にやり。

空から落ちて来て闘い、「OK?」なーーんて聞かれたら、
たいていの女は恋しちゃうよなーラブラブ






うーーんと、CIAや他の組織の複雑なストーリーわかんないから、
違うことしか書けません。

(ーー;) すごく、バカっぽいね、今日の映画感想は。。。。。

・薬について、もっと突っ込んだ説明が欲しかった。
・ワクチンについて、もっとつっこんんだ説明がほしかった。
・人を操る?企みについて、もっとつっこんだ説明が欲しかった。

派手なアクションには、もう、あたしは、
動体視力が追いつかないなーーーー

勘違いだろうけど、マニラ?の電車のシーンで、一秒くらい映る
女の子、ペ・ドゥナに似てたなー

ラストのレイチェルのセリフに、
Tinaの名曲「迷路」を思い出しました。

(Tinaの曲、これしか知らないけど好き)





ーーーーーーーーーーー

あっぱれ!!トム・クルーズの「ロック・オブ・エイジス」も観たので、
明日書きますわね。


「カリフォルニア」


ひっさしぶり~に見ました。

1993年のサイコクライムロードムービー。

原題 Kalifornia は、Killer(殺人者)と同じ頭文字。
  (意識してこのタイトルにしたそうです)


ここの制作会社は、ヴァル・キルマー「もういちど殺して」
デヴィッド・リンチの「ワイルド・アット・ハート」
も製作しているんですねぇ。<いかれた人間の旅>が得意なんですねぇ


出演
ブラッド・ピット   デイヴィッド・ドゥカヴニー
ジュリエット・ルイス  ミシェル・ フォーブス




$独断映画評+





作家志望のブライアン カメラマンとして成功したいキャリー

この二人が、さえない現状を打破するため、
夢のカリフォルニアに向かう旅を計画する。
しかし、金欠・・・
そこで、ガソリン代折半の旅仲間をつどう。

現れたのは仮釈中のアーリーと、少し足りないアデール。

怪しみながらも、車に乗せるブライアンとキャリー。
旅の途中、有名な殺人事件の現場に立ち寄り、本を書くため。

やがて、アーリーは本性をあらわし、旅は血に染まっていく。





見所は、ブラピの演技「欠落した人格」ぶり。

つば吐き、ゲップ、立ちションが こんなに似合う、
世間に認められた『いい男』ランクの俳優っていないんじゃ?
(私は今まで一度もブラピをいい男と思ったことは無い)

映画では、アーリーの過去はでてこない。
なぜ犯罪者となったかの分析もしていません。

この疑問は、主演ブライアンがテープレコーダーに記録する、
旅の一部でも語られています。

「言えるのは、人は何をやらかすかわからないもんだ」

みたいな結論をだしてますがね。ブライアンは。



☆ 私が一番興味深かったこと ☆

・ 暴君に飲み込まれ、眠っていた「強い男」への望みが起き上がって来る、
  知的お上品だった男の変化


あ~こわ あ~こわ、人間って怖い~


この映画撮影時、ブラピ&ジュリエットはカップルだったのね目

録画映画鑑賞


「リクルート」

原題 The Recruit 2003年 アメリカ


主演
アル・パチーノ
コリン・ファレル


PC技術?の腕を見込まれた男が、CIAにスカウトされ
肉体的・精神的に過酷な新人教育を受ける。

CIAの協力!! により製作されたという、
新人スカウト、訓練 の実体が興味深い。




$独断映画評+



行方不明の 父への葛藤を抱えた、頭脳明晰なジェームズは、
父を知ってるらしき、CIAスカウトマンのバークと出会う。
「父もCIAだった?」の疑問を持ったジェームズは、
訓練生になることを決意。

『自分の心以外、誰も、何も信じるな。』と教わり、
訓練生仲間もCIA上司も信じられなくなるジェームズ。
このへんは、みている側も、誰が何を企んでるのかと、
疑心暗鬼になれてハラハラさせられる。






ネタバレ→ 27年 国家と組織のために働いて、
       たいした見返りもなかったと恨む男の仕返し?
       に利用された若者。の話かなー。

面白いですよ けっこう


☆ 訓練生の一人の美女、見た事あると思ったら、
 「SATC」の、ビッグの婚約者ナターシャだったラブラブ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「CQ」

2011年 アメリカ
フランシス・コッポラの息子、ロマン・コッポラ初監督作



この ポップ&キュート&エロな感じ 好き音譜

$独断映画評+


1969年のパリ。アメリカ人ポールは、
2001年を舞台にしたB級SFスパイ映画「ドラゴンフライ」の
スタッフの仕事をしていた。
その一方、パリ娘マルレーヌとのセルフムービーも撮っている。

ある日、「ドラゴンフライ」の監督が降り、ポールが監督になってしまう。

ヒロイン役のヴァレンタインに惹かれ、映画を完成させ、
成長するんだわな。ポール。





おしゃれな60年代フランス映画のムードと,音楽は楽しめました。
それだけかな・・・


男衆はどーでもいいメンツばかりだが、
あたしの目を喜ばせてくれたこのお姉様。

下着メーカー<ヴィクトリアズ・シークレット>のエンジェル
アンジェラ・リンドヴァル 
がスーパーセクシー
音譜音譜音譜


これだけでいいわ。ストーリーより何より、これだけで。

$独断映画評+

初・ダイエットマシーン「ムカデ人間」型


このごろ、
真剣に はらまわりがおかしい

!!!!!!

なんか、変だな、この言葉

10代~20代半ばまで、どんだけダイエットが頭を占めていたか。

妊娠中も、太ることが怖くて、長年の食べる事への恐怖と罪悪感は
なかなか消えなかった。
しかし、出産で、なぜか体重は落ち着き、食べても特に太ることもなく、

きゃっほ~ 太らない体質になったんだわ音譜

と、喜んで調子にのった日々。

歳とともに、
体重は変わらなくても、肉のつきかたが変化してきた事を実感ドクロ


情けなくも、 今、こんな物を使用中

$独断映画評+



凄くかっこわるい体勢           後ろから見られたくないあせる

$独断映画評+
$独断映画評+


これでほんとに、お腹引き締まるんだろうか・・・・・・??


