カルガリー 旅行記 その他




カルガリー パブリックアート、
いくつかありましたが、これが一番の目玉よね。
「Bowボウ」という名のオフィスビルの前にある顔。


IMG_0562_convert_20180928103234.jpg


fullsizeoutput_1075_convert_20180928103444.jpeg


中に入って撮るとこんな不思議

IMG_0565_convert_20180928103617.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アメリカ発
飲むサロンパス『ルートビア』が名物の A&Wは、
あちこちにありました。
でも、ビールジョッキみたいなマグでの提供がなくて、
紙コップだけだったのが不満。
おかわり自由じゃないのー??
しかも、沖縄のA&Wにはあったプーティンがない。
カナダ なのにプーティンがないなんて。

fullsizeoutput_109e_convert_20180928104342.jpeg


これは帰りの空港で 空港だと少し高いんだよね。

IMG_0603_convert_20180928091724.jpg




A&Wの近くには、たいていティムがありました。
ここの「いつでも食べられるブレックファースト」メニューの、
ホットビスケットサンドウイッチが激ウマだったー。
「ベーコン?ソーセージ?」と聞かれるので、
迷わずソーセージと答えよう!ハンバーグパティー型の、
おいしいソーセージが入ってます。

Tim Hortons



fullsizeoutput_10a2_convert_20180928104254.jpeg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ゴミ箱が興味深い。
オーガニックの枠がある。
自然に還るゴミ??


fullsizeoutput_107b_convert_20180928103133.jpeg




fullsizeoutput_107a_convert_20180928103035.jpeg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ゲイコミュニティやゲイタウンを探したんだけど見つからず、
この二軒がレインボウフラッグを出してた。

評判いいらしいナイトクラブだけど、
私がのぞいた開店時(21時過ぎ)はまだ人がいなくて、
深夜に行かないと面白くないんだろうな、と諦めた。

Twisted Element


fullsizeoutput_1040_convert_20180929162904.jpeg


fullsizeoutput_10a4_convert_20180929162825.jpeg




ここはなんだかわからず、帰ってきて検索してした。

RUMBLE HOUSE


fullsizeoutput_109b_convert_20180929162931.jpeg



カルガリーの店はショッピングモールでも閉店が18時とかで、
ナイトクラブは月・火は営業しないみたいで、
楽しそうなイベントは土日ばかりみたいで、
なかなかうまく時間が合わなかった・・・・・


***カルガリーの印象は、
ズバリ『保守的』 (*`皿´*)

肌に合わず!!


カルガリー では、
書くと怒りがよみがえるから書かないけど、
非常に腹たついじわるされました。
今考えると、はっきり言ってアジア人差別だったと思います。

カルガリー 旅行記はこれで終わり〜


___________________________

先週、「プーと大人になった僕」「クワイエット・プレイス」観ました。
そのうち書きます。






スポンサーサイト



カルガリー 旅行記 交通




ま、ね、
観光でカルガリーを目指す人なんて、まずいない気もするけど、
旅行前、カルガリー のこと検索しても、
あまり出てこなかったもんだから、
万が一どなたかのお役にに立つかも?と、交通機関のこと、記録します。


カルガリー 空港からダウンタウンへは、

1 公共交通機関のバス 100番を使い、(3ドル30)
McKnight Station駅で路面電車Ctrainに乗り換えホテル近くの駅に行く。
2 バス300番を使い、ダウンタウンまで直行。(9ドル?)
3 ホテルを周るシャトルバスに乗る。(10ドル)
4 タクシーに乗る。


空港と、Ctrainの駅にある券売機

IMG_0429_convert_20181001091303.jpg



私は一番安い方法を選びました。
途中のバス停でなぜか運ちゃんに降ろされ、
あっちのバスに乗り替えろというのでそっちに乗り、
そうなると降りるバス停の予定が狂い、
どこでCtrainに乗ればいいの?と不思議だったが、
バス内で話しかけてみた女性が、ここで降りるのよ、と言うので、
よくわからないまま降りて、結局歩いてホテルに行きました。
??? でも、着いてわかったけど、
カルガリー のダウンタウンは、充分徒歩で歩きまわれる。


