「太陽に灼かれて」「戦火のナージャ」



1995年 ロシア フランス映画 「太陽に灼かれて」

監督 ニキータ・ミハルコフが主演、実娘ナージャと共演

原題 UTOMLYONNYE SOLNTSEM 1994年 


この親子の幸福そうな、愛に溢れた画面が大好き

$独断映画評+


1936年の夏、モスクワには、粛清の嵐が吹き荒れていた。

(このあたりの、政治情勢を解って観たほうがいいかも。
 私は、詳しくは知らないままに観ましたが、それでも、
 圧政と不穏な空気は読み取れましたが)


革命の英雄コトフ大佐は避暑地<芸術家村>で妻とその家族、
娘のナージャと幸せな毎日をすごしていた。
ある日、昔 親交があった青年ディミトリが訪ねてくる。
彼は、妻の元恋人。そして現在は、秘密警察として、大佐を捕まえに来た。

ストーリー自体は、暗く残酷なものだが、
村での、親子・夫婦の絆が素敵すぎて、幸福感を捨てきれない。

ナージャの自然な可愛さに、目を細めずにはいられません。!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2010年 ロシア映画 「太陽に灼かれて」の続編
「戦火のナージャ」


原題  UTOMLYONNYE SOLNTSEM 2

準備に8年、ロシア最高の制作費を使い、
戦争のすさまじい惨状を延々と描写した。


・父が監督 成長したナージャが主役を勤める

$独断映画評+


* 前作の続きですので、「太陽に灼かれて」ラストにふれます。


ソ連とドイツの大規模な戦争時代。
ディミトリは、スターリンに呼び出され、コトフ大佐の消息を尋ねられる。

裏切り者として捕らえられた大佐は、処刑されたはずだったが、
実は強制収容所にいた。

少年少女団の一員になったナージャは、
ディミトリの言動から、父が生きていると確信し、
探し出すため、従軍看護婦として戦場におもむく。


戦場の、すさまじい殺戮の場面がこれでもか、と続き、
実際の戦争とは、こういうもの、もっとひどいかも、と思っても、
観ていて非常につらくなる。でも、逃げちゃいけない。と頑張った。

父を想う、ナージャへの愛情をもって見ないと 苦しいですね。

冒頭の、スターリンを殺す夢は、あの時代の人は本当に見ていたかも・・・

戦場で、死にゆく若い兵士とナージャの、あの一時は、
美しく悲しく虚しい。



監督によると、次の作品で、三部作として、完成されるそうです。

合格ナージャの幸せを願ってやみません。合格



スポンサーサイト

好きな映画館(アングラマニアック系)


お気に入りの映画館はいくつかありますが、
このシアターは、観に行くのがちょっと。。。

嬉し恥ずかしうしろめたい 感で、

軽く変態になった気分で、映画館への坂道を昇ります。


「あ~、これ良さそう、観たいな~」 じゃなくて、

うひょ~っ!観たい!(ゾクゾクワクワク)」 なんです。


シアターN渋谷


ゾンビ  処刑  スプラッタ  

バイオレンス  エロ





そんなものが渦巻くラインナップです。常に。

男率高いです。 レイトショーのみ、作品多数です。

友達、なかなか誘えません。音楽系の映画は堂々と誘うけど。


そんな シアターN渋谷で、今、一番観たいのが、

「ラヴド・ワンズ」


機会をのがして、もう、レイトショーでしか上映してないので、
なんとしても早急に行かねば!と思っています。



$独断映画評+





「家の鍵」


2004年 イタリア・フランス・ドイツ映画

原題 LE CHIAVI DI CASA

2007年のイタリア映画祭の時に、父親役の美形俳優
キム・ロッシ・スチュアートが 日本に来たそうです。

このキム、すごくかっこいいいのに、
病気の子供への対応に真摯に向き合う、とても地味な感じのパパを、
誠実に静かに演じています~。素敵です~。ラブラブ


$独断映画評+



息子パオロが行く病院で出会う、やはり病気の娘がいる母親に、
シャーロット・ランプリング
冷静で いい母としてふるまいながら、心の奥で苦しみに悶絶する姿を、
さすがの存在感で演じてます。

パオロ役は、これが映画デビューのアンドレア・ロッシ






出産で恋人を失ったショックから、
産まれた子を恋人の家族にたくしてしまったジャンニ。
15年ぶりに連絡を受け、息子パオロを
ミュンヘンからベルリンのリハビリ施設に送り届けるよう頼まれる。

すでに結婚し、産まれて間もない息子もいるジャンニ。

昔 捨ててしまった、障害のあるパオロとすごすうち、
親子の愛情や絆を実感していく。

シャーロットが言う、
「彼が 心の闇に入り込んでしまったら、
私たちにはどうにもできないの」

は、病気を持つ子の親だけでなく、
子供と心を通わせられない親にも通じるものとして
痛く受け止めました。


この親子が 今後どうなっていくかは示唆していませんが、
戸惑い悩むパパと、パパに寄り添うパオロの姿は、
とっても温かく愛おしかったです。



デヴィッド・リンチ展


昨日 渋谷ヒカリエ8Fで、リンチの水彩画・リトグラフをみてきました。


ヒカリエ 8 HP


リンチの映画と同じように、なんというか、
本能のうずきを感じさせる。

子供のいたずら描きみたいなのに、
大人の暴力や欲望の発露も見えて、

彼らしい作品群。


思いつくままに衝動的に筆を動かしたみたいに見える。
でも、計算されて描いたのかなー?



7/23 まで、入場無料です。


☆ Amazonに、リンチの本ありました。


$独断映画評+





$独断映画評+








「ブラック・ブレッド」


[大人の薄汚い事情と嘘に壊される

子供の心]


これがこの映画の内容です。

原題  PA NEGRE/BLACK BREAD 2010年 スペイン・フランス

出演
フランセス・クルメ
マリナ・コマス
ノラ・ナバス



ブラック・ブレッド=黒パンは、下級・下品の象徴

昔って、黒パンより白パン
    黒砂糖より白砂糖 
    玄米より白米

といった、手間をかけて栄養捨てて白くしたものが ありがたかった。
それはスペインも日本も同じなんですね。

今や、ま逆なのに。黒いほうが少しお高いくらいなのに。


$独断映画評+


スペイン内戦が落とした影。
その影が色濃く残る小さな農村。

謎の殺人事件を中心に、主人公の少年の成り行きを描く。

病で隔離された美青年、伝説のようにささやかれる幽霊話、
ピトルリウアという怪物の伝説 などが絡み、
田舎独特の、暗く 陰湿なムードが全編を覆う。





スペインで、内戦時代、子供が主役と言えば、
名作「パンズ・ラビリンス」 を思い出す。

不幸 という言葉がまさにあてはまる子供の話だった。

本作も、一見、貧しくても両親に愛されている幸せな子供のようだが、
やりきれない不幸にさいなまれる事になる。

これは なんと位置づければいいんだろう?

ミステリーそのものではない。
ファンタジーそのものでもない。
人間ドラマとも言えない。


「パンズ・・・」よりは、まあ 将来を想像する余地があるけれど、
観て、いい気分になるもんじゃないです。

この監督にはすごく興味があるんだけれど、
他の作品を観て、
好きか嫌いか決めたいと思います。


山なし オチなし に近いです。 
意味はあるから、「やおい」ではない。


うーーーんん、 どう整理していいものやら。

戦争でどれだけ傷が広がるか、田舎の低レベルの差別の残酷さ、
金持ちと貧乏人の立場の格差、子供の鋭い感受性

いろいろごっちゃになってます。感想が。


公開真近 観たい映画


「少年は残酷な弓を射る」

この美少の存在を確かめたい!

母親にひどい仕打ちをし続ける少年・・・う~ん、人ごとではない








「ゴーイング・バーティカル」

・サーフィンの <ロングボードからショートボード>への変化のドキュメンタリー







「ローマ法王の休日」

・ミシェル・ピッコリは、昔から大っ嫌いな俳優(顔が、卑劣ぽい)だけど、
 お偉い法王をコメディ映画にした。に興味あり。





「ぼくたちのムッシュ・ラザール」

・なんといっても、子供たち!がみたい。子供と教師のドラマは好きだ。

「ハードキャンディ」


うほほほほほ♩ 

この映画を初めて見た時の喜びと衝撃ときたら!