タイトル、凛さんのコメントから、
 ムカデを付けさせていただきました♪♪

「告発のとき」


原題 In the Valley of Elah 2007年 アメリカ

「クラッシュ」ポール・ハギス監督作

私は、クローネンバーグ監督の、
 まったく別の変態映画「クラッシュ」ファンですが・・・



出演
トミー・リー・ジョーンズ
シャーリーズ・セロン
スーザン・サランドン


・第80回アカデミー賞主演男優賞ノミネート


実際の事件、<イラクから帰還した兵士が、仲間に殺害される>
から、映画に発展させたそうです。


$独断映画評+



戦争・軍隊というもの
やらなければやられる、命が脅かされる日常による精神の崩壊
非常下では、誰もが加害者になりえる事実

など、
戦争そのものの脅威じゃなく、
人がどんなにもろいかを知らしめてくれる内容になっている。









元軍人警官のハンクは、
次男マイクが行方不明という、軍からの電話を受ける。
長男はすでに軍務で死亡。
妻を残し、ハンクはマイクがいるはずの街に向かう。

すぐに、マイクが殺害された事がわかるが、
地元の刑事エミリーとハンクが犯人探しをしても、
軍からの協力は得られない。

やがてわかってくる、事件の背景と帰還兵達の感情。

ーーーーーーーーーーーーーーー

犯人探しのミステリー仕立てになってはいるが、
物語の核は、人間心理。
なぜ、その事件がおきたのか、知れば知るほどやりきれない。

何事もない、穏やかな世界にいるからこそ、人間は
理知的だったり、優しかったり、節度ある行動ができる。


それを壊す環境を作るのも人間。

罪深い・・・・・

いろいろと想像させられました。

最後に流れる音楽の歌詞がいいです。



「グッドラック・チャーリー」


好きな映画、というより、
このTVドラマが大好きで、ずっと見てるから、
その映画、というだけで好きさぁ~音譜

TV映画
「グッドラック・チャーリー/ザ・ムービー」

2011年 アメリカ 原題 Good Luck Charlie It's Chirstmas

ドラマのテレビ放送は2010年~ 
日本でも、ディズニーチャンネル・Dlifeで放送中。

ディズニーチャンネル番組案内

Dlife番組案内


$独断映画評+


いつものように、ドジとトラブルで
ドタバタ喜劇のダンカン一家。

無事 クリスマスをおばあちゃん家ですごせるでしょうか?








ダンカン家の末っ子、アイドル チャーリーは、
2008年産まれのミア・タエリコ(Mia・Taerico)ちゃん。

ミアちゃんは、産まれてすぐ、この役についたみたいだから、
ダンカン家はもう、第二の家族なんでしょうね。

すごく自然にパパ・ママ・お兄ちゃん達とふれあってます。



赤ちゃんだったチャーリー

$独断映画評+
$独断映画評+


もう、こんなに大きくなって

もうすぐ、ダンカン家に5番目の子が産まれ、
チャーリー(シャーロット)もお姉ちゃんに。

$独断映画評+


出たがり目立ちたがり仕切りたがりのママ
害虫オタクのパパ
一本抜けてるお兄ちゃんPJ
優等生だけど、少々慌て者のお姉ちゃんテディ
悪知恵働くお兄ちゃんゲイブ(ガブリエル)


この一家が大好きです!!!!

「アリス・クリードの失踪」


三人

登場人物 三人


三人が、三人とも、クセモノ

三人ともに、生き残るのに必死

( 内容を語るには、ネタバレになるしかないんです~)


「アリス・クリードの失踪」
原題  The Disappearance of Alice Creed  2009年イギリス

[アリス・クリード] は、誘拐された富豪の一人娘
[失踪] は、<誘拐>の意味ね。と思いきや、ふむふむ、これは!?
     と想像させる

見終わってわかる、
深みのあるぴったりのタイトル



第2のダニー・ボイルと言われてるそうです。
J・ブレイクソン監督・脚本

息をもつかせぬスリリングなストーリー展開と
観客を驚かせ、楽しませる手腕がそれかな

これは『密室クライム・サスペンス』 と言うそうです。


☆出演俳優☆

ジェマ・アータートン→見事!この子はいい!
              転んでもただじゃ起きないタイプ
マーティン・コムストン→傷つきやすい少年から、
               どこかこずるい風貌になりました
エディ・マーサン→実に、いや~な顔の持ち主ですわ

$独断映画評+


適役な役者三人の、個性のぶつかり合い、演技合戦。


私は予告も見てなかったから、よけいハラハラドキドキでした~







男2人組の誘拐犯と誘拐された富豪の娘アリス。
よくある誘拐の映画と見ていたら、二転三転する出来事に
心臓が早鐘を打ち続け、最後まで先が読めず、(いい意味で)イライラあせる


そしてラストは、ジェマだからこその「よし!」そうだろうさ



ジェマすげえ!!

● ジェマの魅力が堪能できる、こちらの作品もおすすめです合格


「タマラ・ドゥルー~恋のさやあて~」

$独断映画評+




「聖トリニアンズ女学院」

$独断映画評+





沖縄のあれこれ4


羽田から、雨の中 重たいキャリーバッグを持ちたくなくて、
ヤマト運輸に頼みまして、さっき着きました。

洗濯物いっぱい、と お土産ね。
お土産っっていっても、自分んち用ばかりだけど。


・大好きな じ~まみ豆腐と豆腐よう        ・お菓子
・不思議に美味しい玄米ジュース

$独断映画評+
$独断映画評+



・じゅ~しぃ(炊き込み御飯)の素     ・もち米入りぜんざい
                      ブタブタ♪

$独断映画評+
$独断映画評+


・昔 香港で初めて知って好きになった、
私には 幻のフルーツ「スターフルーツ」   切ると星の形になる、
                      さっぱりしたライチっぽい味音譜

$独断映画評+
$独断映画評+



・またもやお菓子

$独断映画評+




・夜の国際通り 呼び込みのにいさん、ねえさんがいっぱいなの。

$独断映画評+
$独断映画評+


                   ・ヤギはよく食べるのかな?

