「犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」2回目


⚫︎「MURDER IN THE FIRST/第1級殺人」シーズン2の犯人が、
ビッグバンセオリーのシェルドンと同じTシャツを着ていたの。



「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」
メリンダ・キナマンちゃんが主役のクライムドラマ

以前見たんだけど集中できてなかったんで、再放送を見てみました。

まああ、、、、「ミレニアム」シリーズでリスベットの弁護士になってくれた、
アニカ・ハリンが検死官役で出てたのねー。

原題 Modus スウェーデン 2015年〜2017年



アンネ掘ると





原作小説を書いたのはアンネ・ホルト。
スウェーデンの弁護士で小説家。
やはり作家である女性のパートナーがいる。
翻訳されている本がたくさんあります。
ご自身がドラマの製作総指揮をしています。



ストーリー

スウェーデン国家警察の元プロファイラーで
FBIでも働いていたインゲル・ヴィークが、
現場を退き大学での研究だけに専念するようになったのは、
事件の捜査に夢中になるあまり、娘たちを忘れてしまった経験からだった。

しかし、妹の結婚式に訪れた先で、間接的に事件に巻き込まれ、
再び捜査官と組むことに。











とんでもないキリスト教の狂った集団の犯罪だったわけです。

北欧の国々は、
同性愛が違和感なく社会に溶け込んでいると思い込んでいたものだから、
憎悪する人たちもいるんだなー、と悲しむ。
そこに宗教がつけ込むと、赤子の手をひねるごとく相手を好きなように動かせる。
怖い怖い


ドラマの作りとしては、
長女の自閉症スペクトラムに全く触れないのが不自然で、
母親も周りの人も、そのような言葉は出さないどころか、
あの子は少し難しいの、って感じで特別扱いしてない。
そこが、うーん、説明しなくていいの?と思っちゃった。
視聴者はみんな理解できるからいいのかな?言葉で説明しなくても。

キリスト教のあいつらの部分をもっと丁寧に挿入してくれないと、
悪を裁くドラマに見えない。
主人公の家庭の事情や子供の事情、心理描写の分量が多くて、
クライムサスペンスにしては物足りなかった。

あと、見知らぬ男が娘に声かけてるのに通報しないってなんで?
わからなかった。


出演者たちの魅力には惹きつけられたので良いけれど,
犯人グループについてと実行犯の過去と心理を、
原作読んで深く確かめたい。翻訳されてないのかな?



欧米の映画・ドラマを見てるといつも思うんだけど、
母親ってもっと子供にくっついてる、目を離さない離したくないもんだと思うのに、
随分長時間(仕事の時間以外に)子供と離れるんだよなー。
用があって離れるにしても、預け先のことをきっちり描いてくれないと、
こちとら心配でしょうがないよ。ママが男とヤって外泊したりして、
へっ??? 子供は?と気になってしょうがない。


シーズン2も日本で放送になるといいな。










スポンサーサイト

「エクスプローラー」



⚫︎なぜ?なぜだ??私に来る詐欺メールは、
「ちかだよー、おぼえてるう?」とか「ゆいでーす☆ とりあえずLINEしよ♪」とか
「You seem like my type. Anne」とか、全部男向けなんだよ。



ナショナルジオグラフィックTVで見てる番組

ナショジオWEBサイト

原題 Explorer  アメリカ

MCは数人いて、不定期?に担当しています。
人が変わっても、番組の進行、雰囲気は同じ。
世界中の出来事を現地に行ってレポートし、それをスタジオで見る。
たまに有名人のインタビューもある。









この前、「社会から消える日本人」ってタイトルがあった。
何かと思ったら、蒸発のことだった。

MCジェフ・ゴールドブラムが、

「日本には、数千ドルで、
蒸発したがってる人を移転させ
新しい身分を与えるサービスがあり、
この現象の根源にある文化的な理想が
ハラキリを産んだと考えられる」
とな。

んな バカな!




どうやら、日本では、自殺というのは全て
「名誉ある自殺」
なんだそうだ。



日本に来て蒸発を取り仕切る業者に話を聞いたリポーターは、
「前世で私は日本で働く弁護士でした」

ははははははは・・・・・・・・・・・・ Are you serious????(゚д゚)


日本人は<自殺せずに名誉を守る方法>として、蒸発するんだとさ。
英語は エスケープシェイム と言っていたわ。

今時、名誉を守るとか、。。。蒸発って、何かの事情から逃げるってことでしょ? 
アホらしいったらよ


新しい身分と住まいと仕事を一晩で与えるってレポしてたけど、
何十万かでそれだけもらえるなら、あたいもするわ。
仕事なんてくれんの?どうやって?
と思ったら、福島 なんだって。
福島の危険な作業場に付かせるんだって。
雇う方も、正式な書類なんか必要としないんだって。

ほんとなのこれ?