☆ 私が常々思っていたことをやっちゃってくれてるからね ☆




原題 Hard Candy 2005年 アメリカ映画

この映画で初めて知った、
 当時18歳?のエレン・ペイジの、とてつもない演技にびっくりした。


$独断映画評+



最初に、女の子と男性の、Hなやりとりがまじる、パソコンのチャット画面が出る。

「じゃ、一時間後ね♡」と、会う約束をし、場面はカフェに。

これが、14歳の女の子と32歳の男なことに、まず驚き、気持ち悪くなる。

二人の危険な会話は、男(ジェフ)の家に女の子(ヘイリー)が自ら入り、
写真をとられるあたりまでは、<ロリコン男と おませな少女の危ない関係>
みたいな感じ。


$独断映画評+





ところが、一度画面が暗くなった後からは、
内容知らずに見ている者にとっては、なんで?どういうこと?
の、一瞬も気を抜けない展開になっていく。

場面が変わる時のこの、一時の暗転と、
短い 突然の暴力シーンに使われる、揺れた映像が、
静かにふつふつと怖くなる流れに、非常な効果をおよぼす。



これは、予告編も見ないで鑑賞することをおすすめします

主人公の男と同じに、なんでだよ?!! 
の気持ちを持って見たほうが、絶対に面白い!


そして、2度みることをおすすめします。

一度目の、「この子、妄想しすぎでない?」と思ってみていた時と、
二度目に、行く末が解ってから見る、二人の会話と表情は、
「あー そうか、   あー だからだな」とわかって、ますます面白い!!

エンディング曲が、女子のパワーと危うさを感じさせていい!
Blonde Redheadの  Elephant Woman  という曲


ブロンド・レッドヘッドHP


しっかし! エレン・ペイジ おそるべし!


「クロニクル」


帰りの飛行機で 見ました。


「クロニクル 原題 Chronicle」


ディーン・デハーン
マイケル・B・ジョーダン
アレックス・ラッセル


3人の無名俳優が主演を務めたSF映画。
公開時 全米ナンバーワンとなったそうです。

3人の高校生が森で謎の物体を発見した後、特殊能力を手に入れる。
最初はふざけて遊んでいたが、
その中の一人で、ムービーを撮り続けている気弱な子が、
力に支配され、暴走していく。



$独断映画評+



手持ちカメラで撮影しながらストーリーが進む、

パラノーマル・アクティビィティ を思い出す作り。

でも、全然古くさくない。

名作かと聞かれたら、そういう種類の映画じゃないけど、
「けっこう面白いから、観てみ!」 と言いたい作品。







この監督、才能が認められ、次は
「ワンダと巨像」というゲームの映画化をまかされたそうです。


ハリウッド


ハリウッド限定写真 です。



・チャイニーズシアターに集う人々    

IMG_0894_convert_20130604091639.jpg


・セレブのお家ツアーの販売屋台

IMG_1107_convert_20130604091138.jpg

・ムービースターの豪邸マップを売る箱

IMG_1025_convert_20130603235041.jpg


・土産物屋
 特に奇麗でもなく、みんな一階だけで店。地面に店。
 
IMG_0998_convert_20130604092319.jpg


・アカデミー賞受賞式で、          
 レッドカーペットが敷かれる階段      

IMG_1013_convert_20130604091420.jpg


・チャイニーズ・シアター横 蝋人形館の入り口 
 「アイ・ラヴ・ルーシー」

IMG_0882_convert_20130604092803.jpg


・シアター近くで。              

こういう成りきりキャラは、たくさんいます。
写真撮ると当然チップ払います。


ティンカーベルと、

IMG_0999_convert_20140710113335.jpg


トランスフォーマーの何か

IMG_0913_convert_20140710113620.jpg




ハリウッド大通り
広めのまっすぐな一本の道路が、こう呼ばれてますが、
その両脇にずらーーーっつと、チャイニーズシアターを中心に、
映画関連のお土産物屋、GAP、などがあるだけの、
日本の繁華街とは全然違う、ほんの一区間だけが賑やか。
「あれ?ここまで?ここまでだけ?ハリウッド?」と思います。
3分くらい歩くと、怪しげな、水パイプの店や、
大人のおもちゃ店や、SMコスチュームみたいな店が増えます。


チャイニーズシアターの門の外
レストランやファッションブランドが入った3階建てくらいの、
シネコン、なんですねー。ここ。
1番上には、「グッドモーニング・バビロン」の象が

IMG_0911_convert_20130604091008.jpg


・シアターのほぼ向かいにある、お高いホテル
「ルーズベルトホテル」
[第一回のアカデミー賞授賞式の会場となりました]


IMG_1026_convert_20130604094249.jpg

☆ディカプー主演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で
使われました。



_________________________

ハリウッドでは、
チャイニーズシアター、が入っている
ドルビーという建物のすぐ裏の、キッチンが付いてる、
ちょっとしたアパートみたいなホテルに泊まってました。

・ホテルの地下駐車場は、
 スターの名前で、スペースが区切られてました。

IMG_1074_convert_20130310133836.jpg

<ブラピとアンジーはお隣さん>


IMG_1075_convert_20130310134109.jpg

<でぃかぷー♡>


IMG_1072_convert_20130310134006.jpg

<ニコール・キッドマン>



しみじみ感じたこと

ハリウッド という所のイメージは、
洗練された大都会で、セレブな人達がいっぱい歩いてるかと思ったら、
完全に 小さな街の小さなスペースの観光地なんですね。

ここにスターが集まるなんて、なにか場違いな気がしました。

セレブはビバヒルやマリブでひっそりと暮らし、
高級車でどっか行くんでしょう。


そして、こんな所も。。。。何屋さんか見当もつかず、
しかし夜の匂いも・・・・

IMG_1010_convert_20130310134428.jpg

*これ、チャイニーズシアターの、すぐそばなんですよー!
 アカデミー賞のあの場所の、歩いて数分のところに、これだもの。


あとで調べてわかりました!
なんと、アシュトン・カッチャーがオーナーやってる、
ふつーのカフェバー、みたいな店なんです! なーんだ・・・

しかし、この店名。。。

ああ アシュトン



アメリカ旅行、あれこれ


 初めてのアメリカ、で感じた事を書いてみます。
   (行った街での見聞ですから、違うことがあっても許してね。)



・ 看板、電光掲示板、ポスター、チラシのたぐいが、街に氾濫していない。
  (ブロードウェイなどは別)だから、歩道がすっきりしてる。

・ ごみの分別無し!マックもウエンディーズも、全部がーーーっと捨ててる。
  環境問題、アメリカの意識はどうなの?

・ ニューヨークのキャリア組っぽい人以外、男も女も、ラフ~な服装。
  タンクトップ、ショーパン、ビーサンだらけ。ほとんどノーメイク。
  日本みたいに、多種多様なおしゃれが無い?
  羽田に着いてびっくり! 日本人、おしゃれ過ぎ!

・ 誰一人、鏡やコンパクトで顔のチェックや化粧直しをしてる人を
  見なかった!唯一、中国?の女の子が、
  バス停でコンパクトあけてファンデ直してました。
  UVケアとか、してる自分が恥ずかしくなりました。

・ 日傘、まったく見ない! あんなに日差しが強いべガスでも、
  みんな素肌さらして日焼けして、全然気にしてない。
  (チケット売り場でだけ、傘貸してましたが、日焼け対策じゃなくて、
   単に日射病にならないため、だと思う)

・ 建物がとにかくいい! 写真とりたい建物だらけ!