$独断映画評+
$独断映画評+


iPod と 携帯(これ、古い)で写真撮ったら、
携帯のチップ?は、なぜか私のMacでは読み込めず、
昼間の奇麗な写真はほとんどそっちだから、がっくり!

携帯からPCに 写真添付のメールにしてから保存しないと、できない・・・


◯ 美浜の可愛いショッピング街で、素敵な服を買いましたが、今洗濯中。
  キラキラの奇麗な靴も買ったんだけど、
  なんと、数時間で、底がべりべりと剥がれましたドクロ
  暑い地面でゴムが溶けたか?と思ったけど、そんな靴売らないよね?
  しょうがないから、国際通りで、実用的なおばはんサンダル買って、
  履き替えました。

ーーーーーーーーーーーーー

追記

今16時 お昼ご飯(だいたいこんな時間がお昼)に
スターフルーツ食べました音譜

で、奇麗だから、こんな写真を撮りました。

・爽やかなフルーツと ぐろいネックレスだけど(;´▽`A``

$独断映画評+

ホテル内映画鑑賞


旅行最後の夜、沖縄 名護のホテルで、
なんとかっていうシステムで映画が無料で観られたので、鑑賞。


「カウボーイ&エイリアン」
2011年 アメリカ


最初、ダニエル・クレイグが目覚めて数分は、
「あれ!何かしら何かしら?わくわく」と思ったんですが・・・

$独断映画評+



原作は やはりアメコミだったんですねぇ


$独断映画評+


西部劇エイリアンインディアンスピリチュアルって・・・
わけわからん!?

ダニエル・クレイグ オリビア・ワイルド ハリソン・フォード
を使い、脇役もけっこう豪華な顔ぶれ

なのに、どうにも時間の無駄 そもそも作ったのが無駄な費用・労力

何回でも言うが、ハリソン・フォードじいさんの乏しい表情では、
何の緊迫感もストーリー性も感じられないから! もう、引退して

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「CASH」

2010年 アメリカ 劇場未公開

邦題には、<クリス・ヘムズワースの>と、つきます。いらん!

「マイティ・ソー」主演クリス・ヘムズワースが出ているからってわけ。
マイティ・・には興味ないから観てませんが、写真や予告を見る限り、
CASHのクリスのほうが、なんぼかいいですね。


$独断映画評+


住宅ローンの返済に困っている若い夫婦。
突然車の上に落ちて来たトランクを開けると、そこには札束の山が!
天の恵みと喜ぶ二人。

しかし、車を買い替え、家財道具を新しくした頃、
ある男が 金を取り戻しに来る。





取り立て男ショーン・ビーンの
しつこさ、細かさに、ものすごーーーーく腹立ち、
生理的にむかつきながらも、展開の意外さが面白かったわ。

このしつこさは、「ノー・カントリー」のハビエルを思い出させます。

あ~・こいつ、そっくりだな、身近なあいつと・・・・

くっそーーーーはらたつーむかっむかっむかっ


ところで、ショーン・ビーンは、
中途半端な髪の長さが、とっても気持ち悪いのね。似合わないのね。
いらつくわね。見てると。

あと、妻役の女優、だんだん本性でてくるのが面白かった。

観てソンは無い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ペントハウス」
原題 TOWER HEIST  2011年 アメリカ



ニューヨーク・マンハッタンにそびえる超高級マンション<ザ・タワー>
管理マネージャーのジョシュ(ベン・スティラー)は、
ここに住む富豪達に、最上のサービスを提供している。

なかでも、最上階ペントハウスに住む、投資家のショウには
特別な配慮を惜しまない。

ある日、そのショウは 証券詐欺で突然逮捕され、
ジョシュが預けていたタワー従業員の年金はすべて消えたという。


$独断映画評+



FBI役ティア・レオーニは、「スパングリッシュ太陽の国から来たママのこと」
で、神経質な金持ち役でした。顔全体が緊張系。

新米エレベーター・ボーイ役マイケル・ペーニャ
この人、いろんなTV、映画でよく見かけます。

マシュー・ブロデリックエディ・マーフィケイシー・アフレック(ベンアフ弟)
ガボレイ・シディべは、あの「プレシャス」の子ね。

ひと味違う役者達がそろってますビックリマーク






ベン・スティラーの顔と笑いのセンスが嫌いだったから、
劇場で観なかったけど、
観ればよかったな。大画面で楽しく観られたろうな。

庶民が強欲金持ちの裏をかく、あたりが、そりゃあ気持ちよかったわい!

鍵となる、スティーブ・マックイーンの車が、かっこいい!!

沖縄旅行のあれこれ3


お・き・な・わ

☆ 魅力1 当然 

☆ 魅力2 あらゆる食べ物

☆ 魅力3  うちな~ちゅう

 魅力4 アメリカ色

そして、私が まだまだ知らない 
たくさんの自然、リゾート、ユタを代表する不思議の國



で、食べ物についてですが、
変わったものほど好き、アメリカンフード好きなんで、
沖縄、理想なんですよ。
「豆腐よう」「じーまみーどうふ」「ドラゴン・フルーツ」
「骨汁」そう、骨汁


骨汁に関してですが、
沖縄在住の友達に教えてもらって、沖縄市の「亀」というそば屋さんに
年に一度食べに行ってました。

今回、休業中だったので、通りかかったヤクルトレディに、
「すみません、この近くで、骨汁食べられるところありますか?」
と聞き、教えてもらった「グランド食堂」に行きました。

グランド。って、どんだけ豪華な食堂?と思ったら、
亀 同様、地元の食卓。食堂でした。

亀 同様、これでもかっ!とどんぶりばちからはみ出した骨。
ひ~っあせるまた食べきれない~

亀 は澄んだだしスープ グランドはみそ汁。私の好みはスープ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

骨汁のあとは、 日本では沖縄にしかない、
沖縄に行く楽しみの大きな%を占めるここ。

バーガーレストラン「A&W」(通称エンダー)

A&W 沖縄HP

CIMG0931_convert_20130604224448.jpg



名物「ルートビア」はおかわり自由。私はたぶん800mlくらい飲む!!