Ctrain
ダウンタウンの中心地にある駅は、完全に賃料無料!
東西にしか走ってないから、南北に行くなら、路線バスに乗る。
だけど、東西も南北も、たいした距離じゃないんだよね。
地図で見ると歩きでは遠いかな?と思う場所にも、
余裕で歩いて行けました。

fullsizeoutput_10bd_convert_20181001090219.jpeg



ブルーラインとレッドラインがあるなら、車両の色もそうすればいいのに、
両方とも赤だから戸惑うのよー。


fullsizeoutput_105d_convert_20180928105954.jpeg


fullsizeoutput_104f_convert_20180928110132.jpeg





fullsizeoutput_1052_convert_20180928110259.jpeg




頭、禿げてるけど、雨とか雪とか、大丈夫なの?

fullsizeoutput_1077_convert_20180928105010.jpeg


なんかさー
海外で、屋内は全面的に法律で禁煙になってても、
みんな外に出ると吸いまくるから、こちとら副流煙の毒に晒されるんだよ。
Ctrainnの駅に「no smoking」エリアがあるんだけど、
なんで、人に迷惑かけない私たち非喫煙者が、
こんなスペースに逃げなきゃなんないわけ?
タバコはこの世から亡き者にすべき毒物でしょうが!

fullsizeoutput_1066_convert_20180928105909.jpeg



無料区間の先まで行く場合は、
最初にチケットを買ってから乗るんだね。
有料区間でも、90分は何度でも乗り降りできる。
有料区間だけ乗る場合、一回3ドル30セントって高いね。
でもこの金額で空港に行けちゃうお得感も。


fullsizeoutput_1091_convert_20180928092053.jpeg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


市の施設みたいなところに行ったらありました。

Ctrain時刻表

fullsizeoutput_1096_convert_20180928091941.jpeg



空港とのアクセスバスの時刻表
これさー、よくわかんないんだけど、空港から来る時は、
300番のバスは9ドルとかって聞いたけど、
帰りはCtrainnの駅で3ドル30の切符買って、
ダウンタウンのバス停から空港まで乗れたよー。

fullsizeoutput_1095_convert_20180928091859.jpeg



fullsizeoutput_1094_convert_20180928092005.jpeg


自分が泊まってるホテルがどこの色(エリア)かで、
最寄りの300番バスのバス停がわかる。

fullsizeoutput_1093_convert_20180928092025.jpeg




トロントも、空港からダウンタウンまで、
バスの一回の乗車料金だけで行けますから、
カナダの主要都市ってこうなのかな?



カルガリー 旅行記 お買い物



*カナダドルは1ドル90円くらいでした。
カルガリー はカナダの中でも消費税が安くて、5%。



カナダの1ドルショップ
ダララマDollaramaにて


これがね、ちょっと意外な美味しさでしたのよ。
芋虫グミ ひゃほっ!
もともとグミは好じゃないんだけど、なんか美味しい。

fullsizeoutput_108b_convert_20180928091624.jpeg


カカオ率高めのチョコ
美味しかった。

fullsizeoutput_108c_convert_20180928092551.jpeg


4個で1ドルのインスタントラーメン
種類は三種類

それなりの味だった。
オリーブオイルとバルサミコ酢をかけたらぐんと良くなった。

fullsizeoutput_108a_convert_20180928091559.jpeg



もちろん、日本の100均と同じく、あらゆる種類の商品があります。
しかし、1ドルでこれがと思うと、どこでどのような労働環境で作られたのか?
怖いね 100均。

fullsizeoutput_1049_convert_20180928103939.jpeg


1ドルの売り上げにつき、5セントが地球環境保護に寄付されるそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



コンビニのサークルKにて
これが美味しいとの評判なので、お土産に。
70gで1.49ドル。幾つも買いました。
日本ではソニプラでも売ってたのね。
でも、値段は350円くらい?


fullsizeoutput_1092_convert_20180928091649.jpeg


カナダのサークルKは、
ホットドックにレリッシュやマスタードやザワークラウト入れ放題で、
コストコのようでした。


IMG_0453_convert_20180928104654.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


イギリスにもあるセーフウェイSafewayにて

電子レンジでもお鍋でもできるマカロニチーズ。
オレンジ色のやつはトマト風味。
オリーブ・オイルとパルメザンチーズをかけたら、
よりおいしくなりました。

fullsizeoutput_109a_convert_20180928091330.jpeg


カナダの国民食、
プーティンにかけるグレービーソースの素(減塩タイプ)。
私はこれを、揚げないで茹でたポテトにかけて食べるつもり。

fullsizeoutput_1081_convert_20180928091357.jpeg



セーフウェイの外観は撮り忘れちゃった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オーガニック商品が多かった
ミッドタウンコープMidtown Co-opにて