ニューヨークのビル

IMG_0536_convert_20140710114805.jpg


IMG_0552_convert_20140710114726.jpg


IMG_0554_convert_20140710115019.jpg


ロスの建物

IMG_1078_convert_20140710124229.jpg

IMG_1024_convert_20140710123747.jpg

IMG_1123_convert_20140710123858.jpg



・ プエルトリコだけじゃなく、マイアミやロスでも、スペイン語が多い。

・ リコのショッピングモールの店員さんは、きれいなゲイが多い。

・ 誰でもかれでも、若い男女のルックスが良すぎて、いったい何が決め手で、
  一般市民と芸能人に分かれるのか、理解に苦しむ。

・ ハリウッドって、田舎?にあるんですね。山だらけなんです。周りは。
  そして、ハリウッドには、怪しげな客引きがいっぱい。




IMG_0912_convert_20140710115439.jpg



・ 食料品がバカ安。スーパーでも、レストランでも。
  ただ、この値段と、正しい労働や作物生育については、
  追求するのが怖いけど。

メルズのサラダ トーストパンの大きさに比べるとよくわかる。


IMG_1103_convert_20140710115751.jpg


プエルトリコのクッキー
手をパーにしたくらいの大きさ

IMG_0626_convert_20140710115951.jpg




・ 車がないと生活できない街が多そう。




思い出すと、まだいっぱい出てきそうです。また書きたくなるわね。
















JAL内映画鑑賞「昼下がり、ローマの恋」


帰りの飛行機で見た映画です。

「昼下がり、ローマの恋」
・・・まあ、この邦題もなんだかなー、だけど。

原題 Manuale d'am3re 2011年 イタリア


ロバート・デ・ニーロ
モニカ・ベルッチ
リッカルド・スカマルチョ


「イタリア的、恋愛マニュアル」のジョヴァンニ・ヴェロネージ監督作。
だから、最初から、面白い、と思ってた。やっぱり面白かった。

ロバート・デ・ニーロとモニカ・ベルッチとの組み合わせも
興味ありました。 ↓

昼下がり、ローマの恋 公式HP


☆ ストーリーは、三つに分けられたエピソードで出来ています。
  それぞれの恋の、危うさや滑稽さが、軽妙に描かれてます。



             
$独断映画評+


<青年の恋>

ロベルト&ミコル・・・ローマから、トスカーナの農場に立ち退き交渉のため出張した
           弁護士ロベルトは、ミコルに一目惚れ。
           滞在を延長して情熱に身を任せる一時を過ごす。

<中年の恋>

ファビオ&エリアナ・・・ニュースキャスターとして有名なファビオが、
            積極的に迫るエリアナと浮気。
            ところが、エリアナはストーカーと化す。

<熟年の恋>

エイドリアン&ビオラ・・・心臓移植後、一人気ままに暮らしていたエイドリアン。
             近くに住む友人の娘 ビオラの魅力のとりこになる。
              (デ・ニーロとモニカです)






まあ、女性がSEXに積極的すぎるところが、私個人的には納得できませんが、
誘惑に弱い男性の、はまりぶり、うろたえぶり、が楽しかった。




イタリア的、にも出ていた、コメディアン・俳優の、
このおじちゃんが最高に笑える音譜

カルロ・ヴェルドーネHP


ロス 写真2

  
ロスにきて、3日の間に 4回行ったレストラン

メルズ・ドライヴ・イン

メルズドライヴイン ハリウッド店

IMG_1007_convert_20130912151425.jpg


メルズとハリウッドミュージアムを道路反対側から見る

IMG_1147_convert_20130912150126.jpg



  ☆ここでご飯たべると、レシート提示で、ミュージアム無料になるらしい
   当日のみか、違うのかよくわからなかった。      
                  
・メルズ併設ハリウッド・ミュージアム

3Fまである、見応えあるミュージアム

IMG_1006_convert_20130912151246.jpg




メルズ、朝担当にいちゃん

IMG_1102_convert_20130912145754.jpg

メルズで売ってるTシャツ 買いました

IMG_1146_convert_20130912145716.jpg



ロス最終日に行った>ミュージアムの中


 ・マリリンドキドキ一人の部屋です。2Fフロアー全体が    


IMG_1131_convert_20140710112155.jpg




・あの、伝説の ヌード写真

IMG_1135_convert_20140710111316.jpg


・実際に着た衣裳

IMG_1132_convert_20140710111221.jpg


IMG_1139_convert_20140710111921.jpg



・ご愛用お化粧品

IMG_1136_convert_20140710111511.jpg


・たくさんの記事や写真

IMG_1137_convert_20140710112119.jpg



その他に、ジーン・ハーローのコーナー、スター・ウォーズのコーナー
サイレント時代のスターの写真館、など、
それはそれは素晴らしい、心ときめくミュージアムでした。


・天才子役シャーリー・テンプルちゃんお衣裳

IMG_1141_convert_20140710112431.jpg

・スター・ウォーズ〜

IMG_1142_convert_20140710112511.jpg


・アンジーのレッドカーペット着用革のドレス

IMG_1143_convert_20140710112547.jpg


・マイケルお衣裳

IMG_1140_convert_20140710112903.jpg



たまたま、なんとなく一緒にまわることになった、
メキシコからきた女の子。
ずーっと、
マリリンについて、悲しそうな顔で、一生懸命語ってくれたんだけど、
どうにも解らず、ただ、マリリンへの熱い想いだけは感じました。




帰りましたが、写真を、どどんと。ハリウッド


今日の23時すぎに帰りました。

読める文字が空港にある!に驚きました。
(日本語なんだから当たり前)

とりあえず、撮った写真を!


マリリンとジェーン・ラッセル   
「紳士は金髪がお好き」で共演

ジェーン           マリリン

IMG_1092_convert_20130912143909.jpg


マリリンのあんよに乗せてみた

IMG_1094_convert_20130912144211.jpg



うひょー! グロリア・スワンソン   

IMG_1109_convert_20130912144452.jpg

マイケル・ジャクソンのお手てに乗せてみた

IMG_1110_convert_20130912144635.jpg


ビング・クロスビー   

「ホワイト・クリスマス」のおじちゃん

IMG_1117_convert_20130912144833.jpg


エリザベス・テイラーのあんよに乗せてみた

IMG_1113_convert_20130912145006.jpg


C3-PO

IMG_0891_convert_20130912154234.jpg


R2D2

IMG_0893_convert_20130912154523.jpg

ロサンジェルス ユニバーサルスタジオ


ユニバーサルスタジオ   
大阪にありますが、行った事ないです。

だから、比較はできません。観てきたことえを、単純に書きます。

・山の上にあるユニバーサルスタジオ
映画好きに、スタジオの見学をさせようと、サイレント映画の時代に
トラムに乗っての、スタジオツアーが始まりました。

その後、トーキーになると、ツアー客の声や音で、撮影に支障をきたす。
ということで、ツアーは無くなりました。

今あるユニバーサルスタジオは、長い中止期間を過ぎて、
テーマパークとして復活したんですね。

あたくしの出で立ちは、べガスのHOOTERSで買ったTシャツ


IMG_1031_convert_20130912150045.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・正面                    

IMG_1058_convert_20130604001849.jpg



・あの 映画のマーク!

IMG_1059_convert_20130604000837.jpg





真っ先にみたのは、やはり「スタジオツアー」
トラムに乗り、ドライバー兼ナレーター?のおじちゃんの運転で
実際に撮影が行われている、巨大なコンテナ様スタジオをまわります。

「今、〇〇が撮られてるんだよー」のような説明が入ったみたい。

トラム内のモニターに、「プリーズ クワイエット」が出ると、
少し先で、何かの撮影をやっているのが見えます。

アトラクションとして、トンネルの中に入り、
ジュラシックパ=クの世界でトラムが襲われる!を体感したり、
車の炎上シーンの仕組みを見たり、洪水シーンの水の流れを近くに感じたり、
いろいろ楽しいことが待っています。



・スタジオツアー入り口               

IMG_1048_convert_20130604002237.jpg


・車の奥から炎が

IMG_1033_convert_20130604002059.jpg




・ヒッチコック「サイコ」のモーテル     
 (撮影時の本物のセット)

IMG_1034_convert_20130603234601.jpg



・トム・クルーズ「宇宙大戦争」
 (これも本物)

IMG_1037_convert_20130603235719.jpg



他に、アメリカの街並、メキシコっぽい村、
日本や韓国語の看板がしまってある所、
たくさんの、消防車

など、映画に使われるセット、大道具小道具の、本物が見られます。


一般ピープルでも歩けちゃう♪
レッドカーペット!