「スーサイドは1000年前から続くジャパニーズカルチャー」

って言葉も出たよ。 


映像がなんと 天皇の不興をかったら唯一許されるのが自殺とか
サムライムービーズとか

あい変わらずの時代錯誤



うんざり

いいかげんにして (*`へ´*)


ジェフ、レポーターに話の脈絡に関係なく、
「ちょっとメガネ外してみて」
「ポール・ニューマンに似てますね」だと。

サンキュー では次の話題は

と なんか、てきとうに終わりにされてた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この番組で以前、日本で独身が増えているから、
地方自治体がお見合いパーティしてるってレポがあって、
そこに出て来た日本人の一般(を装う?)女性、
どう見ても、相手を探してるタイプの女じゃなかった。
ああいう髪型、ああいうメイクの日本人女性は、
外人受けを狙ってやってる女か、
オタクナルシストサブカル女だと思うし、
農家の男とお見合いする女じゃないと思う。

やらせだね、どう見ても、


ナショジオ、信頼してたのになぁ

「フラーハウス」



大好きアメリカのシットコム「フルハウス」
みんなの20年後を描く「フラーハウス」です


「フルハウス」と同じく、
ジェフ・フランクリン製作総指揮/企画
ジェシーおじちゃん、ジョン・ステイモスが製作。

フラーハウスNetflix 公式サイト


原題 Fuller House 2016年〜 アメリカ

出演
キャンディス・キャメロン・ブレ(DJ)
ジョディ・スウィーティン(ステフ)
アンドレア・バーバー(キミー)

フアン・パブロ・ディ・パチェ(キミー別居夫)

マイケル・キャンピオン( DJ長男)
イライアス・ハーガー(DJ次男)
ダシール/フォックス・メシット(DJ三男)
ソニー・ニコール・ブリンガス(キミー長女)

ジョン・ステイモス(ジェシー)
ボブ・サゲット(ダニー)
デイヴ・クーリエ(ジョーイ)



ダシール・メシット



サンフランシスコにあるターナー家には、
パパのダニー・タナーと、
夫が亡くなり、3人の子供を抱えて実家に帰っているDJ・フラーが住んでいる。
パパが仕事でLAに引っ越すことになり、
ジェシーおじちゃん、ジョーイ、ステファニー、キミーが集まった。

パパが越した後、
獣医の仕事をしながら息子たちを一人で育てることを不安がる姉DJを見て、
DJ(職業)で世界を自由気ままに飛び回るステファニーが、
同居して姉を助けると決める。
ついでに、浮気性の夫と別居中のDJの親友キミーまで、
「私も住むわ!」と。








フラーハウスは、姉妹とキミーと子供たちの7人暮らしになり、
相変わらずのドタバタが巻き起こります。

まだ、シーズン1の8話までしか見てないけど、
登場人物が大人になっても、家族構成が変わっても、
こんなに相変わらず面白いドラマになってるなんて
これはDVDコンプリート、買いたくなるなぁ・・・・・・

DJ  ステフ  キミーのキャラが子供の頃と変わらず、
セリフと、間の取り方があの頃と同じく絶妙で、
なんて素敵なドラマなんでしょう。


*タナー家の三女役だったオルセン姉妹はもう出てきませんが、
一話目の中で、セリフで出てきました。
「ミシェルはNYでデザイナーの仕事が忙しくて来られない」
「エリザベス&ジェームズ(ミシェルのブランド名)で買ったの。
すごく高いの。あれだけ稼いでりゃ TVに出ることないわね」とか。

はははは (*σ´Д`*)