*ルート(根)=14種類のハーブを使い、ビア(ビール)を飲んでる気分になる、
健康飲料なんですよ。これが。

なんせ、別名「飲むサロンパス」

あ~あ、ルートビア~ LOVEラブラブ
               
CIMG0934_convert_20130604223640.jpg
               
CIMG0930_convert_20130604224345.jpg



3日の内三回食べてます!

ここのポテトは、シーズニングが美味しくてさあ~  

CIMG0935_convert_20130604223225.jpg


Tシャツもあるよ

CIMG0927_convert_20130604224206.jpg




美味しいよ♪」のしるしに、帰りに鐘を鳴らします音譜

$独断映画評+




「エンダー」は もちろん、アメリカンビレッジに2カ所ありました。


アメリカンビレッジ       観覧車が、サンタモニカのビーチのよう合格

$独断映画評+
$独断映画評+

夕べ遅くにホテルに帰り、なんだか無料の映画を3本観ました。
それはまた明日。

国際通りの写真は、明日届くお土産の写真と共に載せますね。

沖縄旅行のあれこれ2


沖縄に行きながら、マリンスポーツをしたことがない汗

お一人様で、泳げなくて良しで、短時間で、装備レンタルできれば込みで、
(運転できないから)宿まで送迎付きで、・・・・・

と面倒な要求だと、なかなか難しいわけです。

来年こそは私に合った体験シュノーケルを見つけて、潜りたい!


北谷のタウンリゾートの にぎやかで夜遊び楽しい場所から、
昨日は、友達の住む 読谷村(ヨミタンむら)へ



乗馬教室や琉球ガラスの体験教室などがある
美しいビーチ沿いの村にある、
う・う・うつくし~い 結婚式場!!

$独断映画評+

ここ、ほんとに 日本?

$独断映画評+

ついつい、でかい写真にしてしまいましたよあせる


近くには高級リゾートホテルもありますが、
観光地っぽくない、広々とした自然の、素敵な村です。

読谷村HP

読谷村観光協会HP


読谷村のビーチ

CIMG0919_convert_20130604223752.jpg



沖縄旅行のあれこれ


帰ってきました。毎年恒例の沖縄旅行から。

そもそも、沖縄に行くようになったのは、ここ4年のこと。
友達夫婦が移住してから、会いに行くために、なんです。
赤ちゃんが産まれて、ますます楽しいしね。音譜

いつも、一日は友達んち、一日は海。で遊びます。

泳げないくせに、海に浸かるのが好きで、浮き輪でぷかぷか
何時間でも浮いていたい私。

これまでは、千葉県の海に行ってました。
波の荒い外房の海は楽しくて、死んだら撒いてもらおうと思ってます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さてさて、沖縄一日目。
空港から 本島中部の北谷村(チャタンむら)

途中、アメリカンフードを食べに「サムズ・カフェ」で肉食

外観                 こういうおもちゃが飾ってある

$独断映画評+
$独断映画評+


もう、スープとパンだけで腹八分目    すぺありぶ~

$独断映画評+
$独断映画評+


お腹ぱんぱんで、美浜に着き、最近できたという、
新しいリゾートホテルへ

荷物を置いて、夜の美浜散策。
今回、数年ぶりに行って驚いたこと!
このビーチの周りが、テーマパークのように発展していたこと!
前はほんとに、ジャスコしかなかったのよ。アメリカンビレッジ以外は.


こんな感じ、


$独断映画評+
$独断映画評+



$独断映画評+
$独断映画評+










沖縄のヒーロー「マブヤー」       かわいいベンチ

$独断映画評+
$独断映画評+









昼間ならもっとはっきり撮れるなー (><;)


服屋もいっぱいあって、お店の女の子に「ここ、前は何だったんでした?」
と聴いたら、「さあ~ じゃり・・?」(笑)

詳しくはこちら

american Depot HP



北谷は、初めての沖縄の時に行きました。
「ジャスコ」が近くにあったから、という理由なんですがね。(^▽^;)

ジャスコで海遊びに必要なもの買って、
サンセットビーチまで徒歩3分くらい?かな。今は立派な「イオン」

2日目に半日楽しみました。ここです~♪
北谷サンセットビーチ

CIMG0921_convert_20130604223424.jpg





続き また書きます

もっと自然の海にも行ったんで

沖縄〜


帰ってから書きますが、昨日の夜から沖縄にいます。



今日は、

サンセットビーチで泳ぐ

イオンに行く

アメリカン・ヴィレッジをぶらつく

新しくできた、ショップ街をぶらつく

ふたたび海



この新しいホテル いいよ~~~

ベッセルホテルカンパーナ沖縄



アメリカンな北谷の美浜を満喫しております。

いっぱい写真とりましたが、帰ってから貼りますね。

チリチーズポテトと、ルートビアばっかり食べてて、

頭はぼんやり、ウエストはブツクリです。





明日は名護に移動します


うみ~~~ヾ(@°▽°@)ノラブラブ

CIMG0923_convert_20130604225610.jpg

CIMG0920_convert_20130604225421.jpg


でもやめられない!アートいろいろ


これ好き! なやつ、いろいろ


鉄の作家

そのだ正治



おぼろな色彩の魔術師

岩隈力也

岩隈作品販売画廊


鮮やかな球のオブジェ

ジャン=ミッシェル・オトニエル


スチーム・パンク彫刻家

マチ・カルミンHP


渋谷ヒカリエ8Fで今開催中の、京都造形芸術大学生のグループ展
三浦真衣さんの作品が良かった~ラブラブ

ヒカリエアート案内


*よく買ってました。「芸術新潮」

$独断映画評+




今日から留守にします~ 記事は書けるかどうかわからないけど、
後日になっても書きますわ。
年に一度の、友達んちに、沖縄へ。
行ってきます~

「ビッグバン・セオリー」広報部長になりたいっ!