ポテチ

fullsizeoutput_1086_convert_20180928091525.jpeg

ポテチ

fullsizeoutput_1084_convert_20180928091502.jpeg


おーっホッホ
貪り食いたい大好きクリフバー
クリフは二種類あって、ヘヴィ〜なほうが好きだけど、
こちらの軽い方も買ってみた。

fullsizeoutput_1089_convert_20180928091750.jpeg


きゃーーーー 1個1ドルーーー

実はロンドンのWhole Foods Marketにもあって箱買いしてたんだけど、
ロンドンでは値段が1個2ポンドで、消費税とレートを考えると、
三倍以上の値段だったということ。

IMG_0450_convert_20180928104450.jpg


このお店は、ホールフーズみたいにデリコーナーがたくさんあって、
レストランなんか行かなくても、好きなもの買って帰って、
ホテルで大満足のごはんが食べられる。


IMG_0460_convert_20180928121545.jpg



滞在中、1箇所だけ、
日本人オーナーのカフェレストランに行ったんだけど、
ライスバーガーってメニュー、モスのやつみたいなのかと思ったら、
ただのおにぎりで、(*`へ´*)
中身サーモンって書いてあるからスモークサーモンかと思ったら、
ただのしゃけで、ヾ(`・3・´)ノ
カナダ まで行ってしゃけおにぎり6ドル以上。。。。。
馬鹿みたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アメリカ発のティーバナもいいですが、
カナダ発の DAVID'sTEAの方がワクワク感がある。
以前飲んで虜になったお茶、
『oh! Canada』 念願の購入。

これはね、メープルの香りが強烈に素敵で、牛乳に良くあって、
朝、一杯のオー!キャナダミルクティーを飲めば、
午前中ずーっと、香りと味の記憶が消えません。
いや、一日中持つかも。幸せが。

fullsizeoutput_108f_convert_20180928092225.jpeg




こちらは、20個で15ドルだったので、興奮して選んだ。

fullsizeoutput_1099_convert_20180928092335.jpeg



ここの店員さんは、どこの店舗に行っても、
知的でフレンドリーで、何かがほかと違う雰囲気なんだよね。
勧められるままに買っちまいそうになる。好き。

fullsizeoutput_1046_convert_20180928112105.jpeg


fullsizeoutput_1063_convert_20180928103844.jpeg


アメリカにもどんどんお店ができているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドラッグストア ショッパーズShoppersの、
高級化粧品コーナーにて

ふふふふふふふ

メーガン妃が毎日使ってらっしゃるこれよ!
まつげの美容液よ!
30mlで日本だと楽天とかで9000円くらいするやつ、
70ドルくらいで買えたわ

これを塗って、私のまつ毛がどう変化するかは、
実験後にリポートいたしますっ!

夫は言った。
「もとがぜんぜん違うんだから無駄!」

fullsizeoutput_1090_convert_20180928092505.jpeg




カルガリー 旅行記 やっぱり観光地じゃなーい!



⚫︎向こうの方でCAさんが、「チキン or ビーフ?」って聞く声が
「チキンのみ?」と聞こえてなんだか可笑しかった。



カルガリー の観光を検索すると、これらが出てきます。

「グレンボウ博物館」
もともとこの地に住んでいた人びとを殺して奪った土地で繁栄した。
ってことを誇っているとしか思えない展示の数々にくらーい気持ちになった。
16ドル払って見る価値無し!


fullsizeoutput_1058_convert_20180928092919.jpeg



「オリンピックプラザ」
オリンピックの名がついてるにしてはせまい広場でした。
オリンピック公園というのもあって、スポーツが楽しめるそうですが、
スポーツ興味ないし、ダウンタウンから少し離れてるのでパス。

fullsizeoutput_1070_convert_20180928092823.jpeg

fullsizeoutput_106e_convert_20180928092724.jpeg



「プリンスアイランドパーク」
都会のオアシスのような場所でした。ビル群のすぐそばにある。
広くて綺麗でしたが、ダウンタウン全体で子どもを見なかった不思議と同じくらい、
公園なのに子供があまりいなかったわ。
ダウンタウンは丸の内みたいなもんで、大人だけなのもわかるけど、
それにしても子どもを見なかった。土日か、郊外に行けばいるんでしょうね。


