〇〇の終わり、



西暦でいいから!

も〜〜〜 面倒臭い

どうでもいいと思ってる私には、この数日はほんと、つまんない

テレビも会う人々も猫も杓子も
令和令和と 同じ会話ばかり 


どーでもいいーーーーーーーーー!!!

ただ毎日が続くだけ


ところで、〇〇の終わり、と聞いて、私の頭に浮かぶのは、

「世界の終わり」

thee michelle gun elephant








燃える!頭狂う! そして泣く!


こんなバンドいない



ミッシェル、一生聴き続けます!


スポンサーサイト



CRACK CLOUD



CRACK CLOUD です


しばらくチェックしてなかっつたら、
私が気に入ってるバンドが、なんか、有名どころと仕事してたのねぇ

セリーヌの新デザイナー、エディ・スリマンのコレクションで

TECHNE










ああ、日本に来て欲しいなぁ

ドームとか野外フェスとかじゃなくて、小さなライブハウスで観たいなぁ


IMG_0100_convert_20190211131524.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そーいえば、去年、私が尊敬するピアニスト、
エレーヌ・グリモーの来日ソロコンサートを楽しみにしてたのに、
肩の故障で来られなかったの。

もう良くなったかな?


この本の作者さんね
素晴らしい本です!

野生の







Crack Cloud



⚫︎「町山智浩のアメリカの〝いま″を知るTV」
藤谷文子のぬる〜い受け答えが興味深い。




カナダ カルガリー出身のものすご好みのバンドが、
私がちょうどロンドンにいる時にライヴやるらしい!
チケット、ネットでさきに買うべきかなー?
現地で直接でもいいかなー?とちょっと迷ってる。



Crack Cloud


かっこええええええええええ!!!!







ニューウェーブ  ポストパンク
ってジャンルになるらしいが、そういうジャンル分けはどうでもいいの、
聴いて、「これ好き!これいい!」と思ったものが好き。



日本で、見たいミュージシャンのライヴがあっても、
ライヴハウスが完全禁煙じゃないと絶対行けないから悔しい思いをする。
いちいちライヴハウスに問い合わせてる いつも。
たいてい、行けない。 
でかい会場のライヴは嫌いだからそれは禁煙でも行かない。
海外だと屋内は禁煙の国があるので安心していける。




氷の家でバッハ



axnミステリーで放送してたダニエル・クレイグの若いころのドラマ、
なんとなくつけてたら、大好きな曲がかかったからメモしとく。

「氷の家」

原題 THE ICE HOUSE 1997年 イギリス

監督ティム・ファイウェル

出演
ペニー・ダウニー
キティ・オルドリッジ
コリン・レッドグレーヴ
ダニエル・クレイグ
フランシス・バーバー
ジェームズ・ダーシー




バッハのヴァイオリン曲
「バイオリン協奏曲 第一番 イ短調 第一楽章〜第三楽章」
J.S. Bach: Vioolconcert BWV 1041

三曲全部演奏してる





そして検索ついでにこれらも見つけて、
大好きだったから、忘れないように貼っとく

クラッシック曲はタイトルが覚えられないから。


上の曲の 「第2楽章」




「第3楽章」




バッハはエロ野郎だったらしいから、人物は大嫌いだけど、
私がクラッシック曲で胸かきむしられて狂おしくなる大好きな曲は、
ほとんどがバッハなのです。


ああっ!こんなのもあった! 貼っとこ






G線上のアリア 管弦楽組曲 第3番 ニ長調
カンタータ 第147番 「主よ、人の望みの喜びよ」
小フーガ ト短調
メヌエット ト長調 ト短調 115ギター版
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1曲 プレリュード
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第24番 ロ短調
2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 第1楽章
2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 第2楽章
2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 第3楽章
イギリス組曲 第2番 イ短調 第1曲 プレリュード
イタリア協奏曲 ヘ長調 第1楽章
管弦楽組曲第2番 ロ短調 第7曲 バディネリ
無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 プレリュード
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番
ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 第1楽章
ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 第3楽章
ピアノ協奏曲 第5番 ヘ短調 第2楽章 アリオーソ
フルートソナタ第2番 変ホ長調 第2楽章 シチリアーノ
ゴールドベルク変奏曲 2. アリア
インヴェンション 第1番 ハ長調
リュート組曲 第3番 イ短調 第5楽章 ガヴォット
羊は安らかに草を食み  狩のカンタータ
マタイ受難曲 第39番 「憐れみたまえ、わが神よ」
最愛のイエスよ、我らここに集いて




川畠成道コンサート


▪️久々に会った人に、挨拶して1分もたたないうちに、
私の親子関係の注意をされた  びーです▪️


ヴァイオリンには思い入れがあるので、
ヴァイオリンが関係ある本や映画には飛びつきます。
日本だと、五嶋兄弟のお母さんの書いた本も読みました。


今日のコンサートのヴァイオリニストなぁなちゃんは、
この二冊を読んでます。


かわばた


正雄


みなさんご存じの、
アメリカで風邪薬飲んで、副作用スティーブンス・ジョンソン症候群になってしまい、
生死の境をさまよい、視力に障害が残ってしまったソリストですね。

川畠成道公式サイト



ロンドンを拠点に活動してますが、今日本に帰ってきています。
毎年恒例のニューイヤーコンサートが終わるまでいるのかな?

今日のコンサートは、川畠さんの'(ご両親も)母校の記念コンサートなので、
おおやけには告知なしの特別コンサートでした。
(あたしは、子供時代をやり直せるなら、または生まれ変わったら、
この学校の生徒になりたいと思っている。)



普段ではありえない、曲の説明、子供の頃の思い出などのトークがあり、

「クラッシック音楽をあまり聞かない人でも、
帰る時には好きになってもらえるよう張り切って弾きます」



クラッシックの大曲2曲と、映画音楽やオペラのアリアのプログラムでした。

「チャルダッシュ」迫力だったなー。



聴くだけじゃないの、<ヴァイオリンを観る>のが好き。
楽器の美しさは言うまでもなく、
ヴァイオリニストの、弓を持つ腕のひじの動きと手首の動き。
あれが優雅で美しくてね〜




川畠さん、この頃では視力が少しづつ戻ってきたそうです。