IMG_1030_convert_20140710122511.jpg



今、一番人気らしいトランスフォーマーのアトラクション


$独断映画評+



・マリリン・モンロー               
(ブルース・ブラザースのショーの前座なんです)


IMG_1051_convert_20130604000348.jpg


IMG_1052_convert_20140710123324.jpg



・ブルース・ブラザースのかたわれ
(パトカーに乗って来る)


IMG_1055_convert_20130603235539.jpg

ルーシーがいた

IMG_1007_convert_20130912150453.jpg



乗り物酔いしやすく、ジェットコースターでは心臓が危険!
と思っているので、みんなが乗りたがるアトラクションには興味なし。
知らずに入ってしまった「HAMMY」→「ハムナプトラ」で、死ぬかと思いました。

具合悪くなったので、ゆるゆるとお土産店めぐり。

唯一 安心して楽しめたのは、特殊撮影の種明かしを、ショー形式で見せるやつ。


ここでも、ソフトクリーム、はんぱない大きさで、夕方までお腹すかず。

-------------------------------------

帰りに、わざわざ、「ターゲット」という大型スーパーに。

ここは、アメリカの人気トークショー「エレンの部屋」
エレンが良く話題にする、貧しい子供達に大金を援助したスーパー。

どんな所かなーと。

最初に気づいたのは、音楽を流してないこと。
これはいい! 都会の街中、店舗、に無駄に流れるBGM。
あれが大嫌いだから、とても静かにお買い物ができます。

・正面             


IMG_1061_convert_20130604001446.jpg


・日本にめったにないルートビア山積み!!

IMG_1062_convert_20130604000943.jpg



安い、安さの裏側は追求しないとして、こりゃ大量買いするわな。
巨大冷蔵庫は、絶対必要だわな。

ロサンジェルス5


今日は ユニバーサルスタジオに行ったんですが、
その前に、昨日の道行きを書きますわ。

ハリウッド、
といえば ヒバリーヒルズ
!!

で、ホテルから「ビバヒル」を通って、
サンタモニカの海岸まで行ってみました。

なんじゃ、この金持ちみたいな会話は????


昔、「ビバリーヒルズ高校白書」を見た時の驚き!

えっ! アメリカ人って、高校に車で通うの?
えっ! アメリカ人って、高校生でもレストランやブランド店入るの?
えっ! アメリカ人って、高校生で、こんなに恋愛してんの?

それは なんといっても、このビバリーヒルズに住む方々だったから。
なんですねぇ~~~
そしてお買い物は、お近くにある(もちろん、車でね、)
<ロデオドライブ>という超高級店商店街で していたんですねぇ・・・



Sunset 通りを走ります。

IMG_0922_convert_20140710121747.jpg




・サンタモニカの道路           
                             
青い空に、赤いオープンカーが実に似合います      


IMG_0991_convert_20130604004307.jpg


 ・サンタモニカの海岸  浜辺に降りる階段もおしゃれ


IMG_0980_convert_20130604005146.jpg



・海岸側に建つリゾートホテルやコテージ?      

IMG_0979_convert_20130604005303.jpg

IMG_0982_convert_20140710120944.jpg





・ショッピングモール前の通り

IMG_0986_convert_20130604003300.jpg


・ショッピングモール界隈





IMG_0990_convert_20140710120906.jpg

IMG_0988_convert_20140710121220.jpg





プエルトリコの、庶民的でほのぼのしたビーチとは違い、
セレブ臭がぷんぷんいたしました。
       
     ::::::::::

ビバヒルの写真は、移動の揺れの中だし、
へたに写真撮って、おこられたらどうしよう、とビビリ、撮れませんでした。


とにかく、とんでもない豪邸だらけですビックリマークあせる


・こういった通りの向こうの木の奥に、邸宅があるんです。


IMG_0993_convert_20140710120551.jpg




日本の豪邸、と呼ばれる家なんて、おもちゃの家ですよ、比べたら。

貧相な私の連想なんて、
「おしゃれな民宿?」「豪華なラブホ?」「お城じゃないの?」
くらいしか思い浮かびませんでした。

金持ちの毒気に当たり、頭真っ白、ボーゼンとして
サンタモニカに着いたわけです。 だが、できれば もう一度見たい!



夕食は、朝にも行った
「アメリカン・グラフティ」に出てきたダイナー

メルズドライブ イン (Mel's Drive -in)
☆ 明日の朝も行くつもり。どんだけ気に入ってんだ!?


IMG_1081_convert_20130603234702.jpg



IMG_1021_convert_20130912150225.jpg

IMG_1031_convert_20130912150325.jpg




      

映画の舞台になったけど、撮影に使われたのは
ここ ハリウッド店ではなく 別の店舗らしいです。

映画やテレビでよく見る、卵どうする? 両面焼きで。
みたいなやりとり、ほんとにやりました音譜

うまいんだなー 味が。雰囲気いいんだなー。
常連になりたい店ですよ。 近くに住んでたら。

あとこの辺では、「カリフォルニア ピザ キッチン」が、
ピザ以外にも、複雑な見事な味の料理を出してます。美味です。


「ブレイブ」


ーージョニーとヴァネッサの離婚の話題を聴いてーー


ジョニー・デップ

この人の、寂しげでうつろな瞳が好きです。
なのに、最近は、へんてこなキャラものばかりに出演するので、
もう、いい加減、嫌いになりつつありました。

ジョニーの出演作で 愛する映画と言えば、

「シザーハンズ」「ギルバート・グレイブ」「デッッドマン」など。

悲しみを抱えて生きる 不幸な役をやってる時が好きなんです。

この『ブレイブ』 
あまり友達には知られてないようで、
ネットでしか会話したことないです。
1997 ジョニー・デップ初監督作

$独断映画評+




ネイティヴ・アメリカンのラファエル(ジョニー)は、
妻子を養う糧が得られず、
仕事を探すうち、謎の男(マーロン・ブランド)と近づきになる。
スナッフ・ビデオ(実際の殺人を撮影するビデオ)
に出れば、大金を払うと言われ、一度は承諾したものの、
ためらううちに、引き受けざるをえない状況になる。






こまかいことは覚えてないけど、

貧困に苦しむ ネイティブ・アメリカンの村と、家族のため、
進んで犠牲になる。という話に、
「無償の愛」に弱い私は、
とても感動してしまった。

あらためて調べてみたら、マーロン・ブランドは、
ハリウッドの差別体制に反旗をひるがえし、
賞を受けるのを断った人だと!
だから、この映画にはギャラ無しで出演したらしい。

素晴らしい映画で、海外で評価されたのに、アメリカは冷たく、
ジョニー自ら 劇場公開を拒否した、なんて。

イギー・ポップも参加してたんですねえ。

心に残る一本でした。 また観たい。

ロサンジェルス4


その名も高い、チャイニーズシアター 

IMG_0952_convert_20130912142207.jpg


スターの手形足形星形がいーーーーーーっぱいの、
あの場所、あの歩道。


IMG_1108_convert_20130912140750.jpg


IMG_1096_convert_20130912141949.jpg


昨日とった、スターの足形手形の写真と、そのへんの写真を。


スターの中のスター

マイケル・ジャクソン

IMG_0887_convert_20130912140916.jpg




ジュディ・ガーランド      

IMG_0900_convert_20130912142514.jpg


ドリス・デイ

IMG_0899_convert_20130912142724.jpg


ディアナ・ダービン

IMG_0888_convert_20130912143040.jpg

ベティ・ディビス

IMG_0901_convert_20130912143241.jpg


○ 古い女優さん達ばかりですみません。




・こんな人たちもいます。

IMG_0914_convert_20140711100212.jpg

IMG_0886_convert_20140711100037.jpg



がははははは

IMG_0890_convert_20130912140325.jpg


ロスで今一番宣伝しまくってる映画はこれのようです。

「BRAVE」

IMG_1099_convert_20130912145938.jpg



■ 今から、また行ってきますからね。




ロサンジェルス3


The Getty Center

これが、ロスで一番行きたい所でした。
(ハリウッドはおいといて)

「プロジェクト・ランウェイ」という、アメリカの番組の、
シーズン6でデザイナー達が、ここに行ってインスピレーションを受ける。
という回があったんですよ。シーズン 6の12回目で。

プロジェクトランウェイ シーズン9 WOWOW番組案内




そこに出てきた、夢のようなベッド、それを見たくて。

こちらに、詳しいことが書かれてます。

ゲッティ・センター (Weki)