シーズン 3のロケで来日した時の様子





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オルセン姉妹のブランド   

Elizabeth and James

The Row


日本で買うとこの値段!! 高いっての。
アメリカで買えば半額だとしても高いよ。

通販サイト

The Row 通販サイト






「猛獣映画 撮影の惨劇」




⚫︎フロイトが「芸術家のような人生にしてはいけない
なぜなら芸術家は創造性の欠如への恐怖にさらされてる」だとさ。



アニマルプラネットで何回も放送してます。
驚きのドキュメンタリー。

1970年代,
「鳥」で有名な、ヒッチコックに虐待されてた女優、
ティッピー・ヘドレンが、夫である映画監督ノエル・マーシャルの作品で、
子供達と共にほぼ野生のライオン達と共演した映画「ロアーズ」の、
制作裏話のドキュメンタリーです。



Roar: The Most Dangerous Movie Ever Made







「ロアーズ Roar」 1981年


出演
ティッピー・ヘドレン(妻)
ノエル・マーシャル(夫)
メラニー・グリフィス(娘)
ジョン・マーシャル(息子)
ジェリー・マーシャル(息子)


 Roar



この映画の撮影秘話のドキュメンタリーね。
アメリカではお蔵入り、他国で公開したらコケた映画。
私は見てないけど、その後、リバイバル上映されてるらしいです。
カルト映画として。

日本じゃあ
猛獣一家は大騒ぎ!?
なんてぇサブタイトルつけられてたみたいだが、
そんなほのぼのしたもんじゃねえだろ!

猛獣映画を撮ろう!と決めた監督、
まず最初に「ネコ科大型動物求む」の広告を出し、
ハリウッド近くの自宅で家族と共にライオンやトラを育て始めた。
(70年代には、猛獣を飼う人も多くいた。。。。って)
その後近くに土地を買いライオン達の遊び場を作り、
サンタクララにアフリカを模したセットを作り、撮影クルーを募集。
プロは誰も猛獣と働きたく無いため、ほとんどのクルーは、
未経験でも経験者と嘘をついたり、学生が知り合いに声かけられて始めたり。
「出所直後でも初心者でもできる仕事がロアーズ」だったと。

いくら監督一家に慣れているとはいえ、訓練されてないライオン、トラ、ヒョウ。
撮影初日に監督がライオンに手を噛まれ救急車に。
しかし5分で戻ってきて「俺の手を撮れ!」
この監督、格闘してるトラ達に向かって、
「カット!カット!」と怒鳴ったり、
唸ってるライオン達に「ヘイ!クラームダーウン!」とか怒鳴ってる。
なんのトレーニーングも受けてない、躾けられてない猛獣達に。。。


撮影したヤンはのちに「スピード」や「マイノリティ・リポート」を監督しますが、
みんなヤンのアシスタントになりたがらなかったそうです。
激昂しやすく冷酷で悪態つき怒鳴るからと。
ヤンも頭の皮をライオンに剥がされました。

首に牙が刺さったり耳を千切られたり、大勢が毎日病院に搬送されても、
監督はライオンに噛まれても消毒液をつければ大丈夫だと考えていた。
あまりの危険な撮影に、1日で20人が辞めたこともあった。

クルー達はやがてライオンが噛む兆候がわかるようになった。ひーー

11年をかけ、全てを売り払い、1700万ドルもぶっこんだ。

*なんと、植村伴次郎って日本人も金出してるみたい。

ティッピは骨折、
メラニー・グリフィスは顔をライオンに噛まれて、大怪我した。
毎日誰かが病院送りになり、監督も足をライオンに噛まれ敗血症に。
腹立つのが、洪水でライオンが外部に流されたため、
危険と判断した警察がライオンを射殺した事。
人間の勝手で殺される希少動物たち。


スタッフが言っているように、出来上がってみると、
ただの「金のかかるホームムービー」だったロアーズ。


監督の息子が
「野生のエルザがヒットしたから猛獣を150頭にすれば
もっと儲かると思ったのでしょう(苦笑)」と言ってた。









ティッピは撮影が終わった後の猛獣達の保護を始め、
その後大型ネコ科動物の保護活動をするようになりました。

確か
「長年ライオンと生活して、ライオンがどんなにバカかわかってる」
と言ってたよ・・ (^^!)