今までにも何度か、このドラマについて触れてきました。
今日は、じっくり詳しく書いてみようと思います。
エミー賞もそろそろだから。


観客を入れて撮影する、シットコム形式のアメリカのコメディドラマ

『ビッグバン★セオリー』

原題 The Big Bang Theory

今年のエミー賞でも、
作品賞・主演男優賞・助演女優賞にノミネートされてます。

$独断映画評+


私の、人生最高に面白いアメリカンコメディですっ!!

ここに、詳しく書いてあります。動画も見られます。

スーパードラマTV番組案内

日本でも、大昔からいろいろ放送されてたアメリカのコメディ。

古くは「フレンズ」
(今、BS Dlifeだったかどこかで、再放送されてます)
「アルフ」「サブリナ」「恋するマンハッタン」

みんなに愛されてる「奥様は魔女」「アイ・ラヴ・ルーシー」

えーーーい、忘れてるけどいっぱありますよね。

スカパーとWOWOWに加入してからは、もう、書ききれないほどです。




しかしね、これ、ビッグバンは、なんだってこんなに面白いかって、

* 頭脳明晰な変人の、←ここ ツボ
  常識知らずのこだわりや会話の通じなさ。


* SFヲタクがはりきる、小道具やコミックの取り上げ方。
  ヲタクったって、暗くないんだよ、SFは。
  悶々とした性欲は感じないんだよ。


* 変わりもん=女にもてない  そのもてなさぶり。
  それ以前の、女への接し方まるで変。

* 4人それぞれに違う、「おめえってやつぁ~」な変っぷり。

* 英語のセリフ、もちろん面白いんでしょうが、
 吹き替えが最高です!
 声優さんありがとう






シェルドン・クーパー(ジム・パーソンズ)
 カリフォルニア工科大学の物理学博士IQ187。
 前のルームメイトはシェルドンに耐えられず引っ越し。
 レナードがルームメイトになった。
 その変人ぶりは、4人の中でダントツ!?
 ママとはそりが合わないが、ばあばが大好きドキドキ

レナード・ホフスタッター(ジョニー・ガレッキ)
 カリフォルニア工科大学の物理学博士IQ173
 向かいに超して来た可愛い子ちゃんペニーと
 あれこれあったり無かったり。
 神経学者の母は、息子レナードよりシェルドンと馬が合う。


ハワード・ウォロウィッツ(サイモン・ヘルバーク)
 同じく、大学で応用物理学のエンジニアをしているユダヤ人。
 口の悪い、無神経な母親と二人暮らし。が、ママに弱い。
 
ラジェッシュ・クースラポリ(クナル・ネイヤー)
 インドのニューデリー出身。素粒子論的宇宙論が専門。
 インド料理が嫌い。女性がいると、まったく口がきけなくなる。
 ところが、酒が入ると、プレイボーイに変身。


ペニー(ケイリー・クオコ)
 レナードとシェルドンの向かいの部屋で暮らす、
 自称女優のウエイトレス(才能まるで無し)。ネブラスカ州出身。
 ヲタクに対して、ごく普通の女の子が感じるくらいに気持ち悪がるが、
 サバサバした性格で、いつの間にか仲間のように・・・


主役シェルドンはそりゃ面白いが、私のお気に入りのキモ男
そいつはハワード・ウォロウィッツ

$独断映画評+


あ~キモっ! この髪型、この悪趣味な時代遅れのセンス、
ピッチピチパンツあせる

ものすご、キモいのに、女くどくのが大好き、当たって砕けて全然めげない。

「ママの美味しいブリスケッタ」が大好きラブラブ


なにげに、レナード母の変人ぶりも桁違い この人
すべてを 脳神経学的に説明する姿はロボットみたい。
「オーガズ◯は19××年以来 自力で感じてる」
な~んて、とても事務的にかます。

$独断映画評+


Amazonで、シェルドンTシャツ売ってるんだよ、欲しいなあ

$独断映画評+



長くなっちゃったけど、毎回 爆笑のエピソードとセリフ。
こんな面白いドラマは、全国民放放送せねばならぬ
DVD発売せねばならぬのよ。

おぼっちゃんお嬢ちゃん、母ちゃん父ちゃん、じいちゃんばあちゃん、
みんな揃って見ようよ見ようよ音譜

うちのスカパーe2ではいよいよ シーズン4が放送されるんだよーーー

嬉しい~





細井篤展「ことのは」


渋谷の 
現代美術・コンテンポタリーアートのギャラリー
「ギャアラリエ アンドウ」にて

彫刻家 細井篤さんの個展を観てきました。

細い、薄い 金属で出来た、風にふわふわ舞いそうな
軽やかで可愛らしい作品群です。

てのひらサイズなの。


ギャラリエ アンドウHP

細井さん、プロフィール


案内の葉書の写真、これじゃ、わかりにくいですね。(><;)

$独断映画評+



こちらは、長野県飯田市にある大作

$独断映画評+


なんだろなー、作品がもつ品格と上質感
これに、やられました。あたいは。


自分がちまちまいじってできる、自分ではいいと思っていた物が、
急に 100円圴一のおもちゃに思えてきたんですよ。

消え入りたくなったんですよー。

うそっこだ、にせもんだ、あたしは! 
と、ね。ドクロ

ギャラリーオーナーさんが、お話してくださいました。
たくさんの素晴らしい作家さんのこと。
その作家さんのファンのお客さんのこと。


だめだ! おれがいくら逆立ちしたって(逆立ちできないけど)
本物の芸術家になんてなれっこないんだ!