センターは、バスか車じゃないと無理な、辺鄙な所にあります。
ドライブ道々、工事中の所が何カ所もあって、
これから開発され、都会になっていくのでしょうか。

・途中にあったおもしろそうな店
後で知りました。ロデオマシンのあるレストランバー

IMG_0921_convert_20130912155134.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゲティ・センターに到着
写真をのせますが、これ、全部 本物の作品。
なんと、これほどの名画、彫刻などを集めた美術館が、
入場無料(駐車場は1500円くらい) 撮影OK


トラムに乗って山の上まで昇る

IMG_0924_convert_20140710124751.jpg

IMG_0925_convert_20140710125006.jpg




ものすごい山の上にある

IMG_0928_convert_20140710125100.jpg

IMG_0933_convert_20140710125031.jpg



外の光景もとても美しい

IMG_0974_convert_20130603234331.jpg

IMG_0976_convert_20130603234122.jpg



どうですか!!  これ  これ  これ

IMG_0968_convert_20130604003751.jpg


IMG_0938_convert_20130604004137.jpg


IMG_0952_convert_20130604004719.jpg


IMG_0970_convert_20130603234919.jpg


何世紀のだかちゃんと見てないけど、すご過ぎる細密描写の宗教画
様々なスタイルの器類
とんでもなく価値有りそうな古い手描きの分厚い本
〇〇調の豪華な部屋

頭くらくら 目まんまる 心臓ばくばく
あまりに興奮して、靴のヒール、取れました(これ本当)

IMG_0951_convert_20130604091754.jpg


IMG_0973_convert_20130604092015.jpg




大好きな、オディロン・ルドンクラッカー   

IMG_0936_convert_20130604092141.jpg


このお部屋ときたらラブラブ

IMG_0945_convert_20130604091904.jpg


そして、このベッドドキドキ
(正面から撮ったのは、私がアホ面で映ってるので)

IMG_0944_convert_20130604005046.jpg
 

   
詳しい年代、作者、時代背景など、
 お勉強して観るべきと言われたら、私はまるで駄目ですが、

何も知識が無くても、強烈に、
私の中に入ってくる美術品ばかりでした。

  


 これが もとは、個人のコレクションだったなんて目



ごめんなさい アメリカ。 

あなたの悪口けっこう言ってきました。

今日から まっさらな気持ちで 

あなたと向き合います!



みなさん、ロスやハリウッドに行かれる際は、ぜひぜひ、
この美術館を訪れてみてください。
絶対の自信をもってお勧めいたします!

ロサンジェルス?ロスアンジェルス? 2


ロスでホテルに着く前にうろついた場所。

「アート・デストリクト」

という所に行きたかったんです。面白そうだと。

ところが、地図の通りに行っても、何やら荒れた感じのでかい建物だらけ。
へこんだ車からがんがん聴こえる音楽。
歩く人がほとんどいない広い一帯。
すえた悪臭、歩道の汚物の後。

ここはいったいどこ???

 ・ 写真ではわからないと思いますが、
   広い広い道路、でかいでかい崩れかけた建物、汚れた車



IMG_0874_convert_20140710125701.jpg

IMG_0870_convert_20140710125531.jpg






どこをどう見ても、廃業した工場跡地にしか見えない。
だんだん怖くなり、バッグを固くわきに抱えて徘徊。
一人、見つけた女性に ここは? と聞くと、

「このへんは、アーティストがいろいろやってるよ。
でも、いつも公開してるんじゃなく、たまにイベントで披露するかんじねー」

みたいなこと。 ががーーーーーーーん叫び

 ・ すごく臭いんです。このあたり全部が

$独断映画評+




いったいなにをしていたのか、私。よく調べてから行けよ!

リトルトウキョウから、歩いて10分くらいなのに、
異様な街並に、びびりまくった数十分でした。





ロサンジェルス


狂乱の都 ラスベガスを離れ、

飛行機で43分、砂漠の上空を飛ぶと ロスアンジェルス。

・ 飛行機からの砂漠
(つくづく、広大な自然に逆らって作ったベガス。狂ってる!)

IMG_0848_convert_20130604014459.jpg

IMG_0853_convert_20130604014350.jpg



だいたい、空港にすでにカジノあるんだからね目


$独断映画評+           

・べガス空港のごみ箱・・・なぜこんなものを、というと、
アメリカに来て一番驚いたのが、ごみの分別をしてない事!だから、
ここで、初めて、ごみ箱が分かれているのを見つけ、記念に。

$独断映画評+

とにかく、べガスについては、いろいろと思うところあり、です。
2 日間99ドルの、ショー見放題パス、買いたかったけど、
短い滞在では、とても見切れないのがくやしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロスの空港からは、レンタカーを借りてホテルに向かいます。
アメリカでも、国際免許があれば運転できる!
取るのは筆記と口頭試験くらいだそうですよ。
もちろん、日本で運転免許取ってないとダメですが。

IMG_0862_convert_20130912140015.jpg



さて、ロス と言えば ハリウッド

アカデミー賞授賞式に使われる、元コダックシアター
現ドルビーシアターのすぐ側のホテルに到着。

すぐに チャイニーズシアターへ。
スターの手形足形で有名なあの場所


あ~ここにいるんだー  !! と感動

$独断映画評+

IMG_1097_convert_20140711100825.jpg



手形の写真いっぱい撮ったけど、後でまとめて書きたいです。

その前に、下調べなしに行った場所の記事を書きますね。





ラスベガスの夜「クレイジーホース」


アートですよ!!

美しいボディラインの女性達はっクラッカー

あんなに滑らかでしとやかで力強くて、

身体で絵画を描いているような、音楽を奏でているような

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

ああっ 女性賛歌が止まりません


IMG_0832_convert_20130604103704.jpg



フランスから来ているという、ダンサー達、
もちろんお顔も美しく、
人間、生まれながらのあまりの格差に、またまた
「今度産まれてくる時は。。。。。」と、願いました。

入り口には、バーレスクの女王、元マンソン妻、
ミューズ 合格ディータ・フォン・ティーヌ合格 の写真とサインが!



これだけでも、大興奮キスマーク

IMG_0817_convert_20130604015408.jpg









客席は、洒落たエンターテインメントを観るのに相応しく、
真っ赤な壁に椅子。



・劇場内 暗いけど                 
                        
IMG_0819_convert_20130912135449.jpg


・一分前の照明 暗いけど

IMG_0820_convert_20130912135544.jpg

                                                     



ショーは、一つ一つの短いテーマを、踊りと音楽と、
衣装は照明 ☆ というだけに、
きらびやかな光が女性の裸体を美しく彩ります。。

ユーモア しゃれっ気 シックでアダルト

こんな素敵な舞台、
おっぱいやお尻や股間に目が行き、
単純にエロい心で見るような 【オス】 な人とは一緒に行っちゃ駄目、めんめ。

気の合う女友達と行くのが一番だわさ。私は一人だったけど。

映画も観たいわ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


べガスでの滞在MGMグランド外観


IMG_0831_convert_20130310141225.jpg


IMG_0795_convert_20130310142437.jpg


ロビー  でかい!