編集でカットしちゃったのかなー




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


関係ないけど、ケイティ・ペリーの「Roar」大好き









「EYEWITNESS/目撃者」



◾︎シーアを歌うと、辛すぎて泣きそうになる




目撃者の男の子たちが美形なだけでなく、
「LOW&ORDER」シリーズのメーガンが刑事役なだけでなく、
中高年男の顔の種類で、メチャめちゃ好みの顔のFBI役俳優も出てて、
他の出演者たちも、魅力のある役者が多くて、
かなり嬉しいクライムドラマ。

スパドラ


原題 EYEWITNESS 2016〜 アメリカ

出演
ジュリアンヌ・ニコルソン/ギル・ベローズ
タイラー・ヤング(せつな系甘ハンサム)
ジェームズ・パクストン(クールで影ありハンサム)
*パパは今年故人になった、ビル・パクストン

大好きな顔ウォーレン・クリスティー
(緊張感みなぎるモデル系ハンサム)
タティアナ・ジョーンズ(私にはすごくセクシー)
アマンダ・ブラグル(ドラマチックで、ロマのようにも見える)
ケイティ・ダグラス(小悪魔系美少女)

マット・マレー




ヘレン目撃者



山小屋で二人の高校生が会っている時、彼らは、
突然小屋に現れた男たちの殺人現場を見てしまった。
犯人に捕まりそうになりながらもなんとか逃げた二人は、
自分たちがゲイだということを知られたくなくて、
事件のことを知らないふりをする。

そのため、犯人の隠蔽工作が続き、事件の概要が複雑になっていく。








諸事情があって田舎の保安官になったヘレンが、
自暴自棄になっていた時に出会った男と結婚し、
ヤク中の母親を持つ男の子を里子にし、
暖かい家庭を作ろうと努力する。
その、家庭人としての顔と、左遷されたとはいえ、
納得がいかないことはとことん調べる敏腕保安官の顔。

そんなヘレンを応援しながら楽しむドラマであり、
十代の男の子と大人たちとの関係の、難しさがしみるドラマでもあり、
法組織に所属しながら、闇を抱える男の心理と行動を味わうドラマであります。

うーーーん。おいしい (*´~`*)

ノルウェーのドラマを見てないから、
それに忠実に作られているのかどうかわかりませんが、
この暗さは私は好きです。

子供は、何より親にバレて怒られるのが嫌だから、
どんなに大変な時でも自分を守るために嘘をつく。
それはよーくわかります。私もあの子達だったら絶対何も言わないね。


セックスシーン多めですが、私は男と女のやつが大嫌いなだけで、
男と男や女と女はなんとも思わない。嫌悪感はそれほどでもない。
それでも、セックスなんて不潔でくそみっともないしろもんだから、
ただ早送りするだけ。
男女以外が平気なのは、自分に関係ないからでしようね。
自分の身には起こらない事だから、嫌な気持ちにならずに済む。

結末がどうなるかよりも、
問題を抱えた登場人物たちのことが心配で、
愛を持って見守っていた。
ゆうべ、ラストを見たけど、犯人がハンサムすぎて好みすぎて
憎めなくて困った。(最初からら犯人は明かされています)
罪ね、ハンサム

シーズン2は1月から放送。楽しみ♪♪



★ヘレンの部下役俳優が、どうしても
「ビッグバン・セオリー」のスチュワートに見えてしょうがない・・・


マット

マット

スチュワート役のケヴィン

ケヴィン・サスマン


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノルウェーの「Øyevitne」

感傷的でロマンチックな曲が流れてますが、主題歌?







「ブラック・ウィドウ 黒衣の人妻たち」




▪️「結婚はロマンスでなく契約よ。未来への投資なの。」
 CSI科学捜査班5-13



原題 MUSTAT LESKET 2014年〜 フィンランド

企画はなんと、「アングリーバード」の原案者(見てないけど)、ミッコ・ポーラ

出演
ピヒラ・ヴィータラ (ヴェーラ)
マッラ・マルミヴァーラ(キルシ)
ワンダ・デュビール(ヨハンナ)



私は、男の刑事役の俳優の顔が嫌いで、見るのも嫌だった。





日本で紹介される北欧ドラマといえば、
寒風吹きすさぶ荒地での犯罪ドラマや、
ドロドロで陰惨な人間の裏を描く、私好みの暗い内容の印象です。

凍てつく楽園」シリーズ
THE KILLINGキリング
THE BRIDGEブリッジ
ゾウズ・フー・キル~殺意の深層
刑事ヴァランダー
犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」 などなど

スパドラで放送中の「EYEWITNESS/目撃者」の元は、
ノルウェーの「Øyevitne(目撃者)」当然暗い。
ミレニアム」三部作も、元はテレビムービー用に製作された。