ばかばか私のばか


そんな 落ち込んだ心で帰ってきました。




「オレたち、ゆる刑事 ジャック&ケイト」


「華麗なる恋の舞台で」
「グリーン・フィンガーズ」「ホット・ファズ」

 
など、私の好きな映画に数多く出演している女優

 ルーシー・パンチ

たくさんの出演作があるけれど、
主役級とか、スターとかではない、
父 ロバート・スティーブンス 母 マギー・スミス!
トビー・スティーブンス

コンビを組む刑事になったドラマです。

LaLaTV番組案内

原題 Vexed 2010年~ イギリス BBCで放送


$独断映画評+


邦題見てもわかるように、ボケキャラのコメディタッチ刑事もの。
今までになかった?
ボンクラクライムコメディ
!?


まだLaLaTVで2話しか見てませんが、爆笑ってほどでもない、
まさに ゆる~い嘲笑くらいの感じが妙に気に入って、
今度、「番組名」で録画セット決定ですビックリマーク






イギリスでそれほど人気があったわけでもないらしく、
なぜに日本放送?との声もあるそうですが、

いっぺん見てみ、案外いいから。とおすすめしたい。

またあとで詳しく書きます。




「ウディ・アレンの 夢と犯罪」


ウディ・アレンは、人間としては好きじゃありません。
だって、妻の養女とできた男だもん。ドクロ

映画はしゃれた秀作がたくさんありますがね。

この映画「夢と犯罪」
同じようなタイトル「重罪と軽罪」のほうが面白かったかな?


原題 Cassandra's Dream 2007年 イギリス

「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」
   (両方面白かった。)
そして、この作品で、ロンドン三部作が完成。

主演 ユアン・マクレガー コリン・ファレル



$独断映画評+



ホテルへの投資で成功しようとする兄イアンと、
酒とギャンブルで生きてる弟テリーは、二人共金に困っていた。

そこに 母親の兄である、資産家の伯父が現れ、
兄弟は金の無心をするが、逆にある事を頼まれてしまう。





ウディ・アレン本人が「不条理」好きらしい。
そんなぁ~・・・ あんまりだぁ~・・・ な展開が。

「タロットカード・・・・」はすっきりした結末だったが、
三部作 他の二本は あ~あ。なラストだもんね。

「どうせ人生不条理なもの。
結末は、老いて病んで死ぬ」


そんな事を言ってました。インタビューで。 
まあ、その通りではあります。


愚かにも 目先の利益に動かされてしまった兄弟の、
どうにもならなくなっていく様がリアル。
コリン・ファレル、適役です。汗 
情けない下がり眉毛と眉間のしわが名演技。ははは

いっちばん悪い奴がのさばるのが世の中さ~

そんな、
これをいっちゃあ夢も希望もないが、現実そうなんでしょう。な映画

馬鹿な兄弟が哀れで、「好きな映画」にいれちゃいますよ。


西川克己展 植木寛子展

最近、新宿に行くと必ず立ち寄る 伊勢丹アートギャラリー

買い物しないのに、すみません・・・・・


昨日観て面白かったのは、西川克己さんの油絵展。

オフィシャル Web Gallery

フランスの小さな街の建物を、
細かな線と色の組み合わせで描いてるんですが、
童話を読んでる気にさせられる不思議な魅力でした。



*本日4時半までの展示





もう一つは、
10月2日~9日に開催される個展が楽しみな、
ガラスアート作家 植木寛子さん。

HIROKO UEKI HP


$独断映画評+
$独断映画評+


$独断映画評+
$独断映画評+





美しい~ラブラブ
ガラス大好き!!




ドールショー&新宿座


昨日は、朝一で、新宿武蔵野館「最強の二人」の整理券とってから、
浜松町のドールショーへ。


ドールショーというもの、いわゆる、
オタク系、萌え(この言葉大嫌い!)系の集まり
・・・なんですよ。

だから、ひっじょ~に居心地が悪い。

あたくし、どちらかと言えば、
「デビルマン」「ゾイド」「仮面ライダー」の怪人
「スターウォーズ」のクリーチャー
 
みたいなやつに燃えるんで。

だけど、いつも、手造りの素敵な眼球を作っていらっしゃる、
そして素敵な女性、人形作家・詩人の 紫煌さんにお会いしたくて。




紫煌さんのお人形            かっこいい眼球アクセサリー

$独断映画評+
$独断映画評+



眼球いっぱい                 これ、ネックレスにもストラップにも
                       男女ともに使える♡

$独断映画評+
$独断映画評+


紫煌さんのブログ

青薔薇幻想 紫煌DoLL


* なんか、撮影・録画に厳しいフェスで、「撮って良いですか?」
と聞いて、断られる回数重ねると、もういいや、となったので、
写真は紫煌さんのみです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


浜松町のあとが、新宿に戻り、新しくできたギャラリーへ。

新宿4丁目のちょっと不思議な街並にある、
ギャラリー「新宿座」


外の螺旋階段              入り口、いい感じ音譜

$独断映画評+
$独断映画評+


ゴッホ今泉さんのイラストによる「T100展」

・Tシャツ

$独断映画評+
$独断映画評+



・ブリーフ

$独断映画評+
$独断映画評+


こういうのも好きなのよね~


公式HPはこちら

新宿座HP







「最強の二人」


大盛況の新宿武蔵野館、
朝、整理券とっておかないと、
希望の回は立ち見になりかねません。


フランス国民の3人に1人が観た! といこの映画、
ヨーロッパ各国でNo.1ヒットとなり、
ハリウッドリメイクも決まっているそうです。

原題 Intouchables は、翻訳サイトで『不可触賎民』と出た!