IMG_0525_convert_20180928093243.jpg


fullsizeoutput_106b_convert_20180928093339.jpeg


「COREショッピングセンター」
ダウンタウンのど真ん中にあるので、とても便利なモールで、
毎日行きましたが、東久留米のイオンの方が良くない?と思っちゃった・・・

IMG_0513_convert_20180928093027.jpg



「17番通りSW」
おしゃれエリアとのことですが、えっ?ここが?道間違えたかな?
と思ったくらい、なんてことない通りでした。
この通りで、ダウンタウンの中で初めて歩道の植木を見た!
私のフェイバリットティーがあるカナダのお茶専門店
DAVID'sTeaと、1ドルショップDollaramaがあったのは良かった❤️

fullsizeoutput_1045_convert_20180928100808.jpeg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あとはぁ

「カルガリー動物園」
動物達の生活のためには、入場料払いたいけれど、
動物園というものが苦手(イヤな気もちになるので)だからパス。

「ヘリテージ公園」
そもそも西部開拓時代とかカウボーイとか、苦手だからパス。

「ザ・ミリタリー・ミュージアムズ」
そもそも、軍とか戦争とか大嫌いだからパス。

「バンフ」
そもそも登山とかアウトドアとか嫌いだからパス。

「カルガリー タワー」
あまりにも古臭い建物で、
タワーの名前らしいスマートさも美しさも皆無なのでパス。

どこにでもあるチャイナタウンも当然あったけど、パッとしない感じ。


で、素晴らしく美しいビル達を眺めたことが、観光で一番良かったわけね。
あとは、海外での楽しみ、ローカルのスーパー巡りと、
ドラッグストア巡りと、1ドルショップは楽しかったです。
買ったものなど、明日書きます。


まあいいや、映画が目的の旅だったんだからね。





カルガリー旅行記 カルガリー映画祭なんだわね




わたしの海外旅行は、日本からの直行便がある場所に限ります。
カナダには、トロント、モントリオール、バンクーバー、
そしてカルガリー。
(でも、カルガリーは厳密にいうと、トロントに行くまでのついでに寄る、
くらいな行先だとわかった。往は終着トロント、復はトロント発)

今回なぜカルガリー を選んだかというと、
ちょうど私が家を留守にできる日程が、
「カルガリー国際映画祭」の時期と重なるからです。

公式サイト


サイトとか、ツイッターとか見ると、
小さな規模ではあるけれど、(ハリウッドスターは来ないけど)
それなりに盛況な映画祭に思えますのでね。

しかーし
百聞は一見にしかず! 
A picture is worth a thousand words.

カルガリー の街、
何にも、ナーンにも、看板もチラシも電光掲示板も無し!


*映画祭の宣伝だけでなく、街の中に
企業や商品の広告というものがほとんど見当たらない。
(カナダの超人気カフェ、Tim Horton'sだけはちょいちょいあった)
ビルの側面や屋上にも、一切広告文字は無し!
まぁ、これはこれで街の景観として素晴らしいことだが。


ええーーー ?  本当に映画祭やってんの???
不安になり、メイン会場であるシネコンに行ってみたが、
映画祭の公告らしき物なんにも無し。


IMG_0558_convert_20180926114742.jpg



もうひとつの開催映画館 GLOBEは、
まるで今はなき三軒茶屋中央劇場のような、
ワンカップ片手にうたた寝してるオヤジがいてもおかしくないような、
入替制じゃないような、そんな映画館・・・・・・

ここにも公告何も無し


IMG_0591_convert_20180926114841.jpg




ふっつーに上映作品のタイトルが出てるのみ
しかもカード使えないって・・・・・・


IMG_0590_convert_20180926114939.jpg



うーーーーん
これ、本当に映画祭だよね?