暗くないけど大好きな「コペンハーゲン」シリーズが異色なくらい。


そんな北欧ドラマの世界でこの「ブラック・ウィドウ」は、
夫殺しの話でありながら、主要人物である女たちの人間臭さにおかしみがあり、
殺しは置いといて、リアルな人間ドラマとして楽しめたのです。

axnミステリー サイト



三人の女優の違った魅力を堪能するのも楽しかった。
ヨハンナは美貌ではないけど、身近にいそうな感じで、
ヴェーラは儚げな美人で、キルシはいけない子。
キルシの頬骨とそばかすが大好き


ヴェーラ役女優さんが、一番、日本で公開されてる映画に出てるみたい。
私は、「4月の涙」「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」で見てる。
時々、ケイト・ベッキンセイルとマデリーン・ストウを足して2で割った顔に見える。
元ヴィオラ奏者だったそうな。

「ヘンゼルとグレーテル」に出た時のインタビュー動画






ストーリーは、『夫殺害計画を実行した三人の女達のその後』ということです。
そこに、女達が知らなかった夫の仕事の裏事情が絡み、
新たに殺人事件が起きたりする。
夫がいなくなってもトラブルは起き、殺害がバレないかとビビり、
平穏にはいかない。
最終回は、えええーーっ!この先どうなるのおおおーーー?の、
シーズン 2必須の終わりかたになってた。そう、シーズン2がある!
日本でも放送してほしいなー。 


シーズン1予告動画 ↓





私は、男の刑事役の俳優の顔が嫌いで、見るのも嫌だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


困ったちゃん、キルシ役女優マッラの
歌手としての名前はBelle Who

「Can't Whistle When You Smile」というアルバムを出しています。







「ノーベル〜戦火の陰謀〜」



▪️もうコストコで買い物しても置く場所がないので、更新しないで
最後に一回見学に行こうと出かけ、やっぱり楽しくて更新してしまった。


「特捜部Q キジ殺し」に出てたダニカが出てた!

原題 NOBEL 2016年 ノルウェー

出演
アクセル・ヘニー
クリスティアン・ルーベク
アンデルシュ・ダニエルセン・リー
ダニカ・カーチック
ツヴァ・ノヴォトニー


主演アクセル・へニーが出ている映画、ドラマは
何本も見たが、みんな超面白いんだよねー



出演: アクセル・ヘニー アーリン・リーセル クリスティアン・ルーベク ハン(外務大臣) アンデルシュ・ダニエルセン・リー




ノルウエーから派遣された兵士たちの任務は、
アフガニスタンでの治安維持活動。
しかし、地元の権力者との関係が任務に影響し、
兵士が死亡しても負傷しても、犯人を糾弾することができない。

帰還したアーリンは謎のメールを受け取り、
駆けつけた先で、暴力犯罪の現場に出くわし、加害者を殺害してしまう。
暴力の被害者は、アーリンがアフガニスタンで一瞬肩に触れてしまった女性、
加害者はその夫らで、イスラムの名誉犯罪と呼ばれる犯罪行為だった。

メールの送り主を探るアーリンは、政治の陰謀に巻き込まれていく。










なんでノーベルっていうタイトルかっていうと、
ノーベル平和賞の選考に、政治がどう絡んでいるか、
ってことを描いてるからでした。

そっか、ノーベル賞は政治だったのね、と、
大人の事情を知りました。


ムカつくイスラム教の男尊女卑に血圧上がるわけですが、
非常に面白かったです。

メールの送信者が誰なのかっていう謎解きが重要なのかもしれないけど、
帰還した兵士たちのその後の生活部分や、
政府の外交手腕部分も重要な要素で、それぞれに興味が湧くように作られてるから、
全8話で、一度も退屈することなく、次回をすぐ見たいと思わされました。

主演のアクセル作品「ヘッドハンター」「パイオニア」が超オススメです



私は基本、明るいドラマに興味なくて、(30分のコメディ番組は好き)
人間の裏、社会の裏を見せてくれるものを固唾を飲んで見るのが好きだから、
北欧の深刻なドラマはとても性に合います。

なぜ、アメリカのドラマとヨーロッパのドラマではこんなに印象が違うんだろう?
アメリカのものは、作られた娯楽作品として見られるのに、
ヨーロッパのだと、すごく現実として感じるというか、
作為を感じないというか、嘘を感じないというか、(作り物なのにね)
重く受け止める気持ちになる。