IMG_0836_convert_20130310142345.jpg




ラスベガス3


映画「アンストッパブル」で、
機関士デンゼル・ワシントンの娘がバイトしてたレストラン。

『HOOTERS」

HOOTERS CASINO HOTEL

ワンサイズ小さなタンクトップとショートパンツが制服の
ドキドキ フーターズガールドキドキ が売りの店。

ここベガスには、カジノホテルもあって、
その中のレストランに行きました。


IMG_0796_convert_20130604103213.jpg


もちろんお目当ては、可愛いフーターズガール音譜

だけど、CEOが言ってたように、↓




ガールズの魅力だけじゃないよ。食事も 安くて旨い。
当然デカい!
もう、どこに行っても、オーダーするのが怖くなってきたよ。
量が多くてね。

IMG_0789_convert_20130911000731.jpg

・何回バーガー食べてんだ、あたしゃ

$独断映画評+



あー満腹すぎる。皆さん、ドギーバッグでお持ち帰りしてます。


。テーブル担当のシンシアちゃん、ハツラツ健康娘

$独断映画評+



その後、いくつかのホテルの中を見て回り、足に豆。

・ホテル ベネチアンにて 
 中庭? みたいなひろーい所の人工運河     

IMG_0810_convert_20130604101826.jpg


・フラミンゴホテルのフラミンゴ

IMG_0806_convert_20130604101545.jpg


MGMグランドのデラックスなプールに入りたかったけど、
入場料が、1300円くらい?するみたいで、指くわえてみるだけに・・・

IMG_0779_convert_20130910235322.jpg


・各ホテルでのショーのチディスカウントケット売り場
(定価チケットはホテルで普通に買えます)

IMG_0812_convert_20130910235424.jpg




真昼のベガスでバス乗り間違え このままでは帰れなくなる、
と適当に降りると、飛ばす車以外、誰もいないだだっ広い一本道。
バス停に一人で19分もいると、

映画 「127時間」を思い出し、
ーこのままバス来なくて、喉の渇きに耐えかねて、
お小水をペットボトルに貯めるんだな、、、ー とか、

「バベル」で、砂漠で迷ったシッターと子供達みたいに、
ー徐々に弱っていくんだな、、、ー とか 考えました。

運良く日本人の男性が来て、「とりあえず、明るい所にいれば、大丈夫ですよ」
と言ってくれて、安心しました。ありがとうございました~


明日はロスに移動。ベガス最後の夜は、舞台
「クレイジー・ホース」で締めます。

クレイジーホースin MGM


この夏、映画が公開されますね、






ラスベガス2


夜の歓楽街の毒気にあてられ、
今までにない疲れを覚えるラスベガス。


昨日トリムというバスの 一日券を買い、
昔のラスベガス中心地「 ダウンタウン」へ。

「お宝鑑定団ポーンスター」というTV番組の質屋に。
バスをおり間違えて、殺人的熱風の中、歩く歩く。
パスタイム貼ってまで、観光しまくる日本人です。

・ヒストリーチャンネルでおなじみの、
 この看板

IMG_0754_convert_20130604100123.jpg

・店内にだんなの写真が

IMG_0760_convert_20130604100416.jpg


残念ながら、TVでおなじみのメンバーには会えなかったものの、
(時間が早すぎた)
あの店に入り、写真が撮れて、楽しかったです♩

・こういう、アメリカの昔の道具がいっぱい

IMG_0763_convert_20130604100619.jpg


IMG_0768_convert_20130604100745.jpg


IMG_0765_convert_20130604100514.jpg


IMG_0758_convert_20130604100853.jpg


一角には、メンバーの顔や店の看板を使ったキャラクター商品があって、
質流れ商品より売れてました。

IMG_0756_convert_20130912134537.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひっろーい道路にでかいビル。歩く人ほとんど無し。
やっぱりここも夜の街。

そこここに、小さいチャペルが。
これが、「ハングオーバー」一作目で、花婿とストリッパーが結婚した、
インスタント婚姻の街かぁー

Fast Loveって堂々と書いてあります。教会なのに。



IMG_0750_convert_20130912134914.jpg



・ボンジョビがここで結婚した!

IMG_0752_convert_20130912134755.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後、トリムですぐの、アウトレットモールへ。

ラスベガスプレミアムアウトレット

PREMIUM OUTLETS' HP

こちらのサイトに、口コミなどが載ってます。
私が行ったのは、ノースね。

トリプアドバイザー ラスベガスプレミアムアウトレット ノース

トリップアドバイザー ラスベガスプレミアムアウトレット サウス

もう、ここについた段階で、くたくたになってたので、
写真、撮ってなかったの。お借りします〜


ラスベガス プレミアム アウトレット ノースの写真
ラスベガス プレミアム アウトレット ノース (トリップアドバイザー提供)

ラスベガス プレミアム アウトレット ノースの写真
ラスベガス プレミアム アウトレット ノース (トリップアドバイザー提供)

<a href="/Attraction_Review-g45963-d517543-Reviews-Las_Vegas_Premium_Outlets-Las_Vegas_Nevada.html">ラスベガス プレミアム アウトレット ノース</a>: 写真
ラスベガス プレミアム アウトレット ノース (トリップアドバイザー提供)


<a href="/Attraction_Review-g45963-d517543-Reviews-Las_Vegas_Premium_Outlets-Las_Vegas_Nevada.html">ラスベガス プレミアム アウトレット ノース</a>: 写真
ラスベガス プレミアム アウトレット ノース (トリップアドバイザー提供)


うかつにも、屋外型モールだとは知らなかった!
店に入らない限り、砂漠の熱に焼かれ続ける地獄。
そんな暑さでも、外には出店がたくさんあります。よく耐えられるなー。
フードコートで注文した食事の量に、思わず

「アメリカ人、頭おかしいんじゃないのぉ~!」
と、叫んでしまった,
ペットボトルの長さ分あります。このチリポテトは
!!

IMG_0772_convert_20130912130809.jpg


ここはほんとに、お値段安かった!
私は買い物しなかったんですが、(暑さでぐったりしてて)
夫は、ナウチカ?とかってブランドの服、まとめ買いしてました。
洗濯にも痛みにくくていいそうです。ここの服は。
あたしは、ぜ〜んぜん好みじゃないブランドだから、
「買ってあげるよ」と言われたけど、ぼーっと待ってた。
まるで、渋谷109で、妻や彼女の買い物に付き合って、
待ってるだけの男衆のようでした。

ふんだけど、あたいの好みのやつはケバいから、
そういうので欲しいのあっても、「買ってあげるよ」は出ないの。ほほほ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MGMホテルに戻り、ホテル内見学。
しかし このホテル、世界最大級の規模。ぐるぐる徘徊して、
またもや足はパンパンに。

・エレベーターから出て、あっちを見ると、
 こんなーーーに奥まで部屋があああ! これ、鏡置いてませんよ。


IMG_0788_convert_20130310141512.jpg



このホテルには、CSI科学捜査班
MTVCBSドキュメンタリー
やのTV番組を、大スクリーンで見る。
みたいなアトラクションがありました。

IMG_0781_convert_20130310134621.jpg



IMG_0780_convert_20130310141039.jpg





SATCのスロットを発見!→あっ!という間に撃沈!
ポーカーとか、ブラックジャックとか、全然解らないので、
スロットのみ、なのよねー
スターウォーズにバットマン、ティファニーで朝食を、など、
なんでもかんでもスロットになってて、パチンコ並み。

$独断映画評+



あたしはやっぱり ギャンブルには向かないわ。。。


夜の散歩でこんなものを貰いました。

$独断映画評+


パトカーも警察も側にいても、おねいさんがカッポし、
道端に、ダンボールに書いた
「誇りを持って売◯してます」看板出して座ってる女の子がいる。
そんなベガスに 赤ちゃん、子供連れがたくさんいる。う~ん…
いくら子供向けエンターテインメントがあってもねぇ。

マイアミ、そして ラスベガス


一日遅れでラスベガスに着いて、

空港でまず目についたのが

あの、映画「フルモンティ」に出てきた(話題だけ)
オーストラリアの男性ストリップ「チッペンデール」の看板!!


IMG_0730_convert_20130604102830.jpg




本当にいるグループだとは、今まで知りませんでした!
あ~っ、 見たい! 観たい! みたい~っ!






通りに、ショーのチケットを、半額で売ってる店があるんだけど、
時間や予定やで、なかなか・・・

滞在は、べガスのカジノホテルの中で、いっちばんどでかいここ、

MGMグランド ホテル&カジノ

MGM GRND




荷物を部屋に置いて、ストリップ通りという、
大通りを散歩する。

夜のラスベガス
・ぎんぎんの欲と金の街・ですね。

IMG_0826_convert_20130604102526.jpg

IMG_0736_convert_20130604101923.jpg

IMG_0732_convert_20130604095927.jpg


ストリップ通りの両側に、派手派手なホテルが立ち並ぶ歩道には、
スターに扮したり、アニメキャラのコスプレしてる人達と写真撮れる。
もちろん、チップ払う。

IMG_0735_convert_20130604102944.jpg

IMG_0747_convert_20130604102702.jpg



通りを歩くミニドレスにピンヒールの奇麗なおねいさん達は、
ひとときの恋人お仕事の方々。

札だけ入る、ちっちゃなウォレット持って、
一目でそうわかる、華やかさ、色気。
あ~・・・お話だけでいい、あたしもお呼びしたい!!!!