映画館の中、スクリーンで、初めてああ、映画祭なんだ?と


fullsizeoutput_10aa_convert_20180928103728.jpeg




映画館の中、前に書いたように、
海外で今までに感じたことのないような白人率の高さ。
そしてね、
理解不能な場面で起きる大笑い・・・・・
決してコメディー映画じゃなくてもね。私にとってね。
(女の子が親に無理やり家を出される
(女の子が男の頭を殴る
(びっちという言葉が入るあれこれのセリフ

そして、黒人やアラブ人が出た時の客席の反応がなんだか怖かった。
背筋がぶるっとくるような、なんともいえない違和感。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私が見た作品は、フィンランド映画
「Hevi reissu」

英題「Heavy Trip」


フィンランドの田舎でメタルバンドやってる4人が、
俺たち、憧れのノルウェーのメタルフェスに出場できる!わーい
ってんで、村もお祝いムード。
だけんど主催者が、ごめん、ダメだったわ
でも、それを言えないプレッシャーに弱いリーダー。
片思いのあの子にも言えないのね。
(恋のライバルはムード歌謡の歌手)

このムード歌謡歌手、いま、axnミステリーで放送中の
「ブラック・ウィドウ」のユッカ役俳優だった。

最初から最後まで大爆笑の可愛らしい映画でしたぁ

最高点入れました!! 






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカ映画
「Assassination Nation」

邦題「アサシネーション・ネーション」


こんなに不快な映画は久しぶりに見ました。
女性蔑視 人種差別 アメリカの悪意 性の力の違い

もー むっかむかしながら眉間にしわ寄せて仕方なく見てて、
途中で席を立とうとしたわ。
最後まで見てよかったのだけれど、良かったわけは、
あああああ  こりゃアメリカ万歳映画だったのか、空恐ろしい。
とわかったから。
女は惚れた男には弱いもんだ、男の言いなりになるもんだ、
の前提で作られているとわかったから。
一応体裁としては、「ガールズ応援映画」らしい。バカ言ってんじゃねー!

後半、これは苦笑いするしかないと諦めたけど、
この映画のそこここで巻き起こる笑いは、全く理解できませんでした。

最低点入れました。もちろん














カルガリー旅行記



カナダ、 カルガリーに旅行してきました。


ええええ〜ーーーーっと・・・・

カナダだよね、ここ、
私の知ってるカナダはトロントだけですが、
多民族 多人種 の、移民歓迎の国ですよね、カナダ。


カルガリー で驚いたこと
ファストフード店の店員、清掃員以外、
街の中、ほっとんどがいわゆる白人種。
映画館なんか、99%白人だったんじゃないのー?
っていうか、1%があたい。

ここは、石油で潤う金持企業の町らしいんで、
でかい高層ビルだらけで、人間味があまりない、
ううううーーーーーん、なんだろ

観光の場所は大自然の中に行く以外無しと言っていい、
はっきり言って、観光旅行にカルガリーに行くって、
頭おかしい、変人、なんではないか、あたし?と思ったくらい。
なるほど「地球の歩き方」でも、
カルガリーのページが申し訳程度しかない理由がわかりました。


最高の観光スポットは、(ていうか、これしかない)
美しいガラス張りの高層建築のみ、でした。
私にはね。 (。 。)・・・・・・・・・


これ、このような



IMG_0430_convert_20180924164931.jpg



いや、本当、綺麗
上ばかり見て、クビ痛くなったわ

IMG_0567_convert_20180924170031.jpg



IMG_0564_convert_20180928084710.jpg



IMG_0561_convert_20180928084754.jpg




あのぉー、 ど美人の高層ビルに挟まれて、
くすんでこ汚いあれは、、、、
まさかのカルガリー タワーですかね?
カップラーメンみたいなやつ。
と、メイン観光地のはずのカルガリータワーの貧相さに驚いた。


IMG_0568_convert_20180924165145.jpg



IMG_0517_convert_20180924165040.jpg





極寒の冬を乗り切るための、ビルとビルの間を渡れる通路
これが、そこら中にある
ビル内の会社や店鋪が開いてなくても入っていけるありがたさ


IMG_0434_convert_20180924165237.jpg




エアカナダのヴィーガン食はやはりJALのより美味しかったけど、
フライト、なんの説明もなく(日本語の説明はなく)4時間近く遅れてくださり、
今後は定時フライトNo.1らしい、JALにしか乗らない、
と決意した旅でした。



とりあえずここまで、
明日からゆっくり書いていきます。
カルガリー で見た映画のこともね。