これって、カースト制度残るインドで、
最下層とされる人々を指す言葉だよね。ふ~ん、と思ったら、
触れる事ができない人?状態?みたいな意味みたいね。


2003年に テレビのドキュメンタリーで、
貴族家系で資産家の男が、パラグライダーの事故で車椅子生活になり、
ある青年の介護を受けて明るくなった姿を見た、二人の監督が、
企画を暖め続け、実現させた映画。


$独断映画評+



資産家の障害者フィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、
新しい世話係を探していた。
面接に来るのは、資格や経験のある、
きちんとした身なりの求職者たち。
ところが、失業手当が目当てで、サインを貰いに来ただけの
黒人のドリス(オマール・シー)を気に入り採用。

車椅子だからって、フィリップに同情もしない、
かしこまった使用人にも友達感覚で口をきく、
無礼な娘にはしつけを申し出る、

オペラに連れて行かれても、クラッシックを勧められても、
聴くのはなんといっても「アースウインド&ファイヤー」

現代美術の抽象画を、「紙にシミがあるだけだぜ」
と素直な感想。これ、みんな思ってることだよねえf^_^;


そんな自然体で明るいドリスに、フィリップは笑いを取り戻していく。






フィリップの文通相手の女性とのいきさつは、
ちょっとわからない部分があったし、
ドリスの複雑な貧しい家庭環境について、も少し描写がほしかったけど、

全体的に楽しく可笑しく、はっぴーアップ

実話、ってとこが素晴らしいですね。

しかし、これをみると、病人や障害者への
よかれと思う同情や気遣いが、いったい本当に、いるのかいらないのか、
わからなくなりました。


*エンドロールで、実在の
 フィリップとアブデル(ドリス)の姿が映されます。


こんなダンスミュージック流されたら、
ついつい体揺れちゃいますよ~合格音譜

Earth, Wind & Fire 「SEPTEMBER」





「Boogie wonderland」




☆ クラッシックの曲も、大好きな曲ばかり出てきて、嬉しかったです音譜



世界の人形&クリーチャー

今日は 浜松町のドールフェスティバルに行きます。




私の好きな人形とは違うんですが、いろいろ見学。


これらが、好みの造りものたち

 Lena & Katya Popova(ロシア)

$独断映画評+



* Beth Robinson(アメリカ)

$独断映画評+



* 韮沢靖(日本)


$独断映画評+



まだまだいますが、そろそろ準備します~

帰りに映画観てきます~音譜

「トドラーズ・アンド・ティアラ」


2009年~アメリカで放送されているらしい

「美幼児コンテスト」のリアリティ番組

「トドラーズ&ティアラ」 
(Toddlers & Tiaras)




何でしょ?これは?どんなつもり? 親、本人







DVDも大人気?アメリカでね。



$独断映画評+



美少女コンテスト、いや、
幼子を塗りたくり着飾らせ媚び売らせる、
おおげさに言えば<子供を女として扱うポルノの前段階>
としか思えない催し物。

この存在を初めて知ったのは、
あの「ジョン・ベネ殺害事件」
当時、私の目には、ものすごーーく異常なものに映った、
美少女コンテスト。

いまや、ますます盛んにますますえげつなく一般的になってるんですねー。




子供の可愛さじゃないでしょう、これ。
小さい娼◯にしか見えないのは、私が歪んでるから?

$独断映画評+


$独断映画評+


子供といえど、女の子は、
可愛いって言われたいし、おめかしは大好き。

でも、これ、違う。

「あたし奇麗でしょ?可愛いでしょ?ねっ、おじさん」
「あたしこんなことできるの こんなに才能あるの、
 商品価値あるでしょ?ねっ、おじさん」


な おめかしなの。こういうおめかしさせられてんの、大人に。

自分の意志で、
ミスコン荒らしを目指してる3,4歳って、ほんとにいるの?
いるのか?アメリカ人なら? ・・・・そうかもしれん・・・
意識レベルが、日本人の子供とは違うんだろうから。


親達の入れこみがすさまじいらしいのは、
日本のテレビでも何度か取り上げられてましたね。ふっ。。。


ちんけな島国の イエローモンキーなあたしが口出しすることじゃないか。

━─━─━─━─━─  ┐( ̄ヘ ̄)┌  ━─━─━─━─━─



私と猫の歴史


歴史、なんてぇおおげさなタイトルつけてしまいましたが、
ほんの 4,5年のことです。

可愛い顔してるんだよ~

合格大人猫なのに、子供みたいに、目の位置が真ん中で、まん丸で。

おりこうなんだよ~

合格ご飯ほしくても、ひかえめ~にしか呼ばないの、ご近所に迷惑かかるから。
「みや・・・」って 小さく呼ぶの。

優しいんだよ~

合格時々、お礼の品(ネズミやトカゲやでかい蛾)を、
私のサンダルの上に乗っけてくれてるんだ。

親孝行なんだよ~

合格お母ちゃんも来た時は、「母ちゃんいるから、ご飯もっとね」って、
2回「みや」と言ってから、遠くから覗く母ちゃんを呼びに行くんだ。


なのに、なのに、うちじゃ飼えない! (ノДT)

お願い、だれか、この親子を助けて~~~


:これ、娘 うちの物置の中で産まれてました。4歳
                         「みや」って言ってるラブラブ

$独断映画評+
$独断映画評+



:母ちゃんも可愛い。うちの物置で産んでから、時々来る。
 もう、歳だと思います。毛色も薄くなってきた。

$独断映画評+


$独断映画評+


ちゃんと、病院で検査や注射やなんか、します、私が。
だれかもらって~ または、見かけたら飼ってあげて~


もう、野良人生つらいと思うんですよ。
もう、家に入りたいと思うんですよ。





「黄色い星の子供たち」


原題 La Rafle.(一斉検挙)
2010年 フランス・ドイツ・ハンガリー


出演
メラニー・ロラン(やっとこの名前覚えた!)
ジャン・レノ

「ルルドの泉で」のシルヴィー・テステューも出てます。

1942年、パリ
7月16日午前4時、女子供もあわせて1万3000人のユダヤ人が逮捕される。
ただ、ユダヤ人であるために。

何もしらされず、
巨大ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)に数日間閉じ込められ、
何もしらされず、収容所に送られる。