しかし、
おねいさんの後から、黒シャツのにいさんがぶらぶらうろつき、
「ダイレクトコール」と書かれたチラシを配る、
メキシカンっぽいおじさんおばさんを見ると、

裏社会の構図のようなものが見えてきて、悲しい嫌な気持ちになりました。


_________________

ゆうべは、私が散歩してる間、夫はスロットで遊んだらしい。
600円くらい、勝った!って言ってたかな?

IMG_0805_convert_20130910235844.jpg


朝からMGMホテルをちろっと散歩、
ホテルにあったきんきらきんで でかいもの

・エレベーター

IMG_0787_convert_20130604103041.jpg

・花

IMG_0777_convert_20130604103803.jpg


・アート

IMG_0785_convert_20130604103525.jpg



べガスに来ておいて、ギャンブルに興味ない私は、夜は、
映画「オーシャンズ」に出てきたホテル 
ベラージオの噴水ショーを見ました。

・べラージオ と噴水ショー

高く上がった水が落ちた名残りが、
千住博の滝の絵のようでした。


IMG_0746_convert_20130310140058.jpg




IMG_0742_convert_20130310135045.jpg



IMG_0741_convert_20130310140222.jpg



今日は、スカパーでいつも見ていて、ファンになった、
ラスベガスのダウンタウンにある質屋さん、
「PAWN STARS] に行きます。
じいちゃんやダンナさんに合いたい!写真撮れるといいなー






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

足止め食らった、マイアミでの一日ですが、
ビーチに行くまでの気力は無く、ドルフィンモール
という200店舗以上入った
ショッピングモールで、半日を過ごしました。

Dolphin Mall

H I S マイアミ支店ブログ

img_421738_4828234_17.jpg

(入り口の写真取り損ね、他画像から御借りしました)


さすがマイアミ、朝10時からモール入り口で、BARが、開店。

IMG_0723_convert_20130910214729.jpg



二階には映画館
「glee」ムービー  スー先生

IMG_0725_convert_20140711101244.jpg


可愛い綿飴マシーン

IMG_0721_convert_20140711101159.jpg










「バンビ」


こっちに来てから、
TVつけても何言ってるかわかんないから
ディズニーチャンネルばかり見てます。


ディズニーアニメだけじゃなく、
いろいろなファミリー向け番組を放送してます。

それで思い出したのが「バンビ」

原題 Bambi (イタリア語で、幼い・初心者の意味)
1942年 ディズニー

子供の頃から、動物で暗い話しが好きだったので
人間のせいで、バンビのお母さんが奪われたシーン。
森が火事になるシーン。
強烈な感覚が残っています。


$独断映画評+


うさぎのトン助、スカンクのフラワー

動物の動きの愛らしさは、夢のようでした。
幻想的な、王様(父親)との出会いと別れ、
霧にけぶる森の色、

この頃のディズニーアニメは、
滑らかで温かみのある絵と動きが、本当に素晴らしかった。

「ポカホンタス」以降は、どぎつくいやらしくなったので
見るのをやめました。



みみずくじいさんが、バンビ達に
[発情期] を説明するところがおかしかった。

☆「いかれ頭」だか、「うかれ頭」だかになるんだよ。
ぼーっとなって、人生がダメになる。☆

とかって話しだった。上手い!!



● マイアミ空港で下書きしてたのを公開です。
ベガスには無事ついたけど、疲れ果てて、もう寝てしまうかも。

プエルトリコ3


なんと、今頃は、ラスベガスにいるはずが
悪天候で知らない空港に一時止まり、その後

マイアミなんぞで一泊しなければならなくなりましたーーーー!

がガーーーン

一日予定がズレてしまう。。。。

しかも、荷物は、ベガスでしか受け取れない!
しかたなく空港で、MIAMI と、でっかくプリントされたシャツ買って
上だけでも着替えを。
しかも、航空会社が用意してるホテルは汚い!
空港のホテルは満員! 夜も遅い!

空いてる宿は、あの パリスの「ヒルトン」ときた!

・ヒルトン マイアミ エレベーター豪華

IMG_0719_convert_20130604011634.jpg


カードってありがたいね、こういう 不意の出費の時には。

明日の夜のフライトしか無いから、少しでもマイアミを楽しむわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今朝は、7時半に、リコのホテルを出発。
その前に、5時からプールに入り、6時を待って海へ。
ギリギリまで「海キスマークありがとう! 大好きダヨ」
を繰り返し(キモイ?)ホテルを後にしました。

IMG_0638_convert_20130604010718.jpg

IMG_0689_convert_20130604010547.jpg

* 写真が暗い感じなのは、朝6時に泳いでるからです


インターコンチネンタルホテル

・これで、シーズンオフだから、8000円クラッカー    

部屋も とても奇麗で、スタッフが親切


IMG_0712_convert_20130604011042.jpg


IMG_0705_convert_20130604011218.jpg


IMG_0708_convert_20130604011320.jpg

ホテル 夜のプール
シーズンオフだから、夜でも静か〜

IMG_0701_convert_20130910210522.jpg

IMG_0704_convert_20130910210615.jpg


そんでね、そんでね、  
べガスに向けて(向かなかったけど)飛び立ったリコの空港には、

だいだいだいすきなシナボンがあったのだーー

IMG_0716_convert_20130910214502.jpg

これだよ!これ!!!
これを、朝から食ったね、脇目もふらずに。

IMG_0715_convert_20130910214431.jpg


日本で、あっと今に消えちゃったシナボン、
アメリカって素晴らしい



プエルトリコも他の国同様、貧富の差は激しいらしく、
麻薬がらみの事件が多いということで、
高層マンションやリゾート街以外の家々の
窓や玄関は、鉄のオリに囲まれてました。

ところで、私の英語力は、
「First Time」と言ったら、時間を教えてくれた。
(What Time に聞こえたのね~) 程度です。( ̄ー ̄;


プエルトリコ2


美女だらけの楽園 プエルトリコ

今、空港で、マイアミ経由ラスベガス行きのフライトが、
メカニックの問題で変更になり、4時間くらいの待ち時間中。

WiFi繋がったので、できる範囲で書いていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日は、海とプールを楽しんだ後
オールドサンファンという所を散策しました。
ここは、植民地政策時代、
スペインとアメリカを結ぶ中継地として、栄えた街だそうです。

知らなかったけど、世界遺産になってるんですねェー!!
ヨーロッパ風の建物が立ち並び、観光客向けのお店をやってます。


とにかくすべてが可愛い

こんなおうちがずーーーっと              ずーーーーーっと

$独断映画評+       $独断映画評+




強い日差しに映えます                  ゴミ箱さえ、こんな

$独断映画評+       $独断映画評+



IMG_0683_convert_20130310143742.jpg


IMG_0687_convert_20130310154720.jpg


IMG_0654_convert_20130310154429.jpg




たくさんの小さなギャラリーもあった。


坂を登ると、海が良く見える

IMG_0678_convert_20130910212403.jpg



やはり常夏の土地というのは、色彩も明るく、
オレンジ・黄色・ピンクに塗られた壁や屋根が、
ポワンとした幸福感に、とても合ってます。
みなさんニコニコ話しかけてくれるんですが、英語もスペイン語も解りませんー


IMG_0681_convert_20130910211231.jpg

メキシカンカフェでランチ
カフェのおねえさん

IMG_0667_convert_20130910211641.jpg

カフェのメニューが入ってた箱

IMG_0661_convert_20130910211737.jpg



そしてやはり、ここでも、食べ物飲み物なんでもデカい!

あ。大規模スーパーマーケットで売ってた、
青やら赤やらのクリーム塗りたくった バースデーケーキ、
特売 2ドル99セントでした!

TV見てると、一軒家の家賃、首都でも6万くらいのありますよ!

オールドサンファンの後、
ロイザLoizaという校外に、足を延ばしました。

この島が Puerto Rico
印がついてるのが、ロイザ

ロイザ


こちらは、リゾート地と違い、地元の人達が買い物する店・食堂が、
ニワトリ小屋やブタ小屋がありそうな場所にちょこちょこと。
野良犬がいっぱいいました。
「世界ウルルン、、、」みたいな場所でした。

あとで調べたら、素敵なリゾートホテルもいくつもあるんですねー






                                                                                         

「Contraband」(コントラバンド)


飛行機の中で観た映画「コントラバンド」
「密輸」の意味?みたいです。タイトル通りの内容です。



マーク・ウォールバーグの主演新作。ケイト・ベッキンせールが妻役。

2008年のアイスランド映画「レイキャビク-ロッテルダム」
のリメイクだそうです。
その作品で主役だったバルタザル・コルマキュルが監督!
へぇ〜っ



$独断映画評+


昔、父親と共に、麻薬の密輸をやり、父は刑務所に。
家庭を持ち、密輸から足を洗ったクリス。

しかし、妻の弟がしでかした不始末のため、妻子を守るため、
再び密輸をすることになる。
麻薬だけは運ばない決意で、ニセ札の取引に出かける。
しかし、限られた時間の中、思いがけないトラブルに見舞われ、
妻にも危険が及ぶ。






マークの体当たり演技はいつものように頑張ってる。
これは一種の安心要素。

それよりも、悪い奴側の俳優達が、気になった。
今まで彼らの出演作を観てきたけれど、
この映画で、驚きの別の顔を見せてくれたから。

一人は、ジョヴァンニ・リビシ

ケイト・ブランシェットをひたむきに愛する役だった、
トム・ティクヴァ監督の「ヘヴン」・・・良かった、これ!!


$独断映画評+




もう一人は、ディエゴ・ルナ

「ミスター・ロンリー」でマイケル・ジャクソン成りきり役
「天国の口、終わりの楽園」での、とまどう若者役


$独断映画評+                  
$独断映画評+

役柄上 繊細、神経質、弱々しい、といったイメージだった二人。
コントラバンドでは、めちゃ マッチョ系キレた悪党の役を演じてて、
それがちゃんと怖い。 驚いたあせる

俳優って凄いですねぇ~~~


日本でいつ公開になるのかなー? わりと面白かったと思う。



プエルトリコ


いや~ 

ニューヨークでのハンサムぼけで、
すっかり勘違いしてましたが、ラスベガスは明日でしたわ。(゚_゚i)

今、プエルトリコです。


サンファン(プエルトリコ)Wik

この島がPeruto Rico 印がSan Juan

サンファン




プエルトリコは、スペイン語圏のアメリカなのです


んで、ここリコは、Wi-Fiが駄目で
(羽田で1500円余分に払えばできたんですが)
結局ホテルでお金払ってネット使ってます。

インターコンチネンタル サン フアン リゾート & カジノ

インターコンチネンタルリゾート サンフャン


コメントのお返事遅くなり、すみませんでした。

プエルトリコは、大昔から見ていたTV。
「ミスユニバース&インターナショナル」
で、毎年絶対に、ずば抜けた美貌のミスを輩出していた国。

美女が多いため、
「カリブ海の魅惑の島」とも呼ばれているそうです。




どんだけ美女いんの? と、楽しみにしていました。

はい顔の偏差値、とんでもなく高いです

首都サンファンに着いて、すぐ、
中南米最大のショッピングセンターに行きました。

プラザ ラス アメリカス サンファン

プラザ ラス アメリカス案内


だだっぴろくて、全体が撮りきれない〜

IMG_0630_convert_20130910204832.jpg


客も店員も、全員モデル並み!
子供なんて、お人形さんですね。動く。

ま、中年になると、お肉大きくなるみたいだけど、
顔が整ってるから、そこで、あたしらより、勝ち。

ショッピングセンターは、少しは高級店が入ってますが、
服も靴も生活用品も激安です。物欲に支配されました。

CMでしか見た事がない、         
リオのカーニバルばりのショーで有名な             

おしゃれな下着ブランド
「ビクトリアズ・シークレット」


IMG_0617_convert_20130910204630.jpg

                    

モール内にはたくさんの車が。
レース用?かっこいい〜

IMG_0614_convert_20130310144512.jpg

     
IMG_0612_convert_20130310144436.jpg


父の日のクッキー(リコでは、クッキーをよく食べる)

IMG_0619_convert_20130910201842.jpg

IMG_0618_convert_20130910201728.jpg

リンゴのチョコhがけ〜

IMG_0629_convert_20130910201917.jpg




大好きなピリ辛チーズペースト買ったじょー

IMG_0643_convert_20130310134518.jpg






そして、なんといっても、

ここは あの、セレブが静養に行くという、
カリブ海 なんですよ~ビックリマークラブラブ

「プールは24時間、海は6時から7時」と聞いた私は
あまりの嬉しさに、朝2時には目が覚め、6時に海へ。


早朝、曇り気味の写真だけど、本当はとっても奇麗。
はやすぎて、犬の散歩してる人が2,3比といるくらい。
海、一人じめ状態

IMG_0640_convert_20130910210016.jpg


さすがカリブ海、早朝でも水は冷たくない。
「海、大好きだよドキドキ」と独り言。
気持ち悪いようですが、そう言いたかったんですよ、ほんとに。

IMG_0639_convert_20130910205815.jpg


海に浸かってると、物欲、消えます。
「生きてるだけでもうけもの」気分になります。
シミそばかすなんか、どうでもよくなります。
美容より、人生の楽しみが大事、になります。

海からあがってすぐ、ホテルのプールへ。天国です。

IMG_0642_convert_20130910210408.jpg

これまた、こんな朝っぱらからプールではしゃぐ客はいない。
プール一人じめ状態

IMG_0635_convert_20130910210651.jpg


これを、午前中に何度か繰り返し、午後はオールドサンファンへ。
ここ!女の子は大好きなはずです!!




*ホテルのパーティ会場で
誰かの誕生日パーティらしく、踊る人々がいたわ




ニューヨーク4


昨日書ききれなかった、あれこれをざつと。

ちょい小雨



タイムズスクエアを散策


IMG_0583_convert_20130909163236.jpg

IMG_0584_convert_20130909163326.jpg


IMG_0586_convert_20130909163425.jpg

IMG_0580_convert_20130909201433.jpg


ここらの近くにある、
パストラミソーセージサンドが有名な「CARNEGIEDELI」

カーネギーデリHP


IMG_0592_convert_20130909163828.jpg

IMG_0593_convert_20130909163759.jpg



IMG_0594_convert_20130604012257.jpg

その名も、<ウディ・アレン サンドイッチ>



☆ ウディ,アレンはもちろん、元スーパーモデル タイラ・バンクス
スタローン、ハル・ベリー など俳優から、スポーツ選手、政治家なと、
天井も壁もサイン入り写真で埋めつくされてました。

サンドイッチもピクルスも、巨大としか言いようがないし、
ケーキのデカさ、激しい色に恐れをなしました。

「じゃリン子チエ」の、マサルのセリフ
「毒チクロの真っ赤っか」が頭に浮かびました。


食べきれないのが当然のサンドイッチは、この袋で御持ち帰り〜

IMG_0596_convert_20130909164021.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニューヨークは、地下鉄が便利で、どこにでも行けそう。
何日分かのフリーパスがお特ね(^^)

:地下鉄構内でみつけた、柱?の支えの部分

なんかおしゃれ♪

IMG_0473_convert_20130310145308.jpg



あの、破壊された所にも行ったんだけど、写真撮る気にならなかった。

近くにあった、REGOのビル、まあるいケースの中に、
いっぱいレゴが入ってる。可愛い♪

IMG_0576_convert_20130310150202.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ニューヨークに来て、つくづく感じたのが
ビルの重厚さ、うつくしさ。!!

IMG_0554_convert_20130604013356.jpg



IMG_0551_convert_20130604012645.jpg


IMG_0563_convert_20130604013956.jpg


                                      


カーネギーホール

IMG_0590_convert_20130604012815.jpg


ロックフェラービル

IMG_0573_convert_20130310150107.jpg




アパートメントの玄関の階段をみると、
あ~ ここで、キャリーが、エイダンと話したり、
   ロシア男が迎えにきた時、
   お姫様ドレスでもう一度階段を上がって行ったなー


    と、嬉しく懐かしく、幸せになりました。