赤十字から派遣された看護師アネットと、
逮捕されたユダヤ人医師シェインバウムは、
幼い子供たちの世話にあけくれる。


$独断映画評+


1942年、ナチス・ドイツ支配下のパリで行われた
ユダヤ人一斉検挙<ヴェル・ディヴ事件>
400人の生き残った人々の証言を基に作られた映画。






子供達の目線、アネットの目線で、ドイツとフランスの
理不尽な殺りく行為が描かれていく。

ひきさかれる親子の、身がよじれるようなつらい場面もありますが、
子供達の可愛らしさに、救われる思いでした。
そこがこの映画を、希望へと導いてる。
だから好き。!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

1995年までフランス英府は、この非人道的な事件の責任を認めなかった。




「突撃!大人の職業体験」 


ディスカバリーチャンネルで2008年に放送していた、
ダーティな番組「大人の職業体験」

(その後も時々 再放送されたけど、もっと放送してほしい!)

アメリカでは2005年から放送。
その面白さに、イギリス・オーストラリアでも番組が製作されたとか。 

原題 Dirty Jobs

まさに、ダーティな仕事ばかりを、
大人が一日(またはひとくぎり)体験する。

マイク・ロウというタレントが、
毒舌&ユーモア吐きながら、キッツ~イ仕事を体験ルポ。
マイクのキャラクターが、番組の面白さの要です。

DVDは、日本の機械じゃみられないんですねダウン

$独断映画評+


仕事の内容は、

ひよこの分別
ー日本が誇る高等技術、専門学校で学ぶ
<ひよこのオス、メス分別>


くっら~い室内、頭に電気をつけ、
一日中ひよこのおけつをひたすら見る。
ひよこの生殖器が何十種類もあって、見分けるには、まず!
うん◯を出さねばならぬ。
ひよこをつかみ、腹を押し、うん◯を飛ばし、けつを見る。
これを高速でやり続ける!
「ぱっ!」「むにゅ!」「ぴっ!」とな。

        
ラスベガスの裏方
ーべガスのショーで活躍する(させられる)動物達の世話仕事


動物の世話と言えば、エサより大事なのが、
糞尿の片付け
限られた空間の飼育環境では、清潔にしておかないと、
すぐに病気が蔓延する。
とにかく掃除。ひたすら掃除。洗って拭いて乾かして。


牛のリサイクル工場
牧場などで死んだ牛を引取り、すべてを再利用する工場。

牛の死体から、皮革製品のための、皮はがしと皮なめし。
内蔵を外し、どろっどろに溶かした後に皮脂から石けんつくり。



すんません、ちょっと、気持ち悪いかな~・・・




当然ですが、毎回毎回
画面からは、とんでもない匂いが漂ってきそう。
ムンムンむれむれ感じる空気。汚れっぷりはハンパない。

しかし、これらの
ものすごく汚く臭く危険な仕事を、日常こなしている人々がいる。

笑いが溢れる楽しい番組だが、
大変な仕事につく人々に敬意を示したいです。




これは、ラスベガスで出た人間様の残飯を、ぶたのエサに変える回。

すんません、かなり気持ち悪いかも・・・






「エデンより彼方に」



原題  Far from Heaven 2002年 アメリカ

原題も邦題も、わからない。映画の内容とタイトルが噛み合ない。

かいつまんで言えば、
『隠れゲイの夫が徐々にすさみ、
心安らぐ友である庭師を愛するようになる妻』

の話。

時代は1950年代だから、黒人差別がおおっぴらに行われていたし、
ゲイなんてとんでもない話だったんでしょう。

でもなぜ、エデン? アダムとイヴのあのエデンだよね?
何の関係が?エデンの園みたいないいとこさ、ここは。
ってこと? わっかんないです。

あっ!エデンみたい、私の完璧な幸せ人生。
と思ってたところから、去って行くのよ、あたし。
ってこと??

それはどうでも、



美しい美しい、最高に美しいんじゃないでしょうか、
この映画のジュリアン・ムーアは。




$独断映画評+


1957年。アメリカ 
コネチカット州の町に暮らすキャシーは、
ええとこの会社員の夫フランクと、2人の子供に恵まれ、
雑誌に記事が載るような、社交界の有名人だった。

黒人庭師レイモンドと良い友達になるが、
差別の目で見る街の人達の反感を買い、噂の的になる。





夫の秘密は同性愛者だということ。
それを知ったあとも、夫の支えになろうとするキャシー。

* キャシーの心情の変化 *

”満ち足りた人生”→”秘密を知ったショック”→”共に試練に打ち勝とう”
→”どうにもできない事なのね”→”新しい一歩を踏み出そう”


この過程を、あくまでも上品にひかえめに表現した、
ジュリアン・ムーア、素晴らしい~クラッカー


合格ほのかでひそかな想いにしたのがいいですね。
どろどろ不倫にしないで、ね。合格



そしてそして ストーリー、演技の話とは別に、
この映画の見事な映像色彩は、必見ですっ!!

50年代を表すうえでの色彩なんだと思いますが、
もう、もう、うっとり~ラブラブ

☆ 昭和レトロは嫌いだが、
アメリカの<フィフティーズ>は大好き!!




監督したトッド・ヘインズは、
めちゃ好みの映画「ベルベット・ゴールドマイン」の監督とな!?

なんでも、50年代に活躍した監督
ダグラス・サークへのオマージュだとか。



ダグラス・サークの映画
「天はすべて許し給う」 
原題 ALL THAT HEAVEN ALLOWS 1955年


こちらの夫役はロック・ハドソン
同性愛の部分はないようですが、今となっては
彼の実生活とAIDS死がかぶってしまう。




あーーーすっかり忘れてた、夫役はデニス・クエイドです。